金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

スズキ 新型スイフトRSt 峠道走行と装備の改善点

2017年12月04日

スズキ 新型スイフトRSt 峠道走行と装備の改善点

 

前回のスイフトRSTのレビューから日にちが相当経ってし

まった。

 

前回のレビューはこちら⇒以前のRSTの記事

 

街中走行を快適にこなしたスイフトRSTは徐々に片道

1.5車線と2車線の混じるカーブの多い峠道を走行する。

 

そこでのRSTの足回りはどうだろうか?

 

左右のカーブを40~60㎞位で駆け抜けると・・

4つのタイヤが路面に吸盤でも付けたかの様に

 

ピターっと吸い付く感じでコーナリングして行く

900kg台の車体でこの感触は味わったことの

ないもの!

 

スイフトXGもタイヤの接地感も十分で評価していたのだが

RSTの方は更に磨きがかけられている。

 

 

特に下りのコーナーでは威力を発揮するだろう。

 

 

コーナーの出口に目線を向けてハンドルを切り

ジワーッとアクセルを踏むだけで難なくコ―ナーを

ヒラリ、ヒラリと抜けて行く。

 

 

6速のパドルシフトだが今回走行した1.5~2車線の

峠道だど使いこなした感は得られるのか?

 

 

実際に急カーブで対向車が現れた状況で速度が30km

を下回った状態などは2速ギヤを使用。

 

それ以外は無理にシフトチェンジしなくても3速

ホールドで走行した方が余計な事をしない方が

結果的に速く走れる(笑)

 

 

3速60㎞で2,900回転くらいで引っ張れば110㎞くらい

までは出てしまう。

 

 

たまにコーナーの出口が開けて見通しが良く

70kmで引っ張り3速から4速にチェンジすれば

 

シフト操作した感が味わえるが無理はしない方が

良いだろう。

 

 

6速パドルの恩恵が感じられた場面はどこか?

 

それは直線の信号待ちからの発進と高速道路の

追越し走行の時だった。

 

 

パドルシフトだと峠道はハンドルが回転している

ので場面によっては少々危険である。

 

 

直線なら問題なくシフト出来る。

 

特に高速道路の走りではしなやかな足回りはと

ガッチリした剛性感のお陰で終始リラックスモードで

 

運転100㎞からの追越しも余裕でパドルシフトを使用

 

すれば俊敏な加速で余程狂った様に飛ばす車に遭遇

しない限り3車線の道でも安心してリードした走行が

出来る。

 

 

加速感が欲しい場合は5速に落とせば期待の加速が楽し

めるし4速に落とせばかなり力強い加速を発揮。

 

 

5,500回転までスムーズに回りその時のフィーリング

もノイズがなく3気筒と思えないほど質感が高い。

 

ただしエンジン自体は力強さよりも扱い易さの方が

強調されているので低回転から高回転まで一定の

力強さでトルクを発揮する。

 

 

そのため刺激と言う面では物足り無い感じがするが2日間

に渡りスイフトRSTを満喫した事は事実。

 

 

スイフトRstの燃費は・・

 

今回も好きなだけエンジンを回して17.5㎞/L

但し無駄なエンジン回転上昇は行わず

加速したい時は必要に応じて遠慮なくアクセルを踏む。

 

 

走行性能を考えれば十分満足な結果だと思う。

 

スイフトRstの不満改善点は?

 

最後に実際走行して改善して欲しい点を2つ

 

※1つはウインカーの点滅パターン

 

例えば右にウインカーを出しでレバーを戻すと

戻した後に1回余計に右ウインカーが点滅してしまう。

 

 

交差点を曲がる時は気にならないが車線変更する

場合はウインカーが戻っていないと勘違いし更に

レバーを入れて今度は反対の左にウインカーを出して

しまうので危険がともなう。

 

 

予め知っておけば有る程度なれで対応出来るが・・

 

今回乗車したRSTもだが後日代車で乗車したRSTも同じ

動作をしたので要改善。

 

ちなみにXGタイプはその様な事はなかった。

 

2つ目はペダル配置

 

一的にはスイフトXGと同じなのだがなぜかRSTの場合は

アクセルとブレーキを交互に踏む際に足がペダルに引っ

掛かる事が多かった。

 

 

特にスーパー駐車場や渋滞の場面では神経を使う。

これらの2つは改善しようと思えばすぐ出来ると

思われるので期待したい。

 

またスイフトRSTを気なっている方は是非試乗して

確認して欲しいところ。

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは