北陸新幹線延伸は米原ルートが具体的で面白い

北陸新幹線延伸は米原ルートが具体的で面白い

令和6年3月16日のダイヤ改正で北陸新幹線が敦賀まで
延伸する。

そのこと自体は良いが問題はそこから大阪まで繋げる
ルートが決まってない事だ。

一応は小浜ルートが決定しているがコロナ前の話で現在は
乗客数が減少してしまいJR西日本も予算に余裕がない。

更に追い打ちを掛ける様に能登半島地震も元日から起こり
JR七尾線も相当な被害にあった。

改めて地震大国の日本だと嫌でも実感させられるが現状で
小浜ルートで着工してしまえば予算は膨大に掛かるし
トンネル工事での地盤の心配など心配は尽きない。

また果たして殆どトンネルなので後期に何十年も掛かり
いつ出来上がるのかも問題で着工途中で更に災害が起こ
って追加費用などが掛かる恐れもあるだろう。


盛り上がっているのは地元だけで年配の方が多い地区で
皮肉にも小浜ルートで着工しても現在喜んでいる年配の

方はどれだけ生存してるか怪しいし残るのは負の遺産だけ
と言う事を頭に叩き込んでおく必要がある。

大阪万博もしかりハッキリと金だけ膨大にかけて一時の
利権や喜びに目が眩んで日本が傾くと言う事実に気が付く
べきである。


着工したら5年程度で開通する北陸新幹線米原ルート

そこで具体的で工費も安く済むのは何と言っても北陸新幹線
米原ルートだろう。

工費は三分の一で済むし元々東海道新幹線も一番走行密度が
濃いのは東京と名古屋の間で米原から新大阪まで北陸方面
から乗り入れても問題ない。

それに将来的にはJR東海は東京と大阪の間にリニアを開通させる。

現在は静岡県の無能な知事によって建設が遅れているがJR東海は
東京と大阪のリニア開通は必ず実現させるであろう。

そうなれば更に東海道新幹線の空いたスジに北陸新幹線を走らせる
事は余裕で出来る。

JR西日本北陸新幹線とJR東海での信号システムが違うので乗入れ
出来ないと言う意見もあるが・・

それぞれのシステムを2つ積めば良いだけの話である。

良い加減に現状にしっかり目を向けてベストなルートはどれか?
検討して実施すべきである。

確かにJR東海が絡むと米原からの乗り入れ調整は厄介な部分もある。

その場合は米原と京都の間に沿ってJR西日本専用の新幹線伏線軌道を
もう一本建設して京都から大阪はトンネルで松井山手方面経由で大阪
に向かうのも良い。

米原を発車した大阪行きサンダーバードが一旦通過した「のぞみ」を
時速300㎞で追い越し去っていく演出をすれば乗り鉄も喜ぶだろう。

あるいは米原から南西に下って貴生川や信楽経由で大阪に向かうのも
良いと思うが京都が黙ってないだろうと思う。

特急しらさぎで名古屋から北陸のアクセスも通り期待できる米原ルート

また米原ルートの利点はそれだけでは無い。

仮に小浜ルートが20年後に開通しても名古屋方面からの鉄道アクセスは
半永久的に乗換が生じてしまう事になる。

敦賀延伸によって今後は中京の名古屋から北陸方面の高速バスは増便
されるのは間違い無い。

名古屋から北陸のアクセスだが現状は特急しらさぎ号が担っている。
先ずは米原発の特急しらさぎはそのまま走らせる事が出来る。


名古屋発の特急しらさぎ号も現状は2時間に一本程度なので東海道新幹線
を走行して米原で方向転換し北陸方面へ向かう方法も良い。

但し、どちらにしても米原駅をリニューアルする必要があるので近辺に
ループ線を建設して名古屋からの「しらさぎ号」は方向転換不要にする
方が乗客も快適だし方向転換作業の無しで済むので良いだろう。

北陸新幹線の場合は北陸と関西、名古屋方面2つの地域が絡んでいる。

先程も述べた通り米原発で新幹線しらさぎ号で列車設定
するなら在来線の時と全く同様に運用できる。

名古屋発も先程述べたが良く考えれば名古屋 米原の
所要時間が20分程度なので特急ひだ号の様に名古屋と
米原は座席を逆方向で運用しても良いだろう。

ここ3年程度で大きく変化した日本の経済状態だ。
良い方向に向かっているなら小浜ルートの話は理解
できるが日本経済は確実に下向きに転じている。

それも個人的には外国に買収された人間によって人為的に
なされているからタチガ悪い。

その中で莫大な建設費が掛かる新幹線事業米原ルート
であれば5年で見通しは立つが小浜ルートの20年の
工期で着工して財政難に朽ちった時に決定した人間は
責任は取る可能性は低く有耶無耶にして間違いなく
国民(乗客)につけが回るだろう。

 

 

 

 

 

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)