金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

タイムスリップした公務員事務官の職場

2014年11月08日

当時キハ58のディゼル急行「たかやま」号で車窓を
見ながら期待を膨らませ岐阜の航空自衛隊まで訪問
着いた途端に、ん!「これ博物館?」

 

一応建物はあるのだが何だか明治時代にタイムスリップ
したかの様だ・・

 

20年前以上の話なので恐らく現在は近代的な建物になって
いる筈だ!誤解のない様に・・

 

施設の中は事務官が業務する業務帯の建物、整備舎や物品庫
隊員が寝泊まりする宿舎や物品舎などがある。

 

あまり詳しく書くのは色々支障が出るので差し控えるが
しかし古い!そして恐ろしく広い!

 

寮があると言う事で一応見せて頂いたが・・

 

案内下さった人事担当者さんも「もし寮の利用を検討されて
いるのであれば民間のアパートを借りられた方が宜しいかと
思います。家賃も3万円位で借りれますので・・」
私もそう思った。

 

「そうですね一度親と相談してからこちらで採用して頂くか

お返事致します」と言って帰路についた。

 

同時に自分の理想のオフィスイメージが・・崩壊

 

最初から写真だけ見れば「ええ~っ」となっていたであろう
でも施設は古いのだが案内して頂く最中にすれ違う隊員同士

 

笑顔で大きく挨拶をし、他愛もない笑い話が始まるのを見て
「良いな」と何となく忘れていた温かさを感じたのも事実だ
った。

 

さあどうしようか・・・?

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは