日産サクラの高評価が落とし穴になる訳

日産サクラの高評価が落とし穴になる訳

日産のサクラが売れ行きが非常に好調だそうだ。

20年の5月に発売され電気自動車の販売では珍しくヒットした
車で納車までかなりの日数を必要とする様で試乗などの問い合
わせも多いと言う。

 

これまで電気自動車と言えば日産のリーフが思い浮かぶが街中を
見てもたまに見かけるだけで必ずしも売れ行きは好調とは思えない。

 

しかし今回のサクラについては軽自動車と言う事が売れ行き好調の
要因であるのは間違いない。

特に軽自動車の場合は使用用途が通勤や買い物など短距離で地方
などは鉄道で通勤している家族の駅までの送り迎いなどチョイ乗り

で移動する場合だと1回当たりの航続距離が短くても問題が無い
人が購入を検討するのであろう。

 

とは言えガソリン車の軽自動車だと車種にもよるが満タンで4~500㎞
は走行できるが電気自動車のサクラの場合はカタログ数値でフル充電
で180㎞・・

当然この数値は当てにならず実際に走れば良くて8割として120㎞だろう。

まあ、それでも先ほど述べた使用用途限ってサクラを使用するならば仮に
自宅が一戸建てであれば充電設備を設けて夜間に充電して昼間使う事が
出来るし、そうは不便ではない。

 

 

 

走りの質感共に日産サクラ内装と外装共に高いクオリティだか

 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)