金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

かゆみを即効で消す反則技

2014年10月12日

かゆみを即効で消す反則技

 

TD121_01_1

 

アトピーのかゆみは尋常ではないのは経験した者が

一番よく知っているだろう。

 

蚊に刺された時は確かに痒いが一時的にある程度時間が経てば

痒みは収まってくる。

 

それに比べアトピーの痒みは本来皮膚に溜まった毒素を出すために

爪で引っかいて出すための痒みのため一旦痒みが発生すると我慢しても

いち早く痒みから免れる方法は書き壊すか強力なステロイドを塗るしか

私には当時思い付かなかった。
ステロイドは根本原因が改善しなければ効かなくなるので出来るだけ

避けたいところだ。

 

掻きむしるとなれば皮膚は傷つくし第一痒みが治まるまで時間が

掛かり過ぎる。

 

痒みだけを短時間で解決する方法と聞かれたら?

私はドライヤーと答える。

 

そうドライヤーの熱風を痒み部分に充てるのだ!

痒み部分に熱風をあてて数十秒後・・

「ああっ・・かゆみがぁ・・溶けていくぅ・・」

 

一瞬の快楽だが全神経がかゆみ部分に集中しそこに意識が完全に固定される。

私の愛用のドライヤーはテスコムTD121。

 

多少大きくて値段は6,000円位するが大容量で使いやすく5年位

使用しているが故障もない。

 

なぜ快感なのか詳しく説明しよう。

痒み部分に熱を充てると一時的に痒みが強まるしかし更に

そこから更に熱すると痒みの感覚が熱に変換される瞬間に

まるで痒み部分を掻いている様な快感と共に最後は熱と共に

熱い感覚だけが残り消えていく。

 

特にアトピーの場合皮膚の表面だけでなく皮膚内部まで痒み神経が働き

痒みを発生させるため爪で掻いても表面のみで中の痒みには届かない

以前私は右腕の肘の内側が痒くて左手で掻いていたのだが中々痒みが

治まらない。

 

それでも掻き続けた結果、腕がだるく筋肉痛になった経験がある。

つまり掻いているのに痒みが治まらず更にストレスが溜まる悪循環。
それが熱だと中の痒み部分に伝わり一気に痒み⇒快感に変わる。

痒みが熱に昇華した後はしばし快感に酔いしれ放心状態・・

ストレスは確かに溜まらない。

 

根本原因の胃腸の調子を整えつつなら、この方法も有りかと思う。

 

 




コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは