金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

小室眞子さん、小室圭さんの結婚が国民になぜ歓迎されない真の理由

2021年12月03日

小室眞子さん、小室圭さんの結婚が国民になぜ歓迎されない真の理由

 

先月、小室眞子さまと小室圭さんが入籍したが、本来おめでたいはずの

結婚がいまいち国民の目からすると歓迎されていないのは明白であるマスコミも

必死になって 歓迎ムード表現しているがさすがに小室眞子さまと小室圭さんの

 

結婚会見を。 見た国民は疑念の念を強く持たざるを得なかったのではないでしょうか。


例えば、父親の立場からして娘が結婚する相手というのは非常に重要なポイントに

なります。

その相手の男性の素性をやっぱりしっかり知っておくべきではないでしょうか、

小室圭さんについては様々な情報媒体から得る情報について、必ずしも歓迎されるものでは

ないということは明白です。

まず本人とは関係ないのですが、母親が元結婚相手から400万円以上の借金をしておりそれを

譲渡又は借金ということで揉めてしまっているという部分で金銭感覚が正常でないということ

は明白です。

 

本人の問題ではないですがその母親に育てられた息子ということで思考的にも同じなので

はないかという疑念が強く持たれても仕方がないと思います。

小室圭さん本人に目を当ててみるとまずは、婚約会見直後にフォーダム大学アメリカへ

留学したのは良いでですが奨学金を与えられそこで論文コンクールで、 優秀な成績を納

めたというふうなニュースも。

 

一時期流されました。 もちろん弁護士の資格。試験にも余裕で合格すると思っていました

がなんと不合格そういう部分を見るとまた疑念が湧いてきます。

小室圭 弁護士 資格 取れ ない可能性が大きい訳

そもそもアメリカの弁護士試験というものはある程度しっかりロースクールに通って取得を

すればほぼ合格することは間違いないというもののレベルですしむしろ奨学金を得ながら

そのアメリカの弁護士試験に落ちるということは非常に逆に考えると難しいということであります。

そう考えるとアメリカに渡っていた小室圭さんの3年間は一体何を学んでいたのかという部分で

さらに疑念が湧きます話を戻しまして、例えば自分の娘がそういう男性と付き合ってる収入源も

確保できていない。

 

小室圭さんの場合は、弁護士試験に落ちたとしても、法律事務所で係員として雇ってもらえるならば

年収600万円の 収入が確保されているそうです弁護士に受かりば弁護士試験に受かれば2千万円という

報酬が約束されてるそうですが、次の2月の試験には果たして合格できるかという部分が非常に問題ですね。

またそもそもフォーダム大学の卒業名簿から削除されてるという噂も耳にしますということは、弁護士、

資格試験自体を受けること自体ができないのではないかという疑念も湧いているのです。 そう考えると、

弁護士資格試験を受けれないということは、合格をすることは100%無理ということです。

 

そうすれば、 法律事務所も解雇になるということは当然ですしこの先小室圭さんは収入源がないわけです

から どのようにして生活をしていくのでしょう。

 

まさか小室眞子さんの貯金1億円を切り崩すという部分をあてにしているとすれば、非常に問題があると思います。

 

小室眞子さんと小室圭さん生活に税金投入

小室眞子さんと小室圭さんの結婚が国民になぜ歓迎されないのか。

小室眞子さんと小室圭さんが一緒になろうが離れようがそれ自体は国民 からすると、 <

別にどっちでも良いことだと思います。

要はどこで生活しようが皇室を離脱したのであれば自由ということは間違いないのですがそこには

義務というものがつくということをお二人は忘れてるという部分がまずいのではないでしょうか?

つまり小室圭さんが収入がない眞子さんも、 貯金1億円はあるがそこからの 生活費つまり今現在

家賃50万円のアパートに住んでおり、小室圭さんの収入は600万円到底、金銭感覚がおかしいと

しか言わざるを得ないじゃその足りない部分はどうするかと言う事が問題ですね。

 

皇室からその資金が回ってくるとすればどうでしょう。

これは紛れもなく私たちが 働いた税金であり小室圭さんと眞子さん

二人のとても計画的であるとは思えない結婚生活の穴埋めを国民の税金でするそこに国民の
が不満が蓄積している訳です。

家賃もそうですが警護の SP をつける。部分ですねその部分も 経費ももちろん国民の税金で。

成されてるわけですから一般人に対してなぜそのような特別扱いを受けるのかという部分が非常に問題ですね

もう一度おさらいしてみると、小室まこさんと小室圭さんの 結婚問題 お二人が結婚しようが離れようが

それ自体は国民 にとってはあまり関心のないことではないのかと思います。

 

そこに費やされる 税金が問題なのですこのことは時間が経って忘れ去られるということはなくいつまでも

国民の目に中止され どういう生活をしてどのような生活費がかかるかそこに対するお二人の収入に対して

見合うものか見合わなければ当然税金がそこに追加されるということで、

これからも、国民の目は小室まこさんと小室圭さんの生活に注視されながら生活を送るという

ことになるでしょう。

 

小室眞子さんは当初皇籍を離脱してちなみになりたいと言っていたそうですが、果たして今の生活が本当に

彼女の望む生活だったのでしょうか疑問に思います。


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは