金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

アルトワークス ターボエンジンの恩恵を語ってみる。

2020年06月13日

アルトワークス ターボエンジンの恩恵を語ってみる。

 

今回はアルトワークスのエンジンR06Aに乗って3年半が経つ
これまでは主に軽自動車で自然吸気エンジンのマニュアル車
の乗る事が軽自動車の場合は殆どだ。

 

本格的にターボエンジンが自分の愛車になったのはアルトワークスが初めて。

 

実際にターボエンジンを運転してみて想像してい部分とのギャップ
に驚かされたものだ。

 

ひと昔前・・大体10年以上前のターボエンジンの感覚だと低中回転域が
実用性に支障はないが大人し目で3,000回転付近から本格的にトルクが
盛り上がり痛快な加速をしていくフィーリングだった。

 

良く言えばピーキーなエンジンフィーリングが面白いと言えば面白いが
扱いやすさや気軽さや他には燃費の良さと言う面からすれば気になる
部分もあったのも事実・・

実際にアルトワークスに乗ってからはこれらの個人的に気になる部分は
全て払拭されたと言っても良い位に進化している。

実際にアルトワークスに乗ってターボ車ならではの恩恵メリットについて
述べて行きたいと思う。

 

アルトワークスターボのエンジントルクと軽自動車 自然吸気のフィーリング

 

元々ホンダのトゥディでxiグレードで5速マニュアルを新車で購入し
16年以上乗ってカーライフを楽しんでいた経歴がある。

 

エンジンは当時ホンダのビートのエンジンをデチューンし58馬力まで落とした
モデルで見かけは乗用車タイプの軽自動車で中身はスポーツタイプで
非常に運転が面白かった記憶がある。

当時でも初代アルトワークスやミラターボなど軽自動車でターボエンジンが
人気で知ってはいたが何故か気にはならなかった。

 

恐らくホンダのトゥディxiの高回転まで軽やかに吹け上がるエンジンと
低中回転域でも確保された十分なトルク特性のエンジンは個人的な
感想だが一般公道の走りでは十分満足で不満はなかった。

 

ホンダのトゥディxiから一時的に中古車でライフ5MTや3代目ワゴンR5MTと
2~3年の期間であるが乗り継ぎここでも660㏄の自然吸気エンジンを乗り継いできた。

 

ライフやワゴンRになると車重の重さやエンジン特性の関係もあるが自然吸気
660㏄では実用面では十分だが追い越し加速や流れの速い道路ではもう少し
アクセルを踏んだ時のトルク感が正直欲しいなと言ったところ・・

 

アルトワークス ターボエンジンの加速性能で具体的な恩恵とは?

 

アルトワークスに乗って3年以上経つが具体的にターボエンジンの
恩恵をいくつか挙げてみよう。

先ずは一般道での追越し時間が短時間で済む

特に2車線道路で前方に遅い軽トラックなどが走行している場面
センターラインが白線で追越し可能な区間だと以前は自然吸気の
660㏄エンジンだと対向車が来ないか冷や冷やしながらの追越し
作業だった。

 

現在はターボエンジンの加速の良さで加速時はアクセルを踏めば一気に
加速してくれるので数秒の差ではあるが冷や冷やする時間が圧倒的に
少なく感じる。

特に夜間でトラックを追い抜く時などは前方の対向車に十分注意すれば
適度な緊張感はあるが身体に悪い冷や冷や感は著しく減少した。

 

2つ目は信号が青から黄に変わる前に交差点を渡り切れる。

3つ目低中回転のトルクが太いので発信が用意

4つ目低中回転トルク太い燃費が良い

 

特に4つ目の燃費が良い部分は正直意外に感じた部分だった。

 

アルトラパンssなどの時代の車種だと3,000回転以降にドーンと

来る加速フィーリングなのでターボエンジンの特性を楽しむために

燃費を無視してアクセルを踏むと燃費が悪くなる。

 

アルトワークスに乗ってからは低中回転域のトルクが充実しているので

ドカーンと来るトルクフィーリングからクラッチを繋いだ瞬間に強力な

トルクを発揮する特性に変わったので回さなくても速い車になった。

 

もちろん回せば更に加速は強力になるが・・

なので私がアルトワークスで走行を楽しむ場合は低中回転域を使用し

スコン、スコンをギアチェンジして5速巡航する時と2速3速で5,000

回転弱まで引っ張り加速を存分に楽しむ運転の仕方でどちらでも大体

 

燃費がリッター19km位の好燃費をマークしている。

 

車両価格は確かに自然吸気と比べて10万円程高くなるが後は維持費などは

同じなのでターボエンジンを選択した方が恩恵を受ける部分は大きいので

はないかと思う。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


ホンダ・シビック6速MT車高速インプレッション

2020年05月30日

シビック ハッチバック6速マニュアルで高速道路を楽しむ。

 

今回は前回に続いてホンダシビックハッチバック6速MT
で高速道路へ繰り出してどの様な走りをするのか観察して見る。

主に中央自動車道で諏訪湖付近を走行してみた。

諏訪湖インターから岡谷JCを経て岡谷インターまで途中雪が
チラホラする寒い時期の走行であったが路面に雪が積もらな
かったのが幸いであった。

 

早速インターのループ線を時速40㎞で流しながら加速レーンへと
移り加速しながらシビックハッチバック6MTを加速させる。

 

本線に車が無いのを見計らって3速ギヤでフル加速する。


あっという間に法定速度の時速80㎞を超えて4速・5速と
シフトアップしていく。

 

速度の乗りは1,300㎏以上ある車体だが1,500㏄ターボエンジンは
軽やかに加速し気が付けば速度が出ていたと言った感じだ。

 

早々と4速か5速ギヤに入れて加速レーンで加速し本線に合流する
事も十分可能なトルクの厚さだ。

 

しかし実際にあえて3速ギヤで加速するとスムーズかつ非常に扱
いやすいトルクフィーリングで加速するが4,000回転を超えた
辺りから徐々にブースト圧も高まり3桁を軽く超える速度で加速。

 

荒々しさや豪快さと言ったフィーリングはあまり感じられないが
もうチョットという感じで刺激を求めると知らない間にとんでもない
速度が出ているので注意が必要だ。 

 

シビック ハッチバック6速マニュアル高速での加速フィーリングは?

 

本線に合流してしばらくクルージングしてみる。

 

直進安定性は抜群でしっとりとした感触のハンドルを握り
前を向いているだけで静粛性の効いた車内でタイヤの低めのロード
ノイズを耳に入るが気にならないレベルで落ち着いた運転ができる。

 

時速100㎞で5速ギヤで2,800回転付近を指しているが普段アルトワークス
に乗っている自分にとっては十分満足だが更に6速ギヤがある。

 

スイフトスポーツも6速だがスイスポでの実際の6速走行ではエンジン回転数が
2,800回転なのでシビックハッチの方が静粛性は高い。

 

シビックハッチバック6MTの加速フィーリングはしっかりとした
トルク感を感じつつもラフにアクセル踏み込んでも気になるショック
がない。

 

誰が乗っても快適に意のままに車体を加速させる事ができるフィーリング
で過激さは無いのだが自然吸気の1,200㏄の様に弱めのトルク感で扱い易い
フィーリングとは異なるのが興味深いところ。

 

なので低中回転域の4,000回転以下でも確実に車体を押し出し加速し
4,000回転を超えると6,000回転過ぎまで抜けるようなスムーズな加速
感が続いていく。

5,000~6,000回転での速度域になると現実的な面を考えると相当な
速度が出ているので危険ですらあるので扱い易いエンジン特性が故に
注意が必要である。

 

ターボブーストの圧の掛かり具合はブースト系で確認してみると
低めのギヤ2速・3速で引っ張った時だと低中回転域の3,000回転以下は
それ程ブースト圧は掛からない目盛りが10段階で2ないし3位だ。

 

3,500回転を超えた辺りから本格的にブーストの目盛りが5ないし6位
まで到達するが先ほど述べた通りエンジンの回し過ぎは速度に十分
注意する必要がある。

では一般道でターボブースト圧が高めに発生する場面はと言えば
高めのギヤで5速で時速50㎞で流している時にアクセルを強めに
踏んだ時にブースト目盛りが6又は7位まで結構高めのブースト圧が
掛かるのが確認できる。

 

要は4速~6速ギヤ使用でエンジン回転数1,500回転付近からの
ギヤチェンジ無しでのアクセルを強めに踏んで加速する際に
ターボブーストが多めに働く設定の様だ。

 

マニュアル車だと低めのギヤで低回転域で高いブースト圧を掛けて
豪快に加速させていくスイフトスポーツ6MTだとその様な加速
フィーリングなのだがシビックハッチバック6MTはこれとは違う
加速フィーリングで非常に興味深い部分だ。 

 

シビック ハッチバック6速マニュアル高速でのエンジン回転数は?

 

 

高速道路での走行も快適なシビックだが時速100㎞での6速ギヤでの
エンジン回転数は約2,300回転

 

静粛性もまずまずでタイヤのロードノイズも低めで小さく快適な
車内環境が約束されると言っても言いだろう。

普段から2,000㏄クラスに乗り慣れた方であれば特に感激する事も
なくこれで普通と言った感覚になるのでは?と思うが

 

普段アルトワークスを運転している筆者にとってはシビックハッチ
バック6MTの高速走行は本当に極楽で快適そのもの。

 

 

そこからアクセルを踏み込めばブーストが効かせながら追越し加速も
6速のまま十分可能なトルクフィーリング。

 

これなら新東名の時速120㎞区間でも十分な高速パフォーマンスを発揮
できしっとりとしたハンドリングと高い剛性感のもたらす安定した乗車
フィーリングで高速走行の疲労を最小限に抑えれれる。

時速120㎞で6速ギヤで約2,700回転で日本の行動を走行するなら6速の
ギヤ比はこれ位の方が一般道でも使用できるので妥当だと思う。

 

またマニュアル車に乗っていると高速走行の場合追越し加速なら6速の
ままでも十分なのだが意図的に5速や4速ギヤを使用して加速フィーリング

を楽しむのもMTならではで4,000回転過ぎからのエンジンサウンドは
ホンダ中々官能的な排気音を聞かせてくれるのもシビックハッチ
バック6MTの魅力の一つだと思う。

 

 

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 

 

 

https://greeco-channel.com/car/honda/civic-29/


ホンダ シビックハッチバック 6MT 試乗インプレ加速と運転フィーリングと燃費を評価してみる

2020年03月17日

ホンダ シビックハッチバック 6MT 街乗り試乗インプレ

 

今回はホンダのシビックハッチバック6速マニュアルに試乗
する機会が有ったのでレビューしてみたいと思う。

シビックといえばホンダの代名詞とも言われる代表的な車
であるが既にデビューして3年程が経過する。

 

2周り位車体がデカクなり日本での道路環境では取り回しが
気になる部分もあるが売れ行きも先ず先ずと言う。

 

しかもこのシビックハッチバックの売れ行きの割合が5割程が
MT車と言うのも興味深いところだ。

 

外観は戦闘的で非常にカッコ良いデザインで迫力があって
車に興味のない人が見ても振り返る様な感じがする。

そう言ったインパクトの有るデザインではあるが反対に
派手過ぎなケバケバした部分が無い。

 

シビックのデザインは派手さを感じるギリギリの一歩手前で
抑えながら上質感を上手く引き出している。

 

早速車内に乗り込んでみるとインテリアのデザインは非常に
オーソドックスで諸費用込みで300万円程する車にしては
もう少し見た目の質感が感じられる工夫が欲しい。

 

ダッシュボードや各スイッチ類などにワンポイント加え見せ方を
変えるだけで結構印象は変わるのではないか?

 

シビックハッチバック 6MT乗り心地と加速フィーリングは?

 

早速シートに腰を掛けハンドルとシート位置を調整し
ドライビングポジションを合わせる。
 
先ずは1速ギヤに入れるためにクラッチペダルを踏むが
驚くほどクラッチペダルが軽いのにビックリする。

軽自動車のクラッチペダルと殆ど変わらないか反対に
それ以上に軽い操作感で節度もあって非常に扱いやすい
のがポイント。

 

恐る恐る1速ギヤでクラッチを繋ぎゆっくり発信してみる。
変なギクシャク感も無くスムーズに自然な感じで加速する。

 

2速、3速とシフトアップしていくが加速フィーリングは
自然で確実に速度が乗ってくる感じ。


マニュアル車に乗り慣れた自分でも一番最初に乗る車種だと
当然クラッチの繋がりやエンジンのトルク特性などで発信時
は少なくても乗り初めの2,3回はややギクシャクしがちだ。

 

しかしシビックハッチバック6MTの場合クラッチペダルの
軽さとエンジンの低回転特性の扱いやすさが群を抜いており

乗り始めの段階からまるで何度も運転し慣れた様な感じで
クラッチミートした瞬間から静かにそして上品に発進していく。

 

先ずクラッチが軽いとミートポイントが把握し易いのと
1,500ccターボエンジンはアイドリング付近の1,200回転で

十分なトルクを発揮するだけでなく強すぎず弱過ぎず調度
良い塩梅の力強さで1,300kgの車体を前に進める。

 

元々1,500ccも排気量があれば低速トルクも十分でこの時点では
ターボのブースト自体も殆ど掛かっていない状態で素の1,500cc
で走っていると言う感じだ。

2,500回転付近で2速、3速とギアチェンジしていくと確実に車体の
速度を加速させて行き過激なトルク特性ではないが反対に自然吸気
の1,200ccエンジンの様にトルクが薄い感じは全く無い。

 

右足でアクセルを踏むと俊敏に速度が上昇していく1,900回転で既に
トルクが最大の24.5kgmを発揮しこれが5,500回転まで続く。

 

アクセルの踏み加減で加速を如何様にもコントロールできる扱い安さで
概観のイメージからは最初に抱いていたイメージとは違う

 

確かに過激さがないのだがが確実に速い。

 

ただ刺激を求めてアクセルを踏みすぎると気が付くととんでもない速度
になっているので要注意だ。

 

2速ギヤで引っ張ると3,000回転付近までは穏やかな感じがするが低回転から
しっかりしたトルクが立ち上り車体を加速させる。

 

そして3,000回転からブーストが立ち上がり4,000回転を過ぎた頃には伸びの
良い回転フィーリングと共にVTECサウンドと共に軽やかにエンジンが吹け上がる。

 

勿論この頃は法廷速度は既にオーバーしている。

 

そしてシフトフィーリングの良さも特筆すべき点だ☆

ショートストローク気味のシフトノブは各ギヤゲージに入った感覚が
わかり易い。

 

それに加えて各ギヤゲージに入る瞬間しっとりとした節度感のある抵抗
があってこの感覚がシフト操作の上質間を演出している。

 

そして乗り心地はシートやハンドルなどからの路面状態を把握しやすい部分を残した
ままで快適性を実現している感じ。

 

つまり快適性を基本とした上で走りの楽しさを路面状況の把握のし易さも追求した
感じの乗車フィーリングでしなやかなで若干ソフト寄りな乗り味に感じる。

 

まとめてみるとシビックハッチバック6MTと言うと最初は・・

 

パワースペック的にもやんちゃで結構過激なイメージだったがとにかく
扱い易く運転がし易いマニュアル車でパワフルな車と言う事になるが・・

 

扱いやすいが故に調子に乗ると知らず知らずの内にかなりの速度が出て
ビックリする危険性がある。

 

パワフルなのだが過激さを感じさせないのでこの乗り味が人によって評価が
分かれる部分であろう。

シビックハッチバック 6MT街乗り燃費 評価

 

さて今回シビックハッチバックで街中から郊外の流れの
良い道から高速道路、ワインディングと一通り走行して
実際の燃費はどうだったか?

 

割合的には高速3割・郊外3割・ワィンディング2割・街中2割で
目立った渋滞はなし。

 

走行距離は136.7㎞で給油量は10.0リットルでリッター
13.6㎞と言う数値であった。

特に燃費を意識して走行した訳ではなく発進時などは先頭で
あった場合はMTと言う事で2速・3速で引っ張り気味で
出来るだけメリハリのある走りに徹した。

 

元々1,500㏄ターボなのでパワーとトルクが十分なので意識的に
エンジン回転数を上げようとしても2,000~3,000回転も回せば
軽く法定速度プラスαの速度域に達してしまう。

 

なので一般公道を走行している限りではエンジン許容量の
2~3割位で走行していた感じだ。

高速道路になると加速の際は4,000~5,000回転付近を使う事も
あったがこれも中高回転域のフィーリングを確かめるために
意図的に3速・4速で加速した結果の燃費数値。

 

マニュアル車ではあるが低中回転でも十分扱いやすく実際に
エンジンを回さなくても十分速く走れてしまうのが実際の
ところであったので通常はもう少し良い数値を出せると思う。

ガソリンタンク容量が46リッターなのでリッター13㎞としても
満タンで598㎞走れる計算になる。

 

大雑把に満タンで500㎞以上まではは給油を心配しなくても
走行できる計算となる。

 

最近のハイブリッド車と比較すれば若干満タンでの走行キロは
少ない感じがするが個人的には十分合格点を上げても良いと思う。

 

機会があれば高速道路でのインプレを書き込みたいと思うが
シビックハッチバックの6速マニュアルを今回運転してみて
実際の感想は・・?

 

パワースペックを見てスイフトスポーツよりも40㎰程高出力
なのとデザインが結構戦闘的なイメージなので乗り味が過激
なのではないかと思ったが・・

 

拍子抜けする程乗りやすく操作性が抜群に良いのとパワフルさ
から来る扱いにくさもなく結果的に簡単に速く快適に走れてしまう
車であった。

 

刺激が少ないと言う言い方もできるが実際にマニュアル車の操る
楽しさを持ちつつ快適さをベースにしたシビックハッチバック6MT
は独特の立ち位置を築いているのが実感できたのは大きな収穫であった。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
ドメインとは