金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

宗教や怪しい教団のトリックに気づけ!

2014年11月23日

 

宗教や怪しい教団や団体の勧誘の手口はと聞かれたら
私はこう答える。

 

まずは身体や心の悩みをある程度解決させる
この部分は真実だが綺麗サッパリ解決する事はない。

 

あくまで、ある程度か何となく良くなったかな?
と言うもの。

 

そこで今度は空かさず「この教えは真実です
広めましょう!」と言う事で教団の組織拡大

や資金を貢ぐ都合の良い人物に仕立てられる。
教団中心の生活なので当然仕事や私生活は放った
らかしで気がつけば当初目的だったアトピーを

治すが教団の拡大と言う目的にすり替えられて
しまっている。
外側から客観的に観れば直ぐにおかしいと気付く
のだが当の本人は最悪の状況になるまで気付く

事が無いケースが殆ど。

 
なぜかと言うと入会した本人にもプライドがあるので
退会し辞めると言う事は今まで自分が行ってきた事を

否定してしまう事になる。

 

 

この辺も教団連中も計算済みで会員を教化して洗脳
するので恐ろしい事だ。

 

 

恥ずかしい話だが私の場合もそうだっだ。

 

 

少しでもこれを防ぐなら常に「何のために?」自分は
今の行為を行っているかを確認する事だ!
私自身もこの「何のために?」やっているかを確認して
いればアトピーを治すが⇒教団の拡大にすり替えられ

るトリックに早く気付いていたであろう。

 

 

 

 


アトピー改善団体に騙され入会

2014年11月21日

就職して新しい土地に引越して独り暮らしで
1ヶ月経った所にアトピーが徐々に悪化してきた。

 

 

最初は首が痒くで顔も少しカサ付いてゴワゴワ
している。

 

 

先日書き込んだアトピーに付け込む健康集団
(通称称AS会)の事を思い出し連絡を取る。

 

 

他人の目が気になり藁をもつかむ気持ちで
入会してしまった。

 

 

アトピーに付け込むビジネスは浜の真砂の
ごとく無数にある。
ただお金儲けと解ってやっている者はまだ自分が

如何わしい事をやっていると認識できる分救いようが

 

 

あるのかも知れないが反対に宗教系の他の苦しみを救

うと名目で活動を行っている集団はたちが悪い。
なぜなら相手が迷惑していても自分が本当
に良い事を行っていると思い込んでいるからだ。

 

真面目な性格な人ほどその泥沼にはまり易く気が付い

たときは犯罪に手を染め取り返しの付かないケースも

あるので注意した方が賢明だ。

 

 

アトピーに付け込む健康集団も犯罪こそ無かったが

私自身苦い経験をさせられた一つである。

 

これらの団体の教えが全て嘘なのかと言うと
そうではない。

 

半分本当で半分嘘という事だ。
そうでないと騙せない。

 

呼吸法や心身清浄法と呼ばれる行法は確かに健康には

良くアトピーにも効果があった。

 

具体的な方法は記載しないが要は呼吸法とお湯や塩を

使って身体の老廃物を除去すると言うもの。

 

これは本当の部分。
そこで最初は団体の対応は丁寧で良いのだがこれからが

「さあ、良くなったでしょ?

 

 

 

じゃあ貴方もこの教えを苦しんでいる人達に伝える使命が

あるのです。

 

一緒に頑張りましょう!」

「アトピーを治す」がいつの間にかその団体に貢ぎ
教えを広める事と目的がすり替えられる。

 
入会金や年会費は数千円程度だったが書籍や健康
グッズが数万円するものはザラにあり。

 

毎週末は名古屋にイベントが行われ前日になると勧誘
の電話がかかって来る。

 

また喜捨と呼ばれるお布施をすると心が清らかになり
病気治癒に効果がある。

 

アトピーは執着の病気です。
時間と金銭をこの時期から奪われる生活が始まった・・

 

 

 

 


職場の悩み作業要員

2014年11月19日

 

念願の公務員になれたのは良いがやはり

防衛庁は特殊な職場だった一般事務と言う事で

採用され通常の業務は私の場合は経理事務をやり

 

 

厚生業務の組合員の貸付や貯金、保険のお金の出入り

を上司の主任とやり取りして月末には締め処理を行う

の繰り返し。

 

 

この点は一般の公務員ならず民間の事業所でも同じ

 
何が特別かと言うと前回も書いたが雑用などの

施設管理に伴う作業が多い事だ。

 

 
「明日食堂周辺の草刈作業を行いますので各課名

を選出しておいて下さい」

 

 

大抵作業に借り出されるのが私か新人のA君の

だちらかしかも作業したからと言って本来の業務

は減るわけではない。

 

 

貴方 が銀行に就職したとする

 

オフィスでバリバリ仕事をしている最中に

「4階の会議室の床をワックスがけをして

おく様に命令されたらどう思うだろう・・

 

 

「オレってこの会社に何しに来たんだろう・・?」

 

 

「そんなもん清掃業者にやって貰えば良いじゃないか!」

こう感じるはずである。

 
ただ慣れと言うものは恐ろしいもので2カ月位すると

最初は違和感を感じていたが「まぁしょうがないな・・」

と言う感覚も出てきた。

 

 
作業は週に1回か2回だし完全に業務が回らなくなると

組織としてマズイのて一応は忙しさ等を考慮して作業

人員を決めたりしてくれる。

 

 

作業の後は隊員さんが冷たいジュースをくれたり色々

気を使ってくれたりもする。

 

 

余程の事が無い限りクビにはならないし給与も毎年昇給

する。

 

複雑な思いで過ごす日々が続いた・・

 

 


贅沢な食事と健康を両立する方法

2014年11月17日

贅沢な食事と健康を両立する方法

 

section-4pic2

 

写真はトワイライトエクスプレスで食堂車での食事を
食べた時のメニューである。

 

見た目の華やかさは勿論だが味の方も期待通りで車窓
を見ながらの食事は最高に楽しかった。

 
世の中には和洋中少し頑張ってお金を貯めれば大体の
贅沢な料理やグルメと言われる美味しい料理を味わう
事が出来る。

 
食べると言うのは我々が生活をしている中での大きな楽しみ
の一つ☆

 
最近はコンビニに行ってもプレミアムスィーツと称して
気になる菓子が店頭に並びお茶を買うだけのつもりが

ついお菓子まで手が伸びてしまう。

 

 

金銭的に余裕があれば食べたい物を沢山手に入れる事は
出来る がそれが美味しく全部味わえるかは全く別問題で
お寿司を20人前食べるお金が有ったとしても20人前分の
味覚を楽しむ事はできない。

 
空腹があるので反対に美味しいと言う味覚が体験出来る。

 

 

また日本食・中華・フレンチや毎日変わった種類の料理
を並べ食する事が出来たとしても今度は脂肪や栄養、
カロリーなどの健康について心配が起こってしまう。

 

 

私の場合は普段は粗食と言ってもそばと豆腐、少々の野菜
の食事が殆ど。

 

 
このメニューは私自身の身体には一番ベストなメニューで
さりげなく美味しくで身体に良い。

 

 
皆さんも手間はかかるが自分の身体に合った定番のメニュー
を見つけられてはどうだろうか?

 
で月に2,3回位は健康 に良い悪い関係なく自分の興味のある
物を食べて味覚を楽しんでいる。

 

 

要は普段は粗食で月2位の贅沢食の落差で味覚を楽しんでいる

事になる。

 
玄米でも豆腐でも蕎麦でも自由だそれで自分の身体が好調
なら構わないし決まったメニューなので時間とお金の節約
にもなるし健康にも良い。

 

 

私の場合はアレルギー体質なのでご飯は食べても週に1回位
人によってその食材が良い悪いあるので自由に見つけて自分形
のライフスタイルを楽しんで欲しい。

 

 


公務員の優越感が崩壊した日

2014年11月15日

公務員の優越感が崩壊した日
実際に防衛庁事務官に採用されて勤務地も決まった自分に
とって私自身は友人や知人に対して優越感でいっぱいで
あった。

 

中には明らかに僻みとも言える言葉をかける奴もいたが
概ね歓迎の言葉を掛けてくれた。

 

颯爽とスーツに身を包み出勤した私

公務員といえばオフィスがあってデスクワークをこなして
日々業務に励むイメージがあった。

 

いや、あって当たり前ではないだろうか?
しかし友人に振り捲いたこの優越感はいつまでも続く物で
はなかった・・

 

 

私の場合は厚生課と言う部署に配属されたのだが業務自体
の目的は例えば隊員が貯金や貸付、出産や入院などの機会

が生じた場合の事務手続きを行う部署で何ら普通だ。
だがここは自衛隊・・

 

掃除や施設の管理などの雑用も一般公務員なら清掃業者や
委託業者に任せる作業も隊員自体が行うのである。

 

 
バイトである一般省庁に勤めた経験があるが例えば床の清掃
ワックスがけや建物周辺の雑草取りや管理などは一般的に

考えれば清掃業者に頼んで職員は本来の業務に専念する筈だ。

 

 
だが自衛隊の職員は事務官でもトイレ掃除から施設周辺の草刈り
果ては射撃訓練場の整備業務まで駆り出される・・

 

 

それも本来の厚生課の業務を行いながら・・

 

 

作業時は朝に颯爽を着こなしたスーツは脱いで迷彩服に着替える
射撃訓練場でスコップを持って穴を掘る自分は

 

「俺は一生懸命受験勉強して合格した。そして大阪から何をしに
来たのだろう・・」と思った。

 

 


自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは