金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

北川景子女児出産で子供の可愛さが半端ない実際は?

2020年09月07日

北川景子女児出産で子供の可愛さが半端ない!DAIGOもパパに

 

おめでとうございます!ついにこの日がやってきたと言う
感じですね。

 

女優の北川景子さんが先日女児を無事出産し多くの方々から
見守られ幸せの言葉や励ましの言葉を頂いたそうです。

 

ファンの方もそうですが一般の方でもこれ位の人気女優で
あれば妊娠から出産までの過程が気になった方も多いのでは
ないでしょうか?

私も気になっていましたが・・

まあ人様の身体の事ですから無事の出産を祈って静かに見守る
のが一番良いでしょうね。

 

無事女児を出産された北川景子さんですが生まれてきたお子さん
がもう可愛らしくてと言う声も聞かれますが実際はどうなので
しょうか?

 

確かにDAIGOさんがパパでお母さんが北川景子さんであれば
どう間違ってもお子さんが可愛くない訳がないですね。

北川景子の子供の写真はあるのか?

 

北川景子さんが女児を出産されて注目を浴びていますが
気になるのはやはり赤ちゃんの写真ではないか?と思います。

 

しかし今は母子ともにデリケートな時期で外部からの刺激は
なるべくしない方が得策でしょうね。

 

それに来る時が来ればいずれは北川さんとお子さんのツーショット
で我々に元気な姿を見せてくれる筈です。

 

それを期待してネットを検索していたら北川景子 子供の画像発見
と言うページを見つけて見たら・・

 

なんだぁ・・北川さんの子供の頃の写真ですね。

でも生まれて来た赤ちゃんも景子さん同様にこんな
感じで可愛らしい子供さんになるのは間違いないでしょう。

 

北川景子の出産時は当然すっぴん?

 

北川景子さん人気女優で有名ですが噂ではすっぴん時と
お仕事時での落差が激しいとの噂ですが本当でしょうか?

 

確かに女優は綺麗で当たり前の職業ですがプライベートでも
風貌を意識している必要はありますね。

 

しかし実際に出産時などの時にはさすがにお顔はすっぴんで
ないと無理があるでしょうね。

 

そこまでメイクして見た目を気にするよりも出産に意識を集中
するのが普通ですね。

 

しかし北川景子さんのすっぴん姿はとても気になります・・
実際の北川景子さんのほぼすっぴん状態は画像でも出て
いますが・・

なるほど・・
これだと十分素の顔でも美人だと言えますね!

さすが大物女優だなと思いました。

 

なんか造った感じではなく自然に溢れる美しさと言う感じがします。
とにかく女の子を無事出産し元気で育ってくれる事をお祈りします。

 

 


アルトラパンSS 5MTとアルトワークス5MTのエンジントルク特性を比較してみる。

2020年07月26日

 

アルトラパンSS 5MT試乗しエンジン特性を探る。

 

今回はアルトのラパンSS 5速マニュアルで街中を走行する

機会に恵まれたので実際に運転して感じた事とアルトワークス

とを比較してみようと思う。

実際に目の前に現れたアルトラパンは実に普通の車のデザインの

車といった感じ。

何か個性を主張しようとした部分が一見ない様に感じるが個々の

部分に目をやると丸目のヘッドライトを始め角ばった四角ボディ

と小っちゃなロゴなど次々に目に飛び込んでくる。

そして一歩引いて車体の全体を見てみると何とも愛くるしいラ

パンSSだと言う事に誰もが気付く事は異論がないだろう。

 

そして極めつけは5速のマニュアルでK6Aの660cc・DOHC・

4バルブ・直列3気筒ターボエンジン!!

早速車内に入ってみる。

運転席に腰を掛けるとホールド感はあまり無いがちょうど

良い硬さのシートに腰掛けハンドルに手を添える。

 

シートポジションを調整してクラッチを踏み1速ギヤに入れて

発進した。

 

アルトラパンSS 5MTのトルク特性は?

 

クラッチミートした瞬間からスムースな発進でアルトワークス

と比較するとラパンSSの場合はギヤ比が高めでやや穏やかな

トルクフィーリング。

 

もちろん自然吸気の660㏄エンジンと比較すればアイドリング

付近のトルクは2割くらいアップした感覚で発進できるので扱

い易い。

 

ただターボエンジンのブースト自体はそれ程圧は掛かっていな

い様でどちらかと言えば強力と言うよりスムーズな印象。

街中でもアクセルワークにそう気を使う事無くポンポンシフト

アップして気軽に流すならむしろ好都合なトルク特性だろう。

 

空いている見通しの良い道路で3速ギヤに入れてアクセルを強め

に踏んでみる。

 

 

3速3,000回転の時速40㎞を過ぎた辺りからブーストか掛かり

急激に時速100㎞の手前まで加速していく。

このフィーリングが何とも痛快で気持ち良い。

 

先に3,000回転から急激に加速と記したが何回か経験している

とトルクフィーリングが身体で理解できるのでドッカンターボの

様な極端な感じではなく慣れれば誰でも扱いやすくいこの痛快な

フィーリングが楽しめるだろう。

 

アルトワークスとのトルクフィーリングの違いは?

 

アルトラパンSS 5MTを試乗して今回はエンジンのトルクフィーリ

ングに絞って記事を書き込んでいるがアルトワークスの場合はアイ

ドリング付近から強力に感じるトルクが発せられる。

 

尚且つ1速ギヤが低めに設定されている。

 

この関係でアルトワークスの場合がクラッチミートした瞬間から豪快に

加速していく。

ワークスに限らずスイフトスポーツの場合も低中回転のトルクが太く

乗った時点で濃密なトルクを体感できエンジンを回さなくても結構な

加速感を味わえる。

そう言う観点からすればワークスやスイフトスポーツの方が回さなく

ても気軽にアクセルを踏めば加速感を味わる。

 

しかしエンジンを高回転まで引っ張ると頭打ち感が現れるのが難点。

 

 

対してアルトラパンSS 5MTの場合は出だしは普通で中高回転から

一気に伸びるトルクフィーリングはワークスやスイフトスポーツに

はない加速フィーリングでエンジンを使い切る面白さと痛快な加速感

を味わえ実際に速い。

 

またラパンのトルクフィーリングは5速ギヤを駆使して中高回転を使っ

て操っている感触が何とも愉快で楽しいし軽自動車であるので実際の

公道でも高回転域のフィーリングを楽しむ事も可能な場合が多い。

 

乗り比べて解った事は現在のターボエンジンは低中回転域のトルク

を十分太らせてクラッチミートした瞬間から扱いやすい特性になっ

ているのが特徴。

 

なので今回試乗したアルトラパンSS 5MTのトルク特性が反対に

新鮮で興味が湧いたのも事実である。

 

高回転域を使ってエンジンの吹け上がるフィーリングを感じながら

加速する乗り味の面白さを再認識した。

しかしこれが1,200㏄位になれば3速ギヤでも高回転域だと時速130㎞位

は速度が出てしまうのが難点である。

 

軽自動車であれば実際の公道での走行とエンジン回転数は一致し美味しい

部分が味わえるアルトラパンSS 5MTとしてワークスとエンジン特性と

差別化し現在でも販売すれば売れそうな気がする。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


特急ひのとり難波から名古屋まで乗車レビュー

2020年07月17日

近鉄特急火の鳥乗車体験記

 

今回は久しぶりに鉄道のレビューを書き込みたいと思う。

大阪方面に所用で行く事が決まったので時間と費用の兼ね合いで
今回は近鉄特急を利用する事に決定。


実際の目的地は大阪の八尾なので行きは名古屋発9時のアーバンライナー
に乗り込み大和八木で区間準急に乗換て近鉄八尾まで移動。

アーバンライナーも登場して結構な年数が経つが今回はレギュラーシート
を利用する。


いつもはデラックスシートの一人掛け席を利用する事が多いが今回は
新型コロナの関係で車内はガラガラで相席になる心配は全く無し。

 

レギュラーシート場合は相席にならないのであれば通路側席に荷物が
置けるので管理しやすくデラックスシートよりメリットが多い。

 

結局1時間37分を快適に移動して八木に定刻に到着し区間準急で近鉄八尾
に無事到着した。

1時間位で所用を済ませて近鉄八尾駅下のミスタードーナッツで珈琲を飲
みながら休憩する。

時刻は12時50分位過ぎで14時発の「特急ひのとり」名古屋行きに乗る事に

 

ここから13時20分以降に区間準急で難波に向かうと13時40分頃に難波駅に
着く事ができる。

 

20分あれば昼食の弁当類を購入して難波14時発の「特急ひのとり」に乗り込む
事ができる計算だ。

区間準急の発車時刻までスマホで「ひのとり」特急券を予約する。
シートマップで好きな座席を選ぶ時が結構楽しい☆

 

発車7分前に難波駅2番線に入線して来た。

 

一見すると今まで上品なとは違う感覚の上品な特急車両と言う事が

誰でも理解できる。

 

今回は5号車のD席を選択し早速車内へ大型シートが4列配置
ながら重厚な感じで盛大に並ぶ光景は非常に新鮮だ。

 

落着いた色合いではあるがフレッシュで爽快な感じがするデザイン的にも
何とも考え抜かれたシートで非常に好感が持てる。

大き目のシートだが前後のシート間隔がJRのグリーン車並みと言う事で
圧迫感が無く身体を包み込む様な感じの座り心地が快適。

 

定刻で発車し上本町と鶴橋に停車して次の停車駅は津まで止まらない

今回乗車した5号車はモーター車ではあるが心地の良いモーター音と
共に加速する様は鉄道好きには魅力的な部分。

 

鶴橋を発車後にコンビニで購入したおにぎりとパンで昼食をとる。

大型テーブルやドリンクホルダーなどは装備されており車窓を眺めながら
の昼食は中々快適で楽しい。

この時期は特にガラガラの車内で隣で相席になる事はまずない事も
快適度を増していると言えよう。

 

昼食を終えて車窓を楽しんだりスマホをチェックしている内に名張を
通過。

青山トンネルで電波状態が悪くなるのでここから20分位は食後の睡眠zzz

中川の短絡線の手前で目が覚める。

 

そして雲出川の鉄橋を豪快に渡ると10分後にJR紀勢線の線路が現れしばらく
並走して津に到着。

2分弱と結構長めの停車で恐らく運転士さんが交代するのであろう。
津をでれば名古屋まで40分程だ。

 

津からは特急火の鳥プレミアムシートへ乗車

 

ここまでの時間は意外と時間の経過が早く感じられたし津から名古屋まで
の40分もあっと言う間に経過して行った。

 

2時間程の乗車なのだが特急ひのとりはシートが豪華だけでなくシート
周辺のアイテムが充実している。

 

目の前に頑丈な大型テーブルを始めドリンクホルダーや全席背面下に
ネット状の小物入れや電源コンセントも便利だし窓枠下部分にもちょっとした

物を置けるスペースがありとにかく使い勝手が良く便利アーバンライナー

にネクストと比較するとシート周辺の使い勝手例えば小物を置く場合や食事の時

のテーブルやスマホ充電などが圧倒的に「ひのとり」の方が便利だ。

 

のぞみ号なら大阪-名古屋間が50分で特急ひのとりの場合
2時間掛かるが事前に食事や飲み物を飲んで一息つきスマホ等で

動画鑑賞などの時間の過ごし方が決まっていれば単純に所要時間

だけでなく時間が有効に使えると言う部分もメリットである。

 

今回は難波から名古屋まで2時間食事や珈琲タイム・動画鑑賞
と勿論鉄道自体の車窓を楽しむなどして2時間は結構あっと言う
間に過ぎた感じで有意義な時間であった。

ここまで見てくると特急ひのとりに気になる点はないのか?
と聞かれたら先ずは殆ど見当たらないのだが敢えて言うなら
特急料金の点で短距離移動の場合かも知れない。

名古屋と難波間で利用するならば特急料金にプレミアム料
200円加算される分には妥当だと思う。

 

他に難波と八木とか津から名古屋での乗車だと一般の特急料金
であれば520円だが「ひのとり」だとさらに100円加算される。

上記の区間は着席して利用できるのが目的なので人によっては
従来の特急車両でなるべく520円かまたは920円で利用したいところ
だが更に100円プラスとなる。

まあ確かに従来の特急車両で十分と言う方には余計な出費かも
知れないし「火の鳥」来てラッキーと言う人もいるかも知れないので
その人の考え方しだいなのであろう。

 

 


 
ドメインとは