金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

新型カローラスポーツ6MT試乗インプレ(街中編)

2019年01月15日

新型カローラスポーツ外観 内装 評価は?

 

今回は話題のカローラスポーツに試乗してみた。

何かと気になる6速マニュアル車を運転することが

できたので果たして出来具合はどうなのか?

興味が深々のところ☆

 

乗車したグレードはGZで 238万円

色はアティチュードブラックマイカと言うまあ簡単に言えば

ブラックですね(笑)

 

エクステリアは歴代のカローラと打って変わり
若々しくなって180度印象が変化した。

少々吊り上がったヘッドライドで軽快感を持ち
つつもサイドからリヤに掛けては重厚感も併せ
持つデザインで若者をターゲットに意識したこ
とが伺える。

 

フロントにはフォグランプが装着されているが
極小さなものでデザイン的には大人しい印象。

 

同じくリヤは二本出しのマフラーだがあまり
目立たず個人的には存在感があまりないが良く
言えば無難にまとまっている感じのデザイン。

もう少し思い切ったデザインの方がアピール
度が高くて良いのでは?

と思うが良くも悪くも無難な印象でその辺は
カローラと言った感じ。

 

ただ歴代のカローラと比較すれば確かに斬新
なデザインになったな!

 

そう思うところがまた見る角度を変えると
感じ方が変化するのが面白いところ。

 

つまりスポーツと言う観点からすれば大人し
目なデザインではあるがカローラと言う
今まで大衆車と言うイメージと比較すれば十分
スポーティなデザインだ。

 

 

足回りのアルミホイールのデザインから全体
をもう一度見て周ると質感も十分高く特にリヤ
周りのデザインは重厚感が漂う。

 

内装は全体的にブラックでまとめられメーター
は中央が大型ディスプレイとなっている。


一瞬アナログ式かと思ったが・・

 

表示がアナログ式でよく見るとディスプレイ
と言うことで違和感はない。

 

エコ・ノーマルモードで青い表示だがスポーツ
モードに切り替えると全体が赤く表示され一目
でモード状態を把握できる様になっている。

 

パネルからダッシュボード近辺は合成皮をステッチ
調にデザインされ高級感がある。

 

中央にはカーナビのパネルが垂直に立ちその下方に
はエアコンスイッチが並ぶが何と温度調節のつまみ
が左右に両方装備されて助手席側の温度もきめ細かく
調整が可能。

そしてそこから足元を付近を見ると6速マニュアル
のシフトレバーが堂々と存在感をアピールしている。

 

シフトブーツから伸びたノブそして6速の表示された
数字を見ればマニュアル好きにとっては十分その気に
させてくれる。

 

 

新型 カローラスポーツ6MT試乗で街中を運転

 

カローラスポーツ6MTで実際に街中を走行

してみたが乗車フィーリングはどうか?

 

先ずは1速ギアに入れて発進する。

ややアクセルを踏みクラッチをミートして

極自然が感触で発進する。

 

4気筒エンジン特有のフィーリングもあって

出だしは超スムーズだ。

 

 

因みにノーマルモードで走行。

 

このカローラスポーツにはエンスト防止機能が

付いているが普段マニュアル車に乗り慣れた私

には言われて見ればああそうだなと感じる程度。

しかしよく考えて見ると低回転域のエンジントルク

はスムーズ過ぎると通常は乗り慣れない車だと

クラッチを繋ぎ発進する際にややエンジン音が高めで

発進してしまう事がある。

 

しかしこのカローラスポーツは静かにスルッと上品に

発進していく。

 

iMTと言うインテリジェント・マニュアル・トランス

ミッション装置が陰ながら貢献しているに違いない。

 

この装置は特に坂道発進には有効でこれからマニュアル車

に興味をもった人にも受入れて貰い易くなるだろう。

 

クラッチを繋いで2速・3速と小気味良くシフトアップを

楽しみながら加速して行く。

加速フィーリングは滑らかで扱い易いが更に車速を

上げる場合はアクセルを踏み増してエンジン回転を

上げて加速すれば必要十分な加速が得られる。

 

良く言えば気兼ねなくアクセル操作を楽しめる加速

フィーリングだが少々物足りない感じ。

 

これは先にも述べたが車重が1,330㎏と言う事が影響をして

いると思われる。

 

スズキのスイフトが1,200㏄で1,000㎏を切る事を考えると

そこまでは言わないがカローラスポーツもあと150㎏位軽量化

して1,100㎏台になればもっと違った加速フィーリングになる

のにと感じる。

 

恐らくこの車体骨格は1,800㏄ハイブリッドに合わせて作製

された物の関係もあるのだろう・・

 

しかし調子に乗ってアクセルを踏み続けると2速で80㎞オーバー

3速で140㎞付近に達する。

 

とにかくスムーズなエンジン特性に気を取られて

加速すると注意が必要@@

 

乗り心地はスポーツとしては基本的に柔らかい感じが

するが大きなギャップやカーブを通過した時にしっかりと

踏ん張るサス設定には好感が持てる。

 

乗り心地と走行性を兼ね備えた欲張ったサスペンションで

その辺がスイフトスポーツと違う部分で比較して見ると

面白かった。

 

 

 

新型カローラスポーツ 6MT エンジン 評価は?

 

1.2リッターターボエンジンのカローラスポーツ

最高出力は116PSで最大トルクが18.9kgmで十分な

 

動力性能を発揮するエンジンだが車重が1,330㎞と

重めなのが気になるところ。

実際のエンジンフィーリングだがドライブモードが

3種類用意されていてエコ・ノーマル・スポーツと

 

選択できシフトノブの前方のスイッチで簡単に走行

中でも切替が可能で楽しめるのがポイント。

 

1.2リッターターボエンジンと言うと必要十分な

出力とトルクを一般公道から高速まで発揮する

ことは出来るのだが全てのシチュエーションを

満足ささるとなると無理が生じる。

 

加速重視で燃費は気にしないのか反対に燃費重視

で走りはそこそこで良い。

 

あるいはとにかく乗り易さを重視した味付けの

エンジン特性にするのか・・

 

カローラスポーツのエンジンモードはこれらの

ニーズを限られた出力で満たす事に成功している

と実際に乗車して見て感じる事ができる。

 

 

 

新型カローラスポーツ 6MT 燃費 は?

 

今回のカローラスポーツの走行は全体で156㎞を走行し

内訳は高速道路が2割と市街地の流れの良い道3割

 

峠道が3割とやや渋滞気味の道路が2割と言ったところ。

ノーマルモードとスポーツモードが半々でエコモード
は殆ど使用せず。

 

給油量は10.4リッターで平均燃費は約14.9㎞/ℓだった。

 

燃料タンクが50リッターと多いので満タンでも742㎞

の650㎞位までは給油の心配が無く走行出来るので航続距離は

そこそこ長いと言える。

 

このクラスの燃費としてはあとキロ1リットル位は伸びて

欲しい所だがやはり車重の重さが影響しているのは間違い

ない。

 

個人的な感想だがあと200㏄排気量を増やして低中回転域

のトルクを太らせた方が加速と燃費も向上するのではないか

と思う。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 


新型ジムニー5MT街乗り試乗記1

2018年12月24日

新型ジムニー5MT街乗り試乗記

 

新型ジムニー5MTで街乗りを楽しむ

今回は新型ジムニーで街乗りを楽しんでみた試乗した
のは5速マニュアルでグレードはXG一番低いタイプ。

 

早速目の前に現れた新型ジムニーを見て見ると第一印象
はゴツイ!の一言でスクエア型のデザインと相まって男
らしい雰囲気が漂う。

 

カラーも深緑の色でこれが見た目は地味そうだが非常に
重厚な質感をもたらしている感じがする。

自衛隊の車の様な感じがする(笑)

確かにキネティックイエローも気になる存在だが・・

 

新型ジムニー 内装

 

いざ車内に乗り込んで見ると着座位置が高いのと先代と
比較して広々とした室内は軽自動車とは思えない重厚さ
とゆったり感を感じる。

 

車内を観察すると先ず目に飛び込んで来るのが正方形が
2つ並んだ形の枠型に丸いオレンジ色のタコメーターと
速度計が飛び込んでくる。

大き目でどちらも視認性は抜群で一瞬で情報をキャッチ
できるのが好印象だ。

 

 

シートのホールド性は乏しいがクッションがギュッと実が
詰まった固めのシートは体重を支えやすく長時間の走行で
も疲れにくいのとシート生地が埃などの汚れを取りやすく
良い感じがする。

 

 

エンジンを掛けてウインドウを開けようとするがスイッチが
見当たらない・・

するとスイッチはセンターの方に集約されていた。

エアコンはマニュアルだが特に気にならないエアーの風量調節
が4段階とやや大きめな事くらいで操作性は十分良い。

 

ミラーが電動ではないので最初の調節が面倒だが一旦調整すれば
後はそのままなので特に問題はないが家族同士で運転する場合は
体格が違うと面倒なことになるのが難点。

 

 

 

新型ジムニー5MTのシフトフィーリングは?

 

早速ギヤを1速に入れて半クラッチでぎこちなく発進させる。

どの車種でもそうだが初めて運転する車種の場合低回転域トルク
とクラッチの繋がり具合が把握出来ていないのでどうしてもそう
なってしまうのは仕方のないところ。

実際に慣れてみると柔らかめだがシフトゲージに入る瞬間サクッ
サクッとした感触を伴ってギヤに入る感覚は中々の好印象。

初めは1速から2速へ入れる際には若干重めの印象であったが
慣れれば特に問題なし。

 

アルトワークスのシフトフィーリングのスコン!とはまた違った
もので初めは新型ジムニーのシフトフィーリングに?の感じであ
ったがこちらはジワリ、ジワリとシフト操作の心地良さを身体で
感じるのが特徴だ。

 

1,030㎏の車体のためターボエンジンながら発進加速が非常に気に
なるところであったが実際にクラッチペダルを少し上げてアクセル
を踏みながら発進すれば十分なトルクを発揮しながら車体を前に
進ますことが出来る。

 

 

そこから2速、3速とシフトアップさせて行きながらの加速フィーリ
ング車体の重さもあって強烈ではないが確実にアクセルの踏み具合
に反応しながら車体を加速させる感じで力強い印象なのが流石!!

 

私だと3速で引っ張り4,500回転付近でシフトアップして4速、5速で
巡行するのが好みだ。

車重の関係でキビキビと走らせるのであればエンジン回転を2,000
回転以上に保つ方がレスポンスが良いので4速巡行が良い。

 

時速50㎞以上で5速ギヤを使用した方がメリハリのある走りを楽しめる。

 

ただ5速ギヤで1,700回転位でも走行は可能だがそこからの加速は速度
の勢いを利用しながら緩く加速するので肩の力を抜いて緩い感じで
走行したいのならそちらがお勧め。

 

 

同じ5速マニュアルでもアルトワークスの場合ピンと張りつめた心地良い
緊張感の中走行するのだが新型ジムニーの場合はドッシリとした何か
ゆる~い感じで走行するのが似合う。

ハンドリングは軽快でコーナーを走行中に対向車が出てきてハンドル
切れを増やした場合は思ったより内側に車体が行くので慣れが必要だが
問題ないと思う。

 

乗り心地も固めのシートは体重を支えやすく疲れが残らず運転に集中
出来たので良かったと思う。

 

最小半径が4.7mなので大柄な割にはさすが軽自動車なので取り回しは
実際街中でも楽チンであった。

 

燃費は大きな渋滞には巻き込まれなかったためかアクセルは特に燃費
を意識はせずに必要であればグイっと好きなだけ踏んでリッター16㎞
弱なので先ず先ずと言ったところ。

 

 

なお今回安全装備の追加などで車重が増したの事で発進時の低速走行
は最初大丈夫か?と心配したが慣れれば何と2速発進も簡単にできる
事を確認しこのエンジンの出来の良さを十分堪能出来た試乗であった。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 

 


普通列車グリーン車も好きだが今回は311系ガラガラ普通車でのんびりと

2018年11月26日

普通列車グリーン車も好きだが今回は311系ガラガラ普通車でのんびりと

 

今回は豊橋から蒲郡にかけて311系普通列車で

移動してみた。

所用のために豊橋へ行った帰りに喫茶店で休憩中

に帰りの電車の時刻を調べていたのだが・・

 

通常であれば新快速で10分チョイの時間だが

時刻表を良く見て見ると豊橋駅発の普通列車が目

に付いた。

 

 

関心を持ったのは豊橋駅の西小坂井駅で9分停車

で後続の快速に追い抜かれるので面白そうなので

乗って見る事にした。

 

普通列車を乗る機会と言えば熱海から品川までの

距離を毎年数回は普通列車で移動する。

 

 

18きっぷと合わせてグリーン車利用でも安く快適に

移動出来るのが魅力だ。

 

 

今回は乗車時間こそ30分程度だがJR東の普通列車

グリーンと比較して311系の乗車感想を書込みたいと

思う。

 

普通列車グリーン車と比べてどうなのか?

 

JR東日本の普通列車グリーン車は大凡特急列車

の普通車に当たるグレードのシートが装備されて

いる。

 

 

前テーブルやリクライニング機構がついてかなり

快適に移動できる。

 

 

今回乗車したJR311系は新快速時代に120㎞運転で話題に

なった車両だ。

 

 

ホームに降りてみると既に車両が入線していた。

 

堂々の8両編成でかなりの風格が漂っていた。

 

昼間は4両編成がメインなのだが夕方の混雑時間帯だと

普通列車でも8両編成が充当される。

 

早速乗り込んで見ると・・

 

ガラガラ(笑)

 

しかし乗客にとってはこのガラガラ状態が普通列車の

最大の魅力だと思う。

 

最近は効率化のために混雑時でも2両編成や3両編成など

キャパシティギリギリの車両運用が目立つ。

 

収益面から言えば当然なのだが鉄道で旅をする観点から

言えばマイナス。

 

唸るモーター音を聞きながら夕日を浴びて走る311系

岐阜行きは駅間の距離が長いので普通列車といえど

時速120㎞でぶっ飛ばす。

そして西小坂井駅に到着し退避線へ・・

 

停車中にホームに降りて景色を眺める事が出来るのは

最近ではあまり機会の無い事なので新鮮に映るし

 

停車時間中に快速や貨物列車の高速通過シーンを見るのは

鉄道ファンにとって楽しみの一つ。

 

 

普通列車グリーン車と比較しては快適度は空いている分

開放的で十分楽しめたと言う感じ。

 

普通列車グリーン車の快適度は何に左右されるか?

 

普通列車グリーン車は隣と合い席になるかで快適度

が随分違ってくる。

 

これは今回の普通車311系でもおなじなのだが普通車

の場合は混雑しても座れてラッキー見たいな感覚があり

 

それと今回の様なガラガラ状態で途中駅での列車通過

シーンを見たりの発見があるのが魅力だと感じた。

 

 

また機会があれば書込みたいと思う。

 

 


 
ドメインとは