金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

バイトが危ない!ブラック企業の対処方法

2015年03月31日

バイトが危ない!ブラック企業の対処方法
 

最近学生さんでも残業代を払わず休日もロクに取れない
にも関わらず真面目に働かさせられる方をニュースなど
で見たり聞いたりする。

 

img56460221
 

タダ働きは勿論無理な勤務時間やシフトを組まれたが故に
肝心の大学の授業が疎かになり単位を取れなくなる。
 
 

そんな時私が彼らにアドバイスするなら
「さっさと今のバイトを辞めましょう」
こう言い切る。
 
 

状況によっては無断欠勤でも構わない。
なぜ無断欠勤してまでも私は休めと言うのか?

 

 

確かに無断欠勤は本来はやってはいけない事である。
 
 

それはキチット働いた分の給料をくれて休憩時間も取れる
勤務日の希望も授業の支障の無い様に応じてくれる会社での
話である。
 
 

働いた給与も払わず休憩も与えず人間を使い捨ての機械
同然の様に扱う会社ならそれ相応の対応の仕方でないと
泣き寝入りになるだろう。
 
 

学生の貴方は大学に合格し楽しい学生生活を送るために
余暇を楽しむためやクラブの活動費を捻出するため
あるいは親の金銭的負担を減らすためにバイトを始めた
筈である。
 
 

なのにブラックバイトが原因で進学単位が取れずそれに
振り回されるのは本末転倒なのだが真面目な貴方はそう
なるまで気付かない。
 
 

ここは面倒だが一旦辞めて次のアルバイトに就いた方が
良い。
 
 

そして飲食業に付いてブラックな会社に当たったら次は
違う業種を選んで見て欲しいと思う。

会社の中に入って働き始めると就労経験の無い学生さんは
一旦職場の中が世の中の全てと錯覚してしまう事が多い。
 
 

実際はロクに賃金も払わない会社もあれば職場環境が驚く程
良くキッチリ残業代も出て休憩時間も取れて働きがいもある
会社も存在するのも事実である。
 
 

色んな業種を経験して「この業種は地味だが賃金はやっただけ
貰えて休憩もしっかりとれる」とか「この業種は見た目綺麗だが
ハードで大した収入にならない」
 
 

色々と解ってくる筈である。
 
 

貴方は充実した学生生活を送る、あるいは一般の方で生活のために
バイトを始めた筈である。

 

しかし某飲食店の様にアルバイトの身分で休憩も出来ず連続で
16時間も働かせられたら「おかしい」と気付くべきである。
騙されていると気付くべきである。
 
 

中には生活のために辞められないと言う人もいた。
 
 

確かに一時的に辞めれば収入は途絶えるがコンビニなどの
アルバイトで必ずしも高くは無いがキッチリ給与が貰えて
休む時間などを確保できる職種は探せば幾らでもある。
 
 

月1回の休日で1日に16時間働かさせる職場にしがみつく必要は
全く無い。
 
 

現場の責任者に辞める事を切り出すと

例えば・・

・お前が辞めたら残っている社員に迷惑が掛かる

・辞める事によって出る損失を弁償しろ

・自分勝手な事をするな会社はどうなる

・辞めたて業務に支障がでた損害を請求するぞ

 

などと会社の責任者から脅されるかもしれない。
らちが明かないなら安心して無断欠勤して辞めて
貰いたい。
 
 

なぜなら現場の責任者の方も会社に騙されている
可能性があるからである。
 
 

タダ働きで労働させられる会社に偉そうな事を言われる
筋合いなど無い。
 
 

損害賠償・・・やれるものなら、どうぞご自由に。
 
 

そもそも現場の作業量に見合って無い人数を配置した会社側
の責任なので全く気にする必要無し。
 
 

バイトの特権と言うべきか?
おかしいな?と思ったらサッサと辞める事が出来る。
 
 

もちろん貴方の怠けで働く気が無く辞めたのなら貴方の身に
結果が降りかかって来るだけである。
そうで無ければ貴方の身は貴方自身で守らなければならない。

 
 

ある程度の職場や業種を経験しておく事は自分の財産になる
に違いない。
 
 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは