金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

ホンダ シビックハッチバック 6MT 試乗インプレ加速と運転フィーリングと燃費を評価してみる

2020年03月17日

ホンダ シビックハッチバック 6MT 街乗り試乗インプレ

 

今回はホンダのシビックハッチバック6速マニュアルに試乗
する機会が有ったのでレビューしてみたいと思う。

シビックといえばホンダの代名詞とも言われる代表的な車
であるが既にデビューして3年程が経過する。

 

2周り位車体がデカクなり日本での道路環境では取り回しが
気になる部分もあるが売れ行きも先ず先ずと言う。

 

しかもこのシビックハッチバックの売れ行きの割合が5割程が
MT車と言うのも興味深いところだ。

 

外観は戦闘的で非常にカッコ良いデザインで迫力があって
車に興味のない人が見ても振り返る様な感じがする。

そう言ったインパクトの有るデザインではあるが反対に
派手過ぎなケバケバした部分が無い。

 

シビックのデザインは派手さを感じるギリギリの一歩手前で
抑えながら上質感を上手く引き出している。

 

早速車内に乗り込んでみるとインテリアのデザインは非常に
オーソドックスで諸費用込みで300万円程する車にしては
もう少し見た目の質感が感じられる工夫が欲しい。

 

ダッシュボードや各スイッチ類などにワンポイント加え見せ方を
変えるだけで結構印象は変わるのではないか?

 

シビックハッチバック 6MT乗り心地と加速フィーリングは?

 

早速シートに腰を掛けハンドルとシート位置を調整し
ドライビングポジションを合わせる。
 
先ずは1速ギヤに入れるためにクラッチペダルを踏むが
驚くほどクラッチペダルが軽いのにビックリする。

軽自動車のクラッチペダルと殆ど変わらないか反対に
それ以上に軽い操作感で節度もあって非常に扱いやすい
のがポイント。

 

恐る恐る1速ギヤでクラッチを繋ぎゆっくり発信してみる。
変なギクシャク感も無くスムーズに自然な感じで加速する。

 

2速、3速とシフトアップしていくが加速フィーリングは
自然で確実に速度が乗ってくる感じ。


マニュアル車に乗り慣れた自分でも一番最初に乗る車種だと
当然クラッチの繋がりやエンジンのトルク特性などで発信時
は少なくても乗り初めの2,3回はややギクシャクしがちだ。

 

しかしシビックハッチバック6MTの場合クラッチペダルの
軽さとエンジンの低回転特性の扱いやすさが群を抜いており

乗り始めの段階からまるで何度も運転し慣れた様な感じで
クラッチミートした瞬間から静かにそして上品に発進していく。

 

先ずクラッチが軽いとミートポイントが把握し易いのと
1,500ccターボエンジンはアイドリング付近の1,200回転で

十分なトルクを発揮するだけでなく強すぎず弱過ぎず調度
良い塩梅の力強さで1,300kgの車体を前に進める。

 

元々1,500ccも排気量があれば低速トルクも十分でこの時点では
ターボのブースト自体も殆ど掛かっていない状態で素の1,500cc
で走っていると言う感じだ。

2,500回転付近で2速、3速とギアチェンジしていくと確実に車体の
速度を加速させて行き過激なトルク特性ではないが反対に自然吸気
の1,200ccエンジンの様にトルクが薄い感じは全く無い。

 

右足でアクセルを踏むと俊敏に速度が上昇していく1,900回転で既に
トルクが最大の24.5kgmを発揮しこれが5,500回転まで続く。

 

アクセルの踏み加減で加速を如何様にもコントロールできる扱い安さで
概観のイメージからは最初に抱いていたイメージとは違う

 

確かに過激さがないのだがが確実に速い。

 

ただ刺激を求めてアクセルを踏みすぎると気が付くととんでもない速度
になっているので要注意だ。

 

2速ギヤで引っ張ると3,000回転付近までは穏やかな感じがするが低回転から
しっかりしたトルクが立ち上り車体を加速させる。

 

そして3,000回転からブーストが立ち上がり4,000回転を過ぎた頃には伸びの
良い回転フィーリングと共にVTECサウンドと共に軽やかにエンジンが吹け上がる。

 

勿論この頃は法廷速度は既にオーバーしている。

 

そしてシフトフィーリングの良さも特筆すべき点だ☆

ショートストローク気味のシフトノブは各ギヤゲージに入った感覚が
わかり易い。

 

それに加えて各ギヤゲージに入る瞬間しっとりとした節度感のある抵抗
があってこの感覚がシフト操作の上質間を演出している。

 

そして乗り心地はシートやハンドルなどからの路面状態を把握しやすい部分を残した
ままで快適性を実現している感じ。

 

つまり快適性を基本とした上で走りの楽しさを路面状況の把握のし易さも追求した
感じの乗車フィーリングでしなやかなで若干ソフト寄りな乗り味に感じる。

 

まとめてみるとシビックハッチバック6MTと言うと最初は・・

 

パワースペック的にもやんちゃで結構過激なイメージだったがとにかく
扱い易く運転がし易いマニュアル車でパワフルな車と言う事になるが・・

 

扱いやすいが故に調子に乗ると知らず知らずの内にかなりの速度が出て
ビックリする危険性がある。

 

パワフルなのだが過激さを感じさせないのでこの乗り味が人によって評価が
分かれる部分であろう。

シビックハッチバック 6MT街乗り燃費 評価

 

さて今回シビックハッチバックで街中から郊外の流れの
良い道から高速道路、ワインディングと一通り走行して
実際の燃費はどうだったか?

 

割合的には高速3割・郊外3割・ワィンディング2割・街中2割で
目立った渋滞はなし。

 

走行距離は136.7㎞で給油量は10.0リットルでリッター
13.6㎞と言う数値であった。

特に燃費を意識して走行した訳ではなく発進時などは先頭で
あった場合はMTと言う事で2速・3速で引っ張り気味で
出来るだけメリハリのある走りに徹した。

 

元々1,500㏄ターボなのでパワーとトルクが十分なので意識的に
エンジン回転数を上げようとしても2,000~3,000回転も回せば
軽く法定速度プラスαの速度域に達してしまう。

 

なので一般公道を走行している限りではエンジン許容量の
2~3割位で走行していた感じだ。

高速道路になると加速の際は4,000~5,000回転付近を使う事も
あったがこれも中高回転域のフィーリングを確かめるために
意図的に3速・4速で加速した結果の燃費数値。

 

マニュアル車ではあるが低中回転でも十分扱いやすく実際に
エンジンを回さなくても十分速く走れてしまうのが実際の
ところであったので通常はもう少し良い数値を出せると思う。

ガソリンタンク容量が46リッターなのでリッター13㎞としても
満タンで598㎞走れる計算になる。

 

大雑把に満タンで500㎞以上まではは給油を心配しなくても
走行できる計算となる。

 

最近のハイブリッド車と比較すれば若干満タンでの走行キロは
少ない感じがするが個人的には十分合格点を上げても良いと思う。

 

機会があれば高速道路でのインプレを書き込みたいと思うが
シビックハッチバックの6速マニュアルを今回運転してみて
実際の感想は・・?

 

パワースペックを見てスイフトスポーツよりも40㎰程高出力
なのとデザインが結構戦闘的なイメージなので乗り味が過激
なのではないかと思ったが・・

 

拍子抜けする程乗りやすく操作性が抜群に良いのとパワフルさ
から来る扱いにくさもなく結果的に簡単に速く快適に走れてしまう
車であった。

 

刺激が少ないと言う言い方もできるが実際にマニュアル車の操る
楽しさを持ちつつ快適さをベースにしたシビックハッチバック6MT
は独特の立ち位置を築いているのが実感できたのは大きな収穫であった。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新型コロナウイルスの検査を国が積極的に実施しない理由

2020年02月22日

新型コロナ感染者が拡散しても中国からの入国禁止がされない理由

とうとう日本国内にも新型コロナウイルスの感染者が増え始めている。

初期の行動で中国からの入国禁止を実施さえしていれば結果は違って
いたものとなっていたのは誰でも想像できる。

 

しかし今だに中国からの入国を制限付きで認めていると言う状態で
はっきり言ってしまえば他の国からは・・

 

「日本は一体何をやっているんだ」

 

と笑い物の扱いにされている状態。

 

こうなるのは目に見えて実際に新型コロナが各地に拡がっているの
だから何とも悔しい限りである。

 

このブログを書き込みしている段階で日本での感染者数は627人で
いくら政府が感染症の対策をしても中国からの入国を一切禁止にし
ない限り今やっている事は意味がないと言えよう。

 

言い換えれば蛇口から出た水が床に溢れて水浸しになっている場合
貴方ならどうするか?

先ずは蛇口から出ている水を止めて床に溜まった水を雑巾で拭うはず
である。

しかし今現在政府の行っている事は蛇口の水を出したまま床の水を
雑巾で拭く様な馬鹿なことを平気でやっているのである。

 

無能としか言いようのない事だが実際なぜこの様な事を阿部政権は
行っているのだろうか?

 

それには別の理由がある。

 

それは習近平を日本へ国賓として招くのが目的でその為には
中国からの入国を一切禁止にしてしまうと習近平の来日に
著しく影響があるからである。

 

つまり阿部政権にはには新型コロナの感染者を防ぐと言う考え自体無く
中国との関係を良好にする事が第一の目的で新型コロナ対策は二の次な
のである。

日本政府が新型コロナ感染者の検査をしない理由

 

国が本気になれば2から3000人の検査が可能

さらに民間の検査機関を使えば1日に数万件の検査が可能

 

新型コロナに感染した場合は陰圧病棟と言う通常よりも気圧が低い
病室に感染者を入れて治療する。

 

これは他の感染していない人間と隔離することによって感染拡大を
防ぐ基本中の基本である。

しかしそうであれば新型コロナに感染の疑いがある症状がある
人は随時検査を受けて自分が今現在新型コロナに感染
しているか?どうかを知っておく必要はある。

 

これは自分だけでなく他の人に新型肺炎を移さないと言う
配慮的な考えも含まれる。

 

しかし政府は新型コロナウイルスの感染検査を実施しようと
せずに実際に疑わしい症状があっても中国に渡航歴がないとか

発熱して何日以上などの項目に該当がなければ新型コロナウイルス
感染の検査をしてもらえないのが現状だ。

 

これだともし新型コロナに感染していて検査機関をたらい回しに
されている間に他の方に感染を拡げてしまう危険性が大きいのが
非常に問題だ。

 

政府が新型コロナウイルスの検査をしない理由

実は新型コロナウイルスの患者に対応できる病床数は1,800床
しかない。

 

仮に今から新型コロナウイルスの感染検査を希望者全員に行えば
相当数の感染者が発覚する筈である。

 

つまり初期の段階で中国からの入国を禁止をして水際で阻止していれば
新型コロナの感染者を抑える事はできたのだが何と現在でも中国からの
入国を許可していると言う現実。

 

この間に潜在的な感染者は相当数に上る筈で考えるだけでも恐ろしい。

 

なので新型コロナウイルスの患者に対応できる病床数は1,800床に対して
感染検査して数万人の新型コロナ感染者が判明したとすると病床はアッと
言う間に埋まってしまう。

 

そして医療崩壊が起きる可能性が非常に大きいしパニックになる。

 

元はと言えば政府の初期対応の失敗でこの様な状態になったにも関わらず
更にこの様な都合の悪い事をひたすら隠す。

 

これが今の阿部政権の状態である。

 

恐らくこの様になれば新型コロナに感染しても自宅待機で隔離されるのが
一番可能性が高いと思う。

 


ハイブリッド車に興味のない自分が新型フィットハイブリッドに乗ってみたい理由

2020年02月12日

新型 フィット 評価 今までと違うホンダの車

 

新型のホンダフィットが20年の2月に発売されようとしている。

フィットと言えばホンダの代名詞と言えるほど大衆に浸透している
ネーミングだ。

これまで何回もモデルチェンジを繰り返してきて様子を見てきたが
デザインも悪くないし走りもリコールは有ったにせよ7速DCTを採用
して凝った造りの車でホンダらしいなと思いながら静観していた。

私自身はハイブリッド車に何故か興味が無い訳では無かったが
ハイブリッド車と言えばプリウスやアクアなどが思い浮かぶが
これまで不思議と乗る機会は無かった。

 

もっと正確に言えばハイブリット車にレンタルなどで乗ろうと
思えば乗れたのだがどうも興味が湧かない。

 

これまでに乗ったハイブリッド関連の車種はノートeパワーか
スズキのマイルドハイブリッドのみで何故かエンジンとモーター
を組み合わせた車種に目が行かなかった。

その理由の一つとして例えばハイブリッド車のレビューを
見ていても運転のフィーリングは伝わってくるが果たして

プリウスにしろアクアにしろ運転していて楽しいのか?

 

この部分が伝わってこないのとやはり「ハイブリッドとしては良く走る」
と言った言葉がアクアやフィットハイブリッドが出た当時はよく聞かれた。

 

走りの部分も取り上げられるのだがやはり燃費重視でリッターどれ位
走るかに主眼が置かれた記事が多かったので引き付けられるものが
無かったと言えよう。

 

 

この時点で「ああ走りに関してはガソリン車か」と実際に乗った訳でも
無いのに頭の中で結論付けてしまう・・

 

またハイブリッド車の他にもMTで運転が面白そうな車種例えば
スイフトやアルトワークスもそうだが個人的にハイブリッド車よりも
乗って見たいガソリン車(ディーゼル)が多くあった。

 

 

結局余程目を見張る物が無い限りハイブリッド車は後回しに試乗することが
多いのだが振り返ると今までまとまった時間ハイブリッド車を運転した記憶が
無い事に現在気付く。

 

新型フィット グレードを見てみる。

 

新型フィットのパワーユニットだが今回は1.3リットルの自然吸気
4気筒エンジンと1.5リットルエンジン+2モーターハイブリッドの
2種類だ。

その他にベーシックを初め5つのバリエーションが設定されており
一番安いのがベーシックの1.3で148万円から高級グレードのクロスター
1.5ハイブリッド236万円と色々選べる。

 

選択の幅が広いことは良いことだと思うが高級グレードになると
1.3の自然吸気でも200万円を超える価格となるので結構高めの設定。

 

個人的にはシンプルに素のフィットを味わいたいなら1.3にしろ1.5ハイブリッド
にしろベーシックを選択するのが良いと感じる。

 

新型フィット 燃費より重要なものとは?

 

ハイブリッド車と言えば今まで燃費に目が行きがちだった。

実際走りに関しては二の次でインプレッションを見ていても
ハイブリッドの割には・・と言う文言が目に付いたのも事実

 

エンジンとモーターのバランスや切り替えタイミングでいかに
違和感のないフィーリングで燃費と走りを両立させるのは至難
の技であろう。

特に既存のホンダフィットハイブリッドに関してはあれもこれもと
欲張りすぎた訳ではないと思うがエンジンやシステムの部分が
かなり複雑化してしまいリコールも相次いでしまった。

 

反対にそう言った苦境を乗り越えて来たからこそ今回の新型フィット
ハイブリッドの誕生があったと思う。

 

今回の新型フィットハイブリッドの注目される部分は一言で言えば
通常の一般走行では殆どがモーターのみで走行しエンジンは発電用
メインだと言うこと。

モーター駆動で思い出すのが日産のノートeパワーだ。

あの滑らかでかつ強力な加速フィーリングは非常に新鮮で
気持ち良かったのを今でも身体が覚えている。

 

モーター駆動のみ加速なので単純で解りやすく速いので走りに
集中出来るので楽しい。

 

もちろんエンジンとの組み合わせでも良いのだがエンジン駆動と
モーター駆動の切り替わり部分がどうしても違和感なくフィーリング
を出すのは中々難しい・・

その部分が走りに集中すると言う部分でネックとなる。

 

またハイブリッド車が増え出した頃にマツダのデミオのスカイアクティブ
でガソリン車のエンジン車のみで燃費パフォーマンスの高い車種が登場
した。

 

維持費が安いと言う目的でハイブリッド車を購入する目的が薄れた様な
感じがする。

 

新型フィットハイブリッドはモーターメインで高速走行はエンジンを
使用するのでモーター駆動の割合が高い車種だと性格が解りやすい。

 

尚且つ高速域やアクセルオン時のモーターからエンジンの切り替わり
の感触も洗練されているので既存のハイブリッドの複雑な悪いイメージ
が払拭されている。

 

なので久しぶりに走り自体を楽しめるハイブリッド車と言う事で
新型フィットハイブリッドは非常に期待が大きいハイブリッド車
と言う事が言えるだろう。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 


自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは