金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

池袋の高齢者運転事故で運転免許を強制返納を反対の理由とは?

2019年05月13日

池袋の高齢者運転事故で運転免許を強制返納を反対の理由とは?

 

池袋で起こった高齢者が運転するプリウスが暴走し多くの死傷者

を出した悲惨な事故・・

 

事故と言うかこれは事件といった方が良いのかも知れない。

 

運転者自身がが右足に不具合があるにも関わらず無理な

運転をしたためにアクセル操作が不能になり暴走してしまい

 

そのまま赤信号の交差点に突入し次々と歩行者をはねて

最終的には、たまたま近くを通りかかったゴミ収集車に

ぶつかり事故車両はストップした。

若い母親と3歳の女の子が亡くなり夫だけが残された状態で

一体どこに憤りをぶつけて良いのか解らなくなる。

 

事故を起こした本人も負傷し入院していると言うことだが未だ

逮捕されず警察も状況を調べていると言う報道だけなされている

状態。

 

今回の事故に限らず程度の大きい小さいに関わらず逮捕されたり

されなかったりの判断基準が非常に解りづらく世間からも批判の

声が多く寄せられている。

 

加害者の経歴が高級官僚と言うことで「上級国民」と言う言葉が

報道され優遇されているのでは?

 

と言う批判的な意見が多く上がってきているのは確か。

今回の事件の加害者は車を運転する資格はないと言っても後の祭り

で実際に高齢者運転免許の更新時には難なく運転免許を更新できた

のが実際だ。

 

そこから考えると現状の高齢者の運転免許更新システムは形だけで

不備だらけで実際は機能していないことが解る。

 

そう言う状況の中で例えば高齢者は75歳以上は運転免許証を強制的に

返納させる意見も多く聞かれるがこれが果たして本当に今回の様な

悲惨な事故を防ぐ事になるのであろうか?

 

高齢者の運転免許を一定年齢で強制返納させる不平等

 

高齢者になると一律に運転免許証を返還させる意見が

よく聞かれるが恐らくは齢を取ると共に衰える身体能力

が高齢者の場合は顕著に見られる。

 

そこで一定の年齢になれば運転免許証を強制的に返還

させて車の運転自体をさせなくすれば事故は防げると

言う考え方。

 

果たしてこれが本当に正しいのであろうか?

 

例えば同じ70歳でも身体能力が非常に優秀な人もいれば

低い人もいるだろう。

 

感情的に直ぐにカッとなる70歳もいれば冷静に対応

できる70歳もいる。

 

車を運転するには身体能力や自分の感情のコントロール

は非常に重要な部分だが単純に年齢だけで運転免許証の

返還を実施しようとすると無理が出てくる。

 

それと身体能力が優秀な人は元々生まれ持った物もある

かも知れないが普段の生活で例えば食生活に気を配った

 

りとか適度な運動を行ったりとか何かと日々自分の健康

管理に精進している人間かも知れない。

 

 

反対に普段から好きな物を好きなだけ飲み食いし毎日深酒

を浴びている生活をして若い頃から不摂生な生活を積み重

ねた70歳で身体能力や判断能力も落ちた人間。

 

両者に車の運転をさせれば事故を起こす様な運転をするの

は間違いなく後者のはずである。

 

つまり日々日常から自分の健康管理に努力してきた人間と

そうでない人間を運転免許証の返還をある年齢に達したら

実施させると言うことは不平等が生じると言う事になる。

 

そう言う事から考えると日々精進している人間からすれば

「何とアホらしいことか?」と思ってしまうであろう。

 

 

高齢者だけでなく運転免許の更新に実地試験を導入すべき理由

 

今回の池袋の高齢者の運転したプリウスが暴走した

事件は高齢者に対して非常に風当たりのきつい出来事

であった。

 

しかしアクセルとブレーキの踏み間違いや逆走事故は

高齢者だけでなく他の年齢層でも起こっているのが実情だ。

 

これだけ多くの自動車が走行していれば事故を起こす

のは仕方のないことかも知れないが本来起こることの

無い原因から起こる事故から負傷者や死者が出ること

は非常にやり切れない。

この様なやり切れない交通事故を減らすには単純に

高齢者の運転を減らす事よりも

 

運転免許証を所持している者全員に運転免許証を更新

際に簡単でも良いから運転の実施検査を行う事である。

 

 

つまり高齢者と言う枠を外して全年齢を対象に運転

技術が安全運転をする際に支障があると判断された

人間には運転免許証を交付しないことである。

 

 

反対に言えば70歳以上であっても運転技術に何ら

問題なければ運転免許証を持ち運転ができる訳で

 

あるし40代であっても運転の適性がなければ自動車

の運転が出来なくなる様なシステムを導入すべきである。

 

 

そうすればこの様な悲惨な事故は減らす事ができるし

本当に自動車の運転が必要な者は数年に1回の運転適

性実施検査があるので自分の運転の仕方を見直す機会

も得る事になる。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 


スイフトスポーツ 試乗で持て余すパワーを想像しながら加速を楽しむ☆

2019年05月07日

スイフトスポーツ 試乗で持て余すパワーと加速

 

今回はスイフトスポーツでワィンディングを走行
する事にしてみた。

街中での運転フィーリングがトルクフルなエンジンで
非常に扱いやすく時速40㎞位の流す程度の走行でも
スイフトスポーツの乗り味を十分堪能出来た。

 

正直スポーツタイプで一般道の都会道を走行するだけで
楽しめるとは思わなかったが想定外の喜びだ。

と言う事で自宅近くのワィンディングを走行する前から
嫌でも期待は高まり思わず顔がニンマリとしてくる(笑)

早速コンビニの駐車場から軽めのクラッチを繋ぎ前輪に
駆動力を掛けてスタートさせる。

 

4気筒ながらやや濁った図太いサウンドを奏でながら
加速して行き2速、3速とシフトアップしていくと・・

 

あっと言う間に時速50㎞に達する!

 

タコメーターの針は2,000回転付近を泳いでいるが滑らか
かつ力強いトルクでグングン車速が増す感じだ。

 

交差点に差し掛かりブレーキングするが効きが非常に
強力なのだがコントロールし易いのは感心した。

 

生産当初のスイフトスポーツのブレーキはブレーキが
冷えた走り初めの時はカックンと効きすぎて温まる
まで神経を使うのが難点だった。

 

数百メートル走行して数回ブレーキングすると症状は
収まりそれ以降は問題ないのだが日が明けて最初に
乗るときはまた症状が出てしまう。

 

オーナーであればあらかじめ解っているので慣れで
解決する部分だが厄介な事は確か。

 

現行型はそれが改良されているので心配が無いので
安心してブレーキングできる。

スイフトスポーツ 豪快な加速!全開走行の半分以下でこの速さ

 

早速ワィンディングへスイフトスポーツを走らせてみる。

 

1速ギヤから2速へシフトアップしてアクセルを踏み込むと
豪快に加速し速度を瞬時に上げて加速するために思わず
3速へシフトアップ!!

 

ブレーキングを短時間で終了させてコーナーへ差し掛かり
今度はジワリとアクセルを踏んでいく

適度な横gを感じながら専用のバケットシートに身を包み
目線を出口にやって綺麗にコーナーを抜けて加速していく
フィーリングは快感の一言!

 

おおよそ時速40~60㎞位で走行するがクラッチのフィーリングは
軽いが適度に抵抗があって非常に扱いやすい。

 

そしてシフトフィーリングもストローク自体はスポーツタイプ
としてはやや長目な部類だ。

 

しかし各ギヤゲージに入る時にカチッ、カチッと確実な感触
が有るので安心してチェンジでき操作も楽しい☆

加速は強烈だが4気筒の良い部分のスムーズさが合わさって
濃密なトルクを意のままにコントロールできる感じがする。

 

恐らく初心者でも慣れるのが早く腕を磨くには打って付けの
モデルだと思う。

 

やや濁った図太いエグゾースト音を聞きながら次々とコーナー
を駆け抜けて行き正に操る楽しさを満喫する。

 

 

しかしここで落ち着いてタコメーターの針に目をやるとエンジン
回転数は1,800~2,800回転付近を泳いでいるではないか・・

恐ろしく速いペースでコーナーを次々と駆け抜けて得意げに
なっていたが実際はエンジン回転数の許容量の半分以下で
この走行性能が誰でも発揮できるのには脱帽してしまう。

 

本気で全開走行したら一体どんな事になるのだろうか?

 

これは実際に行うよりもこのパワーを持て余しながら
想像を楽しみながら走行するのが公道ではベターであろう。

 

狭めで2車線のワィンディングでの走行だったがこの
スイフトスポーツ今回の新型は3ナンバー化したが
走って30分以上経ってから・・

 

「ああそう言えば車幅が増えてこの車3ナンバーだったんだ」

 

と気付く程に取り回しは1,200㏄のスイフトと同様に
良かった部分も付け加えておく。

 

 

 

スイフトスポーツ峠道での実際の燃費は?

 

今回のスイフトスポーツでのワィンディング
走行実際はエンジンパワー許容量の半分以下で走行した。

 

それにも関わらず満足感は非常に高い物で充実したひと時
であった。

 

使用したギヤは2速~4速だがエンジン回転の使用域は1,800~
3,400回転位と言ったところ。

 

実際に3速ギヤで3,000回転を過ぎた辺りから強力な加速も
更に強烈になりエンジン音もたくましく変化していく。

 

2,500回転も回せば十分と言ったところで実際に2,500回転から
最大トルクが出っぱなしになる状態のエンジン特性。

 

このターボエンジン特有のエンジン特性がアイドリングから
3,500回転付近の公道での常用域で本領を発揮する。

 

実際に峠道メインの走行でスイフトスポーツの燃費は
88㎞走行して6ℓの給油量だった。

 

と言うことでリッター14.66㎞の燃費結果だった。

 

峠道走行で走りを十分堪能できた面から考えると十分な数値で
あると思う。

 

また荒れた路面やギャップなどはモンローのサスとコンチネンタル
のタイヤとの組み合わせで不快な振動も無く快適にワィンディング
走行が楽しめた事も評価に値する。

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


新型ワゴンRの販売台数が不振の理由はこれかも?

2019年04月28日

新型ワゴンRの販売台数が不振の理由を検証してみる?

 

スズキの代名詞と言えばワゴンRと言っても過言では
ない位に好調な販売が続いてからどれ位の年月が経った
だろうか?

 

現在軽自動車でハイトワゴンで絶好調なホンダの
NボックスをよそにワゴンRはひっそりとした感じで
販売台数を穏やかに増加させている。

 

ワゴンRの販売台数が減った原因は何もNボックスだけ
が原因ではない。

 

同じスズキでスペーシアやハスラー等のハイトワゴン
の要素を持ちつつ更に広い空間やSUVの領域を持つ
個性的なキャラクターの車種へ流れたことも要因の
一つだろう。

 

またワゴンRは5代目の時点でデザインや動力性能など
Sエネチャージを採用する事によってほぼ完成された
出来と言っても過言ではない位に質が高かった。

 

 

そう言う状態の中で6代目ワゴンRを製造する訳だから
基本的に5代目よりデザイン・走行性能を上回る車を
造らなければならない。

 

そう考えるとメーカーのプレッシャーは相当なものだろう。

 

新型ワゴンRデザインの評判は?

 

今回ワゴンRのデザインについての評判は
どうであろうか?

6代目のワゴンRになってからデザインが
3種類に分かれバラエティになった。

 

先ずはスタンダードタイプのFXだがフロント
グリル付近はオーソドックスで大人しめ。

 

四角いヘッドライトが最初に目に飛び込み
誰にでも受け入れられるので親近感が湧く。

 

 

あらゆる年齢層からも違和感なく親しめる
デザインで落ち着きのあるワゴンRと言った
感じ。

 

そしてハイブリッドFZはFXを進化させた
様な近未来的なヘッドライトが特徴で高級感

が増している。

 

ターボエンジンのスティングレーは厳つい
感じで好き嫌いがはっきりと分かれそうだが
インパクトは抜群でFZ同様に質感が高い。

 

 

そしてリヤのデザインは初代を思い浮かばせる
もので統一され懐かしさを感じるがている。

 

しかしフロントが近未来的なFZだと前後の
デザインが若干の落差がある所がきになる部分。

 

ワゴンの センターメーター 不評なのか?

 

デザイン的な部分は好き嫌いはあるが個人的には
それ程極端ではなく個性的な部分も主張して良い
印象がする今回のワゴンR。

 

 

そうすると6代目新型ワゴンRで販売不振で気に
なる部分があるとすれば今回採用されたセンター
メーターパネルに目が行く。

 

私個人もどちらかと言えばメーター類の位置は
運転席の直前がベストではないか?

そう思っている。

 

 

しかし時々レンタカーを利用した時にはセンター
メーター採用の車種が当たる事がある。

 

 

確かにセンターメーター方式の場合は運転席前方
の視界が広く視認性には優れている。

 

 

しかし速度計やタコメーターの確認時には視線
移動が大きくなってしまうためコンマ数秒必ず
前方の視界が途切れるデメリットが発生する。

 

 

そこで人によっては好き嫌いが分かれてしまう。

 

レンタカーであればそうは気にならないが実際に
自分が金銭をはたいて購入するとなると大きな
選択項目の一つとなるであろう。

 

先代のワゴンRより新型ワゴンRがどれだけ
エンジン性能や使い勝手を向上させたとしても

このセンターメーターパネルで拒否してしまう
人も結構多くいるのではないか?

 

 

それに5代目ワゴンRまではメーター類は運転席
前に位置していたのでワゴンRを乗り継いできた

ユーザーからすると違和感を覚える人もあるに
違いない。

 

 

単純にワゴンRを乗り継いで来たユーザーも他車
へ流れたと言うのも想像に難しくない。

 

他にも新型ワゴンRが不振な要因としてグレード
に合わせてエクステリアを3種類のデザインに
振り分けたことが裏目になった様な感がある。

 

コンセプトとしては非常に理解できるのだが
FX、FZ、スティングレーと全く違うフロント
デザインは個性的で良いと思う。

 

 

しかしこれがワゴンRと言う言葉を聞いた時に
イメージが分散してしまい購入する側の印象に

強く残る事がないと言う事もワゴンR販売不振の
原因ではないかと思う。

 

しかし何れにしてもほぼ完成されていたワゴンR
5代目だが時期的にモデルチェンジしなければ
いけないのはある意味宿命でもある。

 

 

完成された物を更に進化させるためには一旦
バラバラにして組み直す事も必要だと思う。

 

そう言う観点から考えれば新型ワゴンRは更に
進化の過程を進み始めた車とも言えるだろう。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは