金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

消費税増税 ポイント還元に騙されるな!実は消費税は廃止しても大丈夫な訳

2019年09月09日

 

消費税増税 に伴うポイント還元と言う餌に釣られる惨めな国民

 

来月から消費税の税率が8%から10%に上昇するが過去の例から

見てきて消費税率が上がれば消費は確実に落ち込んで景気は悪く

なると言う事を嫌と言う位に経験してきた。

にも関らず消費税率を上げて景気をわざわざ悪化させる安倍政権の目的は
国民の安定した生活を送る上で収入の確保ではないのがハッキリと解る。

 

これまで2年程消費税が増税されるのを据え置いて来たがこの本当の理由を
知っている人は果たしてどれ位いるのだろうか?

 

名目上は消費税は今後の社会保障の財源確保の観点から消費税の税率を10%に
上げる必要がある。

 

しかし国民の生活が苦しくなるので当分消費税率を据え置く必要もあると
安倍政権は最もらしく言うのだが・・

それに釣られて多くの国民も「ああ、ちょっとあと数年は一安心・・」
と安心してしまう国民もアホと言えばアホなのだが・・

 

消費税10%をこれまで据え置いて来た本当の理由!

それは・・

 

「選挙前に消費税を上げると言ってしまえば選挙に負けるから!」

 

それだけの事である、なの国民の収入が実質減り生活が苦しくなると言う事は

安倍政権にとってどうでも良い事なのである。

 

そこに良い加減に気付くべきであろう。

何回騙されたら理解できるのか!?本当にお人好し国民と言うより

私達はどこまで馬鹿なのだろうとつくづく思ってしまう。

 

消費税 導入 理由は何でしたっけ?

 

消費税を導入する理由は何であっただろうか?

 

元々日本国は借金が多いので一人当たり800万円という訳の分からない

換算を用いて「これだけ借金があるのだから財政的に苦しい」をアピール

して国民の同情を引き寄せることに成功した。

そして近い将来は高齢化による社会福祉の充実を図らなければいけない

為に今の内に浅く広く税を納めておく必要がある。

 

まぁ最もらしいと言えば最もらしいが・・

 

今までは医療や介護など「高齢者中心」の用途に使用すると言う約束であったが

実際に公約通り使われたのは2割弱・・

 

で残りの8割は元々払っていた大企業の法人税が減税された分を穴埋めに

我々の払った消費税を充てていると言う現実。

 

つまり一般庶民の収入を減らして生活を苦しくさせて富裕層や大企業を減税し

優遇させるための手段が消費税の正体なのである。

今回の10%増税で軽減税率を言う言葉があるがこれは生活に必要である

食料品などの税率は8%据え置いて消費税の負担を減らそうと言うもの

 

一見有難い様に錯覚するが方や税率が10%でもう一方は8%と言う事は

商品によって10%と8%の使い分けが必要となってくる。

 

これだけでも商品を会計する時に混乱が起こるのも必至であろう。

 

またそれに対応するレジも導入しなければならない訳だし飲食店

やファーストフード店の負担は非常に大きいものである。

 

テレビや新聞で消費税反対の報道や記事が殆どない訳をご存じで

あろうか?

これは軽減税率でおかしな部分が新聞購読のの税率が8%に据え置き

が密接に関連している。

 

つまり新聞の料金が1消費税率10%に値上げするとどう言う事が起こる

だろうか?

 

値上げの際に新聞の購読契約を解除する顧客が続出する事が予想される。

 

そこで新聞各社は政府とグルになって消費税反対の記事を載せない替わりに

新聞の購読料も8%に据え置く裏口を合わせているから。

 

テレビや新聞を見ても消費税反対の報道や記事は殆ど見当たらない。

 

ひと昔前であればそれで情報操作が出来たかもしてないが今は新聞自体が

見られてないしsnsなどの情報媒体が発達して生の情報が誰でも手に入り

 

マスコミなどの歪曲した情報など情弱かお年寄りくらいしか相手にされなく

なったのも原因の一つであろう。

 

 

消費税増税 メリットで一番恩恵を受けるのは国民ではなく大企業や富裕層

 

今回の選挙で高校教育無償化や少子化対策に消費税を使う。

 

と公約に挙げているが果たして実際に我々からむしり取った

消費税が公約通りに使われる割合はどれくらいであろうか?

 

しっかりと見届けなければいけないのではないだろうか?

今までは「社会福祉に消費税を使います」と言って実際は2割も

使われてないのである。

それどころか法人税を減税した分を消費税をつぎ込んで大企業や富裕層の

収入を増やす事に我々の一生懸命働いた血税を使用しているのである。

 

我々が働いて納めた消費税は富裕層をより裕福にする為に収めたのだろうか?

 

その結果一般庶民が収入を減らし生活が苦しい状態に追い込まれ結婚や

子供も作れない状態に追い込まれて更に今回10%に消費税率を増やして

良いのだろうか?

 

そもそも消費税自体が欠陥でいらないのではないだろうか?

 

#消費税 導入

#消費税増税


日本の少子化 原因と対策は本当に有効なのか?

2019年09月02日

 

少子化 原因わかりやすく言えばコレ?

 

日本で少子化が叫ばれる現在だが何も今に
限ったことではないが本当にもう遅いこと
なのであろうか?

勿論早急に手を打つべきではあるがその前に
「どうして少子化が進んだのか」
これを理解しておく必要がある。

 

少子化になった原因を結論から言ってしまえば
20代から40代の雇用が安定せずに給料の手取りが
少なくなったから・・

 

これに尽きると言える。

そして給与の手取りが少ない事と将来に向けて
安定した収入が得られないこと。

 

 

人間は先ずその日を生きる上で当然衣食住を確保
しなければならないのは当然のこと。

それにはお金が必要なのである。

そしてお金つまり収入に余裕ができて初めて
余暇を楽しむとか恋愛をしたりその先に結婚
をすると言う選択枝を考えることが出来る訳
である。

 

そこで一体誰が日本と言う国をこの様な収入の
少ない生活がやっとのレベルの低い水準まで
落としたのであろうか?

 

この犯人が小泉純一郎と竹中平蔵の2人である。

 

小泉純一郎は郵政を民営化しゆちょ銀行の
日本国が保有するお金をアメリカへ流出させ
た。

 

「自民党をぶっ壊す!」と言いながら結局は
日本人の生活をぶっ壊したのが実際のところ。

 

そして竹中平蔵・・

 

この人物は「グローバル化」と言う言葉を使いな
がら派遣社員法を設立させいかに日本人を安い
給料で働かせるかのシステムを構築した。

 

多くの人々は安定した給与が得られず派遣社員や
アルバイトの身分で30代や40代のまま人生を送る
ことになってしまった。

竹中平蔵は多くの人々を貧困に追いやった・・
その見返りとしてパソナと言う派遣会社の代表
を現在勤め多くの金銭的利益を得ている。

 

人間として幸せな生活を送る単純にこれだけで
あればある程度の収入は必要であろう。

 

しかし多くの国民を騙して不幸へ貶めて自分は
有り余るだけの金銭を受け取って皆に恨まれながら
人生を送る。

 

この2人はそんな人生を歩んで幸せなのか?
と神経を疑いたくなる。

 

 

 

低所得世帯の子どもの高等教育無償化は有効なのか?

 

そこで自民党が消費税10パーセント増税で低所得者で

子供がいる家庭に高等学校教育の無償化を提案した。

 

他にも少子化対策として無償化と言う名でいかにも

所得が低く生活が苦しい家庭に有益な政策を展開

して見える様に感じる。

 

だが実際本当にこれらの政策は長い目で見て本当に

国民に対して幸せをもたらすのであろうか?

例えば自分の子供が学校に入学する時期で学校の

無償化対策に該当し給付金を受けられれば恩恵を

受けられるのは間違いない。

 

しかし考えて見れば元々私たちの給与つまり毎月の

手取りの金額が多ければ別に学校無償化など必要なく

 

普通に学費として子供のために家庭の貯金を充てれば

解決するし生活する上で他にも何か問題があれば

 

下衆な言い方かも知れないがお金さえあれば大方の

問題は解決するのである。

 

実際に世界で過去10年で賃金が上昇している国が

大半と言うより下落しているのは日本だけ。

 

この原因は先ほど述べた小泉と竹中の売国奴の

仕業である。

 

給与所得が上がれば少子化対策など必要ない。

 

先ずは少子化対策として子供のいる家庭自体が少ない

ことが挙げられる。

 

将来家庭を持って更に子供を持ちたい、しかし実際は

生活に余裕が無く自分が生活していくので精一杯と言う

人が大半を占める事に目を向けなければならない。

 

 

何とか結婚はしたが今の働いている職場が果たして

何十年と先に存在しているのか・・

 

あるいは仕事も軌道に乗って生活も安定しかけて

休日も余暇を楽しむ余裕が出て来たが子供や更に

 

持ち家や家庭を更に充実させていくとなると不安

の方が多い。

 

20代になって働き始めれば恋愛をして余暇を楽しみ

そして結婚して子供をつくり将来の日本を支える人々を

増やしていく。

kkkkk

当たり前のことが出来ない理由は一部のクズ政治家や

国会議員が私腹のために国民の利益を考えず。

 

使い切れもしない金銭的な報酬に目が眩み国自体が

崩壊するかも知れない状況の一歩手前にある。

 

要は給与所得を増やして日本人の金銭的な面を豊かに

してこの国の日本人の人口を増やす。

 

外国人労働者の格安で雇うことを規制して日本人の

賃金収入を守らなければならないのだ。

 

そして消費税廃止!

 

消費税が社会福祉に使われている割合は実際に2割のみ

日本人は騙されているのである。

消費税が2パーセント上昇すると言う事は自分の給与が

2パーセント下がるのと同じことだ。

 

ましてや消費税が我々の生活に使われていない嘘と言う

事実から考えれば消費税など必要ではないと言うのが

明白に理解できると思う。

 

 

 

 


消費税の使い道 10% メリットが市民に還元されない訳

2019年08月20日

消費税のメリットが市民に還元されない訳

 

かつて竹下内閣の時に消費税が導入されようとしていた時の

消費税の使い道の名目は何であっただろうか?

 

これからの高齢化社会の向けて医療費の増大や福祉の充実を

図るには、その為の財源が必要だ。

 

そう言った理由で消費税を導入した訳だが約30年程経った

現在の国民の生活の豊かさ状況はどうだろうか?

 

消費税を導入し税率を上げるたびに消費が落ち込み景気が

も悪くなり倒産する企業が増加。

 

サラリーマンの給与やバイトの時給が過去10年を通して

下がっている状態でしかも物価は消費税導入のため上昇。

 

自殺者が一気に1万人増えて3万人を超えるなど人生を

悲観して死の道を選ぶ以外ない人が多くなる。

 

当然サラリーマンの給与が増えないので恋愛や結婚などの

異性と付き合う余裕もない。

 

仮に結婚出来たとしても子供を金銭的な理由で産めない夫婦

が増加し少子化が増加する。

 

少子化が増加すれば将来に渡って日本を支える人が居なくなる

のは当然で更に給与から源泉される保険料も多くなり手取りが

少なくなってしまう。

 

その傍らでお年寄りが急増し面倒をみる子や孫も自分自身の

生活が必死のために目が届かない。

 

いったい私たちから徴収している消費税はどこに消えたのだろうか?

と言わざるを得ない。

 

そう、今まで私たちは政治家に騙されて来たのである。

今の現状を見れば答えはハッキリと誰でも解る事だろう。

 

では騙し取られた消費税は誰の手に渡って行き実際にどの様に

使われて行ったのだろうか?

 

消費税の使い道は?導入された目的は?

 

消費税が導入された目的は何だろうか?

「国の借金」これを返すために・・

 

日本は40年前から借金が膨らみ始め現在まで溜まりに

溜まってその額は国債残高つまり借金は1,000兆円!

 

日本人は1人当たり900万円と言う借金を背負う事に

なっている計算になる。

 

そこで消費税は景気に左右されず一律に徴収でき安定して

入って来るので財源が確保し易いと言う事なのだが・・

 

でもこれって借金を強調して増税をさせるための印象操作

で上手く言い回しをしているに過ぎない。

 

なぜかと言うと借金はあるのだが日本国には反対に資産も

保有しているから・・

 

なので借金と資産のトータルで見なければ一体日本と言う国が

財政的にどうなのかは解らないのだ。

 

 

で!日本国の資産は年金積立金、道路堤防、外貨証券、

大学支出金などこれだけでも647兆円ある。

 

他にも合わせるとトータルで1,000兆円@@

 

 

つまり借金も多いが資産も多い分けて日本は世界一の

資産保有国でお金持ちと言う事なのだ。

 

なので先の理屈つまり借金があるから消費税を導入しなければ

ならないと言うのは嘘!という事になる。

では消費税を名目として一般市民から巻き上げた
消費税は一体どこに消えてしまったのだろうか?

 

その前に実際に名目通りに消費税が社会福祉に使われた
割合は一体どれ位なのであろうか?

 

それは徴収した消費税の全体の2割以下!!

では後の8割はどこへ・・

 

それは法人税を減税した分を消費税に充てた
と言う事・・

消費税導入の際に経団連が密約をしており大企業への
減税を条件に消費税導入を認めたのが実際のところだ。

 

つまり税収の額は今と昔では同じ額なのだが割合は
消費税の割合が増えただけ・・

 

あるデーターによると1,989年度比の推移で

消費税で増えた税収は累計327兆円

法人税で減った税収は累計272兆円

 

大企業や富裕層が減税されその減税された分をつ我々が
消費税として負担させられ生活が更に苦しくなっている
と言うからくり・・

 

テレビや新聞あらゆるマスコミはこの事実を報道しない
グルなのだからそうして一般市民は情報操作した情報
しか与えられず・・

 

「社会福祉として必要ならば消費税増税もやむを得ない」

そう言い聞かされて来たのである。

しかし今こそ騙されていたと気づくべきであろう。

 

 

 


自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは