金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

アルトワークス 5MT 高速道路 走行インプレ

2019年03月25日

アルトワークス 5MT 高速道路 走行インプレ

 

今回はアルトワークスの5MTで短時間ながら高速道路を
走行してみた。

走行した区間は東名高速の豊川から岡崎インターまで時間に
して20分程度で距離も24㎞。

 

片側2車線の道路で夕刻の走行のために走行台数が多かった
環境でアルトワークスでの高速走行。

 

峠道での走り抜ける事を目的としたこのアルトワークス。

64馬力のターボエンジンに5MTを組み合わせ硬めのサスに
レカロシートが装着された車体。

 

パワー的には十分だが峠道やサーキット走行で楽しむのに
特化した車種と言っても過言ではないこのアルトワークス。

 

一体高速道路ではどの様な走行フィーリングになるのだろうか?

乗り心地・静粛性・加速レスポンス・疲れ具合は?

 

短時間ではあるが高速道路でのワークスの性格を探って見たいと
思う。

 

アルトワークスの高速道路での乗り心地走行フィーリングは?

 

先ずは豊川インターから本線への合流であるがETCゲートをくぐり
抜けきつい曲線ループを走行する。

 

この段階からガシッとした車体剛性と4つのタイヤがしっかりと
路面に食い付きターボエンジンの強力なトルクを伝える。

 

この時点で軽自動車とは思えない頼もしさを感じながら3速ギヤ
で加速し直線での加速車線で4速にシフトアップして一気に加速
して本線に合流する。

 

強烈な加速でシートに背中が押し付けられ時速100㎞で本線を走る
車の中に余裕で合流できる頼もしさ!

 

本線合流後にレカロシートに身を包まれながらの
高速走行のフィーリングはどうであろうか?

 

エンジン回転数が高めのこともあり静粛性は期待で
きないが、よく観察してみるとエンジン音自体は
それほど煩くはなく3気筒特有の軽快なビート音を
響かせて軽やかでまだまだ余裕の感じ。

 

どちらかと言えば風きり音とロードノイズが大きく
耳に付き不快と言う程ではないが結構にぎやかで
音楽を聴きながらの走行だとボリュームスイッチ
を大きくする必要がある。

 

その際にはステアリングオーディオスイッチが
アルトワークスには装着されているのでスズキ

純正オーディオであれば高速走行でも手元で
オーディオをボリュームを調整できるので便利。

 

社外品のオーディオーだと基本対応していない
様であるが、まあ手を伸ばせば届く位置にあるので
特段不便さは感じない。

 

 

しかし高速走行となるとこのステアリングオーディオ
スイッチの役割は大きいことは確か。

 

それにしても関心したのはアルトワークスの直進
安定性の高さ。

 

剛性感の高い車体は高速で時速100kmでもビシッと安定
した走行感覚をもたらしてくれる。

 

そして尚且つそれ以上の速度域でも直進安定性はブレる
ことなくビシッとした状態を保ったまま速度計を振切る。

 

軽自動車でこの様なガッシリと安定した高速走行をする
車種は中々お目にかかれない。

 

 

そして車線変更の時や高速道路でも緩いカーブを
走行する際のハンドリングはどうか?

 

しっとりとしたハンドリングで自分の意のままに
車体を移動したい分だけ操れる操作感。

 

これも軽自動車と言う範疇を越えた造りを実感できる。

 

アルトワークス 高速道路 疲れるのか?

 

 

アルトワークスでの高速道路での走行だが疲弊度は
実際にどのくらいになるのだろうか?

 

先ず時速100㎞でのエンジン回転数は5速で3,900回転
をタコメーターの針が指す。

必ずしも低いエンジン回転数とは言えないがエンジン
自体は軽やかに回っている印象で全開の6割チョイと
言う感じでまだまだ余力が十分ある。

 

そこからの追越しもアクセルを踏むだけで強力な
加速を得られるために短時間で素早く追越しが
可能だ。

 

この短時間で素早く追越しが可能な加速力は高速道路
を安全に走る事に十分寄与する。

 

追越し時に時速120㎞でのエンジン回転数は4,700回転
因みにこの加速感は5,500回転弱まで続くので加速と言う
面からみればストレスを感じることはまずない。

 

 

疲弊度を左右する部分で大きいのが静粛性である。

 

アルトワークスの場合はエンジン音自体はそれ程
うるさくは無くエンジンのノイズ音も気になるもの
もない。

 

厳密に言えば5,500回転から徐々に少しだけエンジン
ノイズが耳に入って来るが追い越し加速を含めて

このエンジン回転の領域は通常使うことがないので
気にならない。

 

エンジン音よりもタイヤのロードノイズや風切り音
の方が大きく時速100㎞で走行している際にはそれ
なりのロードノイズと風切り音が入って来る。

この部分は快適性を重視したツアラーと比較すれば
明らかに静粛性は劣る。

 

しかし賑やかだが不快とはあまり感じないのも事実
これはどう言うことだろう。

 

確かにロードノイズは大きいのだがガッチリとした
剛性感のある車体で安定した直進安定性。

 

そしてレカロシートに身を包まれての高速巡行で
そこからアクセルを踏めば強力な加速を発揮する
余裕のエンジン。

 

耳元は結構賑やかなのだが気分的には非常にリラックス
して安定し落ち着いた精神状態で高速巡行している自分が
いる。

 

この感覚が何とも不思議な感覚でアルトワークスならでは
のもと言えようか。

 

そして高めの5速ギヤも実際に2車線高速では追越しと加速
の交互繰り返しが多い。

 

結果的に5速ギアに入れたままで追越し加速と巡行を繰り
返せるので都合が良い結果となった。

 

日本の高速道路では何十分も一定時間時速100㎞で巡行する
事はホンのまれなケースではないだろうか?

 

と言う車の性格を考えると

 

慣れのレベルで解決してしまう部分が殆どである。

 

高速道路を移動する際に例えば30分~1時間以内で100㎞
以内の距離を短時間でワープするにはこのアルトワークス
は意外と都合の良い部分が多い。

 

5速ギヤに入れたまま追い越しが出来尚且つ強力な加速
フィールを楽しめてキビキビと走れるのがポイント。

 

アルトワークスで高速巡行で一番快適と思われる速度
領域は時速100㎞前後。

 

巡行や追い越し加速を含めると90㎞~120㎞でタコメーター
の針は3,500~4,700回転を泳ぐことになる。

 

少々高めのエンジン回転数だが4,000回転付近をメインに
巡行しても燃費が夏場のエアコン使用でもリッター19㎞台
なのは非常に優秀でストレスが溜まらない。

 

なので短時間での高速走行なら十分走行ができ楽しめるし
もちろん高速道路を何時間も走行し快適性を重視するなら
他の選択肢をチョイスすれば良いだけのこと。

 

 

軽自動車での高速道路が快適に!

 

ひと昔前では時速100㎞巡行もおぼつかない軽自動車も
珍しくなかったが現在のモデルは難なく高速走行をこなす。

 

さすがにノーマルエンジンでは追い越し加速が厳しい面も
あるがアルトワークスの様にターボエンジン搭載車であれば

1.5リッタークラスに迫る走行パフォーマンスを発揮し維持費
も安いのでメリットが非常に大きいだろう。

 

 

アルトワークスの場合は快適性はそこそこだが高速道路での
ドライブは結構楽しめたのが印象深かった。

 

機会があればまた走ってあの豪快な加速感を味わいたい衝動に
かられながらインターを出た。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 


スズキエブリイワゴン新型の走りの評価は?燃費・内装は?

2019年03月16日

 

スズキエブリイワゴン新型 デザイン 内装は?

 

今回はスズキのエブリイワゴン新型に3日乗車する機会を
得たのでレビューしたいと思う。

 

車体色はパールホワイトで派手さはないがお洒落な雰囲気
を放っており特にフロントのグリルメッキは目を引く。

 

他にもサイドターンランプ付きドアミラーやサイドアンダー
スポイラ-、ルーフエンドスポイラ―など随所で目を引く
パーツが装着されている。

 

ワゴン車ではあるがこう言ったパーツ類がバランス良く
装着されると商用車であるエブリイとは一線を画す。

 

 

内装は今回乗車したタイプはベージュを基本とした落ち
着きを保ちつつも明るめな感じで非常に好感が持てる。

先ず目に飛び込むのがメーター類。

 

 

中央にスピードメーター左横にタコメーターを配置され
右横にはガソリン計がバランス良く配置される。

 

質感も高く非常に見易いイメージで見ていて楽しい☆

シフトレバーやエアコンスイッチ周辺はシルバー塗装
がされハードな使用でも傷が目立ちにくい印象がある。

 

 

シートに座ってみると頭上の空間がさすがに十分で
まるで小さな部屋で寛いでいる様な感覚でいられる
のはエブリイの魅力の一つである。

 

 

また後部座席も足元が広々としており180mmスライド
できるので荷物の量に応じて後部座席がスライドできる。

 

またこのエブリイワゴンの特徴は左右のシートが
独立して各々がスライド出来るのが凄いところ。

 

またこのリヤシートを畳むと広大なスペースが
目の前に広がり長い荷物なども楽々積むことが
できる。

 

そしてラッゲージスペース横にはアクセサリー
ソケットや小物入れも装備され細かい使い勝手
も考慮されている。

 

 

スズキエブリイワゴン新型 走りの評価は?

 

スズキエブリイワゴンのシートに座って今度は実際に
試乗して見る事にする。

スタートボタンをプッシュしてエンジンを掛けて
ギヤをDレンジに入れて早速スタートしてみる。

 

660㏄ターボエンジンは970㎏と決して軽くない車体だ。

 

アイドリングの上がりっぱなの1,500回転位からジワーッ
と確実に車体を前に押し出すトルクを実感しながら加速
し始める。

 

車重が重い分アクセルを踏みます事で十分な加速を得る事が
できるので交通の流れをリードする事も可能。

 

エンジンのフィーリングは時速60㎞で2,500回転でやや
エンジン音が機械的でやや耳に付く感じがする。

 

 

街中の時速60㎞巡行はもう少しエンジン回転が低めでも
良いかな?と感じる。

 

しかし実際は複数人乗車やレジャーでアウトドア用品を積み
ながらキビキビ走行するとなるとこのギヤ比の方が適切な
印象がする。

 

 

4速ATのシフト感は嫌な変速ショックもなく快適でフィー
リングも良好である。

 

高速道路での走行フィーリングは時速80㎞で3,000回転
100㎞で3,900回転となる。

 

 

時速60㎞時でエンジン音がやや耳に付く感じが気になっ
たが高速走行の時速80㎞~100㎞の領域は意外と普通だ。

 

気になるエンジン音も風切り音が大きくなるので意外と
気にはならずむしろ元気良く回っている感じで好印象。

 

 

そこからのアクセルレスポンスが良いのでターボエンジン
の力強さを実感できる。

 

ハンドリングは軽快ながら高速時の直進安定性も安心でき
るもので長距離走行でもストレスが溜まらずに済む。

 

但し海岸沿いや湾岸沿いの風が強い場面では横風の影響で
ハンドルが取られやすい傾向にあるので注意が必要。

 

 

スズキエブリイワゴン新型 燃費は?

 

今回のエブリイワゴンで走行したが

加速時は3,000~4,000回転を使用しアクセルの
開度はキビキビとメリハリのある加速と減速を
心がけて走行した。

 

加速が必要な時はそれなりにアクセルを踏んで
加速を楽しんだがガソリンを無駄にする様な

乱暴なアクセルワークは慎んだ。

 

 

かと言ってエコ運転はも意識はしていないが(笑)

ワィンディング走行も車高の高さから好きな様に

カーブを曲がる訳にもいかないが4速ATのギヤ比

が意外とワィンディング走行にマッチして
いるのでついついコーナー出口で加速を楽しんで
しまう。

 

直線で十分速度を落として時速40~70㎞の範囲で
コーナーを抜けていく。

 

 

コーナー出口付近でグッとアクセルを踏んで加速
していくターボエンジンのフィーリングは中々
楽しいものだ。

 

高速巡行も時速80~100㎞の間ではタコメーターの
針が3,000~4,000回転を指す。

 

静粛性はあまり期待は出来ないが元気にエンジンが
回っていると言った」印象でそこからの加速

追い越しも十分なパワーを発揮する。

 

 

 

走行した道路状況の割合は・・

 

市街地のゴーストップの多いエリア  3割

 

郊外の流れの良い道         3割

 

ワィンディング           2割

 

高速道路              2割

 

総合的にはリッター13.4㎞をマークした。

 

ガソリンタンクが37ℓなので満タンで500㎞弱。

 

土地勘のある場所であれば450㎞位までは給油の
心配なしで走行出来るであろう。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 


ホンダ フィット 1.0ターボ6MTの特性を探る!

2019年01月28日

ホンダ フィットの気になるモデルチェンジ情報

2,019年になりホンダのフィットもモデルチェンジが噂
されている。

中でも気になるのは1.0リッターのターボエンジンを搭載
した6速マニュアルである。

 

多くのユーザーに支持されてきたホンダフィットだが
どちらかと言えばハイブリッド車はトヨタのプリウス

やアクアに対してリコール問題も含めてやや消極的な
イメージが強いのは否定できない。

 

また自然吸気エンジンの1.5リッターエンジンも出来は
ハイブリッドに迫る燃費の良さと車両価格の安さでホンダ
ファンであれば買いなのだがもう少しインパクトが
あっても良いな・・

 

と思うのが正直なところ。

 

そこで今回は日本で発売なら初めての1.0リッターターボ
エンジンでしかも6速マニュアルについて語っていきたいと
思う。

 

ホンダ フィット 1.0ターボ6MTのライバルは?

 

 

ところで今回取り上げたホンダ フィット 1.0ターボ6MT
のライバルとなりうる車をいくつか候補に挙げてみる。

一つはスズキのスイフトスポーツでもう一つはトヨタの
カローラスポーツ。

 

 

共に6速マニュアル車をラインナップしているが乗り味や
エンジン特性は大きく異なる。

 

 

しかし排気量こそ違えど6速でマニュアル車と言う観点から
自分でマニュアル操作を駆使して操る喜びを味わいたい
と言う動機は同じではないだろうか?

スイフトスポーツ・カローラスポーツ乗り味の特徴は?

 

スイフトスポーツの乗り味の特徴と言えばシートに腰掛け
走り始めた瞬間から剛性感の高い車体と低回転域からも
強力なトルクで豪快に加速するフィーリングが持ち味だ。

 

刺激的な車なのだが快適性は意外に高く乗り心地も良い
そして初心者でも低速から扱いやすく腕を磨くのには
最適なスポーツタイプのモデルと言えよう。

 

カローラスポーツはどうだろうか?

先ず乗った瞬間はとにかく上品と言うイメージ
そして、これがスポーツタイプかと言うほど
乗り心地が良いのに拍子抜けする。

 

エンジン特性は非常に滑らかでかつスピードの
乗りも良くスイフトスポーツとは対照的にアクセルを
気兼ねなく踏んで走りたくなるエンジン特性だ。

 

 

そしてスポーツモードに設定すれば全回転域でトルク感
が一枚上乗せされたフィーリングで確実な駆動力を感じ
ながらコーナーを駆け抜けることができる。

 

 

しかしあくまでエンジン特性は低回転から高回転まで
滑らかで荒々しい感じはない。

 

ホンダ フィット 1.0ターボ6MT理想のエンジン特性は?

 

これまでに発売されたスイフトスポーツとカローラ
スポーツの性格からしてホンダフィット1.0ターボ6MT
はどの様なエンジン特性が望ましいか?


スイフトスポーツだが前期モデルとは反対に現行型の

(ZC33S型)は低中回転域のトルクを強力に太らせて
強烈な加速フィーリングを実現している。

 

 

この加速フィーリングのメリットは街中を走行する
際にいつでも体現しやすいのでストレスが溜まらず
エンジンの美味しい部分が味わえることだ。

 

 

ただ4気筒エンジンの高回転域の伸びを期待すると
レッドゾーン手前の5,800回転付近でリミッターが作動
するので頭打ち感があるのが難点。

 

しかし実際に公道で走行する際にはそこまでエンジンを
回す必要はないのでこの部分はサーキットを走行する際は
別として無視して良いかと思う。

 

 

結果的には初心者でも運転がし易く特に構えて運転する
必要がなく腕を磨くのにも最適なモデルだ。

 

一方カローラスポーツのエンジンはスポーツモードで
説明すればエンジンのトルク感はどうだろうか?

 

 

スイフトスポーツの様な豪快さはないが全域で上品な
トルクが上乗せされた感じで扱いやすさを前面に出して
いるのが特徴だろう。

 

この決して出しゃばらないエンジンのトルク特性が車体
剛性とサスペンションなどと非常によくバランスされて
非常に高い完成度をもたらしている。

 

そこから考えるとホンダフィット1.0ターボ6MTの
理想のエンジン特性はと考えると・・

 

スイフトスポーツの低中回転域の豪快さ、カローラスポーツ
のフラットなトルク特性と差別化する意味において考えると

 

低中回転域のトルクを太らせつつ扱いやすさ出す。

 

高回転域過激にする必要はないが頭打ち感を無くし
抜けるようなフィーリングを実現すればスイフト
スポーツなどと差別化が出来るのではないだろうか?

 

 

いずれにしても1.0ターボと言う決して大きくない排気量
なのでエンジンスペックもそうだが車体重量も気になるが

楽しみなモデルの一つである事には違いない。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 


自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは