金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

新型ワゴンR MT 5速マニュアル試乗インプレ

2019年06月30日

新型ワゴンR MT 5速走行インプレ 

 

今回は新型ワゴンR 5速マニュアルに乗る機会が出来

たので早速市街地から峠道そして高速と一通りの路面

状態で運転して見ることにした。

 

ワゴンRも6代目と言う事で先代と比較して外観が大きく

変わったのが印象的だ。

 

今回は5速マニュアル車に乗車するためグレードはFA

一番の廉価版で装備は必要最小限である。

しかしアルトFの5速マニュアルと比較するとワゴンR

5MTの場合は、

 

電動ミラー、後部パワーウインドウリアワイパーなどが

装備され快適性のアドバンテージはワゴンR 5MTの方

が上である。

 

ただし6代目のワゴンRはメーター位置がセンター方式

に変更になっているので好き嫌いが人によって別れる

所だろう・・

早速運転席に乗り込んで見てセンターメーターに目が

行く。

 

以前からレンタカーでセンターメーター方式の車種には

何度か運転を経験しているのでさほど違和感はない。

 

ただし5速マニュアル=走りと言う観点からすればメーター

類は運転席前の方がしっくりくると言うのが正直なところ。

 

 

タイヤは14インチでブレーキは前がディスクで後ろが

リーディング・トレーリングと極一般的な装備だが

走行性能に十分順応した足回りだ。 

新型ワゴンR 5MT の 内装は?

 

センターメーターパネルにしばらく気が行ってしまったが

ハンドルを握って内装を見渡してみると運転席前が広々と

して視界が良好なのが良い。

特に普段はアルトワークスに乗っているのでワゴンRに

乗車すると視点が高く尚且つ全面が広々とした視界が

確保されるので非常に新鮮な気分に浸れる。

 

タコメーターが無いのが残念だがもし自分がこのワゴンR

5速マニュアルを購入したなら後付けでタコメーターを

取り付ける事だろう。

 

「どこにタコメーターを設置するか?」これも楽しみの一

つかも知れない(笑) 

 

周囲に目をやると今回の試乗車はダッシュボードがブラック

でハンドル回りがベージュ色のツートン色で明るさと落ち着き

の両方を兼ね備えた雰囲気をもっており中々感じ☆

 

そして頭上が広々として開放感が強くゆったりした空間は

ワゴンRでなくとも現在のハイトワゴンであれば当たり前

 

の様になってしまったが普段アルトワークスに乗っている

自分にとっては非常に新鮮に感じる。

 

そして左手を伸ばすと自然な位置にシフトノブが手に来る。

 

パーキングブレーキは手動式でこの辺りが何ともマニュアル

らしさを感じる部分だ。

 

 

シートはホールド性は余り感じないが自由度が高い座り心地

のタイプだがサイドの張り出し部分と大きめのヘッドレスト

が加速・減速・カーブなどで身体を支え易い構造になっている。

 

 

ワゴンR MTシフトフィーリングは?

 

エンジンを始動させて軽めのクラッチを踏んでギヤを1速に

入れて見る。 

 

新型ワゴンRのシフトフィーリングは操作感が非常に軽い

のが第一の印象そして1速から5速までそつなく各ギヤゲージ

にサクッ、サクッと気持ち良く吸い込まれるのが気持ち良い。

 

なのでシフト操作を行っていても安心感があってポンポン

シフトチェンジが楽しめるのが魅力だ。

 

バックギヤーの操作も解り易く素早い操作が可能☆

 

軽めのクラッチと相まって渋滞気味のゴーストップの

繰り返しの運転でも疲れ知らずで運転できる。

マニュアルの操作に慣れていれば渋滞路でもAT車との疲れ具合の

差は殆ど感じなかったのが正直なところ。

 

ただ欲を言えばシフトの操作が軽いのは良いが若干軽すぎる

ので走り自体には良いのだが高級感があるか?

 

と言えばもう少しシットリ感が操作時に感じる事が出来れば

言うことなしなのだが107万円でこのシフトフィーリングなら

十分合格点を上げても問題ない。

 

新型ワゴンR MT 5速 試乗 乗り心地は?

 

さて実際にワゴンR5速マニュアルの動力性能などを見てみたいと

思う。

 

クラッチを踏んで軽めのシフトノブを操作しながら1速ギヤに入れて

発進する。

730㎏とアルトFと比較すれば60㎏車重が重いがクラッチミートした

瞬間から割と低回転域のトルクが確保されていてスタートがし易いのが

交換が持てる。

 

クラッチのミートポイントもつかみ易くこれならスタートに気を使う

ことなくストレスが溜まらないだろう。

 

 

エンジンの吹け上りも回転が上昇するにつれてトルクが増して

行く感じで高回転域の伸びも良く自然吸気エンジンのフィーリング

の良さを5速マニュアルで更に引き出す事ができる。

 

タコメーターが無いのが残念だが速度と使用しているギヤから予測

してアイドリングの1,000回転付近から3,000回転位の低中回転域

でも結構トルク感があって高めのギヤで静かに走行することも可能。

 

ただし加速は多少大人しくなるのは仕方のないところ・・

 

早めにポンポンとシフトアップして静かに走るのも良いが

やはりVVT吸排気エンジンは高回転域の伸びが良いので

 

低めのギヤでギューンと高回転域まで引っ張ってエンジンパワー

を使い切って走るのは格別に楽しいひと時でいかにも車を操って

いる感覚を楽しめる。 

基本的にエコタイヤではあるが乗り心地とタイヤのグリップ感は

公道走行レベル+αでは十分満足のいく性能であった。

 

乗り心地に重点を置き過ぎて変にフニャっとした頼りなさが無いのは

好感が持てる。

 

気になっていたセンター方式のメーターも街中を運転していると

特に気にはならなくなって運転席前方の視界の良さのメリットの

方が実感できた。

 

 

そこはワゴンRという車の性格からして走り事態は確かに楽しいが

走りだけでなく使い勝手や快適さと言った少し肩の力を抜いて車の

運転を楽しむと言ったコンセプトがセンターメーター方式でも

違和感が無かった理由の一つではないかと思う。

 

 

但し時代の流れとしてダイハツのタントやトヨタのヴィッツがセンター

メーターから運転席前方に変更されたのを見ればワゴンRは逆行してる

感じがしないでもないが・・

 

どちらにしてもセンターメーター方式が原因でワゴンRの良さに触れる

機会が少なくなったとすると少し残念な気分で街中を走行していた。

 

次回も引き続きワゴンR5速マニュアルをレビューしたいと思う。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは