金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

企業に頼まれて就職する異常な時代

2014年09月10日

20140307171249

 

当時は公務員に憧れていた自分は1日3時間位は自宅や

大学の帰りに問題集を解いていた。

 

平成4年バブル経済の真っ只中で自宅には何通もの企業説明会の

パンフレットが届き電話も日に3回位は聞いたこともない建設会社から

「海の原さんですね!おめでとう御座います。貴方が弊社の次期採用者に

内定致しました。付きましては6月10日14時に内定者説明会を行います。

 

他に大勢の内定者の方が出席され18時から懇親会パーティでバイキング

料理が食べ放題ですので、ぜひご出席下さい。」

 

私・・えっ!?・・内定!?

内定を頂けるのは喜ばしいが見も知りもしない会社・・

逆にこちらが不安になる・・
他の学生にも連絡しているんだろうなぁ・・・
この手の電話が1日2回か3回毎日かかってくる。

 

しかし業種と言えば殆どが営業職

今もそうだが当時も私と友人も含め営業職は敬遠されがちで

一般事務職が人気だった。
理由は単純で「楽そうで見た目が良さそうだから」

と言う事で私の場合は公務員を目指していた。

 

実際公務員の仕事は後で意外とハードな仕事だと知った。

でも、やりがいが有るならと志望動機は変わらなかった。

 

当時は就職口には全く困らない状態だが現在の雇用情勢ならば

「楽そうで見た目が良さそうだから」や「見た目が華やかそうだから」

での志望動機で就職するのは気を付ける必要がある。
特にアパレルや電化製品のショップ店員なんかは流行の商品を取り扱い

一見華やかそうに見えるが一旦就職してしまうと
長時間の立ち作業と拘束時間、

月に数日しかない休日で遊びや、自分の時間はおろか仕事で

蓄積した疲労を回復する時間もままならない。

そして恐ろしい位安い手取りで雇われ蟻地獄の様に抜け出せない

日々が待っている。

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは