金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

ホンダS660 峠道走行インプレと評価

2019年10月20日

ホンダS660 評価 峠道走行編

 

今回はホンダS660で峠道を走行して実際のエンジン
フィーリングとコーナリング時の乗り味を見てみよう
と思う。


早速小柄なS660に乗り込んでシートに座って見るが
乗り込むと言うより車に身体がハマり込むと言った方が
ピッタリとくる表現だ。

 

正直実用性を考えればS660の乗り降りの際にはコツがいる
ので慣れるまでは結構苦労するかも知れない。

 

特に降車時は先にも言った様に車体に身体がスッポリハマった
状態なのでコンビニなどに買い物で使用する分で頻繁に乗り降り
する際には結構面倒に感じる。

しかし私自身アルトワークスのレカロシートに座って乗り降り
を普段からしているので最初は面倒と感じたが日にちが経つに

連れて身体が自然に反応して「これが当たり前」の様になった
のでそう心配する必要も無いのかも知れない。

 

シートに腰掛けハンドル周りを眺めると小柄なハンドルの奥
にデジタル式のメーター類が見え如何にも近未来的な雰囲気を
醸し出している☆

 

そして今回試乗したのはβタイプでシフトノブはオーソドックスな
デザインだが個人的にはこちらの方が好み。

 

但しタイヤホイールはαのデザインが好みで色々頭の中で考えが
駆け巡る・・

 

 

S660 遅いのか?エンジンパワーフィーリングは?

 

早速エンジンをスタートさせて見る。

エンジン自体はんN boxに使用されているS07A型660cc
直列3気筒DOHCインタークーラー付きターボエンジン。

アクセルを少々付加してみるとエンジン音はやや機械的な
音でスポーツタイプの様な図太いエンジンサウンドとは
違うので雰囲気的には物足りない。

 

クラッチを踏み込むとやや操作性が重めなのだが強化され
ているのかどうかは不明だがアルトワークスと比較すると
やや意識的に踏み込む必要性があった。

 

 

シフトノブを操作しギアを1速に入れて発進する。

 

クラッチミートのタイミングを捕まえれば発進は
容易で街中での頻繁にゴーストップする場面でも
十分なトルクを感じた。

 

但し車重が800㎏台なので必ずしも軽いとは言えない

のでクラッチが繋がり発進するフィーリングは強力と

 

言うより自然吸気エンジンで発進するよりも2割位トルク

が増したマイルドで感覚で扱いやい部類だ。

 

 

2速3速とシフトアップしていくと先ず気付くのがシフト

フィーリングの小気味良さである。

 

ショートストロークで1速から6速まで各ギヤゲージに

吸い込まれる様にスコンと決まる。

そして尚且つギヤゲージに入る際に微かな柔らかい抵抗が

上品なシフトフィールをもたらしている部分は感心する。

 

本来煩わしい筈のギヤチェンジが非常に楽しい作業になる

しクロスミッションとあいまって走ること自体が楽しい車だ。

 

これであと若干クラッチペダルの操作性が軽ければ言う事なし

なのだがこれは贅沢なのかも知れない。

 

エンジンフィーリングはクラッチミートした1,500回転付近

からトルクの盛り上がりはフラットで強力な印象はないが

ターボエンジンがもたらす過給機のお陰でかったるさは無い。

なのでアクセルを踏み増せばそこそこ速く加速する事も可能だ。

 

2,500回転から4,500回転過ぎまでがトルクが一枚厚く盛り

付けている感じが体感できこの領域の加速が一番活発だ。

 

ターボエンジンだが基本的にマイルドな感じなので高回転域

はあまり期待していないのだが4,500回転から更にアクセルを

 

踏み続けると難なく6,000回転まで回りタコメーターの針は

7,000回転までスムーズに吸込まれて行く。

豪快に吹け上るのとはまた違うがエンジンを思いっきり回せる

点から考えれば扱いやすく誰でもパワーを使いきれるフィーリン

グが印象的だ。

 

また加速してギヤチェンジする際に「パシュッ!」と言う

ブローオフの音も聞こえ何でもリアのガラス窓を開けると

その音まで楽しめる様に造られている。

 

傍から見てるとどうってこと無いのだがターボエンジン

特有のブローオフ音をシフトチェンジの度に聞くと

「ああターボエンジンなんだ・・」と妙に納得し結構楽しめる。

扱い易さが際立つS660のエンジンなので誰でもすぐに

エンジンフィーリングは慣れてくるので実際にそれ程速くないと

言う風に見られがちだが街中や峠道などの行動を走行する部分に

おいては程良い速さと言えば良いのだろうか?

 

確かにアルトワークスの様に刺激は少ないがいつの間にか
速く走れていた・・そんな印象がS660にはある。

 

S660コーナリング特性を探ってみる

 

ホンダS660の一番の売りはやはりずば抜けたコーナリング
性能の高さに尽きる。

 

デザインやコックピットの近未来的な部分も十分話題になったが
スポーツタイプの車であれば走ってどれだけ楽しめるか?
これが重要な部分であろう。

 

ミッドシップエンジンでリヤ駆動のS660のハンドリングは
やや軽めだが節度があって直進時でも不安なく高速道路でも
安心した直進安定性を感じながら走行出来る。

 

S660の凄い部分はこの直進安定性を確保しながらハンドルの
舵角にリニアに反応し面白い様にクルクル峠道のコーナーを
クリアーしていく。

 

これが何とも言えない楽しさでチョットした峠道であれば
気軽にこの面白さが味わえるのが良い。

 

 

リヤタイヤを軸にしてフロントタイヤがコンパスの円を
描くように綺麗にコーナーをクリアーしていくのは
一種の快感だ。

 

実はこの旋回性の高さを強調しているのが意外にも先ほど

S660のマイルドな感覚のターボエンジンであることが後

で気付くことになる。

確かにもう少しパワフルなエンジンであれば更に豪快さと
共にコーナーを抜けていく感覚を味わえる。

 

しかしエンジン特性がマイルドな分余計に旋回性の高さが
際立ち目立つ結果となるのが興味深かった。

 

何はともあれ高い旋回性を生かしてアクセルを遠慮なく
踏みながらクルッと車体を回転させながら次々コーナー
を駆け抜けていく瞬間・・

 

この時は実用性が低く気になる面も一瞬忘れ去って夢中に
なるひと時だったのも事実。

 

セカンドカーとして購入するのであれば問題はないが

S660の実用性と乗り味の面白さを天秤に掛けてどこで
購入するかしないかの判断をするのは自分次第だろう。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


ホンダS660辛口インプレッション

2018年02月09日

発売前から注目されていたホンダS660

 

デザイン的にはかなり洗練された格好良さが

印象に残り中には試乗無しで即予約購入をした方も

いるとか・・

 

 

ホンダビートの再来か?と言われたモデルだが

実際はどうなのか?

 

 

ホンダビートと言えば自然吸気の64馬力

MTRECエンジンが記憶から蘇る。

 

そして私の場合は同じMTRECエンジンを積んだ

ホンダトゥディのXi5速マニュアルを新車で購入し

16年間乗車して来た。

 

 

そこそこあって軽快なビート音を響かせる。

 

 

そして4,000回転過ぎからがクゥオーン!と言った

サウンドを奏でながら6,000回点過ぎまで淀みなく

回るエンジン。

スコーンを決まるシフト感覚。

 

どれもが新鮮で毎日楽しく運転していたが今回の

S660のエンジン特性はどうなのか?

 

早速鮮やかなイエローの車体のドアを開いて
乗り込んで見る。

 

うわっ・・乗り難い~!

 

車高が低いのはこのタイプだと仕方のない
ところ足元も狭いがどうしても乗車の際に

ドア前部のスピーカーに足先が当ってしまい

スピーカーが傷ついてしまう。

足をねじ込ませ今度はスポーツタイプの
バケットシートに腰を置く。

 

ホールド感が良いのは○だが身体がシートに
落ち着くまでに細かく身体を動かす必要が

あるのは面倒な感じ。

 

クラッチ・アクセル・ブレーキペダルの位置を
確認中に市販のフロアマットが靴のカカトと干渉
するので取っ払って助手席に移した。

 

ドライビングポジションは限りなく目線が下方で
路面が近く目の前にはデジタルスピードメーター

 

とタコメーターが一体になった計器類は目に飛び
込む視認性は良く機能的に感じた。

 

今回は真冬のため幌付きで試乗のため天井は流石に
閉塞感があって窮屈だが小じんまりしてて雰囲気的
には悪くない。

シフトの操作感覚は最初やや重めかな?と感じたが
実はシットリとした感覚がする。

 

各ギヤゲートにしっかりとシフトノブが入る感覚が
左手に伝わり非常に好感が持てるものだった。

 

1速に入れて軽過ぎず僅かに重めのクラッチを繋ぎ
走り出す。

 

64馬力の10.6kgf・mスペックのエンジンは実用的には
十分だが特にパワフルと言った印象もなく車体を前に
進ませる。

 

 

片側2車線の道路に合流し時速50㎞位で軽く流す・・

キュッ、キュッ、キュッ・・!?

ん・・何?この音・・

 

小さなギャップを乗越える度に左側の屋根から

キュッ、キュッと言う異音が聞こえる・・

 

どうやら今回試乗した車両はソフトトップ建付けが

上手く行ってない感じだ・・

 

気にすると事故になり兼ねないので無視して

途中信号待ちで何度か発進・停止を繰り返す。

 

クラッチ・アクセルとシフトの操作性は違和感

がなく特にシットリと確実なシフト感覚が気に

入った。

 

ただその分エンジンのトルク特性に神経が集中

するが1,500回転でクラッチミートしてみる。

 

低回転域は実用上は問題無く十分なトルクだが

ターボエンジンの割には特にパワフルな感じは

しない。

 

そこからアクセルを踏み増すと2,500回転から

少しトルクの盛り上がりが感じられるが

その感覚は4,500回転付近まで続く・・

 

 

で、その後は5,500回転まではまぁまぁの

吹け上がりでそこから先はゆ~っくりと・・

7,000回転まで上昇する。

 

因みにアルトワークスのエンジンスペックは

64ps  10.2kg・m

 

S660の方がトルクがやや高いが重量が830キロ

なのでワークスよりも160キロ重いのも事実・・

 

ただ正直言ってエンジンに関しては

 

アルトワークス

 

「おわっ!おお~っ」「トルク凄い!速ゃ(笑)」

 

S660

 

「う~ん・・ち、ちょっとトルクが・・」

 

良く言えば自然吸気エンジンよりパワーはあるが

ターボ過給された際にドンを押し寄せるトルク感が

 

薄くスポーツモデルとしてはエンジンに関しては

魅力を感じない。

 

 

一昔前のアルトラパンSSやケイワークスの方が遥かに

トルク・パワー感は上

 

そして魅力の無いエンジンに拍車を掛けているのが

エンジンサウンド・・

 

街中だと2,000~3,000回転付近を使用して走行

 

この回転域のエンジンサウンドは軽トラックか

又は工事現場の重機のエンジンが唸るような

ウォ~ン~と言うタダの騒音だった。

 

4,000回転以降回せばそれなりに聞けるサウンド

になるが・・

 

N-oneにも乗車した事があるが確かこんな感じの

エンジン音だったがあちらはCVTのためそれ程

気にはならなかった。

 

Nシリーズのエンジンサウンドは大体こんな感じだ。

なので街中走行だけだと精神的に非常に疲れる・・

 

もちろん運転席後方のリヤガラスは開く事は無し。

 

以前所有していたトゥディのxiのエムトレック

3気筒エンジンはドドドッっと歯切れの良い

軽快なエンジン音を聞かせてくれたのだが・・

 

街中を抜けて田舎道に入ると気温が日中にも関わらず

0度の寒さで途中で雪が吹雪いて来た@@

 

 

車内自体の保温性は特に問題なくエアコンを使えば

快適に運転に専念出来る。

 

そしてS660の得意と言うか最も魅力を感じるハズ

の峠道はどうか?

 

噂通りハンドリングは緩いカーブからやや急な

カーブまでリラックスしてハンドル操作する

だけでスイスイ曲がる。

 

感心したのは多少ハンドル切れ角が甘くコーナー

に突っ込んでも少し舵角を増やすだけで

車体全体でくるりッと簡単に向きを変えられる。

 

 

この感覚は今まで味わった事のないものだ!

マイルドなエンジン特性はこの場面では

 

アクセルをグイッと踏めエンジンを使い切る

感覚で充実感を味わえる。

 

 

 

そう言う捉え方をすればプラスに働く

 

しかし反対にトルクがしっかりと立ち上がり

トランクションが掛けられる割合が増えれば

どうなるか?

 

それも気になるところ・・

 

おそらくs660が一番似合っているのは・・

サーキットだろう・・

 

そう思いながら雪の降る中でS660を走らせる。

 

峠道を20km程走行して高速道路のインターへ合流

 

S660の高速道路での走りはどうだろうか?

 

 

3速・4速で5,500回転まで引っ張り本線に合流

加速自体も流れに乗る分には十分だがもう少し

強烈な加速感が欲しいところ。

 

 

時速100㎞で6速2,900回転ちょうど

 

 

ただエンジン音は低めに抑えられるのは良いが

ソフトトップの宿命か・・

 

 

風切り音がやはり大きくゴォーと言う音は

付きまとってくる。

 

 

一般道の一定走行なら5速ギアが一番上で6速は

入れても時速60㎞以下では加速しないが高速で

は重宝する。

 

 

時速100㎞からの追越し加速も2,500回転からトルクが

盛り上がるので快適性とそこからの追越しを考えれば

一番良いギヤ比と言える。

 

 

スピィーディに加速したい場合は5速・4速に

シフトダウンすればそこそこ満足行く加速

追越しが出来る。

 

 

ハンドリングも時速100㎞を大きく越える場合も

直進・レーンチェンジの操作性・安定性は十分

で安心して高速走行が楽しめた。

 

 

しかしシフトダウンして加速する際には

 

 

確かに7,000回転までタコメーターの針は上昇するが

待つ感じが強くエンジン回転を引っ張っても5,500回転

でシフトアップした方が速い。

 

 

乗り心地は一般道・高速共に極端にサスペンションが

硬く無くギャップの通過時も快適に不快な振動が

無く通過した。

 

 

硬いと言う感じが一切しないのにも関わらずこれだけの

コーナリング特製を発揮するサスと車体には非常に

好感が持てる。

 

 

高速道路を下りて一般道へ・・

 

 

行程の途中なんどかコンビニ・給油所などに立ち寄る

その際に当然車から乗降りするのだが・・

 

これが非常に面倒に感じる。

 

 

特に車体から降りるときは身体がスッポリと

車体にハマッてしまい。

 

降りるのが面倒で嫌になった。

 

最後に給油所で給油し全行程57㎞で約3.3ℓを給油

満タン法で燃費は17.8㎞/リットル

 

 

回して走行した割には良い燃費だと思う。

 

そしてS660の乗車を終えて車外から出た後の

一声は・・

 

「疲れたぁぁぁ・・・」

 

オープンスポーツなので使い勝手の悪さは仕方ない

としてもどこまで許容出来るかが重要になる。

 

スタイルは良い・インテリアも近未来的。

 

 

サーキットだけ走るなら良いが例えば車体の旋回性

やハンドリング性能の高さは理解出来た。

 

 

走りに拘るなら日常の使い勝手を犠牲にしても

得られる走りの快感があるのならまだ良い。

 

それならN-oneの自然吸気に薄くトルクを加えただけの

パワーの無いエンジンや。

 

 

軽トラック同様の聞いていて疲れるエンジンサウンド

など感性に訴える部分はどうでも良いのか?

 

 

これで200万円以上払うのは正直無駄な気がする。

 

 

自分ならセカンドカーとして使用するにも難しいだろう。

 

購入で気になる方が必ずレンタカーで半日位乗込んで

判断した方が賢明だと思う。

 

 

 

そう想いながらアルトワークスに乗り込み横目で

S660を眺めながら帰路に立った。

 

 

帰り道ではアルトワークスで一般道・高速道を

利用して帰宅したが・・

 

レカロシートに身を預け運転し時間が経つにつれて

固まった身体の筋肉がリラックスして行くのが

自分でも解る@@

 

「この車・・こんなに快適だったっけ(苦笑)」

 

 

同じスポーツタイプと言ってもメ―カ―の作り手に

よってこれだけ楽しい・疲れるなどの印象や乗り味が

や大きく違って来るのが理解出来たのは収穫だった。

 

 

 

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 


 
ドメインとは