金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

ホンダ シビックハッチバック 6MT 試乗インプレ加速と運転フィーリングと燃費を評価してみる

2020年03月17日

ホンダ シビックハッチバック 6MT 街乗り試乗インプレ

 

今回はホンダのシビックハッチバック6速マニュアルに試乗
する機会が有ったのでレビューしてみたいと思う。

シビックといえばホンダの代名詞とも言われる代表的な車
であるが既にデビューして3年程が経過する。

 

2周り位車体がデカクなり日本での道路環境では取り回しが
気になる部分もあるが売れ行きも先ず先ずと言う。

 

しかもこのシビックハッチバックの売れ行きの割合が5割程が
MT車と言うのも興味深いところだ。

 

外観は戦闘的で非常にカッコ良いデザインで迫力があって
車に興味のない人が見ても振り返る様な感じがする。

そう言ったインパクトの有るデザインではあるが反対に
派手過ぎなケバケバした部分が無い。

 

シビックのデザインは派手さを感じるギリギリの一歩手前で
抑えながら上質感を上手く引き出している。

 

早速車内に乗り込んでみるとインテリアのデザインは非常に
オーソドックスで諸費用込みで300万円程する車にしては
もう少し見た目の質感が感じられる工夫が欲しい。

 

ダッシュボードや各スイッチ類などにワンポイント加え見せ方を
変えるだけで結構印象は変わるのではないか?

 

シビックハッチバック 6MT乗り心地と加速フィーリングは?

 

早速シートに腰を掛けハンドルとシート位置を調整し
ドライビングポジションを合わせる。
 
先ずは1速ギヤに入れるためにクラッチペダルを踏むが
驚くほどクラッチペダルが軽いのにビックリする。

軽自動車のクラッチペダルと殆ど変わらないか反対に
それ以上に軽い操作感で節度もあって非常に扱いやすい
のがポイント。

 

恐る恐る1速ギヤでクラッチを繋ぎゆっくり発信してみる。
変なギクシャク感も無くスムーズに自然な感じで加速する。

 

2速、3速とシフトアップしていくが加速フィーリングは
自然で確実に速度が乗ってくる感じ。


マニュアル車に乗り慣れた自分でも一番最初に乗る車種だと
当然クラッチの繋がりやエンジンのトルク特性などで発信時
は少なくても乗り初めの2,3回はややギクシャクしがちだ。

 

しかしシビックハッチバック6MTの場合クラッチペダルの
軽さとエンジンの低回転特性の扱いやすさが群を抜いており

乗り始めの段階からまるで何度も運転し慣れた様な感じで
クラッチミートした瞬間から静かにそして上品に発進していく。

 

先ずクラッチが軽いとミートポイントが把握し易いのと
1,500ccターボエンジンはアイドリング付近の1,200回転で

十分なトルクを発揮するだけでなく強すぎず弱過ぎず調度
良い塩梅の力強さで1,300kgの車体を前に進める。

 

元々1,500ccも排気量があれば低速トルクも十分でこの時点では
ターボのブースト自体も殆ど掛かっていない状態で素の1,500cc
で走っていると言う感じだ。

2,500回転付近で2速、3速とギアチェンジしていくと確実に車体の
速度を加速させて行き過激なトルク特性ではないが反対に自然吸気
の1,200ccエンジンの様にトルクが薄い感じは全く無い。

 

右足でアクセルを踏むと俊敏に速度が上昇していく1,900回転で既に
トルクが最大の24.5kgmを発揮しこれが5,500回転まで続く。

 

アクセルの踏み加減で加速を如何様にもコントロールできる扱い安さで
概観のイメージからは最初に抱いていたイメージとは違う

 

確かに過激さがないのだがが確実に速い。

 

ただ刺激を求めてアクセルを踏みすぎると気が付くととんでもない速度
になっているので要注意だ。

 

2速ギヤで引っ張ると3,000回転付近までは穏やかな感じがするが低回転から
しっかりしたトルクが立ち上り車体を加速させる。

 

そして3,000回転からブーストが立ち上がり4,000回転を過ぎた頃には伸びの
良い回転フィーリングと共にVTECサウンドと共に軽やかにエンジンが吹け上がる。

 

勿論この頃は法廷速度は既にオーバーしている。

 

そしてシフトフィーリングの良さも特筆すべき点だ☆

ショートストローク気味のシフトノブは各ギヤゲージに入った感覚が
わかり易い。

 

それに加えて各ギヤゲージに入る瞬間しっとりとした節度感のある抵抗
があってこの感覚がシフト操作の上質間を演出している。

 

そして乗り心地はシートやハンドルなどからの路面状態を把握しやすい部分を残した
ままで快適性を実現している感じ。

 

つまり快適性を基本とした上で走りの楽しさを路面状況の把握のし易さも追求した
感じの乗車フィーリングでしなやかなで若干ソフト寄りな乗り味に感じる。

 

まとめてみるとシビックハッチバック6MTと言うと最初は・・

 

パワースペック的にもやんちゃで結構過激なイメージだったがとにかく
扱い易く運転がし易いマニュアル車でパワフルな車と言う事になるが・・

 

扱いやすいが故に調子に乗ると知らず知らずの内にかなりの速度が出て
ビックリする危険性がある。

 

パワフルなのだが過激さを感じさせないのでこの乗り味が人によって評価が
分かれる部分であろう。

シビックハッチバック 6MT街乗り燃費 評価

 

さて今回シビックハッチバックで街中から郊外の流れの
良い道から高速道路、ワインディングと一通り走行して
実際の燃費はどうだったか?

 

割合的には高速3割・郊外3割・ワィンディング2割・街中2割で
目立った渋滞はなし。

 

走行距離は136.7㎞で給油量は10.0リットルでリッター
13.6㎞と言う数値であった。

特に燃費を意識して走行した訳ではなく発進時などは先頭で
あった場合はMTと言う事で2速・3速で引っ張り気味で
出来るだけメリハリのある走りに徹した。

 

元々1,500㏄ターボなのでパワーとトルクが十分なので意識的に
エンジン回転数を上げようとしても2,000~3,000回転も回せば
軽く法定速度プラスαの速度域に達してしまう。

 

なので一般公道を走行している限りではエンジン許容量の
2~3割位で走行していた感じだ。

高速道路になると加速の際は4,000~5,000回転付近を使う事も
あったがこれも中高回転域のフィーリングを確かめるために
意図的に3速・4速で加速した結果の燃費数値。

 

マニュアル車ではあるが低中回転でも十分扱いやすく実際に
エンジンを回さなくても十分速く走れてしまうのが実際の
ところであったので通常はもう少し良い数値を出せると思う。

ガソリンタンク容量が46リッターなのでリッター13㎞としても
満タンで598㎞走れる計算になる。

 

大雑把に満タンで500㎞以上まではは給油を心配しなくても
走行できる計算となる。

 

最近のハイブリッド車と比較すれば若干満タンでの走行キロは
少ない感じがするが個人的には十分合格点を上げても良いと思う。

 

機会があれば高速道路でのインプレを書き込みたいと思うが
シビックハッチバックの6速マニュアルを今回運転してみて
実際の感想は・・?

 

パワースペックを見てスイフトスポーツよりも40㎰程高出力
なのとデザインが結構戦闘的なイメージなので乗り味が過激
なのではないかと思ったが・・

 

拍子抜けする程乗りやすく操作性が抜群に良いのとパワフルさ
から来る扱いにくさもなく結果的に簡単に速く快適に走れてしまう
車であった。

 

刺激が少ないと言う言い方もできるが実際にマニュアル車の操る
楽しさを持ちつつ快適さをベースにしたシビックハッチバック6MT
は独特の立ち位置を築いているのが実感できたのは大きな収穫であった。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホンダ シビックハッチバック(CVT)試乗インプレ 車両紹介と街中チョイ乗り

2018年09月03日

ホンダ シビックハッチバック(CVT)試乗 車両紹介と街中チョイ乗り

ホンダ シビックハッチバック(CVT)試乗インプレ 

 

今回はホンダのシビックハッチバックに2日間乗車した。

欧州で生産され元は外国の顧客をターゲットにしているため実物は

期待通りにデカイ@@

 

しかし角ばったデザインのエクステリアはどっしり感とシャープ感

が上手く融合している。

 

独特なデザインなのだが一線を超える手前ギリギリで抑えている。

 

これが何とも勝手ながら私好みで見ていて飽きないデザインだ。

 

 

ボディから下方に目をやるとグッドイヤーの18インチタイヤが装着された

アルミホイールが目に飛び込む。

また中のブレーキパッドのローターのゴツイこと@@(笑)

 

 

シビックハッチバックのリア回りのデザイン

 

これもコンビネーションランプと空力特性を十分考慮したデザインで

機能的面と個性的かつ美しいスタイルを実現している。

 

 

そしてセンターデュアルエキゾーストも装備して見ているだけで

その気にさせる。

 

 

 

早速ドアを開けて運転席へ乗り込む。

インテリアはブラックを基調としシックな感じで直ぐに目に馴染み

私的には好感が持てる。

 

しかし車両価格280万円の割にはメーターとダッシュボード付近は

高級感はあまり感じない。

 

 

 

 

けれども反対に安っぽ過ぎる感じもしない何とも微妙~

 

 

まあホンダの事だからきっとインテリアに余計なお金を掛けるなら

エンジンや足回りの走りに関する部分にお金を掛けたに違いない!

そう勝手に思い込んで理解する。
(実際に後でその通りでした☆)

 

 

 

シートは適度に固めで身体を支え易く生地は手で触ると適度に

滑る感じでホコリが付き難いのでメンテナンスしやすのは〇

 

ただやっぱりレカロに比べれば高級感は無いですが・・

 

 

 

 

 

スタートボタンを押してエンジンを掛けてみる。

すると正面にディスプレイにメーター類が表示される。

 

 

赤いメモリのタコメーターの下に大きく速度が表示され違和感なく

見やすいのが好印象だった。

 

アナログの針メーターに慣れた自分にとっては最初は機械的で何か

あっけない感じがしたが情報の表示量を考えれば断然ディスプレイ

方式の方が優位だろう。

 

 

ついでに水温計とガソリン計もLED表示だが目盛りが非常に細かい

ので見易いし精度も針式と遜色ない感じ☆

 

 

 

ガソリンはハイオク仕様で給油口がキャップレス式

別に給油する分には問題ないが普段アルトワークスに給油する時は

セルフ給油でいっぱいまで給油しているので珍しい感じがした。

 

まあシビックの場合ガソリンタンクが46ℓある。

 

 

今回の燃費は13~14㎞弱/ℓだったのでリッター13㎞として

 

 

満タンで598㎞なので大体500㎞は安心して走れる事になるので

タンク容量の少ない(27ℓ)ワークスみたいにガソリンを

ギリギリ目一杯入れる必要のないだろう。

 

 

 

 

足元に目をやるとフットレストとアルミ製のブレーキとアクセルペダル

が目に飛び込む。

 

サイドブレーキはボタン式で初めてなので出発前に何度も操作を確認。

サイドミラーの位置を調整しETCカードを挿入しようやく出発!

 

 

ブレーキを踏んでシフトをDレンジへ入れる。

 

ブレーキを足からリリースしてゆっくり車体が前に進み始める・・

 

 

駐車場から細心の注意を払いながら出ていく。

 

 

大きい車体とタイヤの切れ角の関係で場所によっては切り返しが

やはり必要だが落ち着いて操作すれば特に問題なく車体を操れる。

 

最小半径が5.5mなのでこの数値を考えれば小回りするには多少手間は

かかるがバックカメラも装備されているので問題なし。

 

 

狭い駐車場で切り返しで発進したりするとそれだけで大柄な

車体を操っている感を味わえ変な満足感に浸る(笑)

 

 

この時のハンドルの操作感も好印象で軽四の電気式の変に軽い

安っぽいハンドリングとは無縁。

 

 

軽さを伴いながらもシットリと上質な感触を伴いながら

ハンドル操作ができるのはやはり格が違う。

 

但し一番初めにアクセルペダルを踏もうとした時・・

思ったよりアクセルペダルが奥の位置にあって違和感を覚える。

 

 

しかし5分で慣れてしまい結局2日間の最後まで特に問題には

ならなかった。

 

 

今回の出発地点は横浜のど真ん中で交通の入り組んだところで

やや不安だが・・

 

アイドリングの800回転からゆっくりアクセルを踏めばCVTと

言う事を忘れるくらいに力強くリニアな加速で1,300キロ余り

の車体をグイグイ加速させていったのだった。

 

 

 

 

吸排気デュアルVTCや電動ウェイストゲート付ターボチャー

ジャーは流石!!

 

停止から時速50㎞付近でだと普通に流れに乗って

800~2,000回転弱を使用。

 

 

CVTの場合1,700回転で既に最大トルク22.4kgf・mを発揮

これが5,500回転まで台形状に続く

 

 

力強いトルクは2,000回転以降になると濃厚さがプラスされ

しかも自分の思ったアクセル操作とリニアに反応しとにかく

扱い易い。

 

正直どの回転からでもパワーが取り出せる感じでこれなら

多段式ATでなくても良いと感じる。

 

 

気になったのはウインカースイッチ。

 

普通に交差点を曲がる時は問題ない。

 

 

右又は左に車線変更するケースで例えば右に車線変更し完了

した後にウインカーを手動で戻した場合だ。

 

 

レバーを戻す反動が大きいとウインカーが消えず今度は反対の

左ウインカーが点滅し一瞬パニックになる。

 

 

一回経験すれば大丈夫なのだが最初はビビった・・

 

 

 

しかし概ね大都会での運転も余り神経を使うこと無く運転が

出来るのはやはりシビックの強力だが扱い易いエンジンと

素直なハンドリングの操作性の良さのお陰だと思う。

 

 

途中道を行き過ぎてUターンしたが無事に首都高に乗ることができ

東京アクアライン経由で千葉県の木更津へ向かった・・

 

つづく・・

 

 

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

 

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

 

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

 

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


 
ドメインとは