金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

ホンダS660の高速道路での走行安定性は?燃費とエンジン回転数は?

2019年11月02日

S660高速道路走行インプレッション

 

今回はホンダS660で高速道路での走行性能を検証して

みたいと思う。

走行したのは新東名高速の新静岡から島田金谷間と東名

高速の相良牧之原から静岡で3車線の直線区間が長く時速

 

120㎞まで出せる区間もあるのでS660の高速道路での

走行性能を検証するには打って付けのケース。

ミッドシップで後輪駆動のためコーナーを曲がる時には

クイックなハンドリングを生かして次々とコーナーを

 

クリヤしていくのが特徴のS660だがこのハンドリング

特性が高速走行ではどの様に影響するのか?

 

少々ネガな部分もあるが半分は期待もあるのは事実。

 

そしてマイルドな性格ではあるが64psの10.6 kgf・m を発生

させるエンジンは高速道路での合流時と追い越し時の加速

フィーリングはどうなのかも気になる。

 

 

そして軽自動車のマニュアル車で数少ない6速マニュアル車と

言う事で静粛性は5速マニュアルと比べて期待できる部分は

果たしてどこまでS660は応えてくれるのだろうか?

 

 

S660 加速フィーリングを検証してみる。

 

先ずは高速道路へ乗り入れるためにECTゲートをくぐり抜けて
ループを旋回する。

時速40㎞程度で走行しこれから加速レーンで加速して高速へ合流
する直前の緊張感を味わいながらアクセルを序々に開けて行く。

 

3速ギヤでジワーッとアクセルを踏み引っ張りながら加速フィー

リングを検証してみる。

 

マイルドな感覚ながら柔らかなトルク感ではあるがアクセル開度に
応じて車体の速度を確実に上昇させて行くフィーリングだ。

 

シフトポイントは3速ギヤ身体と5,000弱位が適当だと思われるが
せっかくなので全開まで引っ張ってみる。

 

レッドゾーンが7,500回転のタコメーターを見ながらやや

緊張気味に加速する。

 

全体的にフラットな加速感だが2,500~4,800回転付近で

厚みのあるトルクが一枚上乗せされている感じでその後も

スムーズにタコメーターの針は上昇して行く。

高回転域の加速フィーリングは確かに頭打ち感は無くアクセル

を踏み続ければ簡単に6,000回転まで到達しさらに7,000回転

過ぎまで上昇する。

 

確かに気になる振動やエンジンノイズなども無いので意識

すれば気軽に高回転域も使用はできる。

 

ただ突き抜ける様な豪快な加速フィーリングではないので

実際速く加速する時はトルクの厚みの終了する5,000回転弱で

シフトした方が自然に感じる。

 

峠道などで攻める際にこの気軽に使用出来る高回転域の伸びが
シチュエーションによっては使えて速く走行出来て使えそうな
気がする。

 

その後何回か加速レーンから高速本線へ合流する機会があったが
3速ギアで4,500回転まで引っ張り4速へシフトアップして合流
もしくは加速レーンの始まり時点で4速で加速しても十分な

加速力で安心して本線に合流出来る実力を持つ。

 

S660 高速安定性とエンジン回転数は?

 

本線に入ってしばらくは走行車線を走り低目の目線から
S660の高速性能ぶりを観察してみる。

ギヤは5速に入れて巡航しこの時点ではまだ6速を使用
していないが時速100㎞で5速ギヤで約3,900回転

 

普段アルトワークスに乗っている自分にとっては同じ5速での

エンジン回転数だ。

 

それと高めのエンジン回転数だが5速ギヤでも軽自動車として

十分連続走行でも運転が続けられる感覚だ。

 

そしてギヤを6速にシフトしてアクセルを踏んで見る。

時速100㎞だと6速で約3,000まで落ちるので静粛性と言う観点から

すると非常に優れている。

 

6速ギヤのお陰で高速走行においてエンジンの静粛性は優れている。

 

タイヤの低いロードノイズが聞こえるが気にならないレベルで気に

なる部分はソフトトップ部分の風切り音がやや大き目なところだ。

 

時速120㎞制限区間に差し掛かり速度を120㎞に上昇させてみる。

 

6速ギヤで加速した場合やや緩慢ながらもスーッとアクセル開度に
応じで車体を加速させることが可能である程度の余裕を持てば
6速ギヤのまま加速し巡航する事も可能だ。

 

最初はターボエンジンながらやや穏やかなトルク特性のS660の
エンジンなので6速ギヤは使えるのか?と思っていた。

 

時速100から120㎞を6速ギヤで加速する場合トルクの盛り上がる
3,000回転付近を上手く使用できるのが良い。

 

但し交通量が多く追越し加速と走行の繰り返しの場面では5速ギヤ
で走行しキビキビ走行した方が楽しめる。

 

伸びの良いエンジンフィールもそれを後押ししている。

 

さて峠道では高い旋回性を発揮したS660だが高速道路での

ハンドリングはどうであろうか?

旋回性が高いと反対に高速走行の直進安定性が気がかりに
なってしまう。

 

時速120kmでも十分巡行ができるS660のエンジンなので
ハンドリング特性を探ってみるが操作性で特に気になる
部分はなかった。

 

時速80~90km位の流す程度の高速巡行は落ち着いた直進
安定性で不安な要素は全ない。

 

そこから更に速度を上げて時速100km巡行でもビシッとした
強力な直進安定性は感じないがハンドルに手を添えて前方を

眺めて肩の力を抜いているだけで平和な気分で高速クルージング

を楽しめる。

 

追い越し加速で時速120kmに速度を上げても自然なフィーリング
で直進し反対に車線変更などは非常に楽に行え思った通りにハンドルを
少し切ってやれば自分の意志通りに進路変更出来る。

 

 

欧州の様に果てしない直進道路を何時間も走行するなら別だが
日本の高速道路の様に交通量が多く走行車線と追越し車線を頻繁に

行き来する走行パターンだとS660のハンドリングは好都合で
高速走行も十分楽しめたのが正直な感想だった。

 

ホンダS660 燃費報告してみる。

 

さて今回は街中から峠道を通って高速道路走行を存分に楽しんだ結果
のS660の燃費はどうであっただろうか?

結果は下の動画の通り☆

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

#S660 燃費

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは