金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

本当に収入が増えるとはどう言う事か

2014年08月15日

本当に収入が増えるとはどう言う事か

 

私が今の会社に就職した頃は同じ会社アルバイトで下地を

積んである程度経験もあり正社員としてやっていく上でも

不安はなかった。
と言うよりアルバイトと正社員の仕事内容はほぼ同じで

違うのは給与や休み等の待遇面だけだった。

 

 

うちの会社だけではなく恐らくどの会社でも行っている

であろう一つの班で正社員が2人であとの8人はアルバイト

 

要は同じ仕事をするなら時給単価が安いアルバイトを増やし

た方が利益が多くなるからだ。

 

 

 

ただ自分の会社に限っていえば正社員でもアルバイトのミスなど

をフォローしていれば多少責任はついて回るが平の社員である限り

それほど理不尽な事は起こらない。

 

 

 

組織も全国規模だし提供するサービスも物流系でこれから将来

にわたって20年位は需要のあるものなので真面目に働いていけ

 

ば役職になれば年収800万位は頂ける職場であった。
当時の平社員の私は280万円位・・
現在の考えとは違い課長や部長を見て「よし!俺も・・」とガツガツ

して早く昇給して管理者になり経済的に困らない生活基盤を築くのが

 

一番の願いだった。

 

 

しかしデメリットもあるそれは拘束時間が長くなると言う事

 

これは入社当時でも解っていた。
中間管理職でも1日の勤務時間は12時間以上でも週休2日だから

他の企業と比べれば役職になっても悪くはない。

 

 

平社員と比べれば格段に収入が増えるのは確かに魅力的だが時間の

切り売りをしている事には間違いない。

 

 

ただ知っている様で会社組織の歯車に一度はまって生活に追われると

普段の時間消費が業務に費やされる。
身体は疲弊し頭は休日でも明日の仕事の段取りを考える生活を毎日繰り返し余暇を楽しむ事無く月日は過ぎていく・・
そして月一の給与明細を見て一瞬の喜びを感じるだけ・・
どの職場もこんな危険性が孕んでいるに違いない
「本当に収入が増えるとはどう言う事か」

 

つまり得た収入を使い恩恵を自分が享受する事が必要であろう。
それには収入と自分の時間の確保のバランスが取れた状態になって

初めて収入が増えたと言う事になると思う。

 

 


鉄道好きの理由は

2014年08月11日

95848572_624

 

 

小さい時から鉄道好きで寝ても覚めても鉄道好きだった。

当時は大阪に住んでいたので良く大阪駅に長距離特急を見た時は興奮して

食い入る様に列車を見ていた。

 

 

 

 

父親は几帳面と言うか細かい性格でいつも「早く」「きっちり」などが

口癖でその影響かあの鉄道の四角い車体と秒単位で正確に動いている

電車に幼い自分は自然と目が言ったのかも知れない。

 

 

二本の細いレールに何両も連なった四角い車体がすごいスピードで走り動いている

窓から車窓を覗くと「あっ!!線路が動いている!!」と父親に夢中になって話しか

けている自分がいる。

 

 

線路が動いている・・んな訳がない(笑)

 

当時4歳の私は車窓から見た線路が動いている電車のスピードに目が追いつけず

線路が動いている様に錯覚しただけである。

 

 

今の自分からすると本当に笑ってしまう。

 

 

鉄道と言うイメージは時間に正確で安心それでいて何だかワクワクする

と言う両面性を持っている。

 

 

安心していたいがワクワクもしていたい・・・

 

この2つは普段は相いれない正反対なものだと思う。

けれど人生においてこの2つがバランス良く内在している行き方を

すれば充実した人生になるのだと思う。

 

 

鉄道が嫌いな人はあまりお目にかからないが自分が鉄道好きの理由の一つ

としてはその部分にある様な気がする。

 

 

 

 

 

 


自分スタイルの幸福生活

2014年08月03日

色々な形の幸福な生活があって良いと思う

幸福を感じる部分は人それぞれだから

幸せは今幸せになる方法と未来に幸せになるため

行動を起こす事の2通りある。

 

これが上手く回転して人生が好転する。


31 / 31« 先頭...1020...2728293031

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは