金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

素人目線の!スズキ新型スイフトスポーツ(ZC33S)峠道走行編と長所・短所

2018年03月17日
ド素人目線の!スズキ新型スイフトスポーツ(ZC33S)
峠道走行編と長所・短所
 
スイフトスポーツ6MTで所沢から秩父方面へ
またまた@@
 
懲りもせずにスイフトスポーツに乗って今回は
埼玉から秩父方面へ所用のついでにスイフトスポーツに
乗車して走りを楽しむことに。
 

お勧め今すぐ!⇒リノール酸低減式花粉症対策

 
初めは派手に見えたチャンピオンイエローの車体も
今では親しみを覚える。
 



 
イエローなのだが明るめのグリーンかかったイエローカラ-
適度に目の刺激になって運転する前から気分が高揚する。
 
今回で3回目の運転になるが1回目の試乗の時は・・
 
「結果的には欲しいと言う所まで行かなかった」
と強気の発言をしたにも関わ らず今回も乗車前から
気分はウキウキしていた(笑)
 
 
私が所有するアルトワークスが強烈な乗り味を心に
刻み付けるのに対して・・
 
 
新型スイフトスポーツはシワリ・ジワリとボディブロー
の様に効いて来る感じ。


あいにくの雨だが早速エンジンを始動して1速に入れて
クラッチを手慣れた手付きで繋いで発進!
 
 
ここで広い道に出る際に一時停止した際にブレーキが
カックン!となる。
 
 
車種によってはたまにあるがドライの時はその様な
事は無かったのでこの部分は改善して欲しい所。
 
 
雨天時に完全に冷えた状態で発進時にソッとブレーキを
踏むとガツンと強烈に車体がツンのめる・・
 

おおっ・・!

 

まあ数百メートル走ってブレーキを3,4回踏めば収まるが
運転している自分もそうだが助手席に誰が乗せていたら
 
「何だコイツの運転は・・」
 
となる事うけあい・・
 
ブレーキが温まれば初期制動はやや強めだが踏み代に応じて
ギュッと速度が落とせる好感の持てるブレーキフィーリングだ。
 
出発直後から渋滞にハマる・・

 
市内を抜けるまでに数分停車とノロノロ運転そして一時的に
時速40㎞~60㎞走行を何回も繰返す。
 
 
 
 
さすがに首都圏付近でトラックや乗用車の走行台数が昼間でも
かなり多く40㎞の距離を稼ぐのに1時間半以上かかった。
 
しかしトルクフルなエンジンは1速からクラッチを繋いだ
瞬間から確実なトラ クションを感じさせながら発進
する度に1,400㏄ターボの頼もしさを感じる頻度が多かった
のも事実。
 
 
走り始めて数分後にエンジンサウンドが前回より低めの
迫力のある。
 
 
ゴォ~ッと言う勢いのあるサウンドに変化した感じが・・
気のせいか?・・
 
よく自分の運転を観察して見ると運転に慣れたためクラッチを
繋ぎ低めのギアでグイッとアクセルを踏み加速を楽しんでいる
自分がいる。
 
1,000回転過ぎからでも強力なトルク発するエンジンは
ギヤチェンジし2,000回転から4,000回転までアクセルを
踏み針を上昇させると一気に前輪を駆動させ車体を引っ
張っていく。
 
 
4,000回転から先もよどみ無く6,000回転弱まで リニアに
エンジンが回るが80km/hだと2速で5,800回転・
 
3速で4,000回転となるため多少飛ばしたとしても
4,000回転以上は信号待ちで先頭になった時にダッシュ
以外で使う事はあまり無い。
 
 
2速で引っ張れば高回転域も使用するがトルクが
有り過ぎなので3速がちょうど良いフィーリング。
 
 
高回転域はアクセルに対してリニアに反応するが
かけ上がる様な快感は無い。
 
 
その分低中回転域のトルクが充実し過ぎているので
街中からワインディング・高速など公道を走行
する際には十分にエンジンのパワーを感じることが
出来る。
 
 
なので渋滞でも走っていてストレスが無い!
 
 

反対に操る充実感が乗る度に増していく。

 

 

これでシフト操作の感覚がワークスの様に更に
洗練されていればもう言う事無し@@
 
 
このエンジンは先代の様に高回転が爽快に
吹け上がりを楽しむタイプではない。
 
 
マックスより4~6割くらいの回転域でも分厚い
低中回転トルクを前輪に駆けてコーナーを抜ける
瞬間が一番楽しい時だ。
 
 
そしてこれは先代の時よりも一般公道での安全な
速度域で楽しめる機会が大幅に増えたと自分では
解釈する。
 
 
先代のモデルも良いが・・
 
 
「やっぱり高回転域の爽快感が無いとスイフト
スポーツではない!」
 
 
などと大きな声を張り上げるのは
40歳代以降のオジサン連中だろう(笑)
 
新型はエ ンジンの許容量の6割チョイだがこの強烈な
加速感が多少の渋滞路でも前方に多少の余裕があれば
 
 
極何気ない交差点からのスタートでも味わえる快感☆
こちらの方が自分は好み。
 
 
加速感は強烈なのだがアルトワークスの様に荒々しさ
は無く4気筒の上品なフィーリングがまた魅力的。
 
 
低速トルクが強力なので極端な話で6速1,200回転
で時速約50㎞弱で一般道でも走行できる。
 
 
ただ60㎞/hで走行するなら4速・5速を使用して
2,000回転付近にタコの針をやりアクセルレスポンス
を楽しんだ方が面白い。
 
 
3,000回転過ぎからのエンジンサウンドもそこから
ドスの効いた迫力のあるものに変化して行く。
 
 
シフトフィーリングも前回では難を示した自分だが
慣れればスコーンとギヤゲートに入った感覚が薄い
ものの・・
 
「カチッ、カチッと軽めながらギヤの入った
感覚は解るので自分がもし購入したなら
まぁこれでも良いか?」
 
 
と感じながらやや渋滞気味の道路を結構楽しみながら
走っていたのも事実だった。
 
 
但しその後3速から4速に入り難い感じがしたのだが
よく探って見ると・・
 
 
クラッチの切れが踏み込んで自分の思うよりやや奥の
位置で切れる様になっている事に気付く。
 
 
クラッチワイヤーで調整出来れば心配に越した事は
ないが可能かどうかは不明。

 
 
シートをやや前気味に移動すれば解決で きるがドライビング
ポジションがやや不自然でゆったり感がない。
 
 
その後は意識的にクラッチを踏み込む事で対応出来たが。
 
街中でもモンローのサスは硬めだがしなやかで動きが良く
乗り心地が良い。
 
 
初期動作は柔らかめなのだがコーナーでGを掛けると
ギューっと踏ん張る☆
 
 
路面の凹凸の衝撃から不快さを引いた感触だけがハンドル
とシートに伝わって来る。
 
 
ワークス乗りの自分としては羨ましい@@
 
 
スポーツシートのホールド感は中々しっかりした好感の
持てるものだった。

 
 
レカロと比較すると腰からお尻周辺の包み込む感覚は
スイスポのスポーツシートは緩めな感じ。
 
 
ただ乗降りはこちら の方がし易い。
 
あとスポーツ走行と言う事を考慮すると微妙な角度
設定がレカロはダイヤル式で調整出来た。
 
 
ホンの数ミリの角度だが・・
 
 
これが意外と運転に影響するのだ。
 
多段式だと大きな不満は無いがそこが調整出来ないのが
難点・・
 
 
だが疲れた時にシートがガバッと一気に後ろに倒せる
メリットもあるが・・
 
 
雨の中だが1時間半程やや渋滞気味の道路を走行して
所沢から入間方面へ抜ける。
 
 
三ナンバーだが取り回しはノーマルスイフトと時の同じ
感覚で乗車できる。
 
 
ハンドリングも速度この領域では直進からレーンチェンジ・
交差点の右左折も違和感ない。
 
 
自然に思った方向へ意識 してハンドル切る車が向きを変える。
 
ここで違和感を覚える車は意外と多くしっかりと出来た
モデルは以外と少ない。
 
 
重さもシットリして走りを重視するスイスポならでは
個人的には店舗の駐車場に止める場合やUターンの
切り返しも全く問題無し。
 
 
雨の中走り慣れない幹線道・・
 
 
ウエット時でのロードノイズは少々耳に付くが
余裕のトルク感で加速し時にはゆったり高めのギヤ選択で
走りながら・・
 
 
「これなら普段の足としても十分快適に使えるな」
と言う事が理解出来た。
 
1.2やRstに乗車して見て・・
 
 
「もう少しパワーのあるスイフトは良いな・・」
 
 
スポーツと言う名に身構え無 くてもそんな感覚で十分
乗れるモデルだ。
 
 
特にカラーについてはイエローだけでなく個人的には
シルバーの深銀色が渋くて中々興味をそそるし
後ろの2本出しマフラーがさり気無さがまた
渋さを深めている。
 
 

スイフトスポーツワィンディング走行

 
ワインディング走行の前に途中のコンビニで休憩し
昼食を摂る。
 
 
シットリ目のハンドルは駐車場の出し入れの切り返し
作業も特にハンドルが重いな・・と感じず難なく
こなせる。
 
3ナンバーと言う意識は殆どしないで取り回せたのが
良い。
そして休憩後にスタート!
 

 
 
 
握り部分が軽く絞 られたステアリングを手に取り
2車線の直線とS時カーブが数十キロ続く峠道だが
まずは軽く流して見る。
 
 
5速でアクセルワークのみで余裕でコーナーをスイスイ
抜ける事が出来る。
 
 
あっけない程に簡単に走り抜ける。
 
 
快適に移動するならこれでも良いが今度はメリハリを
効かせ3速・4速を使用しトラクションを駆けて
コーナーを抜ける。
 
 
そうすると・・
 
 
まるでハンドルを握った手のひらで路面を撫でているよう
な感じでコーナーに差し掛かる。
 
 
コーナー後半の部分で3速アクセルオンで前輪に
トルクを駆けてコーナーを抜ける。
 
 
ハンドリングと車体・エンジンのトルクが一体となって
走り抜ける・ ・
 
 
この瞬間が幸福のひと時だ!!
 
 
タコメーターの針は2,000から3,500回転に上昇し直進で
スピートが乗った時点で4速にシフトし加速そして
ブレーキング。
 
 
乗り初めはやや初期制動が強く感じらたブレーキも
ここでは初期から雨天時でも入力によって短時間で
安心して減速できる信頼のブレーキフィーリング。
 
 
雨天なので前方のフロントガラスの視界を気にする
以外は少々速度をセーブするだけで殆どドライの時と
変わらない安心感を元に走行が楽しめる。
 
 
結局は50㎞以上の距離を休憩を挟みながら1時間半
以上スイフトスポーツでワインディング走行を
堪能した。
 
 
直進⇒減速⇒ コーナリング⇒加速
 
 
スポーツタイプのバケットシートに身を揺られながら
延々とこの繰り返を楽しんでいた☆
 
 
しかも大雨の中で!(笑)
 
 
目を吊り上げずリラックスし心地よい緊張感の中で
コーナーを駆け抜けるのだ。
 
しかし軽量な車体の割には直進・コーナー問わず
ピタットしたタイヤの接地間と車体の剛性感は
どうやって実現したのだろう?
 
 
恐らく車体自体の全体重量は軽いが足周り付近の
重量配分を多目にしているのではないかと素人
ながら推測する。

 
普段の通勤・買い物も十分こなすが峠道ではまた
格別に乗り応えのある充実感と共に帰りの

鶴ヶ島インターへ足を向かわせる。

 

 

高速道路に乗る前にエネオスで給油してみる。
 
112㎞走行して7.3リットル入った。
 
満タン法で15.34㎞/?の燃費を記録☆
 
走行内訳は
 
・時速20㎞以下の渋滞路2割
・時速40㎞前後のやや渋滞気味3割
・流れの良い時速60㎞付近1割
・ワインディング4割
 
渋滞時の加速は1速・2速で2,000~4,000回転付近を使用が多かった。
大人しく走るなら2,200回転付近でギヤチェンジ。
 
たまに先頭になった時は2速で5,000回転まで引っ張った
 
 
時もあるが確かにすざましい加速はする@@
 
 
高回転域の伸びはスムースではあるが豪快に吹け上る感じは
しないので早め(4,200回転位)のシフトアップがフィーリング

が良い感じがした。

 

 

時速60km付近のクルージングは6速1,500回転付近で流すことも
可能だし5速4速を使用して2,000回転付近のレスポンスを楽しむ
事も出来る。
 
やや回し気味に走った(と言っても殆ど3,500回転以下を使用)
割には好燃費だった。
 
 
高速道路も25㎞の距離を走行して再び給油したが燃費は11.12㎞/?
 
 
時速80~100㎞で走行し期待したのだが意外と悪い結果だった
ので何度も確認し直したが間違いはなかったが原因と言えば
 
インターとPAの合流車線で3速で全開にしそのまま数百メートル
た事と走行距離自体が短かった事が原因と思われるのでこちらは
あまり参考にならない。
 
 
従って全行程137㎞での燃費は14.5㎞/Lとなった。
 
 
ガソ リンタンクが37リットルなので満タンで536㎞走れる
1回の給油で500㎞位は安心して走行したいところなので
40リットル位タンク容量が欲しい。
 
 
まあ450㎞位までは給油を気にせずに安心して走れるので
そう神経質になる必要もない。

 
スイフトスポーツで高速道路を走行するのは今回で2回目
前回は時間の関係もあって飛ばし気味だった。
 
 
120㎞/h付近でまたはそれ以上の速度でもガッシリした車体と
しなやかなモンローサスは路面のペイントを微かに身体に
伝えながら路面状態を把握できリラックス状態でハンドルを
握って走行出来る。
 
 
性能的に十分だが6速ギヤが高めの設定のため加速は
そのまま行えるが忙しい気分で走 行する感じ。
 
 
今回は雨の中でもあるがゆったりと前方を眺めながら
90~100㎞/hで車体を走らせる。
 
 
スイフトスポーツは高速道路をかっ飛ばすよりも
低回転域の余裕のトルクを使って優雅な気分で
走った方が自分には好み。
 
 
たまに遅い車の追い越しに素早く速度を上げて
また元の定速走行に戻る。
 
 
まるで獲物を見つけた虎の様に一瞬で追い越しが
可能だしメリハリのある走行が似合っている。
 
 
速度としては90㎞/hなのだが剛性感のある車体に身を預け
ハンドルを握り余裕のトルクで走る感覚は疲れた気分を
癒す事もできる。
 
 
アルトワークスの場合は遠出をす る気にはあまりならないが
このスイフトスポーツだと片道300㎞位の1泊2日の行程で
行き帰りを高速道路でゆったり距離を移動。
 
 
そして目的地の
ワィンディングでギュンっと走りを楽しんで帰る。
 
 
そんな楽しみ方も良いな☆と思う。
 
 
ワークスよりも快適に走りを楽しむ守備範囲が広い事に
気が付く。
 
 
このクオリティで190万円☆☆
 
なので欲張りな方にはピッタリなモデルではない
だろうか?
 
 
気になったら購入しても後悔はしないと思うし
以降のカーライフ生活にもハリのある充実した
時間になるだろう。
 
満足度のかなり高い今回のスイフトスポーツ
 
ただ、もう少しここが改善されれば・・
と 言う部分も感じたのも実際の話
 
 
・一つはインテリアのエンジ(赤)のデザイン
シートやシフトブーツの赤ステッチはさり気無く
良いと思う。

 
しかしダッシュボードやドアのサイド赤デザイン
は無くても良い感じでやり過ぎ感が漂う。
 
ノーマルスイフトの方がシンプルで好みだが・・

その辺はスポーティーさを演出しようとする
には個々に感じる部分が違うので難しものだ。

私なら・・

「どうせ派手にやるなら黄色にして欲しいな☆」
と後から頭に思いが浮かぶ(笑)

例えばオプションで好きなデザインを選択出来るように
すれば良いのでは?と思う。

そして横から見るとズングリしたデザイン@@

これはアルミホイールのデザインが何故かSUV風なのも
関連がある様に思える。

デザインの部分は正直言って慣れれば・・
まあこんなものか・・

で気分的に落ち着いてしまうのが本当のところ
私のワークスもそうだったし

メカ的な要望だとシフトの操作感覚を洗練させてクラッチの
ミート感覚が掴みやすくなればもう言うこと無し@@
 
ススキ車全般に言える事だが昔と比べて内装・外装ともに
クオリティが格段に向上した感がある。

これは非常にいい事だ!

見えずらい部分は安っぽく感じる面があるのは事実。

ただしステアリングを握ってコーナーを曲がり加速し
運転中に身体に伝わる 感覚を元に操作すると車体が
素直にフィードバックしてくれる部分には決して
手を抜かない。

結果的にユーザーの求めているツボにピタッと
一致するモデルを安い価格で提供する。

このスイフトスポーツはそれを実で行く
モデルだと思う。

 


凍ったフロントガラスを1分で溶かす方法

2018年02月17日

凍ったフロントガラスを1分で溶かす方法

 

今年の冬はとにかく寒い@@

 

ここ愛知県でも1日の気温が0~5度で中々気温が上昇
せずに2週間以上経った。

 

車通勤だが朝の7時に家を出るとちょうどアルトワークス
のフロントガラスがガチガチに凍った状態。

特に寒い冬場は時間ギリギリまで寝ている場合が多いので
出勤時間もギリギリ・・

 

なのでエンジンをかけて1,2分暖気運転をしてすぐに
出発したい所だがフロントガラスが凍った状態だと

 

出発時間が遅れて焦ってしまう・・

 

再び部屋に戻ってお湯をペットボトルに入れてフロント
ガラスにかける方法が一番効果的なのだが・・

 

これだと時間が3~4分位は必要

 

面倒なので一度売ウォッシャー液を吹きかけ何度か
ワイパーを掛けて凍った表面を取り去ることに成功
したが・・

 

後日何とワイパーのビビりが発生@@

結局はこの方法で対処したが⇒ワイパービビり解消はクリック

 

二度手間と言う結果に終わってしまった。

 

原因は凍ったザラザラの霜の表面をワイパーゴムで
何度もゴシゴシと掛けてゴム表面を傷めた事が判明

 

昨年の12月に新品にワイパーゴムは交換したのに勿体
ない。

 

※凍ったフロントガラスを1分で溶かす方法対処方法は

 

意外に簡単だった・・

 

無水エタノール(薬局で買える)100㏄

に水を50㏄入れて150㏄の溶液を作りスプレー容器に

入れて吹きかけるだけ。

実際に試してみた。

 

朝の7時気で温2度フロントガラスを指で触るとしっかり
凍った状態。

 

2,3回スプレーすると見る見る凍った表面が解けていく
のが解る☆

 

思わずニンマリを顔がほころぶ(嬉)

 

助手席側のスプレーを吹きかけワイパーを1回作動し
水滴を取って霜取り完了ここまで1分位。

 

注意点はスプレーを吹きかける部分はワイパーの掛かる
部分で良い。

 

吹き掛ける部分が狭いと一部凍った表面にワイパーゴムが
当たって傷めてしまう。

 

 

 

 

なので吹き掛けた溶液をティッシュで軽く面積を伸ばして
必ず溶けた部分にワイパーゴムが当たる様にした方が良い。

 

またエタノールの濃度が濃いため溶液がゴムに付いた
ままだとあまり良くない。

 

ウインドウオッシャーで1,2回吹いて洗い流せば十分

但しこれは出発直後に行うと再びフロントガラスが

凍る可能性があるので5分以上走行して車内が十分
温まってから行うと良い。

 

まあ消耗品なのでそれ程神経質にならなくて良いと思う。

 

以前は予め出勤前にお湯を用意していた事も有ったのだが
そんな時に限ってフロントガラスが凍っていない!!

 

実際はそれで良いんですけどね@@

 

これなら車中に常備しておけるしそんな悩みから
も解消された。

 

 


パティシエ杉野 の焼き菓子を実際に食べて見た

2018年02月16日

パティシエ杉野 の焼き菓子を実際に食べて見た。

パティシエ杉野 英実さんが出演している動画をよく見る。
確かNHk仕事の流儀で出演している場面

今回は銀座方面に通りかかったので一体

どんな味なのか体験して見ようと思った。

 

イデミスギノ(HIDEMI SUGINO)

 

 

1個目のフィナンシェ。

一口食べてみると…

ん、中までシットリと濃厚で甘いバター
の風味が何とも2口目を口に入れて
再び至福の味わいに浸る。

 

2個目・・

フィナンシェの上にナッツをまぶしてます。
これも一口食べてみると…

おっ、真ん中に柑橘類が!

オレンジかな?詳細は解りませんが
濃厚でシットリした甘味に柑橘類の酸っぱさが
嬉しい不意討ちですね☆

 

そして3個目・・

チョコレートを練り込んだ生地そして

3ヶ所に何かが盛り付けてあります。

 

フィナンシェショコラと言う名前だそうで

ん、これは干しブドウかな?
と思ったが・・

酒漬けのチェリーが3粒

 

このチョコレートも苦さと甘さが何とも
言えない美味しさですがそれだけで終わらず

チェリーの酸味でチョコレートとチェリーが
それぞれ味を引き立ててますね。

 

 

食べ物は正直で美味しいか不味いかで誰でも

すぐに解ってしまう。

 

そんな杉野さんが大切にしている言葉は

手間は掛かるが当たり前の事を続けるのが

一番大切☆

 

実際焼き菓子を食べて見て何か美味しさ

の中にズッシリとした感覚を感じた。

 

そして職場の知人6人程に杉野さんの焼き菓子を

何個かを配った。

次回会った時にどう言う反応があるか楽しみだ。

 


至福平社員旅日記(銀座・成田エクスプレスグリーン車編)

2018年02月15日

至福平社員旅日記(銀座・成田エクスプレスグリーン車編)

 

今日は平日だが朝からふらっと外出へ

実は東京へ所用のために旅行気分でお出かけ・・

 

豊橋からひかり号で品川へ2時間に1本豊橋駅には

ひかり号が止まりこれを利用すれば東京まで

1時間20分で行く事が出来る。

 

グリーンポイントを利用してグリーン車を利用

ボケーッと車窓を眺めていると車内販売が・・

ホットコーヒーを注文☆

 

ごだま号だと車内販売はないので便利ですね。

ついでにおしぼりサービスもあり☆

 

品川から京浜東北線で大井町へそこから東急で

3つ目の駅で下車して秘密の用事を1時間で澄ます。

途中でお寺を眺める。

用が済んだので東京 駅へ八重洲地下でせいろ蕎麦を

味わう☆大盛りです♪

 

食後の蕎麦湯がまたさっぱりとして良いですね。

 

その後は銀座方面へ散歩・・

 

気温は低いですが日の当たる場所は暖かく割と

歩きやすい・・

15分程歩いたら有名パテシエのお菓子屋さんが

店内は大盛況で店内で食べるにはかなり待たされ

そうなので焼き菓子を3種類購入☆

 

5,400円なり。

 

 

 

喫茶店でチョイ休憩~☆

 

東京からは成田エクスプレスで大船へ

鉄道好きの自分は試しにグリーン車へ乗車してみる

事に・・

 

 

 

パッと見て座席はグリーン車と普通車ほとんど同じに

みえるが実際に利用して見るとグリーン車は座席の

 

生地が皮張りで高級感があり座り心地も特に滑る事な く

身体にフィットする感触が良い。

通路を挟んで左右2席ずつで横幅は特別広くはないのだが

前後の感覚がゆったりとしていてやはり寛げる。

 

試しに普通車の座席にも座って見たがこちらも中々

快適ではあるが前後のシート感覚が狭く窮屈感がある。

まあ、それだけと言えばそれだけなのだが・・

 

あと成田エクスプレスのグリーン車は割高なので

いつでもガラガラ・・

そう空いていると言う事は基本的に静かで快適なのだ。

大船から熱海までは普通列車で移動する。

 

この時間帯は普通車でも割と空いているのでクロスシート

に座って車窓も楽しめた。

熱海からは新幹線で有名パテシエの焼き菓子に舌鼓を

打って帰路に着いたのだった。

 

 

 


日産ノートe-POWER 乗車インプレッション

2018年02月13日

日産ノートe-POWER 乗車インプレッション

 

今回は日産ノートe-POWERに3時間程走行。 
以前から是非試乗したいモデルだった・・

 

その理由は!・・


 アルトワークスより速い@@

 

ある深夜に信号待ちをしていた時だった。

片側2車線のこちらは追越し視線に停車中

真横の走行車線に1台のノートが停車した。

 

 

信号が青に変わったのでクラッチを繋ぎ1速で発進し

早めに2速ギヤに入れて3速へシフト

 

この時シフトタイミングはこの時は4,000回転付近

これでもシートに背中が押し付けられる十分な加速感

体感できいつもの悦に浸っていた。

 

しかし・・

 

 

左斜め前にオレンジ色の日産ノートがスルスルと

徐々に前に出てくる。

 

??

 

ノートって自然吸気の1,200㏄じゃなかったっけ?

 

慌てて3速5,200回転まで引っ張るが更にスィーッと

した感じで徐々に距離が開いていく。

 

 

直線の登り勾配でアルトワークスも3桁付近のスピード

だったが更にそれを上回る速度で日産ノートが引き離し

いった。

 

暫くして・・

 

あっ!これが例のノートe-POWERなのか・・

 

 

 

やっと気付いたのがこの車種に興味を持った始まりだった。

 

で、因みに私は今までハイブリッド車に乗った事は

あるが実際に運転した事がない。

 

 

あるとすれば試乗車でスイフトのマイルドハイブリッド

をチョロッと運転しただけ・・

 

 

で今回はいきなり動力が100%の電気自動車に!

 

 

実際に実車を目にするとフロント周りがゴツゴツ

した時期的には少し前の印象のデザイン。

 

 

今回はブラックだがフロントグリル部分がメッキ

塗装されてうっすらとブルーのラインが綺麗に

入る中々質感は高い。

 

 

インテリアはシックでブラックを基本とし

ホワイトのアクセントがシートとドア内側

に施されさり気無くお洒落な感じ。

 

 

シフトの操作部分が丸型のボッチで軽い力

で操作しニュートラル・バック・前進を

セレクト。

 

そしてボッチ下に目立たないが黒いボタンで

走行モード ノーマル・エコ・Sモードが切替が

可能。

 

メーター周りは質素だが大き目で視認性の良い

スピードメーターが好印象だった。

 

その他インフォーメーションが左側に

ブルーとグリーンあとホワイトのレベルインジ

ケーターで表示

 

 

アクセルオフの時はブルーのメモリが増えて

回生(充電)アクセルをグイッと踏めば

グリーンもしくは強い加速時はホワイトの

パワーメモリが増え見ていて中々面白い。

 

まあエンジンに例えればタコメーター替わり

の感覚。

 

エアコンスイッチの形状はハッキリ言って

好き嫌いが分かれるだろう。

 

 

操作性は悪くないが何だかタコの吸盤みたい

な感じがして最初は違和感があった(笑)

 

シートはごく平凡な感じが見た目したのだが

長時間乗車しても身体にフィットして滑りや

 

圧迫感も無く適度な圧迫感がホールド感が

あって中々良い出来栄えで気に入った。

 

 

ノートe-POWERの走行動力性能はどうか?

 

そのシートに身を預けてノーマルモードで

発進!

 

最初はやや控え目にアクセルを踏みながら発進

したので加速は緩やか・・

 

アクセルを離すと惰性で走行する。

 

この辺は1,200㏄のCVTの感覚と非常に似ている。

と言うかエンジンは発電用で動いている時だと

普通の1,200㏄と勘違いしてしまう。

 

加速自体はアクセルにリニアに反応しグイッと

踏めば強い加速もするし緩めに踏めば穏やかに

 

加速すると言った加減がやり易く直ぐに慣れて

しまう扱い易さ。

 

5分も走行すれば慣れてしまいチョイ物足りなくなる

そこでセレクトボタンを押してエコモードを通り越して

いきなりSモードにして走行!(笑)

 

!・・おっ!コレ!コレ!この加速!

 

静かでサウンド的には物足りないが

アクセルの踏み具合によってリニアにスピードが

上昇して行く。

 

決してターボエンジンの様にドーンと言う感覚では無く

モーターが滑らかだに強力に車体を加速させスピード

メーターもギュンと針が上昇する。

 

 

大トルクは254Nm(25.9kgm)2,000㏄ターボ車に匹敵する

加速力あっと言う間に時速100㎞オーバーでその後もグングン

加速してく@@

 

街中の信号からの発進でも余裕で交通の流れをリード出来る。

 

 

アクセルを戻せば回生ブレーキが効いてブレーキペダルを

踏む事なく停止出来る。

 

 

最初はアクセルに微妙に反応して乗り難いのではないかと

勝手に思っていたが・・

 

アクセルペダルの操作が滑らかで非常に

扱いやすいのでストレスなく速度の加減速が出来る。

 

鋭い加速がいつでもアクセルペダル一つで発揮できる。

 

 

 

しかも一定速度でのクルージングも行い易いのは

非常に魅力的。

 

ただ最初の頃は信号の交差点の停止位置のかなり手前で

停止した事も事実だが・・

 

電車を運転している様な感覚☆

 

運転モードではやはりeパワーが本領発揮出来るSモードが

気に入ったので9割以上はSモードで走行した。

 

直進時からの赤信号でのストップはアクセルペダル操作の

慣れで十分対応できる。

 

例えば一時停止のある信号の無い交差点を何回も通過する

時や駐車場で停止寸前の速度調整などで惰速で走って

最後にブレーキペダルで減速や停止したい場面がある。

 

 

そんな時は時速15km以下で回生ブレーキをキャンセルし

惰性で走行できる設定が出来れば良いなと思う。

 

ハンドリングは操角中央付近は軽めで女性の方が買い物

などで駐車場の駐車や出入りするのにはプラス

 

 

だが個人的にもう少しシットリとした感覚が欲しい。

 

最小半径も4.9mで小回り性能も不便さは感じなかった。

 

 

モーターで走る電気自動車だが個人的にはやはり環境

とかエコなんかよりも強力なトルクによる加速力を

活かした走りがこの車の魅力だ。

 

特に燃費には気を使う事なく思う存分に走った。

 

いくらハイブリッドで燃費が良くても100%電気自動車

で自動車の走行時がCO2の排出量がゼロだとしても

環境面ではあまり意味が無い。

 

なぜなら電気自動車やバッテリーの電気はどこから

供給されるのか?

 

火力発電で電気を起せばその時点でCO2が発生する。

あと廃車時に処分段階でもCO2は発生する。

 

結局同じ事だしそれならしっかりと走る車と言うもの

造った方が便利で安全だし楽しめる。

その点ノートe-POWERは街中のキビキビ走れるし

ワィンディングも強力なトルクが左右に続くカーブ

 

や急勾配でも静かに力強く山道を駆け抜けて

くれる。

 

モーター駆動で聞こえるのはロードノイズが殆ど

なので気が付いたらかなりの速度で走行していた

のも事実だから注意が必要。

 

あとアクセルオフ時に減速するがどのくらい減速

するのかは慣れるまで注意が必要だろう。

 

あと峠道をハイペースで走行する際にモーターの

駆動力は十分なのだがハンドリングはやや軽めで

 

コーナリング時にgが掛かった際にはシャシーがやや

不足気味な感じ。

 

少し肩の力を抜いて余裕を持った走行が一番煮合って

いる感じがするがパワーを活かし切れないのは歯がゆい

感じかした。

 

その点ノートe-POWERで二スモ仕様はどうなのだろうか?

気になってきた・・

 

 

途中眺めの良い田舎道をマッタリ走る楽しみ方も

もちろん可能☆

コンビニで休憩♪しノートe-POWERを眺める。

質感が高いので所有する喜びも味わえる。

 

ノートe-POWERでの高速道路インプレ

3車線の高速道路を走行したが例に漏れず

 

ハイペースで走行したため走行⇒追越し⇒走行

の繰り返しで時速90㎞から130㎞付近をメーター

は記している。

 

乗車距離が25㎞と短い事もあるがもう一つは

ノートe-POWERの加速の鋭さを味わうとアクセルを

踏み込んで加速を味わいたくなる。

 

まるで麻薬の様な感覚・・

(モチロン使用した事はありませんが@@)

 

それにSモードで走行しても一定の速度を維持

して走る事もアクセルペダルが非常に操作し易い

ので個人的には問題なく走行出来た。

 

エンジンは頻繁に作動しモーターに電気を供給

していたが恐らく2,000回転少しのアイドリング

 

より少し高めの回転域だと思われるが基本的に

高速走行ではエンジン音が耳に付く事は無かった。

 

やはり、と言うかロードノイズと風切り音が

耳に聞こえる割合が大きくなる。

 

 

これら2つの音を「車に付き物」と捉えるか単なる

騒音と捉えるかで評価が大きく違ってくる。

 

100㎞プラスαで走行する分には直進安定性・

レーンチェンジのハンドル操作の車体の

挙動などは一般の1,200㏄レベル。

 

なのでeパワーの駆動力だとハンドリングが

やや軽めなのが気になるしワィンディングでも

 

気になったがシャシー剛性がもう少し補強

した方がさらに安心して高速走行を楽しめる。

この辺はスズキのスイフトの方が一枚上手で

1,200㏄自然吸気CVTエンジンだったが性能を

思いっ切り発揮出来る車体剛性が頭に浮かぶ。

 

 

やはり加速が良いと短時間で安全に追越しが

掛けられるので気分が良いので高速道路の走行を

十分堪能出来き楽しめた。

 

高速道路から一般道へ移るとやや日が傾き

始め渋滞にハマってしまうがアクセル基本

 

アクセルペダル一つで速度を操作出来るのは

非常に楽だと言う事を再確認する。

 

ここで気になったのはフロントガラスが

UⅤカット率が高いタイプなのか他の

 

車種と比較して夜間は薄暗く感じてしまい

慣れるまでは注意が必要。

交差点で停車時にエンジンが起動すると

2,000回転位は回転が上がるので丁度暖気

 

運転時の様な少し騒がしい感じに一時的に

なる部分がある。

(Sモードで走り過ぎの部分もあるが)

 

今回は72.9㎞走行し渋滞2割・流れの良い郊外3割・峠道2割・

高速3割で走行した。

 

Sモードで走行しアクセルは無駄な踏み方は

しないが必要に応じてキビキビ走行した

シチュエーションが多かった。

 

給油量は4?で満タン法で計測

平均燃費は18.22km/L

 

ガソリンタンクが41リットルなので

満タンで747km走行が可能。

 

実際は給油まで残量5リットルとして

650kmは安心して走れる。

 

それに今回はSモードでアクセルを

好きなだけ踏んだのでノーマルや

エコモードの場合はリッター20km以上は

確実に走るだろう。

なので一回の給油で700kmは安心して走行が

できる。

 

やはり一回あたりの給油での航続距離が

長いのは魅力的だ。

 

日もどっぷりと暮れてeパワーの乗車を終了し

車体を眺める。

 

最初はややゴツゴツとしたフロントマスクだが

質感が高く見ていても満足する一台だ。

 

 


3 / 2912345...1020...最後 »

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは