金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

公務員合格から採用までの旅路

2014年11月07日

運良く防衛庁Ⅲ種試験に合格すると合格者名簿に
事務官採用候補として自分の名前が載る。

 

公務員志望の方なら自分が働いている姿をイメージ
すると大抵はオフィスでのデスクワークではないだ
ろうか?

 

2次試験の面接を受けた大阪防衛施設庁も近代的な
合同庁舎の中にあるオフィスで正に私のイメージ

とピッタリであった。
しかし現実はそんなに上手くは行かない。
防衛施設庁はキャリアやⅡ種の大卒がメインで採用され

高卒程度の私は防衛施設庁の可能性はあるが他に陸・海・
空の自衛隊や自衛隊員を募集する地方連絡部に配属される。
最終合格の翌日だろうか、岐阜県の航空自衛隊から採用紹介
の連絡があり自宅へ電話が掛かって来た。

 

「こちら岐阜県の○○市に御座います航空自衛隊○○基地で
御座います。」

 

当時自宅は大阪のため母親は自宅通勤を望んでいた。

 

私は反対に母親の干渉が普段の生活からストレスを感じてい
たので採用のチャンス!と思い乗る気で面接に岐阜まで行った。

 

大阪から急行で2時間の旅路だ。

期待に胸を膨らませ車窓を眺める。

 

 

 

 


アトピーの私が公務員試験の身体検査に合格した訳は

2014年11月06日

アトピーの私が公務員試験の身体検査に合格した訳は

 

公務員試験を見事?合格して採用されたのが

防衛庁(現防衛省)だった。

 

大学卒の私が受けたのが防衛庁Ⅲ種試験

確か競争倍率は3.3倍で比較的受かりやすいとは言え

 

頭の回転が悪い、要領も悪い小さいときからアトピーの

私には難関だった。

 

ちなみにその他の公務員試験、国家Ⅱ種や地方上級や

郵政事務など10の試験を受けたが惨敗だった。

 

2次試験で身体検査があるのだがアトピーの私。

 

普段は両肘の内側に湿疹があり首なども痒みがある。

 

なぜ身体検査を通過したかと言うと1次試験が終わり1次合格発表

から2次試験の当日まで1ヶ月ほど日にちがありその期間は大学の

卒業単位の取得できていたのでチラシをポスティングするバイト

をしていた。

 

5種類くらいのチラシをマンションや一戸建てのポストに投函

するのだがチラシの入ったバッグは重く3キロくらいはある。

 

これを肩に掛け歩きながら大阪市内の地区をポスティングした。

 

勤務時間が9時集合で17時に現地解散なので1日に5、6時間は

歩いた。

 

それが1ヶ月続いてある変化が起こった・・

お通じが良くなったのだ。

 

それと同時に両肘の内側に湿疹が消えたのだ。

 

それからちょうど1ヶ月後に2次試験の身体検査を迎えたのだ。

それで身体検査は無事通過!運が良いとしか言いようがない。

 

その後バイトは辞めたので歩くことはなくなったので序々にアトピー

復活・・

 

ただし今回の経験で歩くことで胃腸が丈夫になり便通が改善され

アトピーが良くなることは理解できた。

 

ただ1日5時間歩く・・それも毎日・・私でなくとも他の人でも

無理ではないだろうか・・

 


公務員も副業可能にすべき

2014年11月05日

仮に公務員が副業も可能だとする。

 

時間外で行うのだから業務には基本支障はないし少しずつ

ではあるが収入が増える。

 

この収入が少しでも実際に増える事が大きなやる気につ

ながる筈である。

 

それと副業は小さな失敗と成功を何度も繰り返し体験出来る

から体験自体が本人の財産になるし新たな視 点で本業の公務員

を見つめ直す機会もできる。

 

そこで身に付いたスキルは勿論本業にも十分に活かせる事ができる。

本人と職場の両方メリットがある。

 

気休めで本当に役に立つかどうか解らない職場の通信講座○級

なんかよりずっと役に立つはずだ。

 

訳の解らない視察旅行で見聞を広めることをして無駄な税金を

使うより職員本人も実際に稼ぐと言うのはどう言うものか経験

できるし他の世界も見る事ができる。

 

オークションやフリーマーケット何でも良いと思うしそこで

得たノウハウやスキルは必ず本業で活かせる。

 

休暇を使って副業をするのだから初めから残業を目当てに

しないで定時で帰るのを目標に仕事をすれば能率も上がる

し時間も有効に使える。

副業の禁止理由として公務員は職務に専念しなければならない

とあるが勤務時間中は他の業種でも同様。

 

反対に余暇を使って遊びやボケーっとしているより

小さなビジネスに取り組んだ方が本業の生産性も

上がるに違いない。

 


公務員の老後は未来どうなる?

2014年11月04日

公務員の老後は未来どうなる?

 

公務員になる動機と言えば安定した収入と福利厚生

仕事のやりがい色々ある。

 

ただ殆どの方は60歳くらいで定年でその後は年金を貰いながら

自分の趣味や時間を使って亡くなるまでの自分探しに時間を

使いたいのではないだろうか?

 

いくら給与が安定していたとしても死ぬまで雇用者の身でいる

のは本心ではないと思う。

 

これは大きな企業に就職し勤めあげリストラをくぐりぬけ

たとしても同じ事が言えよう。

 

退職金を貰ったとしても80歳位でやっと貰える少ない年金を補充

するため生き伸びれば伸びるほど1年あたりの使える金額は減る。

 

時間はあるが自分の可能 性を広げるために使えるお金が無い。

公務員は魅力的な職業だが私が一番のデメリットだと思う部分は

副業が出来ない事だと思う。

 

終身雇用制が崩壊した現在収入源が1個しかないのはリスクが

余りにも大きすぎる。

 

確かに公務員であれば身分の保障がされていて解雇の危険性は

ないが定年後に年金以外の新たな収入を作るのに新しい60歳過ぎ

から商売やビジネスを始めたとして成功するのは難しいかもしれない

し、それだけの意欲があるかは疑わしい。

 

20歳で採用されて公務員一筋で45年勤めるとする。

 

そこからゼロからビジネススキルを身に付け始めるのである・・

 

単に自分磨きなら良いが生活の収入を稼ぐためたらプレッシ ャー

も多いしストレスになるし人生の余暇を楽しむどころでは無い

 

公務員も副業可能であれば20代から定年まで数種類の収入源を

確保してそれが定年後の年金収入の替わりになれば退職後の

 

人生も単にお金を食いつぶすだけの人生から何歳になっても

価値を生み続け提供できる人生に変化するはずだ。


どうしても公務員になりたい貴方へ

2014年10月29日

どうしても公務員になりたい貴方へ

 

私自身の公務員志望の動機は毎日決まった作業で安定した給与が
貰える、気楽でそこそこ、やり甲斐があるが新しい事に取り組む
事が苦手で物覚えも悪い。

 

とにかく安心と言う2文字に魅力を感じ定年まで勤めればそこそこ
の年金が貰えて無難な人生が約束される。

これが私の本音だった。

 

例え現在でもこの様に将来を考える若い方がいても全く否定はしない
し悪いとは思わない。

 

ただし無難な人生を送ろうとすると現在は果たして公務員と言う選択は
本当に最適な選択なのだろうか?
官僚などの上級公務員を目指すなら話は別だが無難で安定した人生を
送りたい訳だから初級または中堅の公務員で勤務する選択をしたとし
よう。

 

仕事内容は部署によって様々だが私の経験した部署は共済関係の
経理部門だった。
数字を追って毎日が数合わせで数字が合わなければ帰宅する時間も
遅くなる。

 

事務的作業がメインなので肉体的には楽だが精神的には結構ハードだ。
給与面はさすがに卒業したての頃は安いが年ごとに4千円程昇給がある
のでこれはメリットである。

 

但し残業代は実際行った時間の10分の1しか貰えなかった。
例えば月に40時間残業したとして時間あたり1,200円支給される
規定になっているが実際は5,000円程度・・

 

理由は予算が決まっているからだとか・・
国からしてこんな感じなのだから正直いい加減だと思う。

 

組織で業務をする決まりごとが多い融通が効かないので
仕事にやりがいを求め過ぎるとストレスになってしまう。

 

特に地方のお役所だとここ数年は台風などによる水害や地震に
よる自然災害がかなり多いので自分が被災者になった場合でも

 

役所勤めの場合は自分自身の身の回りの事は置いておいて

休日返上で復旧作業や被災者支援に駆り出される可能性が

高い。

 

確かにやりがいはあるとは思うのだが・・

 

ただ無難に業務をこなしていれば生活は保障されるが例えば
現在なら65歳定年を迎えて年金生活となるがこれは今の時点で
定年を迎える人の話。

 
暗い話になるが恐らく今から新卒で採用された場合は仮に一生懸命
働いたとしても50歳位で昇給ストップし65歳定年を迎える頃には

 
年金支給開始の年齢も80歳位だと思われるので65歳で一旦退職し

退職前の3分の1の給与で再雇用・・

 

それが嫌なら自分でバイト探し言い換えれば確かに生活は出来るが

死ぬまで働く事になる可能性が非常に高い。

 
「死ぬまで現役」聞こえは良いがそれが自分で選択したなら良いが
嫌々強制された物ならどうだろう・・

 

どうやら私が子供の頃の公務員と将来の公務員では事情がかなり
違って来るようである。

 

 


自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは