金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

希望勤務地にこだわり公務員採用見送り

2014年11月13日

希望勤務地にこだわり公務員採用見送り

 

晴れて公務員の合格名簿に載ったが合格=採用ではない
事務官として航空自衛隊に採用の照会があったものの

自宅勤務に拘る母親と話し合いの間に航空自衛隊の採用が
難しくなってしまった。

 

どうやら人事担当の人が別の採用候補者に連絡をして他の
人が採用になったらしい・・

 

合格者名簿の有効期間は1年間でその間に採用施設から欠員
が出て連絡を受け面接し採用になるので焦らなくて良いのだ

が当時の私は「もう採用されないのではないか?」と勝手に
思いこみ落ち込んだ。
同時に母親との中が悪くなってしまい気不味い雰囲気で年を
越さなければならなかった。
公務員志望で特に国家公務員なら勤務地に拘るのは賢い
選択とは言えない。

 

なぜなら早ければⅢ種で3年遅くても5から7年くらいで大半は
移動があるから最初の勤務地が希望通りだとしても転勤すれば

意味がない移動の範囲は狭いから僻地には飛ばされないかと
思うが・・

 

特に親から離れて経済的に自立し一人で新しい生活をするの
なら是非連絡が来た採用部署で採用承諾をする事をお勧めする。
私も不安な気持ちで年を明け1か月経った2月初旬に今度は
三重県の自衛隊から連絡が!

 

ここなら何かあれば大阪から2時間以内に帰れるし通勤は
一人でアパート暮らしも出来る。

 

親を説得してようやく採用の2文字を勝ち取る!
はぁ・・この1か月は長かった

 


短眠は頭脳を覚醒させるか?

2014年11月11日

51xLu52ABaL__SL500_AA300_

短眠は頭脳を覚醒させるか?

 

若い頃どうしても思考能力がイマイチの自分は
色々と能力開発に役立つものはないかと模索した頃があった。

 

 

その一つが短眠
短眠の場合は単純に考えて起きている時間が長いから
その分多くのことに時間が利用できる。

 

ただし起きている時間がしっかりと見、聞き

、考えて結果を出すならば時間を有効に使えるかも

しれないが仕事に当てはめてみると必ずしも上手く

はいかなかった。

 

自分の場合は5時間の睡眠だと昼間どうしても眠くなる
し仕事のミスも多かった。
またそのミスを修正やフォローするために1時間、2時間

と時間を取られる。

 

思考能力が寝不足で更に悪くなり 考えが整理できるまで
時間がかかる。

 

結局それなら8時間寝て落ち着いて業務をこなした方が
仕事のできは良かった。

 

5時間睡眠の時は常に緊張し慌てて仕事をしている事が
多く何となくバタバタしていると色んなことをしている

様に錯覚しているだけで結果は何も残らない場合が殆どだ。
それに気づいたのは就職してから15年以上たった30代後半
忙しそうに見える=多くの成功や結果を残す事とは
全く別なのだとようやく気付いた・・・

 

 


平社員なら気楽でいられるのか?

2014年11月10日

平社員なら気楽でいられるのか?

 

役職がつけば仕事量も多いし帰宅時間も遅い
残業代が貰えたとしても自由な時間がない
それなら毎日決まった業務をこなして無難な
平社員が良い・・と言うのが理由

 

私も同感だがそんなに上手く行くだろうか?

 

単に決まった業務をこなして定時に帰るなら
慣れれば可能である。

 

そこで安心するならば貴方は数年後リストラ
候補になる可能性が高くなる。

 

では他に何をすれば平社員のままで会社勤め
を行い続ける事が出来るのだろうか?
私の場合はまずは課長や部長の仕事の業務
内容を出来る範囲で良いから理解しておき

 

自分だったら同じ内容をこなせる位のスキル
を徐々に身 に着けておき部署の業務全体を

把握しておく様に日々勤める事である。
私の場合は副業で不動産やオークションで
仕事以外に他の人脈や業務に携わることが

 

でき色んな角度から今の職場の業務を見る
事ができる。
つまり平社員と言う立場だが時には部長と同じ
業務がこなせるスキルを身に付けておけば

 

会社にとってもリストラの対象になる可能性
は低くなる。
部長と同じと言っても全て同じと言う事では
ない例えば自分がインターネットで販売が得意

 

なら「こう言う方法がありますよ」とホームページ
作成のスキルを他の職員にフィードバックし情報
提供するとか一部分で良い。
平社員と言う肩書きで10年以上勤めるな らば
自分のスキルを少しずつアップしておく必要が
ある。
給与面では定期昇給しか上昇は見込めないだろう
しあるかどうかも会社によってマチマチであろう。
では平社員の見返りは何だろうか?
私の場合は「時間」である。
まずは社員と言う地位を獲得したらなば
後は会社に貢献し時間と言う果実を使って

 

健康管理や自分の将来に時間を使う事に
私は専念したのだった。

 

 


タイムスリップした公務員事務官の職場

2014年11月08日

当時キハ58のディゼル急行「たかやま」号で車窓を
見ながら期待を膨らませ岐阜の航空自衛隊まで訪問
着いた途端に、ん!「これ博物館?」

 

一応建物はあるのだが何だか明治時代にタイムスリップ
したかの様だ・・

 

20年前以上の話なので恐らく現在は近代的な建物になって
いる筈だ!誤解のない様に・・

 

施設の中は事務官が業務する業務帯の建物、整備舎や物品庫
隊員が寝泊まりする宿舎や物品舎などがある。

 

あまり詳しく書くのは色々支障が出るので差し控えるが
しかし古い!そして恐ろしく広い!

 

寮があると言う事で一応見せて頂いたが・・

 

案内下さった人事担当者さんも「もし寮の利用を検討されて
いるのであれば民間のアパートを借りられた方が宜しいかと
思います。家賃も3万円位で借りれますので・・」
私もそう思った。

 

「そうですね一度親と相談してからこちらで採用して頂くか

お返事致します」と言って帰路についた。

 

同時に自分の理想のオフィスイメージが・・崩壊

 

最初から写真だけ見れば「ええ~っ」となっていたであろう
でも施設は古いのだが案内して頂く最中にすれ違う隊員同士

 

笑顔で大きく挨拶をし、他愛もない笑い話が始まるのを見て
「良いな」と何となく忘れていた温かさを感じたのも事実だ
った。

 

さあどうしようか・・・?

 


公務員合格から採用までの旅路

2014年11月07日

運良く防衛庁Ⅲ種試験に合格すると合格者名簿に
事務官採用候補として自分の名前が載る。

 

公務員志望の方なら自分が働いている姿をイメージ
すると大抵はオフィスでのデスクワークではないだ
ろうか?

 

2次試験の面接を受けた大阪防衛施設庁も近代的な
合同庁舎の中にあるオフィスで正に私のイメージ

とピッタリであった。
しかし現実はそんなに上手くは行かない。
防衛施設庁はキャリアやⅡ種の大卒がメインで採用され

高卒程度の私は防衛施設庁の可能性はあるが他に陸・海・
空の自衛隊や自衛隊員を募集する地方連絡部に配属される。
最終合格の翌日だろうか、岐阜県の航空自衛隊から採用紹介
の連絡があり自宅へ電話が掛かって来た。

 

「こちら岐阜県の○○市に御座います航空自衛隊○○基地で
御座います。」

 

当時自宅は大阪のため母親は自宅通勤を望んでいた。

 

私は反対に母親の干渉が普段の生活からストレスを感じてい
たので採用のチャンス!と思い乗る気で面接に岐阜まで行った。

 

大阪から急行で2時間の旅路だ。

期待に胸を膨らませ車窓を眺める。

 

 

 

 


自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは