金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

付合いが苦手な学生時代の職場

2014年10月09日

付合いが苦手な職場

 

パートアルバイトの時代に関わらず人づき合いが

苦手なのは変わらなかった。

 

数年は「人と上手く付き合うのはどうすれば良いか?」

まるで自分の人生のテーマになっていた

いつも自分を実力以上に良く見せようとするが故に

相手と接するために出る不自然さ。

 

今思えばもう一人自分がいて自分が自分を客観的に見る事が出来れば

「ここがおかしい!」と気付くであろうに・・

苦悩の日々は続く・・


コミュニケーション下手の苦悩の日々

2014年10月06日

 

01154

 

 

子供の頃からとにかく「しゃべる」事が苦手だった自分
小学生の頃は黙っていることが多かったし中学、高校、大学
と何とか無難に人並みには話すが長い時間人といると会話に
困ることが多く焦れば焦るほど何も話せなくなる。

単に話すだけなら簡単だが誰でも自分は人に良い印象を持って
貰いたいものである。
だから単に話好きであると聞き手によっては不快に感じてしまい
自分の信用までもなくしてしまう。

逆に相手がどう感じるか?を気にし過ぎると今度は相手の
腹を探りながら話してしまうので何ともぎこちない会話に
なって気まずい雰囲気になった経験も何度もある。
いっその事人間関係の無い世界で生きられたらどんなに楽で
あろうか?と本気に思った。
20代の会社員の時こんな経験をした。

ある宴会の席で座る席の場所をくじ引きで決める事になった。
私が座っていた隣の席にある同僚がくじ引きで座る事になった
のだが座った途端同僚が・・

「オレこの席より向かいの席が良い」と言って勝手に席を移って
いった。
人一倍人目を気にする自分は大きな棒で殴られたかの様な
大きなショックを受ける。

その後のビールも料理の味など解りもしない・・
一体何が悪いのだろう・・

さすがにあの時は心に大きなダメージを背負った。
ただ変な所があって趣味の鉄道や旅行の話でひょんな事から
話が盛り上がったりする事がたまにある。
その時だけは人が変わった様に「もっと話をしたい!」と思う。

全くもって自分勝手な性格・・

要は自分にも話のネタや相手との会話の術が理解できて
相手と共感できたり笑ったりできればやりたい自分がいる。
現在の私ならば余程変わった性格の人でない限り普通に会話ができるが
話下手の人はどうやら「話さなければ!」と言う意識が強すぎる傾向が
ある。

とにかく緊張して一方的に話してしまい傍からみれば会話しているかの
様に見えるが相手は話を聞かされているだけ・・

 

相手も自分に対してつまらない人に思えるしこの「会話しているかの様に
見える」が実は周りにたいして「ああこの人はコミュニケーションが出来
る人」と自分を良く見てもらいたい気持ちがあるなと今なら理解出来る。

 

ドラマの台本の様にセリフがあるのではない

相手の話を理解する⇒それに対してリアルに反応し答える⇒

自分の答えに相手が答える⇒・・・

 

それの繰り返しでこれが理解出来れば割と簡単に人間関係は構築できる

他にも簡単な実践があるので機会があればまた書込みする予定である。

 


姑息過ぎる公務員受験

2014年09月16日

 

51fv1Q8-wLL._SL500_AA300_

 

 

バブル当時の公務員に憧れていた私。

某出版社の公務員合格講座に申し込む。

 

さらに問題集を買いあさる様にして勉強に励んだ。
公務員と言っても国家Ⅰ種と言われるキャリア採用からⅢ種の高卒
程度の採用試験・地方公務員まで様々だ。

 

当時大学生の私は通常に考えれば大卒程度の国家Ⅱ種か地方上級
試験を受けるのが妥当な所だが・・

 

当時とにかく公務員になりたい私は受けれる試験は全て受験して
合格を狙う照準を高卒程度の国家Ⅲ種と地方初級に力を入れた。
学力・思考力限りなくゼロの私にとって公務員の教養試験は項目が
多すぎてハードルが高すぎる。

ましてや国家Ⅱ種試験は専門試験も課される。
逆 立ちして山を登る様なものだ・・それ程難しい

そこで目を付けたのが国家Ⅲ種の高卒程度の試験
一部地方公務員では大学生の受験は出来ない所も

あったが基本的には年齢制限のみで受験できた。
これなら何とかなりそうだと少し希望が見えてきた

スーツ姿でデスクワークをする自分が自然と脳裏に
浮かびワクワクもしながら分厚い教養試験の問題集

を解く毎日だった。

 

志望動機は傍から見れば国に貢献してやりがいのある仕事
ではある。
しかし当時の私自身の志望動機は「自分は公務員だ!」
と言うステータスを表現する道具。

今考えると何とも馬鹿けた動機に時間を費やしたのかと
思 うばかりだ。
なぜ公務員になりたいのか具体的にどんな仕事がしたいのか

自分の頭で決まって無ければ例え試験に合格して採用されても
将来自分が困る・・・
こんな事さえ理解できない・・

我ながら情けなく思う
しかし1年間みっちり受験勉強した結果少しづつではあるが
問題集の正答率も上がって言った。

 

結果は国家Ⅰ種、Ⅱ種を初め地方公務員と国家Ⅲ種
10個くらい受験したが全て全滅・・

もう終わったと正直思った。

 

しかし国家Ⅲ種とは別枠で防衛庁Ⅲ種と言う試験がある
この試験が後に私を想像も付かない世界へと導く事に

なろうとはその時思いも付か なかった。

 


企業に頼まれて就職する異常な時代

2014年09月10日

20140307171249

 

当時は公務員に憧れていた自分は1日3時間位は自宅や

大学の帰りに問題集を解いていた。

 

平成4年バブル経済の真っ只中で自宅には何通もの企業説明会の

パンフレットが届き電話も日に3回位は聞いたこともない建設会社から

「海の原さんですね!おめでとう御座います。貴方が弊社の次期採用者に

内定致しました。付きましては6月10日14時に内定者説明会を行います。

 

他に大勢の内定者の方が出席され18時から懇親会パーティでバイキング

料理が食べ放題ですので、ぜひご出席下さい。」

 

私・・えっ!?・・内定!?

内定を頂けるのは喜ばしいが見も知りもしない会社・・

逆にこちらが不安になる・・
他の学生にも連絡しているんだろうなぁ・・・
この手の電話が1日2回か3回毎日かかってくる。

 

しかし業種と言えば殆どが営業職

今もそうだが当時も私と友人も含め営業職は敬遠されがちで

一般事務職が人気だった。
理由は単純で「楽そうで見た目が良さそうだから」

と言う事で私の場合は公務員を目指していた。

 

実際公務員の仕事は後で意外とハードな仕事だと知った。

でも、やりがいが有るならと志望動機は変わらなかった。

 

当時は就職口には全く困らない状態だが現在の雇用情勢ならば

「楽そうで見た目が良さそうだから」や「見た目が華やかそうだから」

での志望動機で就職するのは気を付ける必要がある。
特にアパレルや電化製品のショップ店員なんかは流行の商品を取り扱い

一見華やかそうに見えるが一旦就職してしまうと
長時間の立ち作業と拘束時間、

月に数日しかない休日で遊びや、自分の時間はおろか仕事で

蓄積した疲労を回復する時間もままならない。

そして恐ろしい位安い手取りで雇われ蟻地獄の様に抜け出せない

日々が待っている。

 


かゆみとの壮絶な戦い。

2014年09月01日

かゆみとの壮絶な戦い。

 

af9920082897

 

 

これが私の人生で過ごした時間に換算すればどれだけになるだろうか?

 

かゆいのが気になり掻いている時間は1回に数分かもしれないがアトピーが

ひどい時は1日にトータル1時間以上になる。

 

それが何十年間も続くと

 

まさしく「かゆみ」によって人生にとって貴重な時間を奪われる。

 

 

アトピーの痒みは初めは少し痒い位だが一度掻いてしまうと徐々に痒みが

増して更に痒みが強くなる。

 

まさに蟻地獄の様に血が出るまで掻きむしってしまう。

 

身体中の全神経が痒み部分に一気に集中し読書やテレビを見ていても頭の中は

真っ白になり夢中で皮膚部分の痒み神経を爪で掻きむしる事だけに頭が働く。

 

掻けば皮膚が酷くなる事は承知だ。

 

だが痒い部分を掻けば痒み神経を爪で掻きむしる一瞬の時間だけ痒みの苦痛が

快感に変わり痒みから一時的に解放される。

 

私にとって掻いている瞬間の快感を経験出来るのがせめてもの救いだったのかも

しれない。

 

 

ある夏の炎天下に歩いていた時は汗びっしょりになり首筋の部分にゲリラ的に

強烈な痒みが襲ってきた。

 

反射的に軽く抓めて掻いてしまうと凝縮された強い痒みとでも言えばいいのか

そんな痒みの感覚がドーンと一気に襲ってくる・・

 

一瞬立ち止まり思わず膝がカックンとなりよろめきそうになる・・・

 

そう汗をかいた時は普段の時の痒みは数十倍になるのだ。

 

自宅の中であれば色々と対処出来るが職場や外の場合は応急処置的にタオルで汗を

拭いてワセリンを塗る位しか出来ない。

 

それも人前で行うとなると出来ない事はないけれど難しので人目を反射的に避けて

しまう対人関係の悪循環・・

 

痒みについてもう一つ何度もこう言った状況を経験していると痒みが強ければ強い

程に掻いた時の快感も大きい事に気づく。

 

湿疹が酷くなければの話だが・・

 

夜寝ている時に痒み部分を思い切り掻いた後の快感と爽快感と充実感で深い浸り眠りに

就いた事が何度かある。

 

 

とは言え湿疹を掻きむしった快感を得るためにわざわざアトピーになる変わり者は

いないであろう。

 

痒みフェチと言う言葉を聞いた事があるがあくまで掻いた時の快感と言う感覚に

対しての事であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


20 / 21« 先頭...10...1718192021

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは