金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ


金持ちでアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

今私はゆったりとした空間で寛ぎながら珈琲を飲み今日は何をして楽しも

うかと思索している。

平社員の私であるが収入は同世代の部長を上回り金銭的に豊かになった。

平社員であるから休日も多く残業も基本的に無いので時間を有効に使える

今日は天気が良いし海が近いのでドライブで海岸線を走りボンヤリ砂浜を

眺めるのも悪くないな・・

鉄道で40分くらい鈍行列車で山並みの駅から駅までぶらり歩き

帰りは特急列車でプチ贅沢で帰宅なんてのも捨てがたい。

お風呂で疲れを癒したらゆっくり食事を摂ったら来週の投資物件の契約の

商談の段取りでも考えようか・・何だかワクワクするな

利益がでたら今度はどんな事業を展開しようか可能性が大きくなる

時間があれば収入源を増やせる

時間があればサラリーマン以外の世界の人と交流ができる

時間があれば不意の体調不良や健康管理も対応ができる

時間があれば知らない土地に行って教養を深める事ができる

かつてアトピーに振り回され就職後は管理職をわき目も振らず目指し

まるで砂漠を彷徨うようにプライドや欠乏感を満たす毎日

アトピーの痒さとの格闘にも明け暮れる毎日

金銭的、時間的余裕があれば・・

何度そう思った事だろう・・

しかし私には脱さらして起業するスキルや時間もなかった

だから必死で昇進や給与を上げる事に夢中になっていた・・

頑張った結果はことごとく裏目に出て失敗の連続でリストラ真近だった

そんな時に人生の転機をもたらした平社員と言う名の地位

プライドや昇進欲・名誉・格好良く思われたい・

これらを捨てた瞬間まるで科学反応を起こす様に私の人生は至福生活へと

変化していった・・

■メルマガフォーム

新型2代目の日産リーフが売れない本当の理由

2018年06月04日

新型2代目の日産リーフが売れない本当の理由

 

モデルチェンジして悪評高かったデザインが一新された

新型日産リーフ。

 

特にパッと見てフロントがシャープになって重厚感

がありながらドテッとした感じが無く取りあえずは

誰でも違和感なく受入れられるデザインだろう。

 

確かに自分はEV車に乗っているの他の誰から見ても解る

変わったデザインも良いが・・

 

 

旧型のデザインは確かに電気自動車だと誰でも気付く

デザインだがズングリして好き嫌いがハッキリ別れる

かと・・

 

と、言うより・・好きになる人がいるのか?

と言うくらいイマイチのデザインで

受けが良くなかった・・

 

 

個人的にリーフの一番のネックと思うデザインが改善されたので

販売台数が伸びるのかと楽観的に考えていたが新型リーフの

販売が思わしくない。

 

もちろんネックは航続距離の問題も事実。

 

しかし旧型でも欲しい人は購入して乗っていた

方は実際いらっしゃる。

 

それに今回新型は距離が伸び満足行かないながらも

改善されたのも事実。

 

私が新型リーフが売れ悩んでいる一番の原因は・・

 

 

それはノートeパワーの大ヒット

 

これが一番の原因だと思う。

 

一昔前はハイブリッド車は地球環境に貢献できるとか

そんな理由を本気で考えて乗る方が結構いらっしゃった

と思う。

 

しかし年が経つに連れて実際にハイブリッド車や電気自動車は

走行時にはCO2の排出は少ないもしくは無い。

 

 

しかし製造から廃車した車体を処分する過程でみれはCO2の発生は

対して変わらない。

 

 

ハイブリッド車でも発売当初はガソリン代が掛からないのが

大きなメリットで購入された方も多い。

 

実際車両価格がハイブリッドとノ―ハイブリッドの価格差は

40万円くらい。

 

 

例えばガソリン代は安いが元を取るには1年で10,000㎞

以上走行して3年以上走らなければならないとか大体そんな

のが実情。

 

 

中にはハイブリッドじゃなくても自然吸気エンジンで

リッター20㎞以上走るコンパクトカーや安い軽油のディーゼル

ターボ車などもあれば単に維持費が安いのが目当てならハイブリッド

や電気自動車にのる必要はない。

 

なので電気自動車の走行フィーリングを味わいたいとか

ハイブリッド車のメカその物を日常で体験したい。

 

 

そう言った価格は置いといて車自体に魅力を感じでこの車に

乗りたい。

 

 

 

そう言う方が購入すれば間違いの無い選択になるだろう。

 

 

以上の事を考えれば新型リーフが売れないのも肯ける。

 

わざわざ新型リーフを購入して航続距離や重電の心配をしなくても

ノートeパワーに乗れば電気自動車の加速・減速などの

メカフィーリングは一緒@@

 

 

航続距離の問題も今まで通りガソリンスタンドに行って給油

するだけ(笑)

 

 

だから新型リーフは売れ悩むのも仕方ないであろう。

 

 

 


高齢者の事故で被害者以外の次に大きな迷惑を受けるのは誰?

2018年06月01日

高齢者の事故で被害者以外の次に大きな迷惑を受けるのは誰?

 

高齢者が自動車を運転して事故るニュースが多く報道されている。

 

アクセルとブレーキを間違えて建物に突っ込んだと言う事例は

「またか・・」と言う感じで最近聞いても特に珍しいとは思わない。

 

 

 

高齢者の事故が実際増えたのかと言うと恐らく事故件数が増えたと言う

より報道される件数が増えたと言うのが正解だろう。

 

 

事故を起こした場合被害者が一番の迷惑なのは間違いがない。

 

ではこれだけ高齢者が運転して事故を起こしたと報道して

その次に迷惑を被る人・・それは誰か?

 

 

それは普通に迷惑を掛けず車を運転する能力のある高齢者である。

 

 

確かに年を取ると運動能力が落ちてくる。

 

確かに異常に速度の遅い運転や動作が鈍い危険な運転をする高齢車ドライバーは

検査して異常が認められれば運転免許は取り上げても良いと思う。

 

 

 

しかし普段から健康管理をしっかりして気を使って身体能力を維持して

加速や減速・カーブや侵入などスムーズに問題なく行えるなら例え高齢者で

あっても運転して頂いて自分は一向に構わない。

 

 

他人様に迷惑を掛けないのだから。

 

 

この場合突発的な事故は別に考える。

 

 

それと速度の遅い運転や動作が鈍く危険なドライバーは高齢者だけなのか?

年齢・男女問わす多かれ少なかれその様なドライバーは必ずいる。

 

 

高齢者だから危険・・〇〇だから運転に向いてない・・

 

 

ニュースで報道される件数が多ければ多いほどこの様な短絡的な

発想に繋がりやすいので注意が必要だと思う。

 

 

 

例えば70歳以上は運転免許を強制返納と決めても確かに70歳以上の

事故を起こす確率はゼロになる。

 

 

 

しかし実際は70歳以上で正常に運転出来る人が運転出来なくなり迷惑なだけである。

 

 

 

それより年齢に関係なく運転技術の低いドライバーをどうやって運転技術を

向上させる機会を設けるかが重要だと思う。

 

 

元レーシングドライバーの黒澤元治さんは1940年生まれでとっくに70歳を超えているが今でも

実際にあらゆる自動車を運転し綿密なインプレッションをして読者を唸らせている。

 

 

この人の活躍を見ていると生まれ付き持った物もあるかと思う。

 

そこまで行かなくても長年健康管理に気を使い順調な体調を維持されている高齢者と

自己管理が出来ず認知症や運動神経が鈍い高齢者と一緒くたにするのはオカシイな話である。

 

 


自分磨きに最適な優良教材

2018年05月27日

自分磨きに最適な優良教材

 

 

世の中では仕事のスキルを磨く他に自分をもっと進化させて
可能性を広げたい、そう言った方も多い筈。

 

そこで今までは公表しなかったが私の知る「これはお勧め」
の自分を磨く事にメリットのある優秀な教材をお知らせしたいと
思う。

 

お知らせする予定の教材は教材でも色々あるが例えばメジャーなのは語学教材

例えばロシア語・ドイツ語・韓国語・スペイン語など自宅で実践でき且つ実績が
あるもの。

 

他にもスポーツの技術を磨く教材だと水泳・バトミントンなど自分が見ていて

面白い教材も結構ある。

 

また現代は何らかの身体に不具合を抱えている方も多い

例えば視力が悪いのだが眼科に行っても薬を処方されて

 

おしまいで何か自宅で実践出来る方法は無いか?

とかの声も良く聞くがなかなか良い情報は耳に入らないのが

 

現状ではないだろうか?

 

 

 

語学を学ぶにしろスポーツの技術を学ぶにしろ共通しているのは
とにかく学ぶことは参考書でもスクール教室に通って学ぶ事もできる。

 

 

しかし如何に短期間で効率よく結果を出す事が出来るかと言うノウハウ
に巡り会えるのは色々な方法を試してみるのは面白いかもしれないが

 

 

やはり時間が限られているので余程時間を持て余していない方でない限り
そうは思わないだろう。

 

 

簡単に言えば効率良く実践して結果を出すには個人的には試行錯誤しな
ければならないが自己流で3年かかる事を2か月で達成出来るとしたら
そこに実践して見る価値はないだろうか?

 

 

言い方を替えれば名古屋から東京に行く場合一般的に新幹線を利用して
行く人に違和感は感じないだろう。

 

 

しかし自分のやり方にこだわり「自分で歩いて行く」人は滅多にいないだろう。

要は新幹線に乗る事によって時間を短縮出来るメリットを購入している訳である。

ここに紹介する商品もこの様に捉えて頂ければ理解しやすいと思う。

 

 

ささやかながらこのブログからだと特典付きで実践頂ける様にした。

 


自宅ですぐに実践できるロシア語教材とは?

2018年05月25日

楽しく28日でロシア語が話せる優秀な教材です。

このブログ独自の特典付です。

 

【幸運ベストコンディション開発法☆】 こちらからご覧下さい→【革新的ロシア語攻略法】

 

自宅ですぐに実践できるロシア語教材とは?

 

ロシア語を話せるようになるには実際に終着点と言うのはありません。
しかし今の貴方でしたら一先ず片言でも良いから日常会話が出来れば
良いなと思う所ではないでしょうか?

 

 

流暢に話すに越したことは有りませんが片言でも話せればそこから
場数を踏む事によって貴方のロシア語を話すスキルも磨きがかかる
ことでしょう。

 

先ずはロシア語を話す事に照準を絞りましょう。

それはロシア語の音声を普段から聞く事が一番です。

この教材には特別音声データーを利用する事によって

ロシア語に対する普段からの馴染みを身体に覚え込ま

せるのです。

 


アルトワークスに再びハイオク各ガソリンメーカーレビュー

2018年05月14日

1月からアルトワークスに再びハイオクガソリンを入れる訳

 

以前アルトワークスに2回ほど試しにハイオクガソリンを入れて
走行した時期があった。

結局はレギュラーガソリンに戻したが実は再び今年の1月から5月現在
までずっ~とハイオクガソリンを入れて走行している。

その一番の理由は・・

 

一々規定の走行距離で洗浄剤を添加するのが面倒だから(笑)

エンジンの洗浄剤で有名な商品はフエールワンが一番知名度が

高い。

 

 

最初は8,000kmごとにフーエルワンで洗浄剤を添加することにして

早速オートバックスで1本1,800円で購入

 

ガソリンタンクが27リットルと小さめの為一回の給油でフエールワンを

半分投入して450km走行して再び残り半分を投入。

 

2回連続で約900km走行してエンジン洗浄を行う。

 

ただ月に1,200km~1,400km走行する自分にとってこれが結構エンジンオイルも

約4,000km弱で交換している事と合わさると計算が煩わしい・・

 

そこでハイオクガソリンにはエンジン洗浄剤は添加されているのを思い出し

再びハイオクガソリンを試しに使用するとレギュラーガソリンの燃費がリッター

18.5kmなのに対しハイオクガソリンにした所19.6kmに向上。

 

メーカーにもよるが平均して0.8kmはレギュラーより走る。

 

レギュラー8,000km÷18.5=432リットル

432リットル×141円(単価)=60,912円

 

ハイオク 8,000km÷19.3=414リットル

414リットル×152円(単価)=62,928円

 

 

レギュラーガソリンとハイオクで比較すると約8,000km走行すれば

ハイオクガソリンは高いが燃費が良い分差額が約2,000円高いことに

なる。

 

 

フーエルワンが1本1,800円なのでレギュラーガソリン+フーエルワンと

ハイオクガソリンで走り続けるのとほぼ同額になる。

 

ハイオクガソリンを入れるメリットは

 

個人的にだが・・

 

1、例にあげた様に一々洗浄剤の添加タイミングを給油時に計らなくても

 給油のたびに常にガソリンに洗浄剤が添加される。

 

 

2、メーカーにもよるがアクセルのツキは全体を通してフィーリングは良くなる

 メーカーにより若干バラつきあり。

 

 

 ただしこれは私の場合週に4、5回通勤で往復50kmし休日でもワインディング

 走行を楽しんでいるので毎日ある程度の距離や時間をドライブしないと

 微妙なエンジンの加速フィーリングの違いは解らない。

 

 

 休日など週に1,2回乗る程度だと解らないかも知れない。

 

 

 ただハッキリ体感できるのは5,200回転以降のフィーリングの改善

 レギュラーの時は5,200回転過ぎからはアクセルを踏んでもゆっくり

 ながらもタコメーターの針は上昇するもののエンジンノイズが増え

 

 いかにも軽四自動車が必死に走っている感が出て低中回転の図太い

 エンジンサウンドで余裕の加速をしたフィーリングから一転してしまい

 自分は購入してから5,500回転以上は回した事がなかった。

 

 

 

 ただハイオクに変更して3ヶ月程経った頃に再び高回転域のフィーリング
 
 をチェックした所グイッとアクセルを踏めばアクセルの踏みシロとタコメータの

 針の上昇が先ず先ずリンクする様になり6,500回転付近まで回しても違和感が

 かなり無くなって良くなっている。

 

 

吹けあがると言った感覚ではないがスムーズに回ると言った感じ

エンジンノイズもそれ程気にはならない。

 

 

なので普段は無理に高回転まで回すよりやはり5,000~5,500回転付近でシフトアップした

方が速い。

 

エンジンの耐久性もこちらの方がプラスになる。

 

 

ただこの高回転のフィーリング向上が普段は使用しないが低中回転域を使用して

走行する時に心理的に余裕が生まれるのは好感が持てる。

 

それ以降は月に2回ほどは高回転のフィーリングを味わっている。

 

この5か月間で給油したハイオクガソリンは以下の通り

 

エネオスヴィーゴ  4回

 

エッソ石油シナジー F-1 4回

 

コスモ石油スーパーマグナム 2回

 

昭和シェル石油 V-Power 2回

 

ガソリンタンクの残量が3リットル以下の状態で給油(満タンで27リットル)

各メーカーによってそれぞれ燃費とアクセルのレスポンスが微妙に向上

するが流石にECUを交換したり直接手を加えた場合とは異なる。

 

 

均一に薄~くレスポンスが向上した感じと高回転のフィーリングは先ほど

述べたが体感はしやすかった。

 

特に各ガソリンメーカーのHPを見れば色々な効果が表記されているので

その情報が頭に入って先入観で判断し易いのは十分承知なので走り方

も飛ばし気味やゆったり走行色々パターンで試す。

 

 

ハイオクガソリン超個人的レビュー

 

エネオスヴィーゴ

 

実際一番気に入ったのは「エネオスヴィーゴ」冬場の気温ゼロ度付近の走行が

多かったにも関わらず燃費がレギュラーの18.5㎞/Lに対しこちらは19.7㎞で

リッター1㎞以上も向上。

 

しかもアクセルレスポンスは下から上まで均一にフィーリングが向上して

いるので扱い易い。

 

 

しかもアクセルをガンガン踏んでこの高燃費なので低めの1速・2速でギューン

と加速しで3速で速度を乗せて強烈な加速を存分に味わえる。

 

 

ワークスの体感加速は強烈なのだが実際の速度はそれ程高くないので

その分安全に楽しめるのも良い。

 

高回転のフィーリングも○

 

利点として同じハイオクでも

高い料金を払うなら一番パフォーマンスを発揮出来る銘柄を選択出来ること。

 

反対に給油の時には近くにエネオスのスタンドが無い場合は面倒なこと。

 

通勤・買い物でドライブするパターンが多いのでエネオスはやや場所的に

計算が必要な場合があった。(個人的事情だが・・)

 

 

エッソ石油シナジー F-1

 

こちらのハイオクも使用頻度が多かったエネオスヴィーゴと似た

フィーリングで好感が持てたが燃費は若干エネオスヴィーゴより

落ちる。

それでもレギュラーより良いのでリッター約19.0㎞

ただガソリンスタンドが通勤・買い物で使用する場合ちょうど

良い場所にあるので給油する機会も多い。

 

 

コスモ石油スーパーマグナム 

 

同じくアクセルレスポンスは下から上まで均一にフィーリングが向上

ただエナオスとエッソと若干マイルド。

 

 

なのでこの辺になって来ると正直「ハイオク」を入れていると言った

ラべリング効果の方が効いていると感じる(苦笑)

 

 

しかし高回転域のフィーリングは良いのでやはりレギュラーとは異なる

と実感。

 

ただ燃費はレギュラーより良いがリッター18㎞後半に留まる。

 

 

昭和シェル石油 V-Power

 

コスモ石油スーパーマグナムと燃費は同じ感じ。

こちらは中回転域からアクセルのツキが若干良くなる傾向で扱い難さは

無かったがどちらかと言えば均一にレスポンスが向上した方が好み。

 

 

結構V-Powerはどうですか?と広告効果が大きいと感じる(笑)

 

ただハイオクを入れる一番の目的で「常に洗浄効果が期待できる」と言う

点では目的をクリア―しているので時々入れて見たいと思う銘柄。

 

 

結論として洗浄剤を入れる手間は省けてエンジンパフォーマンスも微細

ながら体感できるのでメリットは個人的にある。

 

 

それと基本セルフスタンドを利用するためお気に入りのエネオスのスタンドが

給油時に離れている場合があってタマに他のコスモ石油で給油することもあるが

乗り比べと言う観点から見れば反対に楽しめる。

 

高いけれど個人的にはメリットを考えると安いと言う事になった☆

 

手間を掛けずに新車を最も安く買う方法⇒【クリック】

 


自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

 
ドメインとは