金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

吉野家店舗はコンビニによって淘汰される。

2018年11月16日

吉野家店舗はコンビニによって淘汰される。

 

ファーストフードで人気の吉野家最近はやや入店数が

落ち込んでいる様子だ。

吉野家販売

原因の一つとして考えられるのが・・

 

コンビニのイートインスペース。

私も昼間偶にから揚げを購入し空いていればイートイン

スペースで食する。

 

 

地方であれば車内で食べる事ができるが都市部だと

イートインスぺースがあれば気楽に利用できる。

 

イートインスペースは確実に広まりつつある。

 

先日大阪に帰ったがセブンイレブンに行ったらイートイン

スペースでおじいちゃんとおばーちゃんがコーヒーを飲み

ながら楽しく会話していた。

 

 

街中の喫茶店やスタバやドトール等も単に座って食べたり飲ん

だりするのが目的であればコンビニに客を奪われるに違いない。

 

 

吉野家「ちょいのみ」を始めた訳は?

数年前から吉野家が始めた新しいサービス

 

牛丼チェーンの吉野家が、煮卵や牛煮込み、

牛皿などをつまみにアルコール類を飲める

「吉呑み」サービスの対象店舗を、近く全店

(約1200店舗)に広げる計画だ。

 

都心の駅前店舗などが中心だったが、郊外のロード

サイド店舗に広げ、客数、売り上げアップにつなげ

たい考えだ。ただ、吉呑みの拡大については歓迎する

声がある一方、「飲酒運転の懸念が広がる」などの

否定的な見方も出ており、狙い通りに売り上げアップ

に結びつくか、注目を集めそうだ。

 

 

ここでもコンビニが最近になって酒を提供するサービス

を同じく行おうとニュースになっていったが飲酒運転へ

の目が厳しくなったため現在は見送られている。

 

 

ここで気づくのは吉野家やスタバもそうだが他社の

ビジネスモデルで成功した事例をコンビニが同じく

取り入れる事で客を獲得すると言う事。

 

 

これは最強のビジネス戦略とも言える。

 

 

自分で全く新しいビジネスを立ち上げるのはなく

成功事例を真似るだけなので失敗のリスクが非常に

少ないので見ていると参考になる。

 

 

 

大阪の実家に帰った際によく回転寿司に行くがこれも

個人的には少々飽きてきたと言うのが正直な所

回転寿司もこれ以降は転換期かもしれない。

 

 

ただコンビニが回転寿司をやるとは考えにくいが(苦笑)

 

 

 

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは