金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

神田沙也加さん自殺は助かっていたかもしれない

2021年12月31日

神田沙也加さん自殺は助かっていたかもしれない

 

神田沙也加さんが先日ホテルの窓から飛び降り亡くなったというニュースを見て、

私も衝撃を受けた。

寝ぼけた頭でパソコンを立ち上げ Yahoo ニュースを見ると、神田沙也加さん死去

というニュースが見ると見込み思わず目が覚めたの記憶にしている。

 

事件性はないということだったのだが本人にとってみると色々悩み事があったのかもしれない。

コロナ禍になって自殺者が増えたというニュースが最近。 寄せられているが

神田沙也加さんの立場になると一般市民とはまた違い。

人気のある歌手、俳優そして現在はミュージカルに力を注いでいたことからすれば金銭的な

悩みではなく友人関係や仕事に対する悩みあるいは新身体的な悩みだったかもしれない。

 

その悩みが自分自身で処理できず忙しさにもあってか積もり積もって発作的にそういう行為に

走ってしまったのは非常に残念である。

 

しかし本人を責める 気にも全くなれず自分自身に何か心の不安があった時に解決する時間と

いうものはつくづく大事なものだったのだなという風に感じるのである。

また親の神田正輝さんや松田聖子さんの立場にとってみると自分より子供に先立たれる辛さって

いうものは想像に絶するものではないだろうかと思う。

 

それにもましてさやかさんの遺骨を抱えながら公の立場で9分間といえども記者会見に立つと言う

ことはどれだけの心労を発するものであるか想像することができない。

 

神田沙也加さん飛び降りた状況は?

 

神田沙也加さんの飛び降りた位置は20階以上の高層階で14階の踊り場ということであった。

 

今回後になっての話であるが、積雪が1 m ほど積もっていたそうである

もしこの積雪が吹雪になって 積雪量が4mか5m という風な状態になり、たとえ飛び降りたとしても

 

それがクッションになって助かったということになったらなという風に一時的に思ってしまった。

 

後に考えてもどうしようもない事なのだがやはりちょっとした事であるがもしここで

こういうことになっていればという風に 思いが助かったのにという思いが出てくると
悔しくてしょうがない。

神田正輝さんの電話にも実際亡くなる前の数日前さやかさんから Happy Birthday の電話があった

そうであるそこでなぜ気づいてやれなかったのかという風な 本人も責めるような発言をしていたそうだが。
後から冷静に考えてみると難しいのではないであろうか。

 

どちらにしても後になってもし積雪があと2 m多ければとかもしあの時気づいてあげればというのは

亡くなってから考えたとしても生き返るわけではないのだが神田沙也加さんが35歳という年齢でまだ

まだ活躍できる輝いていた時期だということを考えると非常に惜しい思いがそういう考えを発しられる

のであろう

今なくなってしまったのはしょうがない。

神田沙也加さんも天国から心を落ち着けて、父親母親の 二人を見守っていてほしいなと思う。

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは