金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

職場の女子社員と仲良くなる方法

2021年12月14日

職場の女子社員と仲良くなる方法

 

職場の女子社員と仲良くなる方法を語ってみる。
今回は職場の女子社員と仲良くなる方法を 自分なりに経験上喋ってみることにする。

女子社員と仲良くなると結構業務上で忙しい時など困った時などに。

いろんな形でサポートしてくれ上手く行く場合があるので女子社員とは悪いよりも仲良くした方が

男性社員と仲良くなるのももちろん良いのだが男同士だとライバル関係でどっちが出世するとか。
スキルが上だとかよくつまらないことで揉めたりする。

 

女子社員 と男性社員の場合比較すると女社員の場合単純に仕事がし易いかし難いかの違いで理解しやすい間柄で
あればより一層仲良くなっておく方が一番 仕事上でもメリットがある。

 

あるいは、例えば、自分がお付き合いしたい人がたまたまその女子社員であれば、一石二鳥になる。

 

女子社員と仲良くなるには年上か年下でアプローチが違ってくる☆

 

女子社員といっても自分より年上か年下でアプローチの仕方が若干違ってくると思う。

自分より上の女子社員であれば基本的に接触回数を増やして、母性本能をくすぐる方が良いのではないかと思う
そこで色々サポートしてもらって必ずお礼を言う。

 

これを何回も繰り返し言うことで、自分自身がプラス評価になって時には、意識しなくても向こうから意識して
くれサポートしてくれる場合があるので非常に助かる場合がある。

 

そこで気をつけたいのは、男性社員の方が例えば業務上スキルが 高かったとしても、常に相手の女子社員の先輩という
立場を立てることは忘れては生きていけない。

 

自分が実際に。 例えば業務をこなすスキルが上だとしても、それを口に出すことなく女子社員が助けてくれることを
非常に感謝の念を込めてありがとうございましたという気持ちを常に言葉にして伝えた方が一番ベストである。

年下女子社員と仲良くなる方法の盲点とは?

 

反対に自分が自分より年下の女性社員に好かれる方法 はどうしたら良いか?

これは逆に女子社員とベタベタするというのはかえって逆効果である立場上自分より年下なので声をかけやすい状況に
あるのだが何回も何回も声を掛けて接触すると結構向こうの方も慣れてしまい本当に必要な時に声をかけても、
鬱陶しがられる傾向がある。

 

ただそれも 年下の女子社員だとなかなか表情に表すということは基本ないので自分が年下の女子社員に何回も何回も
アプローチしてこれがしつこいと 思われてるということになかなか気づかないという部分が盲点である。

じゃあどうすればいいのかと言うと基本的には距離を置いてしょっちゅうくっ付き過ぎないでという事が大事である。

 

そして一定の距離を置いてあるとき女子社員が困っていたあるいは気分が悪そうになっていたあるいは疲れ切っている
何か悩みがある時にちょっと近寄りプライベートな話やあるいは、実際に困っていることなどお話をして急激に距離を
詰めてみる。

 

こちらの方が個人的には上手くいく確率が高いように感じる。

これを何回も繰り返しある程度一定の距離をとりつつ、相手の プライベートや

立場を優先しつつ、 時には自分の価値観や相手の価値観を理解した上でお互いしゃべってみる。

 

そしてまた離れて。気に入った相手であれば相手は何を普段考えているのかということを思索しそれに合わせて
話題を変えてまた深い話をしてみる。

 

そうしながら距離を近づけて行きやがてプライベートで会う機会を設ける方法が一番ベスト

そして普段は、 距離を置いてるにも関わらず、 彼女の方が変化が出てくると、

色々 仕事で分からない点や、 困ったことを告白していろんな悩みを打ち明けてくれたりもする。

最初は自分がサポートする立場だからサポートしているうちに逆に単純作業であれば自分が忙しい時
その若い社員の子が助けてくれ仕事も円滑に回る時もある。

 

今日は自分より年下年上の女性社員によっていろいろアプローチの仕方が違う。 一般的には逆に考えられているが、
実際行ってみると、自分より上のと 女子社員には積極的に回数を増やす自分より下の 年下の女子社員には、
距離を置いて話す時は一気に距離を近づけながら話すそしてサッと離れるというのがポイントだと思う。

 

いずれにしても、職場で女子社員と仲良くすることは、 普段殺風景な業務であったとしても女子社員の方が関わって
もらえることで心も潤いながら楽しく仕事ができるのでぜひ実践してみることをおすすめする。

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは