金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

「特急 らくラクはりま」は成功するのか?

2018年12月09日

「特急 らくラクはりま」は成功するのか?

 

来春から大阪‐姫路間で運行する「通勤特急らくラクはりま」

確かに大阪以西では新快速がメインに活躍するが神戸より西

になると実際に乗車時間が30分以上になることも事実。

 

 

通勤であれば嫌がおうでも乗車しなければならはい。

そんな時に座席に座れるか座れないかで疲れ方がかなり

違ってくる。

 

睡眠や読書、スマホで動画をゆっくり鑑賞し楽しみながら

移動できるのは多少の料金を払ってでも求めている人には

魅力的なサービスに違いない。

 

 

新快速が12両編成で運行されてはいるが着席を保証する

ものではないので必ず座れると言った物ではないし運が良ければ

と言うレベル。

 

 

「はまかぜ」や「スーパーはくと」の自由席が担う

 

今までも大阪‐姫路間であれば新快速に座れなかった乗客が

「はまかぜ」や「スーパーはくと」の自由席になだれ込む

 

 

光景が度々見られるがこれらは元々着席サービスと言う

呼び名はないが関東方面の普通列車グリーン車と同様の

働きをしていると思われる。

 

 

 

そこでハッキリと着席サービスを謳った「特急らくラクはりま」

がデビューすることになる。

 

 

但し今回は1日1往復で車両はくろしお号で使用されている289系

を使用する。

 

単なる着席サービスのみならず座席のクオリティも十分で快適な

通勤が期待出来るだろう。

 

 

増収を考えるならレジャー客をいかに取り込むかが鍵

 

今回は1日1往復なので時間帯が限られるが通勤客のための

サービスと言える。

 

 

しかし実際に増収を目指すのであればレジャー客にいかに

列車をの利用してもらう機会を増やすかが鍵となるのでは

ないだろうか?

 

 

つまり通勤は嫌でも列車に乗らなければならない。

しかし遊びで列車に乗ろうとすればどうだろう?

 

 

混雑するので立って行く場合だと

 

「じゃあ疲れるから行かない」あるいは「車で行く」と

言う選択をしJR西日本の収入はゼロになる。

 

 

そう言う需要をいかに掘り起こせるかが鉄道会社が収入を

増やす課題となると思う。


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは