金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

新型アルトワークス ハイオクを入れる理由は燃費・加速はどうなる?

2019年11月22日

アルトワークス 燃費はハイオクガソリンを入れるとどうなる?

 

アルトワークスが愛車の私だが一般的に軽自動車は

全てレギュラーガソリン仕様になっている。

ハイオクガソリンに比べてレギュラーガソリンの

方が約11円安いしランニングコストを考えれば

レギュラーガソリン仕様の車にレギュラーガソリン

を入れるのは当たり前・・

 

しかし私の場合アルトワークスに昨年の1月頃から

現在に至るまで約1年半程ハイオクガソリンを入れ

ている。

レギュラー車にハイオクガソリンを入れるメリット

は何なのか?

 

確かにアルトワークスにハイオクガソリンを入れた

当初は心理的な面もあってアクセルを踏むたびに何

となくアクセルのツキが良く加速する際には気持の

良いフィーリングを味わったのも事実。

 

しかしこれはあくまで感覚的なもので実際に客観的

な数値で表した訳では無いので自己満足の世界と言

われても仕方がない・・

しかし自己満足の世界に浸っている内に2ヶ月程経

った頃だ。

 

数値的にレギュラーガソリンよりハイオクの方が

燃費的にはリッター1km程良い燃費数値を叩き

出す結果が毎回あった。

 

例えばレギュラーで通勤・買い物メインで走行し

冬場でリッター18.2km走行する。

 

ところがハイオクだとメーカーにもよるがリッター

18.7~19.2km位まで同じ条件で走っても良い

数値を記録する。

 

ハイオクの場合メーカーによってガソリンの

成分配合が異なるのでその分燃費に差が出て

くるのであろう。

しかしどちらにしてもレギュラーガソリン

よりハイオクの方が燃費が良い事は事実だ。

 

個人的に通勤などで乗る場合が多いので月

に3回程給油する関係で割と頻繁に燃費など

の数値が検証出来るため。

 

レギュラーとハイオクの燃費差を何回も比較

することができたのは好都合である。

 

加速フィーリングが良いのは主観的な部分が

入ってしまう。

 

しかし燃費数値はハイオクガソリンの方が良い

のでその分若干ではあるがガソリン代が高いの

を相殺出来る。

 

アルト ワークス 加速はハイオクガソリンの場合レギュラーと比較

さて今回はアルトワークスにハイオクガソリンを
入れた場合実際の加速フィーリングはどうなるの
だろうか?

 

当然今の車にはECUが取り付けられているので燃料を
シリンダー内に送る際にガソリンの分量を最適化して
噴射することをECUで制御している。

 

当然多少なりともレギュラーガソリンからハイオクに
変わればガソリン成分も異なるのでECUの制御も多少
は変化する。

 

加速フィーリングだがハイオクの場合はアクセルに
対するツキに関しては非常に気持ちの良い加速感
がアイドリングから中回転域の5,200回転付近まで
味わえる。

 

但しこれはレギュラーでも同じことが言える。

 

厳密に言えばハイオクを入れたと言う心理的な
状態が加速時アクセルを踏んだ際に若干レギュラー
よりもツキが良いと言う感じなのかも知れない。

 

ただし実際にアクセルを踏む際にはレギュラー

時よりも気持ち良くアクセルを踏んでいた事は事実。

他には高回転域の伸び5,200~6,000回転までの
伸びのフィーリングはレギュラーの時は意識して
アクセルを踏んでも待つ感じがあった。

 

ハイオクの場合この高回転域の伸びがアクセルの
踏みを意識しなくてもスムーズに6,000回転まで
針が上昇する自然な感じだ。

 

私の場合月に数回アクセルを全開にして6,000

回転まで持っていきエンジンを回すがレギュラー

の時より心理的にハイオク時の方が気楽に使える。

 

使えると言っても実際のアルトワークスでエンジン

トルクの美味しい部分は5,200回転付近まで・・

意識的にエンジンを回さない限りは高回転域は

普段は使わないがタマの全開走行だとハイオク

に部がある。

 

本当に加速に差が有るのか無いのかを知るには
実際にはドライバーには入れているガソリンを

知らせない。

 

そして運転して貰って加速フィーリングを感じ

取って見れば実際に差があるのか無いのかが
ハッキリするのだが個人的に実行するとなると
かなり大掛かりな作業になってしまう。

 

ここまではアルトワークスにハイオクガソリン

を入れる際に性能的にマイナスな面は一切感じ

られない。

 

むしろ気持ち良く走行出来るフィーリングが

印象的であった。

 

アルトワークスにハイオクを入れる意外な理由とは?

 

アルトワークスにハイオクガソリンを入れ

気持ち良く走行出来るメリットは確かにある。

だが果たしてレギュラーガソリンよりリッター

約11円も余分に払って乗る価値があるのだろうか?

 

但し現在でアルトワークスに1年半以上ハイオク

ガソリンを入れ続けている。

 

確かにレギュラーガソリンと比較してリッター

0.5~1㎞は燃費が良くなる事は確認できた。

 

燃費が良いと言う事はその分ハイオクガソリン

を入れてもレギュラーガソリンを入れる時と

比べて幾らか金額が相殺できる事になる。

 

しかしこれだけではメリットを感じない方も

いるのではないだろうか?

 

ハイオクガソリンを入れるもう一つの理由は・・

ハイオクガソリンには洗浄剤が入っている事

 

レギュラーガソリンを使用していると一般的には
エンジン内にガソリンが燃えた後の煤が付着する
事がよく知られている。

 

これを取り除くのがフエールワンなどのエンジン

洗浄剤。

私自身アルトワークスでレギュラーガソリンを使用

していた時に走行5,000㎞毎にガソリン給油時

1本投入していた。

 

なので月に1,500㎞程走行する私にとっては3か

月前後で意外と頻繁に投入する感覚になっていた。

 

それとは別に4,000㎞毎のエンジンオイル交換も

実施するのでフエールワンを投入するのと合わせ

て其々を把握するのが結構面倒になってくる。

 

そこで・・

ハイオクガソリンに洗浄剤が入っているのなら常時
ハイオクガソリンを入れておけば洗浄剤を投入する
事も考えなくても済む。

 

因みにフエールワンは1本1,600円位で販売されて

いるからハイオクガソリンで燃費が良い分ざっとの

計算でレギュラーより約400円位安くなる。

 

3か月で約1,200円が浮いてくるのでこれをフエー

ルワン購入分に充てれば多少の金額の安い・高いは

ある。

 

しかし煩わしいフエールワンの投入に気をやらなく

ても良いメリットが生まれる訳だ。

と言う事でハイオクガソリンを入れておけばハイオクの
洗浄成分がいつもエンジン内をクリーンにしてくれる
ので通常はアルトワークスにはハイオクガソリンを入れて
いる。

 

以前の愛車のホンダトゥディのxiだが走行120,000㎞を
超え始めた頃から半年に1回アクセルを踏んでもエンジンの
吹けが悪くなるためディーラーに持ち込み洗浄して貰って
いた。

 

思えばあの時ディーラーで修理代を払うなら一回ハイオク
ガソリンを入れてどうなるか?を見てみれば興味深い
結果が得られたのかも知れない。

 

私のアルトワークスは走行50,000㎞また走行距離が増えた
場合に注意深く観察してみようと思う。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは