金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

アルトワークス タイヤ ゼスティノ グレッジ07に交換

2018年12月08日

アルトワークス タイヤ ゼスティノ グレッジ 07に交換

 

アルトワークスのポテンザ050が走行34,000㎞になり

残り2㎜を切ったのでタイヤ交換をすることになった。

 

 

ポテンザ050はグリップ感は良かったのだがロード

ノイズがかなり大きめ。

 

 

気候の良い時期にウインドウを開けて走行すると

シャーっと言うタイヤノイズが侵入してきて思わず

ピシャっとウインドウを閉めてしまう程だった。

 

 

 

それ以外は特に不満はなくグリップ性能や燃費も

満足いくものでこのグリップ性能で34,000㎞走行

出来たのはコスパ敵には非常に満足している。

 

個人的にはタイヤ交換だと次回でも同じものを

購入すれば大きなハズレはないので選択するに

も時間的にロスが抑えられることから望ましかった。

 

 

しかし今回はポテンザのロードノイズは大きい事も

あって別のタイヤを選択する事にした。

 

 

グランデの07と言うタイヤで通販で購入

 

昨年内に購入すれば割安と言う事で

4本39,040円で購入。

 

 

昨年の11月に購入し4か月位でタイヤを

履き替えるつもりが先ほども述べたがポテンザ

が今年の10月位まで持ったことから何と1年程

新品タイヤを保管する羽目となった(笑)

 

 

 

11月初旬にディーラさんに持ち込みでお願いして交換

交換料は4本で9,000円なり。

 

 

セールスマンさんが「このタイヤ結構走りそうですね」

と言ってくれた。

 

 

確かに見た目も迫力がある@@

新品タイヤで早速走行して見ることにした。

 

 

アルトーワークス タイヤ ゼスティノ グレッジ07レビュー

 

新しいタイヤグレッジ07に交換後約1か月経ったが

ポテンザ050と比較して乗り味はどうか?

 

まず気付いたことはタイやノイズが格段に少なく

なった事だ。

 

 

大体ポテンザの半分以下と言った感じで確かに

タイやノイズは標準的な大きさだがウインドウを

開けても走行時に耳障りでないレベルで一安心。

 

 

公道での低速時ではややハンドルが重くワダチ

などギャップがあればハンドル操作に気を使う

部分が若干あるが慣れれば問題なし。

 

 

と言うかこのタイヤやはりサーキットの高速

走行で威力を発揮するので低速域がどうのと

言うのも少し気が引ける。

 

しかし実際は公道で走行する場面でと言う事で

他に気になった部分は路面に砂や小石が浮いている

時の巻き上げがポテンザの時より多いのがマイナス

な点だ。

 

タイヤハウス内でジャラジャラと時にはカコーンと

大きな衝撃で一瞬ボディに何か石でも当たったか?

とびっくりする位であった。

 

車から降りてボディを見回すが幸い何処にも傷は

見当たらないが後輪のタイヤハウスの隙間に3㎝

位の小石が挟まっているのを発見。

 

どうやらグリップ力が相当強い様な感じがした。

 

ゼスティノ グレッジ07ワィンディング走行

 

ゼスティノ グレッジ07で軽く峠道を走ってみる。

乗り心地は前回のポテンザ050と比較してホンの

薄い皮一枚のクッションが入ったような感じ。

 

 

ギャップの通過時のショックが心持ち柔らかい

感じで乗り心地が良くなっているのが好印象。

 

 

尚且つ路面の状況を的確にハンドルとシート

を通して身体に伝えてくれるので非常に安心感が

あり安心してコーナーを攻める事ができる。

 

 

 

一般公道の速度であれば全くの余裕でアクセルを

踏み駆動力を伝えながらコーナーを抜けていく

のは楽しいの一言に尽きる☆

 

 

乗り味はポテンザと比較してやや粘り感がある

感じでかなり強力なグリップ力なので雨天走行

する際には安全マージンを取ることができる。

 

 

いずれにしてもこのグレッジと言うタイヤ

本領はサーキット走行で発揮できる事には

違いない。

 

 

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは