金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

アルトワークス 峠道 右急カーブに急所あり!

2019年04月03日

アルトワークス 峠道 右急カーブに急所あり!

 

今回はアルトワークスで峠道を走行してレビューをしたいと思う。

走りに特化したアルトワークスなので期待は大きくワクワクしてくる。

ただ今回峠道をアルトワークスで攻めた訳だが結果として非常に

楽しいひと時を過ごせたのは言うまでも無い。

 

しかしアルトワークスで峠道を走行する際に注意しておいた方が

良い部分もあったので後半部分で紹介したいと思う。

 

 

まずはレカロシートに腰を降ろしてシートポジションを合わせる

通常のシートであれば右側レバーを操作してシートの倒れ角を調節

するのだがこのレカロシートの場合は左にあるダイヤルでシート角

を合わせる。

疲れた時に一気にシートを倒す事はできないが微妙な角度調整が可能

なので自分の丁度良いドライビングポジションを得ることが出来る。

レカロシートの背もたれが数ミリ前後するだけで座った感じがかなり

変化するのは驚いた。

 

レカロシートに身を包みながらギヤを1速に入れてスタートする

低速トルクが強力なエンジンは半クラッチは殆ど不要で気を抜くと

ホイルスピンする。

 

 

そして各ギヤゲージにスコンと気持ち良く入るシフトを操作しながら

次第に速度を上げていく。

 

走り出してすぐに車体の剛性感が非常に高いのに気づく。

乗り心地は硬めではあるが角の取れたショックが伝わって来る為に

不快とは感じないところが良い。

 

アルトワークスで峠を走行する。

 

さて慣らし走行をして早速近くの峠道へ繰り出す。

4つのタイヤをガシッとつかむ感覚を身体で感じながら一つ目のカーブに

差し掛かる。

 

 

緊張と安心感を伴ったままカーブ途中でアクセルを踏み増すと強い横gを

感じながらコーナーを抜けていく。

 

コーナーを抜けてからの加速感が非常に強く胸の透く様な加速感をレカロ

シートの背もたれに背中を押し付けられながら加速して行く様は圧巻!

これが非常に気持ち良く何度も何度も繰り返しこの感覚を味わう。

これをサポートしているのが強力な制動力を発揮するブレーキ

加速が強力な分コーナー手前で強い制動力があって初めてこの

アルトワークスの加速感が生きる。

 

ブレーキフィーリングはペダルを踏み始めがガツンと効くタイプではない

ので慌てる事がない。

ペダルを踏んだ分強弱に応じて自由にスピードを殺せるブレーキフィーリング

は非常に協力でかつ扱い易いもので好感が持てる。

まさに峠道を走るために造られた車と言えよう。

 

 

アルトワークスの加速フィーリングは?

 

発進時に低速トルクが強いのでホイルスピンの能性があると述べたが

クラッチミートの感覚をつかめば非常に扱いやすいトルク特性で

あることに気が付く。

乗り始めはアクセルレスポンスが良過ぎると感じるかも知れない。

しかし数日乗ればアクセルレスポンスにも慣れて今度は強力なトルク

がいつでも引き出せると言う感じになるので心配はいらない。

 

そして加速フィーリングの良さを後押ししているのが操作感の良い

シフトである。

スコン!スコン!と非常に気持ち良く決まり本来なら面倒なクラッチ

を切ってシフトをチェンジすると言う操作が面倒なものだが反対に

楽しくて仕方がない。

実に楽しいひと時であった。

 

アルトワークス 峠道での注意点とは?

今回のアルトワークスの峠道走行での走りっぷりは想像以上に楽しい

ものであった。

 

身体と車体が一体になって強烈な加速gを感じながらコーナーを駆け抜けて

いく感触は何度味わってもやみ付きになってしまう(笑)

公道で現実的な速度でこの走行フィーリングが味わえると言う事は

気軽にいつでも楽しめる点で非常に高い魅力の一つだ。

 

そんなアルトワークスでも一点だけ気になる部分がある.

それは右急カーブ走行時のAピラーの視界・・

 

ちょうどS字カーブでコーナーを駆け抜けていく途中に

きつめの右カーブで「えっ!」と言った感じで一瞬顔を左に

ずらして右側を覗き込みながらコーナーを抜けていく

 

このケースはかなりの急カーブで速度自体も時速40㎞以下で

低めなので予め頭に入れておけば十分対処できる事。

 

軽自動車と言えばワゴンR・スペーシア・ハスラー・Nボックスなど

最近はハイトワゴンが主流なのでこのタイプのAピラー部分は立ち気味

でカーブ通過時はそう視界に影響はない。

 

しかしアルトワークスの場合はホットハッチ型でAピラー部分は斜めに

通っている関係で右前方の視界を遮る部分が多いのが難点・・

しかしこれは私が普段走行する峠道にかなりきつめの急カーブが

1か所あり頻繁に通過するが故に強く感じるのかも知れない。

 

出来ればレカローシートにゆったりと腰かけた常態でコーナーを

次々抜けていくのがベストだが実際は体重移動などで身体も

 

僅かながら移動いるため顔を覗き込む時の移動自体はこれもホンの

僅かなもの。

 

またワインディング全体を通してこの様なケースになる割合は

1割以下と言ったところで大した問題にはならない。

確かに問題にはならないが一瞬違和感を覚えるのと視界が一部

遮られるのは事実なので一応書き込んで見た次第である。

 

ただ全体的に見てその部分がアルトワークスの魅力をスポイルする

ものでは無いと言う事実も走り込めば理解ができたのでホッと

しているのも事実だ。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは