金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

アルトワークスタイヤ ポテンザ RE050Aは高いのか?

2018年09月12日

スポーツタイヤ ポテンザ RE050Aは高いのか?

 

アルトワークスに装着されているタイヤポテンザ RE050A

アルトワークスに乗って32,600km程走行し大分タイヤが

摩耗してきた。

 

スリップサインと平行になるまでこのペースで行けばあと1,400km

位の34,000㎞でタイヤ交換となる。

アルトワークスタイヤ ポテンザ RE050Aは高いのか?

 

タイヤ選択で一番無難なのが特に不満がなければ今装着している

タイヤと同じものを選ぶと言う事。

 

 

アルトワークスの場合ポテンザ RE050A 15インチを装着

 

このタイヤの特徴は設置感とグリップ力が公道レベルで通勤

から高速道路・峠道を走る分においては非常に高く十分

性能的には満足いくタイヤだ。

 

 

それに非常にグリップ力が高いので・・

 

「これはタイヤの減りも早いだろうなぁ・・」

 

と半分覚悟して去年の秋に交換用のタイヤを購入し保管して

いたが・・

 

 

今だにポテンザ RE050A は健在!!

 

 

グリップ性能の高い割にはタイヤの持ちが良いのには

関心させられた。

 

 

精々28,000㎞位持てば御の字と思っていたが

34,000㎞まで使用出来そうで嬉しい誤算。

 

 

しかしロードノイズはかなり大きめなのと

ポテンザ RE050Aの15インチがなぜか見つからない

ので次期タイヤは別の銘柄に・・

 

 

ゼスティのGREDGE / グレッジ07-RKを格安で購入

1本12,000円なり!

 

このタイヤポテンザ RE050Aより評判が更に良い。

公道を走るだけで時々ワインディングを攻めるだけ

なんですけれどね・・

 

 

レビュー動画を見て思わず購入してしまいました@@

 

 

以前はホンダのライフやワゴンRと言ったマニュアルでは

あるがファミリー向けの車種に乗車していた。

 

 

このカテゴリーの車種だとタイヤもそれ程高価ではなく

価格も1本4,000円から購入出来た。

 

 

ホンダライフのタイヤ交換の際はあまり安いのも何なので

6,500円のエコとグリップ力の両方を持ち合わせたタイヤを

選択した。

 

 

実際に約27,000㎞で摩耗し交換に至ったことがある。

 

これからするとポテンザ RE050Aは確かに高価だが

タイヤは34,000㎞まで使用する事が出来る。

 

 

ライフのエコタイヤは    1㎞あたり約0.24円

 

ポテンザ RE050Aは    1㎞あたり約0.35円

 

ライフのタイヤ交換時期の27,000㎞で見てみると

 

 

ホンダライフ エコタイヤ    6,500円

ポテンザ RE050A       9,450円

 

因みに1ランク下のポテンザ RE030だと

 

27,000㎞の時点で約7,147円
(34,000㎞まで持った場合ですが・・)

 

安全性を考えると妥当な価格なのかもしれない。

 

 

 


私を担当するスズキの無口な営業マンさん

2018年08月30日

アルトワークスを購入して2年目

 

無口な営業マンさんとの付き合いも長くなってきた。

私を担当するスズキの無口な営業マンさん

前日は日曜日に汗だくで洗車をしたので車体が綺麗で

スッキリ!!

 

時間のない時はタイヤホイールだけでも綺麗に

 

 

不思議に車体が引き締まって見えるのでこの記事を読

んだ方は是非実施して見ては如何だろうか?

先日はアルトワークスのエンジンオイルを交換

走行距離も32,000㎞で大体3,800~4,000㎞の

間でオイル交換を実施することに。

 

 

オイルフィルターは2回に1回交換

定番ですね@@

 

 

と言う事でいつものスズキのディーラーへ向かう。

日中の猛暑の中だがエンジンはすこぶる快調☆☆☆

 

信号待ちで微妙に使いづらいドリンクホルダーから

ペットボトルのお茶を取り出し水分補給。

 

 

 

ディーラーに到着すると営業の方が迎えに来てくれた

が例の無口な営業マンではない。

 

 

車のキーを渡して商談ルームでアイスコーヒーを飲み

ながら景色を眺めると新型ジムニーが目に飛び込む。

 

今日は休みなのかな?

 

 

と思っていた時に例の営業マンさんが

「いらっしゃいませ」

 

と声を掛けてこちらに来てくれた。

 

 

私「ああ、こんにちは!久しぶりで」

 

営業マン「今日は早い時間に来られましたね?」

 

私「今日は仕事が休みなんです」

 

営業マン「あっ!そうですか。」

 

私「お盆以降は忙しいですか?」

 

営業マン「ええ、まあ、まあ、と言った

 

ところですね。」

 

こんな感じでいつも話が始まるのだが大体私

から話しかけるパターン。

 

なので営業マンが話しかけるか一旦間をおいてみる。

 

 

「・・・・・・・・・」

 

 

やっぱり会話が途切れるので

 

私「そう言えば今年車検ですけどディーラー

だと幾らかかりますかね?」

 

 

営業マン「大体7~10万円位ですかね」

 

私「そうですね7か8万円位なら助かりますね」

 

営業マン「・・・そうですね」

 

 

車検と言えば消耗部品・タイヤ・エアークリーナ・

バッテリー・オイルなんかで交換時期や目安とか

 

お勧めの商品とかいっぱい話題のネタがあると思う

のだが営業マンの口からは言葉が出てこない・・

 

 

「自分なら猛暑なのでエンジンオイルはディーラ

純正だけどここが優れている」とか

 

「ワークスですと水温計がインジケータだけな

のでやっぱ針のメーターが欲しいですよね」

 

 

 

自分が営業マンならこう話すのに・・

 

とつぶやく・・

 

数年前はホンダのトゥディxiに乗っていた時は

時間が有った時は顔見知り整備の人と1時間以上

も会話した事が何回もあったな・・

 

 

 

とあの頃を思い出す。

例えば好きな車があったとして購入するとしよう。

 

 

 

車を販売するだけであればこの程度のボキャ

ブラリ―で問題無い。

 

 

但し販売台数を伸ばすとなると販売する

営業マン自身のフアンを作らなければならない。

 

自動車自体は誰から購入しても新車であれば

細かい不具合を無視すれば基本どれも同じ物だ。

 

 

 

Aさんから購入すれば馬力が20PSアップする

なんて聞いたことは無いだろう。

 

 

この人から買えば値引き額が大きいと言うのもある。

 

これはその人に人間的な魅力があって買う訳でなく

お金が目当てなのだ。

 

 

 

購入後に数か月経ったとして整備や点検でディーラーに

訪れた時にワークスなら・・

 

 

「少々乗り心地は固いですけれどレカロのシートが

硬めの衝撃を吸収して長距離でも以外に

疲れないですよ」

 

 

ソリオなら「車体も広々してハイブリッドの滑ら

かだけど強力な加速感は良いですよね」

 

 

とか簡単で良いのでユーザーがおおよそ経験

するであろう良い部分を言葉にして一緒に頭の

中で追体験できる。

 

 

こう言う付加価値を持った営業マンが本当に居ない・・

 

 

自分なら新車の価格が数万円高くてもそう言う人から

購入したい。

 

 

また自分が買わなくても知り合いがいれば紹介する

ので自然に販売台数は伸びる。

 

 

そう思いながらいつも話す。

 

ただこの営業マンさん人柄が良いし私も基本無口な

 

方なのであまり悪い印象はない(笑)

 

最後に見送られながら店を後にした・・

 

 

 

 

その後はお気に入りの喫茶店で読書休憩☆

涼むのにはこれが一番ですね。

 

 

 


ノロノロ運転でも楽しいアルトワークス

2018年08月24日

ノロノロ運転でも楽しいアルトワークス

スポーツタイプの車に乗車した場合は基本的にしっかり加速して

カーブ手前でブレーキングしシフトダウン。

 

コーナーの出口を目掛けてGを感じながらアクセルを踏みながら

駆け抜ける時が一番楽しい時だ。

街中を走る時は安全な範囲で加速しブレーキングの繰り返し

でメリハリのある走行が出来れば良いに越した事は無いが

あくまで一般道。

ノロノロ運転でも楽しいアルトワークス

 

なので加速の緩やかな車や速くてキビキビ走る車それぞれの

運転技術や車種によって様々で多いの時速40km前後の

ややトロトロした速度で走る事も多いのが日本。

 

 

 

トラックに限っては正直「もうちょい速度を出してくれれば」

と思うこともあるのだが普段宅配便や生活に必要な物を運んで

 

くれるのはトラックのお陰と言うのが大きいので、そこを考え

れば何となく気分は穏やかになる。

 

 

 

ただし片側2斜線の道路でトロいトラックが右側を延々と走行する

奴がいるが非常に迷惑な存在だと思う。

 

 

どうやら理由が追越車線のほうがスピードの変化が少なく
維持しやす。

 

 

だからトラックの燃料が節約できるからだそうだ。

 

その後ろには何台もの連なった車が走行している。

 

 

非常に迷惑!!

 

 

中には堂々と車体に○○製作所とか社名を表示して走行している
トラックもいる。

 

 

自分の会社がいかに無能かを宣伝している様なものである。

 

 

話を元に戻して一般的にスポーツタイプの車と言えば性能を
十分堪能するには・・

 

空いた道路でスピードを出さないと中々難しいのが正直な所

反対にフラストレーションが溜まることもあるのも事実。

 

 

しかもサスはやや硬めでしかも静粛性などの快適性は犠牲に
されている@@

 

ワークスで通勤も買い物もする私の場合・・

 

時速40km前後の速度で発進→走行→停止

 

ある時何を思ったのかクラッチ・アクセル・ハンドル

操作を意識しながらゆっくり確認しながら走行して見た。

 

 

 

ゆっくりクラッチを繋ぎ発進しタイヤの転がりをハンドルで

感じながら・・

 

 

そしスコン・スコンと確実にシフトを入れていく・・

 

ハンドルを握った手から路面の感触を感じながら。

 

 

 

すると頭の中が急激にリラックスした状態で冴え渡る感じ

でゆっくりとフロントガラスの景色が流れる瞬間を一瞬

一瞬味わう・・

 

 

 

言葉では中々言い表せないがこの感覚は結構面白い!!

 

 

渋滞気味の道路に遭遇した時はいつもこの方法で運転を

楽しんでいる☆

 

 


アルトワークスに再びハイオク各ガソリンメーカーレビュー

2018年05月14日

1月からアルトワークスに再びハイオクガソリンを入れる訳

 

以前アルトワークスに2回ほど試しにハイオクガソリンを入れて
走行した時期があった。

結局はレギュラーガソリンに戻したが実は再び今年の1月から5月現在
までずっ~とハイオクガソリンを入れて走行している。

その一番の理由は・・

 

一々規定の走行距離で洗浄剤を添加するのが面倒だから(笑)

エンジンの洗浄剤で有名な商品はフエールワンが一番知名度が

高い。

 

 

最初は8,000kmごとにフーエルワンで洗浄剤を添加することにして

早速オートバックスで1本1,800円で購入

 

ガソリンタンクが27リットルと小さめの為一回の給油でフエールワンを

半分投入して450km走行して再び残り半分を投入。

 

2回連続で約900km走行してエンジン洗浄を行う。

 

ただ月に1,200km~1,400km走行する自分にとってこれが結構エンジンオイルも

約4,000km弱で交換している事と合わさると計算が煩わしい・・

 

そこでハイオクガソリンにはエンジン洗浄剤は添加されているのを思い出し

再びハイオクガソリンを試しに使用するとレギュラーガソリンの燃費がリッター

18.5kmなのに対しハイオクガソリンにした所19.6kmに向上。

 

メーカーにもよるが平均して0.8kmはレギュラーより走る。

 

レギュラー8,000km÷18.5=432リットル

432リットル×141円(単価)=60,912円

 

ハイオク 8,000km÷19.3=414リットル

414リットル×152円(単価)=62,928円

 

 

レギュラーガソリンとハイオクで比較すると約8,000km走行すれば

ハイオクガソリンは高いが燃費が良い分差額が約2,000円高いことに

なる。

 

 

フーエルワンが1本1,800円なのでレギュラーガソリン+フーエルワンと

ハイオクガソリンで走り続けるのとほぼ同額になる。

 

ハイオクガソリンを入れるメリットは

 

個人的にだが・・

 

1、例にあげた様に一々洗浄剤の添加タイミングを給油時に計らなくても

 給油のたびに常にガソリンに洗浄剤が添加される。

 

 

2、メーカーにもよるがアクセルのツキは全体を通してフィーリングは良くなる

 メーカーにより若干バラつきあり。

 

 

 ただしこれは私の場合週に4、5回通勤で往復50kmし休日でもワインディング

 走行を楽しんでいるので毎日ある程度の距離や時間をドライブしないと

 微妙なエンジンの加速フィーリングの違いは解らない。

 

 

 休日など週に1,2回乗る程度だと解らないかも知れない。

 

 

 ただハッキリ体感できるのは5,200回転以降のフィーリングの改善

 レギュラーの時は5,200回転過ぎからはアクセルを踏んでもゆっくり

 ながらもタコメーターの針は上昇するもののエンジンノイズが増え

 

 いかにも軽四自動車が必死に走っている感が出て低中回転の図太い

 エンジンサウンドで余裕の加速をしたフィーリングから一転してしまい

 自分は購入してから5,500回転以上は回した事がなかった。

 

 

 

 ただハイオクに変更して3ヶ月程経った頃に再び高回転域のフィーリング
 
 をチェックした所グイッとアクセルを踏めばアクセルの踏みシロとタコメータの

 針の上昇が先ず先ずリンクする様になり6,500回転付近まで回しても違和感が

 かなり無くなって良くなっている。

 

 

吹けあがると言った感覚ではないがスムーズに回ると言った感じ

エンジンノイズもそれ程気にはならない。

 

 

なので普段は無理に高回転まで回すよりやはり5,000~5,500回転付近でシフトアップした

方が速い。

 

エンジンの耐久性もこちらの方がプラスになる。

 

 

ただこの高回転のフィーリング向上が普段は使用しないが低中回転域を使用して

走行する時に心理的に余裕が生まれるのは好感が持てる。

 

それ以降は月に2回ほどは高回転のフィーリングを味わっている。

 

この5か月間で給油したハイオクガソリンは以下の通り

 

エネオスヴィーゴ  4回

 

エッソ石油シナジー F-1 4回

 

コスモ石油スーパーマグナム 2回

 

昭和シェル石油 V-Power 2回

 

ガソリンタンクの残量が3リットル以下の状態で給油(満タンで27リットル)

各メーカーによってそれぞれ燃費とアクセルのレスポンスが微妙に向上

するが流石にECUを交換したり直接手を加えた場合とは異なる。

 

 

均一に薄~くレスポンスが向上した感じと高回転のフィーリングは先ほど

述べたが体感はしやすかった。

 

特に各ガソリンメーカーのHPを見れば色々な効果が表記されているので

その情報が頭に入って先入観で判断し易いのは十分承知なので走り方

も飛ばし気味やゆったり走行色々パターンで試す。

 

 

ハイオクガソリン超個人的レビュー

 

エネオスヴィーゴ

 

実際一番気に入ったのは「エネオスヴィーゴ」冬場の気温ゼロ度付近の走行が

多かったにも関わらず燃費がレギュラーの18.5㎞/Lに対しこちらは19.7㎞で

リッター1㎞以上も向上。

 

しかもアクセルレスポンスは下から上まで均一にフィーリングが向上して

いるので扱い易い。

 

 

しかもアクセルをガンガン踏んでこの高燃費なので低めの1速・2速でギューン

と加速しで3速で速度を乗せて強烈な加速を存分に味わえる。

 

 

ワークスの体感加速は強烈なのだが実際の速度はそれ程高くないので

その分安全に楽しめるのも良い。

 

高回転のフィーリングも○

 

利点として同じハイオクでも

高い料金を払うなら一番パフォーマンスを発揮出来る銘柄を選択出来ること。

 

反対に給油の時には近くにエネオスのスタンドが無い場合は面倒なこと。

 

通勤・買い物でドライブするパターンが多いのでエネオスはやや場所的に

計算が必要な場合があった。(個人的事情だが・・)

 

 

エッソ石油シナジー F-1

 

こちらのハイオクも使用頻度が多かったエネオスヴィーゴと似た

フィーリングで好感が持てたが燃費は若干エネオスヴィーゴより

落ちる。

それでもレギュラーより良いのでリッター約19.0㎞

ただガソリンスタンドが通勤・買い物で使用する場合ちょうど

良い場所にあるので給油する機会も多い。

 

 

コスモ石油スーパーマグナム 

 

同じくアクセルレスポンスは下から上まで均一にフィーリングが向上

ただエナオスとエッソと若干マイルド。

 

 

なのでこの辺になって来ると正直「ハイオク」を入れていると言った

ラべリング効果の方が効いていると感じる(苦笑)

 

 

しかし高回転域のフィーリングは良いのでやはりレギュラーとは異なる

と実感。

 

ただ燃費はレギュラーより良いがリッター18㎞後半に留まる。

 

 

昭和シェル石油 V-Power

 

コスモ石油スーパーマグナムと燃費は同じ感じ。

こちらは中回転域からアクセルのツキが若干良くなる傾向で扱い難さは

無かったがどちらかと言えば均一にレスポンスが向上した方が好み。

 

 

結構V-Powerはどうですか?と広告効果が大きいと感じる(笑)

 

ただハイオクを入れる一番の目的で「常に洗浄効果が期待できる」と言う

点では目的をクリア―しているので時々入れて見たいと思う銘柄。

 

 

結論として洗浄剤を入れる手間は省けてエンジンパフォーマンスも微細

ながら体感できるのでメリットは個人的にある。

 

 

それと基本セルフスタンドを利用するためお気に入りのエネオスのスタンドが

給油時に離れている場合があってタマに他のコスモ石油で給油することもあるが

乗り比べと言う観点から見れば反対に楽しめる。

 

高いけれど個人的にはメリットを考えると安いと言う事になった☆

 

手間を掛けずに新車を最も安く買う方法⇒【クリック】

 


アルトワークス・タイヤポテンザRE050A寿命は?

2018年04月10日

アルトワークス・タイヤポテンザRE050A寿命は?

 

暖かくなって日常の通勤メインにアルトワークスを

運転しているが燃費が向上してきた。

 

 

オーナーになって1年半程経つが走行距離が25,900㎞位

通勤で片道25キロ往復で50㎞一日で走行する。

 

 

これが週に3~5日で休みの前日の帰り道では用もわざわざ

近くの峠道を大回りして走行しターボエンジンと5速ミッション

の操作感を満喫しながら充実した日々を過ごす毎日。

 

 

別に遠出しなくても日常の運転で車を操作する楽しみを

味わえるのはワークスならではだろう。

 

 

休日でちょっと買い物で1日10㎞位走行する時でも楽しめる。

 

 

 

 

航空会社のTOPも知らない秘密のルートを使い

 

最短最速でANA上級会員を達成する極意!

 

 

 

エンジンとミッション・車体もそうだが痛快な走りを

支えているのがタイヤ。

 

 

アルトワークスにはポテンザRE050Aが装着

新車で購入し走行何キロまで使用できるか検証☆

 

 

 

通勤・買い物・峠道・高速の日常域の使用領域では

接地間やグリップ感は非常に高いレベルで維持し十分

満足出来るもの。

 

 

実際に素人の自分でもかなりのスピードでコーナリングしても

不安感は皆無で気持ち良くコーナーを走り抜ける快感を味わえる。

 

 

他の軽四とは比較にならない程走りに関しては高いパフォーマンス

を発揮する。

 

 

 

ただ快適性に関してはロードノイズは大きい。

 

エアコンの無い季節でもウインドウを開いて風を車内に入れ

て数秒でタイヤノイズが耳に付きピッシャっと締めてしまう

程のレベル。

 

 

硬めの乗り心地もサスペンションによる所が大きいがタイヤの

影響もあるだろう。

 

現在25,900㎞走行でタイヤローテーションを2回程行った。

 

 

結局今の状態は・・

 

前タイヤ⇒スリップサインまで約0.7mm

後タイヤ⇒スリップサインまで約1.1mm

 

今後の予想では前タイヤをスリップサインまで0.3mmまで

使用し後タイヤとローテーション走行28,000㎞位だろう。

 

 

前輪駆動でしかも強力なトルクなので前タイヤは消耗する

のが圧倒的に早い。

 

 

ローテーション後はスリップインジケーターまで使用すれば

3,000㎞は走れそうだ。

 

 

峠道のメイン走行ならこれより早めの交換を考えるが

通勤メインなので少々勿体ない。

 

安全を考慮しながら使えば問題ない。

 

ちなみに時期タイヤはゼスティノ・グランテ

自宅のアパートの収納庫に眠っている。

 

従ってタイヤ交換時期は31,000㎞前後の時点と予想。

最初はグリップ感が非常に高いタイヤなので交換時期は

26,000㎞位を越えた位かな?

 

と予想していたが嬉しい誤算だった(笑)

 

 

 


ソフト99(SOFT99) ワイパービビリ止めは効くのか?

2018年01月30日

ソフト99(SOFT99) ワイパービビリ止めは効くのか?

 

ワイパーゴムのビビり音の原因は?

 

 

 

ワイパーゴムのビビり音を止める

年が開けてバタバタしていたらもう月末に・・

 

12月にアルトワークスの1年点検の際にワイパーゴムを

揮発性に交換してもらいフロントガラスに簡易ながら

コーティングをして貰う。

 

それから2日程の雨天時でも視界は良好で特に夜間は

目が疲れなくて良い感じだった。

 

年末年始は雨が降らなかったので暫くはワイパーを使う機会

は殆どなし。

 

 

発車時にフロントガラスの埃を拭う時位の使用頻度。

それから数週間後に仕事帰りに久々の雨天・・

 

ワイパーをおもむろに掛けてみると・・

 

バリバリ・・バリバリ。

 

 

左右のワイパーゴムが2、3㎝毎に飛びはねながら

動作する・・@@

 

なんとも騒々しい状態になった。

 

ウインドウオッシャーを併用すれば一旦収まるが

再び直ぐにワイパーゴムのビビり音は復活。

 

そこでオートバックスでソフト99の

ソフト99(SOFT99) ワイパービビリ止め 20ml

を購入!

 

 

800円位だった・・

 

早速使用したかったのだがワイパーゴムに溶液を塗るには

乾燥時に塗りしかも2時間は安静に放置するとの事・・

 

仕方なく翌日の晴れた日にワイパーゴムに使用してみる。

 

天気が良かったので2回ほどゴム先端に一通り塗付し

重ね塗りをして乾燥後に更に1回溶液を塗付する。

 

それからは天気は晴れ模様なのでワイパーは使用せずに

2日間程放置した状態。

 

「ソフト99(SOFT99) ワイパービビリ止め 20ml」

のレヴューを見ると星5つから1つまでピンからキリ

 

私が使用して実際はどうだったのか?

 

 

 

 

 

結果から言えば逆にこれが良い方向に向かった。

 

週が明けて夜間帰宅途中にまとまった雨が降ってきた。

そこでワイパーをオンにして10分程度連続で作動させたが

 

ガガガ音は出ずに異常なし☆

 

思わずホッとした。

 

その後1ヶ月弱が経つがワイパーはスムーズに動作している。

私が思うには・・

 

こう言ったアイテムは使用後に直ぐに効果を試したくなる

物だが

 

 

・天候が雨のため天気のよい日に2度塗り

 

・更にもう1回ビビリ止めを塗付し

 

・そこから2日ほど動かさず放置

 

これが要因でワイパーゴムにビビリ止め成分が

完全に浸透したものと思われる。

 

これから購入する方もそうだが、もし使用して

イマイチの方がいらっしゃれば一度この方法で

焦らず試して見て欲しい。

 

 

 

 

 


アルトワークスのレカロシートの乗降り方法

2018年01月06日

アルトワークスのレカロシートの乗降り方法


年が明けて昨年の記事のスイフトスポーツとデミオ

ディーゼルの6速マニュアルの記事を完成したかった

のだが・・

 

今回の投稿はレカロシートの乗降り方法に変更@@

 

 

アルトワークスを購入する前は正直レカロシートには

興味は無かった。

 

マニュアルの走りを楽しみたいと言うことで購入した

アルトワークスが偶然レカロシートが装着されていたのが

出会い。

 

当初は何だか変わった形のシートだなと思っていたが

実際に乗ってみると非常に座り心地が良く運転時に

身体をしっかりホールドしてくれる。

 

素人の私でも体感すればレカロシートの価値を十分

理解出来た事は今後のカーライフに非常に大きな影響を

与えるだろう。

 

 

但しこのシート1台10万円する。

 

中にはレカロではなく普通のシートにして価格を下げて

欲しい声もあるが・・

 

アルトワークスがハードなサス設定にも関わらず乗り心地が

良く(あくまでスポーツタイプとして)長時間の運転も快適に

こなせる事が出来るのはレカロシートの恩恵が大きい。

 

 

ワゴンRのマニュアルを所持していた頃は後付けでアーム

レストを付けていたがワークスに乗り換えレカロシートに

座った場合は丁度レカロシートのサイドの張り出し部が左肘に

あたり体重を分散させる事が出来る。

 

 

だからアームレストが不要になった☆

 

 

 

但しレカロシートの座り心地の良さの反面デメリットも存在する。

 

それは乗り降りのし難さだ。

 

長距離走行なら良いのだが

スポーツタイプでも普段使いの買い物などで乗ったり降りたり

を頻繁に行う場面は結構多いものだ・・

 

 

イオンで買い物・ドラッグストア・喫茶店・書籍購入

私生活に車が溶け込んだ自分にとってはアルトワークス

購入当初はレカロシートの乗り降りに結構考えたものだ。

 

普通のシートの感覚で乗り降りするとまず運転席なら

乗車時にシート右側面の張出し部分に下半身が引っ掛かり

全体重がサイド張出部分に一時的に加わる・・

 

 

 

乗り難い事に加えて張出部に体重が加わるために

何年も無頓着に乗り降りするとサイド部分だけヘタリが

でき見た目も悪くなることが十分予想される。

 

 

ほぼ助手席に人を乗せるのは年に数回なので5年くらい

乗車したら右側と左側のシート位置を入れ替えれば

どうか?

 

と考えたものだが構造上不可能なことが解った・・

 

残念・・

 

 

 

そこでレカロシートを長持ちさせつつ乗り降りが

スムーズに出来る方法を紹介することにする。

 

 

身体が慣れれば勝手に身体が動いてくれるので

大した努力も要らない・・

 

ただ慣れるまでが多少意識する必要があるが・・

 

レカロシートの乗車方法は?

 

先ずはドアを開け左足をフロアマットの赤〇印に着地させる

その後ドアのストライカー(赤〇金属部分)に

 

右手を添えて

シート座面左前部(赤〇部分)

に手を着きながら軽く体重を掛けながら乗り込む。

 

 

右手で体重をストライカーに掛けているのでレカロシート

右張り出し部分に一気に体重が乗るのを防ぐ事ができる。

 

乗り込む際には太股やお尻が軽くシートの張り出し部に

接触する位でスムーズに乗り込む事ができる☆

 

レカロシートの降り方は?

 

今度は反対にレカロシートから降りる場合。

 

レカロシートはスッポリと身体がシートにハマった状態の

ために降りる方がコツがいると感じた。

 

先ずはドアを開き腰を浮かしてシート座面左前部(赤〇部分)

に手を着く。

 

着た手で体重を支えながらお尻を持ち上げ同時にストライカーに

右手を添えて身体をシートから上に持ち上げる。

 

身体を持ち上げたら素早く右へ腰を捻ってシートから身体を抜き

右足を地面に着けて降りる。

 

1週間程すれば乗降りする時に手足が自然に動くように

なる。

 

そうなれば何の苦労も必要とせずにレカロシートを最小限に傷めずに

乗り降りが出来てしまう。

 

そしてレンタカーなどで他の乗用車のシートに乗り降りする際にも

身体が自然にレカロシートの時と同じ様に動くから驚き(笑)

 

どちらにしてもシートには優しい乗り降りの方法だ。

 

あとレカロシートでブラックの生地だと細かい埃がよく目立つ

 

掃除機があれば吸引すればベストだが他に濡れタオルで細めに

拭ってやればシートが清潔に保つ事が出来るだろう。

 

 


アルトワークスのダッシュボード共鳴音を解消する。

2017年11月24日

アルトワークスのダッシュボード共鳴音を解消する。

 

アルトワークスを新車で購入して1年経つ

エンジンはすこぶる良好!

 

購入後のトラブルと言うか一番気になって時間を割かれた

部分。

 

それはダッシュボードの共鳴音つまりノイズ

ダッシュボードもそうだが他に運転席側サンバイザー

のジーッと言うノイズも手を焼いたがこちらも解消

 

1か月位かかったが・・・

 

 

 

ダッシュボードのノイズもそうだがハンドル下部分

の手の届くコード類は全てテープで束ねて固定した。

 

 

本来車自体が走行するのタイヤノイズや風切り音や

エンジン音・段差を乗り越えた時の音などは

気にならない。

 

 

例えばタイヤノイズはポテンザを履くワークス

だとウインドウを5センチ程開けるとシャーッ

と言ったかなり大き目のノイズが耳に入って来る。

 

 

エアコンのいらない秋頃に心地よい風を感じ

ながらとウインドウを開けると・・

 

数秒後には、

ピシャっとウインドウを上へ上げて閉じて

しまう。

 

 

それ位タイヤノイズが大きい。

 

 

風切り音もそうだしマンホールを乗り越え

た時のトントンと言うタイヤの音も結構大きい。

 

 

ロードノイズは大きいのだが不思議と気にならない。

 

エンジンの音より大きいロードノイズなのでこれを

耳に入れながら時速80㎞走行する時。

 

 

騒がしいのだがレカロシートに身をゆったり預けて

軽自動車とは思えないガッチリした車体剛性。

 

そしてビクともしない直進安定性を感じるハンドル

を握り平和な気分で走行する不思議なこの感覚☆

 

 

ワークスの世界と言うか空間の中でそこから

アクセルを踏み込むとリニアな加速が始まり

 

頭の中で絶対的な安心感のα派と興奮の両極端な

感覚が共存する。

 

 

良く言えばだがロードノイズも一種の演出とさえ

思えてくるし実際そう割り切れる。

 

 

しかしダッシュボードのやコード類のカタカタ音

共鳴音は別!

 

 

 

本来は聞こえなくて良い音でアルトワークスだけ

でなく他の車種に乗車している人でも結構悩みの

 

種だしロードノイズを音とは種が違い運転に気を

削がれるので何とかしたい所。

 

 

同じ車種でも当たり外れもあると思うが実際に遭遇

してみたので仕方なく何とかして見た。

 

数か月前から段差を乗り越える際にジリジリと言った

耳障りな音がダッシュボード付近から発生していた。

 

 

本来の運転空間を取り戻すべくオーディオ付近の

パネルを取り外す事に・・

 

傷が付くのが嫌だし面倒なので外す作業はディラー

でお願いしようかと電話したところ。

 

 

「簡単なのでやって見て下さい。手順をメールします」と

言われてしまった@@

 

 

仕方なしに出勤の20分前ほどに運転席に乗り込み

工具を持ってオーディオパネルに手を掛けて外す

のを試みる・・

 

すると!!

 

1分で取れました(笑)

 

偶々パネル上部分の一部の突起部分が外れてい

たので簡単に外す事に成功☆

 

恐らくオーディオ周辺のコード類が振動の際に

共鳴しジリジリ音が発生していると予測しなが

 

ら今度はCDデッキを固定しているネジを4個外し

てデッキを外し前にずらすと・・

 

コード類がざっと20本以上あるCDデッキ1台で

こんなにコードの本数があるのか?!

 

と驚きながらコードをテープで束ねようとした

がここで時間切れ・・

 

 

とりあえずCDデッキを仮固定し通勤のため車

を動かす。

 

 

30分ほど走行したがこの時点でダッシュボード

のノイズ音は消えて無くなっており。

 

ヤッター!!と心がウキウキする。

 

これで再び本来のアルトーワークスの運転空間が

蘇るのだ。

 

 

大げさな書き方だが素直に嬉しいのと安堵の気持ち

で一杯だ。

 

だがコード類をまだテープで固定していないので

次の休日までパネルを外したまま走行する。

 

 

 

見た目イマイチだがノイズが消えた喜びの方が大きい☆

 

 

1週間後はテープでコードを束ねてパネルを戻して完了。

 

それから1か月経つが嫌なパネルからのノイズは一切なし!

 

 

当たり前な状態が何となく嬉しい何とも変な感じ

毎日アルトワークスを満喫している。

 

 

 


 
ドメインとは