金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

スズキスイフトRS 5速マニュアルのシフト操作感は?

2018年10月08日

スズキスイフトRS 5速マニュアルのシフト操作感は?

日常の通勤・買い物から高速走行又は峠道のワインデ

ィング走行も車体との応答性が良いスズキスイフトRS

 

 

常に車と対話しながら運転する感覚で乗るほどに

運転技術が磨かれると言っても過言ではない。

 

そんなスズキスイフトRSにも嬉しい事に5速マニュアル

車がラインナップされている。

 

まず殆ど街中で見かける事はありませんが・・

 

特に自分で運転操作する事に拘る方ならスイフトの

5速マニュアルは気になる候補の一つ。

 

 

マニュアル車で一番気になるのがシフトフィーリング

これが良い、悪いでせっかくエンジンが良くても

操る喜びが半減してしまう・・

 

 

そこでスズキスイフトRS(XGも含む)のシフト感覚は

どんな感じなのだろうか?

 

 

先ずは運転席に座るとお馴染みのこのクラスにしては

質感の割と高いメーター類が目に飛び込み。

 

 

左下に目をやるとシフトノブが目に飛び込んでくる。

 

「おっ!中々良い雰囲気!」

 

シフト周りはオーソドックスだが好感の持てるデザイン

に心が躍る様な感じ(笑)

 

スイフトRS 5速マニュアルのシフト感

 

・シフト時の入力する力は?

これは非常に軽い力で反対に言えば殆ど抵抗が無く

シフトノブが動くので軽すぎるくらい。

 

 

 

・シフトストロークは?

極端では無いがやや長めに感じる。

ただ操作自体にタイムロスを感じる事は無かった。

 

 

・シフトゲージに入る感覚は?

これは残念ながら各ギヤに入る時に僅かにサクッと

感じる程度でスイフトと言う名前からすると物足り

ないと言うのが正直なところ。

 

 

・その他気付いた事

例えばニュートラルから1速に入れる場合

シフトレバーを左真横⇒前方に倒すがその時

各ゲージに入るのが明確だと。

 

 

シフトレバーが直角に動く感覚でカクカクと操作でき

小気味良い。

 

 

スイフトRSの場合この感覚が無いのが残念・・

 

2速⇒3速⇒4速⇒5速も同様でシフトダウンも同じ。

 

 

ニュートラルからシフトノブの支点から斜めに

直接各ギヤゲージに入れている感じになる。

 

 

ただシフトノブの操作感の出来としては単純に

フツーと言う事。

 

特に良くも無く、反対に悪くも無く・・

 

これはスイフトの足周りが非常に良く出来ている

ためにマニュアル車だと期待してしまうのも一つ

の原因。

 

ただこのシフト周りを見たらどうしても期待して

しまいますね@@

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 


スズキ新型スイフトのリアのドアノブが不評な訳は?

2018年10月07日

新型スイフトリアドア不評

2,017年1月に発売されて好評な売れ行きの4代目スイフト

デザインは賛否両論だった。
 

 

しかし1年半以上経つと現行型のスイフトのデザインが

馴染みが出てくる感じだ。

 

 

先代のデザインも非常に好評だった。

 

ある意味完成されたデザインであったにも関わらず

思い切った改良だったと思うが個人的に実車を見てみると

 

質感も良く今は4代目スイフトのデザインの方がシックリ

と来るから不思議だ。

 

 

初めて見た時の印象は・・

 

 

「新型スイフトって2ドアーになったの?」

 

と思わせるデザインでシンプルで良いのだが後で側面が

4ドアと気付いた位に印象的だった。

 

 

「ではリアの・?ドアノブはどこへ・

 

 

良く見るとリアのドアノブが上方に移って縦型になっている。

 

はは~ん、なるほどと個人的に思ったがデザイン的にプラスの

筈のこのリアドアノブが一部のユーザーでは不評になっている。

 

実際はどうなのだろうか?

 

私も一人で乗車する場合が多いので例えば良く

スーパーに買い物に行く場合はレジ袋に入った食料品を

よくリアドアを開けて後部座席の右側に置く。

 

 

 

手前に置けるので以前は2ドア車で助手席にレジ袋や荷物を

置いていたが4ドアになってリアドアから後部座席に置く

手軽さを味わってから買い物の場合はこのパターンだ。

 

 

 

4代目スイフトの場合はリアドアノブは上方に移動している

しかもノブが縦型・・

 

 

塗装をブラックにすることで2ドアの様にシンプルに見せる

事に成功しているが使い勝手は・・

 

 

2日程乗車しスーパー・コンビに・薬局・書店など合計10回

程度リアドアを使用したが最初縦型のドアノブに戸惑ったが

それ以降は殆ど違和感なく開閉できた。

 

 

 

自分がオーナーなら1週間も経てばこれが当たり前の様な

感じにあるであろう。

 

 

しかし人によってはこのリアドアのノブを酷評する人も

いるのは確か・・

 

 

原因としてはデザインが気に入らない。

 

 

これは見た目なのでどうしようもないです(苦笑)

 

 

しかしブラック塗装の部分が経年劣化で白っぽく

日焼けで色あせしていく懸念はありますね@@

 

 

あとノブの位置が上方のため重い荷物を持ちながら

 

だとやっぱり空け難い・・ですね@@

 

さらにドアノブが縦型だと・・

 

やっぱり腹が立ってきますね@@

 

そう考えると気に入らない人の気持ちが解る気がします。

 

 

私自身は個人的に何も不快に感じず

 

「ああこう言うデザインなんだ・・」

 

 

で終わってしまう場合もあります。

 

 

ただそこだけに捉われて今回の新型スイフトの良い

部分を体感出来ずに終わってしまうのも非常に勿体無い。

 

 

特に試乗やレンタルで試して見て気にならなければ買い

の一台であることは間違いありません。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 


平成29年式スイフトXG 5速マニュアル街中走行インプレ

2017年09月25日

平成29年式スイフトXG 5速マニュアル街中走行インプレ

 

今回は東京方面でスイフト5速マニュアルで30分
程度
都内をマッタリと走行した。

CVTのスイフトにも乗ったがマニュアル5速だと
街中しかも大都会
だと運転のし易さなどは差が実際
どうなのだろうか ?

スイフト1,200㏄と言えばRSを選択する方が多いの
だがXGの乗車機会が
多い私は腰があって尚且つ路面
の段差を上手く吸収してくれるサスペン
ションがお
気に入り。

 

CVTで乗車した時にも街中から高速まで十分満足で
きるものだ。

 

RSタイプは欧州のあらゆる路面を試験走行して鍛え
上げられた
サスペンションでセールバリューはこち
らの方が高い。

 

あとはRSとXGで5年、10年と乗 車していった場合
の耐久性
はどうかが気になるところ。

 


乗りなれた車体に身体を入れてシートに座る。

 

ハンドルを握るとカシッとした感触が伝わるが変な
硬さは感じられない
のでリラックス出来る。

 

スイフトの場合ちょうどハンドルを握る部分がやや
絞り込まれて
スッと手にハンドルが馴染むのが良い。

 

早速ギヤを1速に入れてスタート

 

ハンドルをゆっくり右に切りながらクラッチを繋ぐ

低速域で適度な手応えを感じつつ基本的に軽く扱い
やすい
ハンドリングは毎度の事ながら安心感に繋がる。

 

 

エンジンは低回転域でも十分実用で使えるが4気筒な
ので
スムーズ過ぎてクラッチミートのタイミングは
1,800回転
とやや高めで発進。

 

慣れれば1,200回転付近で発進し1,500回転から
実用に使える。

 

やや混雑した国道を北進するが扱いやすいエンジン
は都会の
景色を見ながらマニュアル操作を楽しむ。

 

 

シフト操作の感覚はどうか?

操作は軽くて各ギヤに入れる際にスクッと適度な
抵抗が
あって基本的に扱いやすい。

 

運転中は特に意識しなくともマニュアル操作を楽しめる

意識しないと言う事はマイナスな部分が無いと言う事だ。

 

しかしギアチェンジの面白さは有るのだがスコン、スコン

と言った各ギヤに入った時の気持ち良さは無い。

 

これをどう評価するかは意見が分かれる部分!

 


前回RSの5速マニュアルと操作感覚は同じなので

RS5速とXG5速の造りは同じだろう。

 

個人的にはこの車体とエンジン・足周りでシフト
フィールが
デミオ1.3マニュアルのシフト感覚なら
一番良いのに・・

 

と思ってしまった。

 

ただ実際にドライブして見て都会の混雑した道路を
楽しみながら
運転していたのは事実。



コシのあるサスと敏感すぎず落ち着きがり自分の
意思に
忠実なハンドリングと上質な4気筒エンジン。

 

全体的にギヤ比が高めなので時速40km前後でキビ
キビ走る
分には3速ギヤを多用した場面も多々あった。

 

それでも使用回転域は2,000rpm前後。

 

交通量の多い一般道なら2速で4,000回転チョイ
まで引っ
張って3速で走行、前方の見通しが良け
れば4速でクルージング。

 

4,000回転以上の高回転域でもエンジンマウント
の仕方だと
思うが気になる振動が無いのが快適で
非常に良い。

 

正に上質な4気筒エンジンと言った感じ!

 

渋滞気味の道路をキビキビ走りこなすのも充実感
があって
良いな!

と勝手に解釈しながら目的地に到着☆

帰りに浅草方面へ地下鉄で寄ってみる。

 

地下道には独特の雰囲気で何か大阪に似た感じが

する。

 

700円カット発見!(笑)


 

うちょいゆっくり観察したかったが時間の都合上

帰路に着く。

 

 

話は戻って実際にスイフトの5速MT(マニュアル)
が気になって
自分が購入したと仮定した場合は購入
するか?

 

私なら購入しても後悔はしないだろう。

 

確かにシフト操作の感覚は気にはなったが、それは
悪いと言う
事では無い。

 

言い方を変えればエンジン・車体剛性・足周りが非常
に良く
出来ている為に普通の出来ばえのシフト感触が

 

「それに見合うシフトの操作感が欲しい」

と自然に思わせてしまうのが原因だろう。

 

そしてこの時期は・・

 

新型スイフトスポーツが販売される時期!

 

 

なので予算に合わせて本当に自分の乗りたい車種は
どれなのか検討する必要がある。

 

車購入の車種選びも結構楽しい。

 

高価な買い物なので悩む部分もあるが贅沢な悩みか
もしれない(笑)

 

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 


29年式スズキ スイフトRS 5速マニュアル試乗記

2017年02月03日

29年式スズキ スイフトRS 5速マニュアル試乗記

 

今回は新型スイフトRSの5MTが試乗出来る機会が有ったので

参考までに投稿したいと思う。

 

20170203_165342

 

実際に試乗した車はスピーディーブルーメタリックだったが

慌ただしい試乗だったので画像は後に販売店での展示車を掲載して

じっくりと観察した。

 

 

39歳の男性が1日3分で視力を回復させた方法⇒こちら

 

 

 

 

最初にシートに腰かけて目に入ったのはシフトノブで見る限り

アルトワークスと同じデザインを使用し白色のステッチで触った感触は

 

 

柔らかく合成革と思われるがワークスの場合はウレタンでやや硬い感じ

なので見た感じはスイフト5MTの方が個人的には好印象だ。

 

 

20170203_165054

 

シフトノブを見た時初めは「オ~オッ」と思ったが

実際に操作して見ると・・

 

極めて普通~だった(笑)

 

 

シフトの操作感覚はアルトワークスのスコン、スコンと各ギヤゲート

にガッチリ気持良く決まるフィールに対してスイフトは柔らかめでスッ、

スッと言った感じで軽い感じで各ギヤに入る。

 

39歳の男性が1日3分で視力を回復させた方法⇒こちら

 

 

もう少しギヤに入るときにサクッとした感触があれば良いなと思ったが

この出来栄えでも運転時で特に不満は無く楽しくシフト操作を行える。

まずまずのシフト操作だった。

 

 

と言うよりアルトワークスのシフトフィールが良く出来過ぎているので

比較するのが酷な気もするがRSタイプの5速マニュアルなら今のスズキで

あればもう少し改良出来る筈と言うのが正直なところ。

 

 

恐らくスイフトスポーツの場合この辺をガッチリと造り上げて行くには間違い無い。
足回りは普段ワークスに乗っているのでRSに試乗した自分にとっては十分快適

でしなやかさを感じ好印象だった。

 

20170203_165204

 

 

リヤがディスクブレーキなのはやはり格好が良い☆

 

 

XLの標準サスと比較してほんの少しスポーティと言った感じなのでワークスの

様な過激さは無いのからその辺が気になる方は安心して頂きたいし何より試乗して

貰えれば理解出来ると思う。

 

 

 

ギヤを1速に入れて早速クラッチを繋ぎ走り出してみる。

走り出した瞬間はトルク感は殆ど無しでスルスルと車速が上がり

2速、3速とシフトアップしていく。

 

 

 

パワフル感は無いのでクラッチが繋がった時のトルク感はアルトワークスの

4割位の力に感じる。

 

悪く言ってしまえばスカスカな感じ

 

 

追い越し加速や高速道路の登坂車線などはエンジンを回す必要は

出てくるのは必至なのは間違い無いと思われる。

 

ただこれが短所と判断するのは早いだろう。

 

 

静かで上品に走るなら4気筒エンジンは打って付けである。

また5速マニュアルを駆使して4,000回転以上を使用して

走行すれば絶対的な速さは無いが結構キビキビと走れる。

 

好きな車に自由に乗れる方法⇒こちらをクリック!

 

ラフなアクセル操作でもギクシャクせずに上品な感覚でエンジンが吹け上

がって行く。

そして4千回転以上を使用すればそこそこ速く走れエンジンを使い切る面白

さを味わえる。
またエンジンフィールはちょっと買い物に行く時や疲れた時にはこの

「ゆるい」感覚が有り難いと感じる時がある。

 

半面2,000㏄やターボーエンジンのレスポンスの良いエンジンであれば追い越し

も短時間で行えるので安全とも言えるし登坂車線でヒヤヒヤする事も無いので

スイフトRS5速マニュアルには無いメリットとも言える。

 

 

どちらを選ぶかは個人の判断しだいである。

 

装備面ではオーディオパネルが運転席側に若干向いて見やすくなっており

エアコンスイッチもダイヤル式で操作し易く交換が持てる。

 

66

ステアリングオーディオスイッチやアダプティブクルーズコントロールも

装備される。

 

img10 img21

 

マニュアル車を運転したいが技術に自信がない方へ⇒お勧めこちら

 

220㎞までのスピードメーターはご愛敬☆

 

ちょいピンボケですが・・(苦笑)

 

 

20170203_165044

 

ただし今回の試乗で気になった部分は各ギアの繋がりと非力ながらも

 

このエンジン特性が十分発揮出来るのかが正直気になった。

 

最大トルクが4,400回転12.0㎏・mの最高出力6,000回転91PS

 

最高出力の6,000回転までは回さなくても良いとしてもある程度エンジンパワーを

 

使い切る走りをするなら最大トルクの4,400回転前後は使用して走りたい所だが、

 

どうも燃費重視でギヤ比がワイド気味で全体的に高目の様な気がする・・

 

 

 

車の下取りを考えている方へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 


 
ドメインとは