金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

スイフトスポーツが販売終了で新型が出ないと思うのは?

2022年07月10日

スイフトスポーツが販売終了で新型が出ないと思うのは?

 

人気のスイフトスポーツだが販売されてもう結構な年数が経過した。

ニュース記事を見ていると7月6日にひと先ずはスイフトスポーツが

新車の販売受付の終了と言う記事を見た。

スイフトスポーツ販売終了と言う記事と共に新型スイフトスポーツ

販売か?と言う内容の記事も見られたが単純に手放しで喜ぶ事は

出来ないだろうと言うのが自分の見解だ。

 

よくベストカー等の雑誌で新型車情報としてCGイラストで良く出来た

新型車の画像が掲載されているがあくまで予想の話であり過去の実績から

外れる事も多いのが事実・・

 

まあ読者も半分事実で半分想像の域だと判りながら見ているので楽しみ

ながら夢を膨らませているのが実情だと思う。

過去にもスイフトスポーツでハイパワー版として雑誌でスイフトスポーツ

エボリューションと言う格好良いネーミングで発売予想の記事が有ったが

結局は残念ながら販売にはならなかった。

 

但し掲載されている画像や予想スペックなどを見てると・・

「こんな車出たら欲しいなあ~」と気分が高揚したのも事実だ。

それにCG画像なのだが非常に良く出来ておりひょっとしたら

「本当に発売されるんじゃないか?」と思う人もいるだろう。

 

今回はスイフトスポーツが販売終了となった情報は事実だと思うが

それで時期スイフトスポーツが近々発売されるか?と言えば過去の

スズキの販売パターンから見れば確率はかなり低いのではないか?

新型スイフトスポーツの販売パターンとは?

 

スイフトスポーツを販売するとなると幾つかのカギになるスズキの

販売動向に注目する必要がある。

 

先ずは基礎となるスイフトの自然吸気の1,200㏄の動きが何もない

ので先ずは新型のスイフトの1,200㏄がフルモデルチェンジされるのが

先だろう。

 

そこでも気になるのがMT車がラインナップされるのかが注目される部分

スイフトスポーツはスイフトの1,200㏄モデルと違い1,400㏄のターボ

エンジンでパワーユニットが違う。

 

しかしMTが1,200㏄モデルに有るか無いかでスズキのスポーツモデルに

対する今後の販売姿勢が読み取れるのではないかと思う。

 

この販売方針が次期スイフトに採用されればスイフトスポーツの販売

も期待が出来るのではないか?

過去の販売パターンだと新型スイフトの廉価版のXGや足回りがスポーティ

なRSが発売され次にパワーユニットが違うスイフトRSTが発売された。

 

こちらはCVTでは無く6AT車でパドルシフト採用でMTは残念ながら採用は

されずだが反対にスイフトスポーツの販売に期待が掛かったのも事実。

 

そして堂々とスイフトスポーツの発売と至った訳だが目玉となる車種に対しては

やはり最後まで発売を引っ張ってからにするのが賢いやり方ではないか?

 

個人的にはいきなり時期新型スイフトスポーツが発売されても全然OKなのだが

先ずは1,200㏄の新型スイフトが発表される日が早く来れば良いのになと思う。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 


アルトF 5MT 街中でエンジンを回して走る面白さ!トルク特性は?

2022年07月09日

アルトF 5MT 街中でエンジンを回して走る面白さ!トルク特性は?

 

今回はアルトのF 5速マニュアルで街中を走行する事にした。

昨今珍しいマニュアル車だがMT好きの人にはハマってしまうモデルだ。

 

36アルトと言えば下級グレードのFタイプにマニュアルが設定されており

既に新型アルトが発売され97型アルトには現在CVTのみでマニュアル車の

設定が無いのは残念だ。

 

そう言った事情から最近はアルトFの5MTに注目するマニュアル好きの

方も増えているし何と言っても新古車だと70~80万円位で購入出来るのも

魅力の一つ☆

早速乗込んでシートに座ってハンドルを握る。

今回のアルトF5MTはタコ―メーター、ペダルのアルミ化、ステアリングを

ワークスのステッチの入ったタイプと足周りを15インチタイヤでサスも

社外品で足周りを加工している。

 

さて軽いクラッチを踏んでギヤを1速に入れてスタート

自然吸気の660㏄エンジンだと基本的に非力なのだが車重が約670㎏のアルト

だと無造作にクラッチを繋ぐと想像より勢い良くピョン!と車体が前に飛び出す。

 

軽さは正義と言うがこの言葉がアルトにはピッタリな表現である。

 

1速、2速とシフトしていくとスルスルと車速が上がってクラッチとシフト操作に

慣れればこの作業が何とも面白い。

感触の良いシフトは各ギヤゲージにサクッ、サクッと入りこれも運転の楽しさを

更に掻き立てる。

 

確かに非力では有るがエンジンを有る程度回して適切なギヤを選択してアクセルを

踏んで交通の流れに乗る。

 

普段オートマに乗った方がマニュアルに乗れば確かに緊張はするだろうが手足を

使って運転に集中して車を走らせる・・言葉で言えばそうなのだが実際に運転して

見るとゲーム感覚で面白い。

 

そして車ってこう言う仕組みで動くんだなって頭では無く身体で体感出来るので

運転操作がマズイとギクシャクしたりエンストしたり確かに緊張はするが「お前の

運転操作はマズイんだぞ」としっかりドライバーに認識させてくれる。

 

アルトF 5MTは街中で程良い加速とキビキビ走れるのが楽しい。

 

アルトFで具体的に街中をキビキビ走行するとなると1速で発進してやや引っ張り

気味で2速・3速とポンポン小気味良くシフトアップして行く。

 

2速・3速でエンジン回転数をどの位まで引っ張ってシフトアップするか?

これをドライバーが決めるのである。

例えば交通の流れをリードしたいなら2速で4,000回転以上回して3速・4速に

入れるとか2速と3速で5500まで引っ張って4.5速とポンポンとシフトアップ

して時速60㎞巡行するパターン。

 

普通に交通の流れに乗るのなら1・2速はやや引っ張って3・4・5速と素早く

シフトアップして水澄ましの様に走行するとか加速や運転ペースは全て

ドライバーで決める。

 

街中をアルト5MTで運転すると道路状況が頻繁に変化するのでシフト操作が

煩わしいと思われがち。

 

しかし実際に運転してみると各ギヤの速度守備範囲は意外と広いので速度が

落ちても3速4速のままでシフトダウン不要でアクセルを踏むだけでスルスル

加速する事も可能で気楽な面もあって適当に忙しく面白い感じ。

 

交差点を曲がる時などは2速か3速かで一瞬迷うが車速と道路状況を見て

歩行者がいないから3速で行けるとか判断が時には正解で時にはギヤは

2速の方が良かったなとか学習しながら運転する。

 

そう言った感じで運転経験を蓄積したドライバーは危険予知能力も磨くのに

役立つと思うし何せ660㏄の軽マニュアルだと気楽に乗れるので興味があれば

是非運転して貰いたい一台である。

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 


スズキアルト F 5 MT を購入したら手を加えたいと思う部分は?

2022年02月06日

スズキアルト F 5 MT を購入したら手を加えたいと思う部分は?

 

スズキアルト F 5MT購入したらまず手を加えたいと思う部分を語る。

先日新型アルトが発売しハイブリッドタイプと RA06型エンジンを継承した A タイプと

Lタイプ下級グレードが発売された。

以前の36アルトと比べると車高が高くなり、重量も重くなったことから36アルトを支持する。

人も少なからずいるというのも確かである。

 

そしてマニュアル車が廃止になったということも大きな問題 になっている。

元々あるとの 魅力というのは安いということもあるが、 余計な物がついていないという

ことで軽いと言うメリットが際立っていたのとマニュアル車を運転することによってその

 

可能性軽さが活かされ運転する楽しさを安い料金でしかも新車で買えるということがメリット

であったのは間違いない。

そこで36アルトの5速 MT を例えば 新車または新古車屋で手に入れたとした場合、今ではこれが

アルトのマニュアル車で一番最新型となる。

いや、購入した場合、私なったらどこに手を加えて 見れば楽しさが倍増するかということを語って

みたいと思う。

もともと私自身はノーマルで乗るのが好きという性格である理由は簡単でパフォーマンスが

ノーマルの方が 最大限発揮しているということとバランス的に耐久性も優れ長持ちする。

あとメーカー保証が効くということがやっぱり最大のメリットだと思うしかしアルトの5 MT 36を

持っていくと走り込みするにつれてある程度ここは手を加えた方が 走りの楽しさは倍増するなという

部分はあることは事実である。

まずはタコメーターを付けるということは必須かと思われる。

やりギアに対してのエンジンギアと速度に対しのエンジン回転数が把握できるかできないかで楽しさの

度合いが違ってくる。 コーナリングでもエンジンを回した場合はさない場合あるいは

アクセルを 踏んで引っ張った場合のエンジン回転数のフィーリングとか、 の関係が一目でわかると言う

ことはやっぱり楽しさを倍増させることになる。

後は高速道路の走行においても5速ギアでどれぐらいの回転数を表示しているのかということを例えば目で

目視できるということは非常に安心感があるのと高回転域を使用してもどこまでの果たしてエンジン回転数が

高回転域になりすぎてないかという事を把握でき許容範囲内で最大限のエンジンを回すができるということは

非常に 安心感がある。

 

そして楽しいということが言えるあとはコーナリング中で乗り心地優先のサスを社外品に やや硬くしたサスペンションを

入れる方がベターだということが言えるこれは一概にどのサスペンションが良いということは言えないが

 

私のお勧めではアルトワークスのKYB から出てる乗り心地優先のサスなどが良いのではないかと思うまこれも
つける人の自己責任にはなるのであるが、それプラス スタビライザーを付けるというのも高速走行において。
安定性をさらに高めて自然吸気660㏄エンジンを回しながら使い切った感を味わい楽しめるのではないだろうか。

 

スズキアルト F 5 MTにタコメーターを付けて楽しさ倍増

まあ、端的にはタコメーターをつけてエンジン回転数を把握することと、 サスペンションをやや固めにし足回り。

を強化する。

確か F タイプ各グレードにはスタビライザーが付いていなかったと思うのだが、私が以前マツダのキャロル5速 MT

で乗った際時速100 km 以上出すと ハンドリングがややせわしない感じがしたので、 そこら辺を 強化すると良いのではないか。

先日たまたま36アルト5MTをレンタカーで借りたら足回りを 社外品で固め。 タイヤも14インチにしているモデルを

使用することができたそしてタコメーターが付いていたということが何よりも よかったのだが、

 

実際ワインディング町中、特に高速道路走ってる西。 の安定性はピカイチで非常に安心しながらアクセルを元が

産める快感というものを味わうことができた。

もともと安いアルト5 MT 新古車で買えば80万円ぐらいで買えるのではないかそこにサスペンション社外品で

入れスパスタビライザーをつけて後はタコメーターをポンとメータースピードメーターの真ん中につければ
格段にアルト5 MT の楽しさが何倍にも膨らむ。

 

体験させてもらった。

元々アルト MT はどげ道を走行したりするものの車ではないと思うのだがやはり作り 元の作りがいいのでちょっと

手を加えることで 峠道や高速道路、走行街中も含め、 楽しめる範疇が。

広がるとともに。 運転技術を磨くには非常にベストな車となるのではないだろうか。

正直、新型あることが出てこちらも興味があるのだが36アルトの5 MT の良さという部分がこれからも継承してほしいなというのも本音であるが。

これからも36アルトを乗る機会があればまた何度ものってみてその快感を味わってみたいと思う

 


■プロフィール

■プロフィール文

■フリースペースタイトル

■フリースペース記事

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

 
ドメインとは