金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

平成27年式 スズキアルトF 5速マニュアル5MT(キャロル)詳細インプレ

2017年08月04日

今回4時間ほど所用でスズキアルト5Fのマニュアル
ミッションを乗車する機会に恵まれた。

 

 

街中から高速・渋滞道路まで走行140km程走って
の感想を書込みたいと思う。

 

 

※なお今回実際に乗車したのはマツダキャロル660

 

以前書き込んだ記事にスズキアルト5Fマニュアルに
多くのアクセスが来た。

車体の造りりはアルト5Fとエンブレム以外は同じ
(あとハンドルのロゴも・・)

 

 

私自身がアルトワークスを購入する時に別に候補に
上がったのが・・

 

 

そう!スズキアルト5Fの5速マニュアル。

 

 

しかしアルト5Fマニュアルは私自身もレビューを探
したが数が限られ結局はワークスを購入したのも事実。

 

 

呼び名は違うが・・

 

アルト5速マニュアルを購入検討されている方が
検索で見つけ易い様に

 

題名をスズキアルトF 5速マニュアル5MT(キャロル)
詳細インプレとしてあるのを了解頂きたい。

 

  実際にじっくり乗車した後の感想は・・

ひょっとしたら

 

 

アルト5Fのマニュアルを購入してたかも・・(笑)

 

何しろ新古車だと80万円位で手に入る。

 

 

ワークスの約半分の価格!!

 

 

エクステリア・インテリアは価格なりだが

 

走りの楽しさの部分は価格を考えても決し
ワークスに引けを取らない物だった。

 

 

 

 

 


スズキ スイフトXG (CVT) 平成29年式 走行インプレ

2017年07月24日

今回はスズキ新型スイフトに乗車する機会に恵まれた。

 

平成29年式でグレードはXGで一番安いものだがこちら
の方が車の素性がより理解出来る気がする。

 


 

 

変速機はCVTで排気量は1200㏄なので実際の所走りの
面ではどうなのか?

 

 

好きな車に自由に乗れる方法⇒こちらをクリック!

 

CVTの1200㏄はカッタルイとか加速がモタツクあるいは
必要にして十分な加速と言った慰め程度の
言葉も目に付く
のが多かったのだが・・

 

結論から言うと良い意味で裏切られた感じ(笑)

 

まずはエクステリア(外観)から見てみよう。

 

前期タイプのデザインが概ね完成系に近かった事から今回の
スイフトのデザインは発表当時は賛否両論だった。

 


今回の乗車したのはスーパーブラックパール。

 

 

XGタイプはフロントグリルがブラック塗装一色でフォグランプ
も無いのでブラック一色でやや地味だ.

 

 

実車を観察ボンネットからヘッドライト付近からサイドへ角度
を付けた
ボディだ。

ライバル車のデミオの重厚さとは違って軽快なイメージ。

 

だが安っぽくない。

 

気品が漂い単なるコンパクトカーとは違った感じ。

 

 

グレードがRSならフロントグリルにシルバーのポイントが
加わる。

 

そしてフォグランプも付くので個人的には見た目のバランスが

取れている感じがする。

 

 

このボディラインならメタリック系の色だと天気や見る角度に
よって違う雰囲気に見える。

デビューして半年以上経った今は漸く見慣れて実車を見ると
思ったより高級感が目に付く。

 

 

 

新型スイフトXGのインテリア

 

 

 

早速シートに腰かけて前方を覗いてみる。

 

普段乗っているアルトワークスに比べ若干目線が高め
個人的には目線が高めの方が遠くを見やすく疲れにく
いのでこの方が好感がある。

コンパクトカーなら目線の高さは標準的なレベルだ。

 

 

余談だがワークスに乗っているとレカロの座面が高
いと言う声を何度も聞いて洗脳され気味・・

 

 

そのせいか最近座面の高さにはチョイ敏感。

 

正直ワークスの座面の高さは確かにあと2cm低け
ればコーナリング時にはベストと思われる。

 

が実際に走り出せば走りに夢中になりすぐ忘れてし
まうので現状でも不満なし!

話を戻してインテリアを確認しながらミラー調整
メーター周りは明らかに質感が向上している。

 

 

 

前期モデルはスピードメーターの数字が横並びで
オマケに220㎞まで文字が刻まれている。

 

遊び心は交換が持てるが正直小さくやや確

認しづらかった。

 

見てもらえば解るがその辺の大きさと視認性と
質感が格段に向上したのは嬉しい。

 

 

中央のデスプレイの時刻・外気温・トリップメーター
の数字が小さい。

 

 

パッと目線を移した時に確認に1テンポ遅れ気味になる

のは一回り文字を大きくして欲しい。

 

早速ギヤをDモードに入れてゆっくりと発進した・・

 

 

おっ!!すごいレスポンスが良い!

 

 

と思ったがやけにエンジン回転数が高いのでシフト
ノブを確認すると・・

 

間違ってMのローモードに入っていた・・

 

 

一旦安全な場所で停止しDに入れて再びスルスルと

発進する。

 

 

アクセルを3分の1弱ほど踏み込みゆっくり目に加速
時速50kmまで静かでスゥ~と速やかに加速する。

 

 

 

時速0kmから大体5~6秒程で50kmに達しタコメーター
の針は2,000回転付近を指している。

 

エンジン音は静かでタイヤの転がるノイズの方が
耳に入る。

 

91ps 6,000回転 12.0kg-m 4,400回転を発生 

 

シャーッと言う音が車内に響き渡るがうるさいと
言うレベルではないのでストレスにはならない。

 

 

時速40km~60kmの速度で普通に加速している限り
タコメータの針は加速時に約2,200回転まで上がるが

 

その後スピードが乗るとすぐに1,500回転に落ち着き
一定走行する。

 

 

ここだけ見れば面白みと言う面からみれば・・

 

 

退屈なのだが反対に注意深く観察すると・・

 

 

・アクセルレスポンスが良く瞬時にエンジンが反応

 

・加速時のトルクの滑り感が抑えられている。

 

・無理にエンジン回転が上昇せずとも静かで速い。

 

CVTで有りがちなマイナス要因を感じさせない出来の
良さが実感できる筈だ。

 

 

そしてドライバーは前方の視界・メーター情報・車体
の挙動など運転に集中できる。

法定速度でゆっくり走行している自然に剛性感の高い
車体・乗り心地・ハンドリングに自然と意識が向く。

 

 

ハンドルを握っただけでシッカリ感が伝わりシートに
腰かけ走行すると車体の剛性感が身体に伝わる。

 

 

握ったハンドルで左右の前タイヤを

 

シートに腰かけたお尻の付近で左右の後タイヤの状態
が身体で理解できるこの感触はスイフトならでは!

 

ブラックに彩られたシートに腰かけてると滑り難く安定
感のある座り心地で生地もホコリが付きにくく清掃が
しやすいのはプラスポイント。

 

 

座面の硬さも柔らか過ぎずシッカリ感があって
姿勢が支え易く疲れにくい。

 

一般道ならほぼ2,000回転以下で走行する事に
なる。

 

 

良い意味で刺激が無いのだが反対に車体の造り
込みを各部分シッカリしないと簡単に手抜きが
解ってしまう。

 

 

この辺は自動車に詳しくない方でも乗れば実感
出来る。

 

 

そしてハンドリング・車体剛性の次元の高さは

安心感につながり安全運転に集中できる。

 

 

一番安いXGグレードでこの感覚が体感出来る。

 

 

乗り心地が良いのと価格が安い分正直無理にRSを
買わなくても良いのではないか?

と感じてしまう程の出来栄え!

 

 また燃費を気にする方にはアイドリング回転より
少し上の部分だけ多用する走行も可能。

 

 

これなら燃費のためのトロトロ運転で迷惑が掛かる
状況が少なくて済む。

 

 

運転に慣れてきたため信号待ちで一番前になった

青信号でアクセルを少し強目に踏んで発進!

 

 

せっかくなのでメリハリのある加速を試してみる☆

 

アクセルの踏み加減にもよるが3,000~4,000回転に
タコメーターの針が瞬時に上がる。

 

 

エンジン回転が上昇しコンマ何秒かしてからグイ
グイと加速する。

 

 

一昔前のCVTはスルスルと加速感がなく速度が上昇
していった。

 

新型スイフトの場合は強力では無いがグイグイ感
が体感でき非常に好感触☆

 

そして自分の意にする速度に達するとストン!
とタコメーターの針が1,500回転以下に落ちる。

 

 

 

ワインディイング走行では肩の力を抜いてカーブに沿って
目線を向けながらハンドルを切りアクセルを踏む

これがまた気持ち良い!

 

身体と車体が一体となってコーナリングしカーブを駆け
抜ける感覚が何気ない時でも味わえる。

 

車にあまり興味の無い方もこの感覚に気付いて車に興味
を持つキッカケとなるかも知れない。

 

 

さすがにCVT変速なのでコーナーを抜ける時に加速させる
際は3,000回転もエンジンが回れば50km~60kmの速度に
達してしまう。

 

 

マニュアル車の様にエンジン回転を上げてパワーを引き
出しながらコーナーを駆け巡る感じではない。

 

 

軽い車体でリズム良くコーナリングして行くと言う感じ
で良く言えば上品で速い。

 

 

それでもコーナー出口でアクセルをジワッと踏み軽目
ではあるが前輪に駆動力を掛け加速しながらコーナー
を抜けるのは快感である。

 

 

 

スイフトXGの高速道路での走行性能

高速道路でのスイフトXGの走り

 

一般道路では出来が良く反対にエンジンの存在感が
あまり無かったスイフトXGのエンジン。

 

しかしこの91psのエンジンが高速走行で思いもよらず
威力を発揮する。

 


アルトワークス5MT良い点と使い勝手の不満(ルームランプ)

2017年06月09日

アルトワークスを新古車で購入して7ヶ月走行距離は
13,000km
を越えた。

 

大したトラブル無しで絶好調に走っている。

 

 

 

5速マニュアルミッションのギヤも好感触で非常に気持ち良い

通勤・買い物などといった普段の何気ない走行だけでこれだけ

楽しい車は初めてお目にかかった。

 

交差点で曲がるだけでも楽しい。

(歩行者には注意!!)

 

 

そして発進・加速・走行・ブレーキング曲がる・・
を意識すれば
更に楽しさ倍増!!

 

ただアルトワークスのレビューを見ると・・

 

非常に悪いの意見も結構多い・・

 

そして・・

 

 

非常に良いのレビューもかなり多い(笑)

 

 

私の用途は殆どが通勤・買い物

 

たま~に峠道を流し実家に帰省時や墓参りなど片道200km位
の長距離が2,3ヶ月に1回

走り屋ではない、ノーマル仕様が基本的に好きで快適性には結構

うるさい方だ

 

 

購入前に自分が車に求めたもの・・

 

それはドライバビリィティ

 

自分の意思通りに車が動いてくれるかどうか?

 

 

その前提として走行中に自分がマズイ操作をすればシッカリと

マズイ挙動で

 

「おい!お前操作が雑でおかしいそ!」

 

とちゃんと知らせてくれる車が良い。

理に叶った操作をすれば安心に速く快適に走って
くれる車が理想だ。

 

 

誰でも、そこそこに運転すればそこそこに走る

車にはあまり興味無し。

そう言う事を購入する前 にちゃんと明確にしておけば非常に悪いレビュー

を書く事にはならない筈だ。

 

アルトーワークスの様に走りに拘った車であれば突き出て良い部分は

運転操作やハンドリング・加速・シフトフィールに重点が置かれるだろう。

 

 

 

車を運転したいが技術に自信がない方へ⇒こちらをクリック!

 

 

開発予算の関係で安い価格で販売するならば快適性や使い勝手は重視されない可能性

が高いのでその辺は試乗やレンタカーで実際にチェック!!
私の場合は幸運にも快適性・使い勝手はまずまず良いと感じた・・

(具体的には後日また書き込む予定)

 

反対にアルトワークスが気に入らなければ快適性に特化した車種を

選べば良い訳だ。

 

 

ただメーカーも販売利益の関係でこう言った車を出すのは難しいのかも
しれない・・

 

愛車に関しては走りだけでは無く日常の使い勝手も重要な部分

 

 

自分も結構細かい部分を気にするタイプで今回取り上げたいのが

このルームランプ。

 

 

これまでに2回ルームランプを付けたまま夜間から午前まで放置@@

幸いバッテリー上がりは免れたが2回もやらかしてしまうと不安になる。

 

 

原因はルームランプの消え方が以前のワゴンRの場合はドアを閉めた途端に

スパッと暗く消灯してくれた
しかし今回のアルトワークスの場合はドアを閉めても2,3秒程経ってから

しかもボワーンとゆっくり消灯する。

 

 

例えば目的地に到着して助手席に置いた荷物を確認するため室内灯を付ける

場合がある。

 

 

その時ルームランプのレバーを左にし荷物などの確認が済めば真ん中に

戻しておくのだが時にはレバーを戻し忘れる事がある。

 

 

そんな時に以前なら降車時ドアを閉めた途端スパッとルームランプの灯りが

消灯し点いたままならレバーの戻し忘れに気づいた。

 

 

もうお解かりかと思うがワークスの場合2、3秒してからボワーンとゆっくり

消灯するのでつい確認を怠ってしまう。

5秒間位ジーッとしていれば問題無いが5秒間は待って見れば

意外と長い。

 

 

対処法として現在はルームランプのレバーを切りにして必要な時だけ

左にし点灯させ使用している。(慣れれば問題無かった)

レバーを真ん中の位置で使用するのをを止めた。

 

後ろ座席周辺を確認するときは100均のランプを使用。
しかしルームランプを使用したい方やその他バッテリートラブルが不安な方に
お勧めのアイテムがある
↓↓
 

 

中でもお勧めなのが!

 

BESTEK ジャンプスターター 12V車用薄型エンジンスターター

薄型でデザインも良く小型で使い勝手も良い。
昔ならバッテリー上がりの場合は気軽に他人様に声を掛けて

バッテリーを繋いで貰えたがアパート暮らしなどの場合は

近所付き合いも無いので気軽には声も掛け難いのではない

だろうか?

 

 

それにちょっと遠出した時のトラブルでも重宝するに違いない。

 

 

アマゾンで購入するのが簡単で早いかと思う

スマホも充電できるので何かと役に立つアイテムの一つだと思う!




アルトワークスAGSの盲点とは

2017年03月06日

アルトワークスAGSの盲点とは
平成27年12月にデビューしたアルト
ワークス。

 

 

 

5速マニュアルミッションが7割程の

販売率だ。

 

しかし中には奥さんが乗車するのでAT免許でも
乗車できるAGSタイプを検討される方もいるだ
ろう。

 

ここで既存のAT車とCVT車の違いに
ついて知っておかないと後悔する。

 

そして高い買い物をしてしまう危険性が無きに
しもあらず・・

 

そうならない為にもアルトワークスAGS車の

ここだけは抑えておきたいポイントを紹介する。



マニュアル車が苦手でAGSに興味を持つ
きっかけは例えば・・

 

 

①クラッチ操作が苦手でエンストする。

 

本当はエンストさえしなければクラッチ付きを
運転して操っている感を味わいたい

 

②マニュアル車のダイレクト感を味わいたい

半面疲れた時にはアクセル操作だけで走れる
二面性があって興味がある。

 

 

問題になって来るのは②のケースだ。

 

他にも旦那さんがワークスが欲しくて奥さんを
説得する場合・・・

 

「AT感覚で乗れるから大丈夫!」

 

 

こう説得して奥さんが既存のAT車とCVT車と
同じ様に運転できると思い込んだ場合は

要注意だ.

 

 


アルトワークスのAGS機能はマニュアルモード
とドライブモードの2種類が選択出来る。

 

 

①のタイプの場合は殆どマニュアルモードで運転
する為に5速ギヤを操っている感を味わい楽しむ
事が出来るので問題はない。

 
②のパターンで確認しておかなければならない点!

これはドライブモードがどう言った物なのかと言う
事である。

 

 

マニュアルモードのギヤチェンジの楽しさの半面で
楽に簡単に運転したい欲求を満たすとなると。

 

 

AT車とCVT車のアクセルを一踏みすれば気持ち
良く加速する。

 

 

AGS車もきっとそうなのだ・・

 

そう言ったイメージを持たれている方は

残念ながらそうはならないのだ・・
AGS車でアクセルを踏み続けた状態で加速すると

どうなるか・・

 

 

AGSシステムが自動で変速してくれクラッチ操作
は不要なのだが変速の度に前に軽くツンのめる感覚

に襲われる・・・

 

 

この感覚を無くすにはギヤチェンジするごとに
軽くアクセルを抜く操作が必要となる。

 

つまりアクセルを一瞬軽く戻して再度踏込む事で
上手く走らせる事が出来るのである。
ただ1速から5速まで変速する度にこの操作を
行うと4回アクセルを抜く操作をする事に・・

 

 

私はクラッチ付き5速MTに普段乗車しているが正直

「これをやる位なら5速MTの方が楽だ」

正直思ってしまう(笑)

 

 

アクセル一踏みで簡単に加速すると思っている方は
思惑が外れてしまうので要注意!

 

 

 

奥さんなんかは「この車加速が気持ち悪い!!」と

苦情がでる可能性が大きいので必ず確認して頂きたい。

 

 

新型アルトワークスの場合1,500回転からターボ加給
され低回転から強力なトルクを発揮するので5MTで
もエンストの心配は殆どないと言っても良い。

 

 

反対に加速が良過ぎてそちらの方に気を使う位だ。

 
ソリオハイブリッドも5速AGS車だがこちらの
場合は変速時にモーターアシストが入り変速ショック
を和らげて対応している。

 

 

いずれにしても5速AGS車はドライブモードがAT
またはCVS車並みにイージーに加速が出来れば

 

 

一台で2種類の楽しみ方が出来る美味しい車になる
可能性が大きいので期待したい。

 

 

 

手間を掛けずに新車を最も安く買う方法⇒こちら
 




29年式スズキ スイフトRS 5速マニュアル試乗記

2017年02月03日

29年式スズキ スイフトRS 5速マニュアル試乗記

 

 

今回は新型スイフトRSの5MTが試乗出来る機会が有ったので

参考までに投稿したいと思う。

 

20170203_165342

 

実際に試乗した車はスピーディーブルーメタリックだったが

慌ただしい試乗だったので画像は後に販売店での展示車を掲載して

じっくりと観察した。

 

 

39歳の男性が1日3分で視力を回復させた方法⇒こちら

 

 

 

 

最初にシートに腰かけて目に入ったのはシフトノブで見る限り

アルトワークスと同じデザインを使用し白色のステッチで触った感触は

 

 

柔らかく合成革と思われるがワークスの場合はウレタンでやや硬い感じ

なので見た感じはスイフト5MTの方が個人的には好印象だ。

 

 

20170203_165054

 

シフトノブを見た時初めは「オ~オッ」と思ったが

実際に操作して見ると・・

 

極めて普通~だった(笑)

 

 

シフトの操作感覚はアルトワークスのスコン、スコンと各ギヤゲート

にガッチリ気持良く決まるフィールに対してスイフトは柔らかめでスッ、

スッと言った感じで軽い感じで各ギヤに入る。

 

39歳の男性が1日3分で視力を回復させた方法⇒こちら

 

 

もう少しギヤに入るときにサクッとした感触があれば良いなと思ったが

この出来栄えでも運転時で特に不満は無く楽しくシフト操作を行える。

まずまずのシフト操作だった。

 

 

と言うよりアルトワークスのシフトフィールが良く出来過ぎているので

比較するのが酷な気もするがRSタイプの5速マニュアルなら今のスズキで

あればもう少し改良出来る筈と言うのが正直なところ。

 

 

恐らくスイフトスポーツの場合この辺をガッチリと造り上げて行くには間違い無い。
足回りは普段ワークスに乗っているのでRSに試乗した自分にとっては十分快適

でしなやかさを感じ好印象だった。

 

20170203_165204

 

 

リヤがディスクブレーキなのはやはり格好が良い☆

 

 

XLの標準サスと比較してほんの少しスポーティと言った感じなのでワークスの

様な過激さは無いのからその辺が気になる方は安心して頂きたいし何より試乗して

貰えれば理解出来ると思う。

 

 

 

ギヤを1速に入れて早速クラッチを繋ぎ走り出してみる。

走り出した瞬間はトルク感は殆ど無しでスルスルと車速が上がり

2速、3速とシフトアップしていく。

 

 

 

パワフル感は無いのでクラッチが繋がった時のトルク感はアルトワークスの

4割位の力に感じる。

 

悪く言ってしまえばスカスカな感じ

 

 

追い越し加速や高速道路の登坂車線などはエンジンを回す必要は

出てくるのは必至なのは間違い無いと思われる。

 

ただこれが短所と判断するのは早いだろう。

 

 

静かで上品に走るなら4気筒エンジンは打って付けである。

また5速マニュアルを駆使して4,000回転以上を使用して走行すれば絶対的な速さ

は無いが結構キビキビと走れる。

 

好きな車に自由に乗れる方法⇒こちらをクリック!

 

ラフなアクセル操作でもギクシャクせずに上品な感覚でエンジンが吹け上

がって行く。

 

 

そして4千回転以上を使用すればそこそこ速く走れエンジンを使い切る面白

さを味わえる。
またエンジンフィールはちょっと買い物に行く時や疲れた時にはこの

「ゆるい」感覚が有り難いと感じる時がある。

 

半面2,000㏄やターボーエンジンのレスポンスの良いエンジンであれば追い越し

も短時間で行えるので安全とも言えるし登坂車線でヒヤヒヤする事も無いので

スイフトRS5速マニュアルには無いメリットとも言える。

 

 

どちらを選ぶかは個人の判断しだいである。

 

装備面ではオーディオパネルが運転席側に若干向いて見やすくなっており

エアコンスイッチもダイヤル式で操作し易く交換が持てる。

 

66

ステアリングオーディオスイッチやアダプティブクルーズコントロールも

装備される。

 

img10 img21

 

マニュアル車を運転したいが技術に自信がない方へ⇒お勧めこちら

 

220㎞までのスピードメーターはご愛敬☆

 

ちょいピンボケですが・・(苦笑)

 

 

20170203_165044

 

ただし今回の試乗で気になった部分は各ギアの繋がりと非力ながらも

 

このエンジン特性が十分発揮出来るのかが正直気になった。

 

最大トルクが4,400回転12.0㎏・mの最高出力6,000回転91PS

 

最高出力の6,000回転までは回さなくても良いとしてもある程度エンジンパワーを

 

使い切る走りをするなら最大トルクの4,400回転前後は使用して走りたい所だが、

 

どうも燃費重視でギヤ比がワイド気味で全体的に高目の様な気がする・・

 

近日中に検証してみたい。

 

 

イフト新車を最も簡単に安く買う方法⇒こちら

 

 

 

 

 

 

 


1 / 212
 
ドメインとは