金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

必死になって頑張るから上手く行かない

2015年01月23日

必死になって頑張るから上手く行かない

 

t-time_tl-kanji-rakuniikiru
 

「何でこんなに頑張っているのに結果が出ないんだ」

 

「仕事が1日14時間で休日が月3日なんですけれども生活が楽に

ならない」
 

 
私は時々この様に言われる方を時々見ます。

 
 

しかし金銭的に苦しく生活も楽にならない。

彼らの必死に頑張っている事の何が問題

なのでしょうか?

 

 

 

 

私自身も20代~30代の頃ですが自分に気合を入れて

時間の限り精一杯頑張った時期があります。

 

 

これは公務員の頃ですが丁度貸付経理を担当していた頃です。

 

 

手書きの帳簿を機械化のため磁気データー管理するために

その磁気は顧客のデーターを移す作業で大忙しでした。

 

 

昼食もそこそこにロクに休憩も取らず夜遅くまで張り切って

いましたが、なぜか他のトラブルに見舞われたりで中々作業が

進行しません。

 

 

焦って更に必死になって頑張ると今度はデーターの入力覧を一列

違いで入力した事が判明し何と500件以上のデーターを位置から

やり直した覚えがあります。

 

 

今の私が当時の私にアドバイスするなら

 

 

「必死になれば必ず反動で意とする方向を反対の結果が出るぞ!!」

こう言うでしょう。

 

 

つまり成功と失敗は常にセットになっていると言う事です。

そこで何が何でも早く成功し結果を出すと意気込むと反対に

失敗の要因も大きくなると言う事です。

 
 

頑張れば頑張る程に成功と言う一点しか見えなくなるのです。

そこで小さなミスを犯すと当然一点しか見えていませんから

大きく取り返しの付かない位に発展するまで当時の私は気づか

なかった訳です。

 
 

大切なのは上手く行く事もあるし失敗する事もあると一旦割切る

ことです。

 

 

そこで冷静になって全体を見渡し作業を淡々と行って一人で

抱え込まずコンピューターならその筋に詳しい人間に連絡して

助言や手伝いをして貰えれば最良の結果が出るでしょう。

 

 

 

実際に同期の職員で他の支所で働いている人ですが非常にノンビリ

した作業の仕方でしたが要所は他の職員に任せ全体を見渡して

作業を進めていました。

 
 

丁度彼の勤める支所に出張する機会があったので彼と会ってアフター5

を居酒屋で笑談

 

 

彼は毎日定時で帰宅し私より1ヶ月以上も早くデータ移し替え作業を

終了したそうです。

 

 


半日旅行に行くから思考が磨かれる訳

2015年01月17日

半日旅行に行くから思考が磨かれる訳

 

 

1013781_383275611837235_1093112388170749933_n

 

 

インターネットの販売ページのアクセスを増やすには

どうすれば良いか考える際に椅子に座って寛ぎながら

コーヒーを飲む事が今までの定番だった。

 

 

 

 

リラックス状態だとパッと良い案が思いつくから

これは結構実践されている方も多いの

 

ではないか?
最近は新しい発想や物事を考える時は近場の行楽地

それもなるべく人の少ない所に行きながら考える事が

多い。

 
要は半分仕事で半分行楽と言った新しいパターンだ。

 

 

 

私自身は何々しながらより一つの事に集中する方が

理想的で効果的だと思う。

 
しかし今までに無い考え方や発想を思い付く際に机に

向かってジッとする場合何も思い浮かばない時は

これが意外とストレスになる。

 

 
要は歩きながら、車窓を見ながらで身体を動かしながら

思考を巡らせる事はバランスが取れていると思う。

 

 

 

あくまで私個人の意見だが・・

 
どちらにしても実践して結果が出れば自分にとって

大きな経験になるので楽しみだ。

 


会社員が辛い時でも続けられる秘訣は

2015年01月10日

会社員が辛い時でも続けられる秘訣は

 

001
私は本業が会社員だが概ね給与面や休日面で満足

している。

 
会社員が辛い時は主に2パターンある。

1つは勤務がハードで体力的に辛いパターン
2つ目は人間関係が上手く行かないパターン
2つ目の人間関係が上手く行かないパターンで辞める

人は意外に多い。

 
但し働こうと思えば肉体的に辛いのとは違って働く事は

可能であるので本人の考え方を違った角度から観て見て

 

 

 

新しい発見をする事によって勤務が続けられる可能性が

出てくる。

 
それに会社員のメリットは意外とある。

 

・毎月決まった額の給与が貰える。
・保険や税金の支払いの手間を総務で行ってくれる。
・余程大きなミスを侵さない限り職を失う事はない。

 

・時間内の行動なので敏感に頭が回転する

 

 
それに一時の会社内のもめ事がきっかけで辞めて

気分的にはスッキリしたかもしれない。

 
しかし後に収入源を断たれ生活自体が送る事が

出来ないと言う事態に見舞われる。

 

 

 

本人も理解はしていると思うのだが・・
それに「人間関係が上手くいきませんでした」と

辞めた理由で新しい面接に行って採用される確率も

 

 

低いし仮に隠したとしても本人の持っている性格は

隠す事は出来ない。

 
私の場合雇われの身だと日々の業務 でトラブルや

職員、アルバイトでの意志の意見のぶつかり合い

などは日常茶飯事で私の職場でもよく光景を目にする。

 
私の場合はそれを前もって避ける術を身に付けては

いるがやはりトラブル等に遭遇する事はある。

 
で、今の職場に15年以上勤めているが完璧な職場では

当然ない。

 

 

 

なのになぜ勤めてこられたのか?

 
それは副業をしているからである。

 

 

 

例えば不動産で副業すると不動産会社を始め

それで成功した人や営業マン、入居者さんなど色々な

人脈や世界を体験することが出来る。

 

 
他にもオークションやホームページを作成して物品の

販売をしたとしよう。

 

 

 

そうすればそこで成功 した人や成功を目指す人と少なからず

接触が起きるし別の世界を体験出来るのだ。

 
それで自分の収益がどんどん増えれば例え会社員

生活でトラブルに見舞わることがあっても。

 

 

 

「ああ別にこの世界(会社員)が自分の全てではないんだ」
「他に自分の思い通り活躍して儲ける場所は幾らでもある」

 
と言う意識が働き第三者的な立場で落ち着いて職場を観る

事が出来る。

 
職場は組織なので良くしようとか、変えようとか

とにかく自分で何とかしようと頑張ると反対に上手

く行かない。

 
私の職場においては肩の力を抜いて自分の業務を楽しみ

ながら行うのがベストだった。

 

 


仕事の捉え方で世界が変わる

2015年01月08日

自分の仕事に対する捉え方を考える

 

 

働く事は尊いことか?と聞かれると
自分の場合今の職業は生活費を稼ぐための職業であり
自分にとって続けられる仕事なので今まで続けている。

 

 

なので人の約には立っているがあくまでお給料を貰って
の話だから尊いかと言う意識はあまりない。

 

 

楽で稼げる仕事は無いか?
そんな事はよく考える

 

 

少し立場が違うが人によっては自分はこれをやるために
生まれてきたんだ!
と言う方がいるのも事実だ。

 

 

プロ野球選手や音楽家や自分を投げ打って人を救う
医者や警察官、消防士、自衛官の方。

 

 

これらの方は人生=職業と言う感じが大きい気がする。
自分のやりたいことが職業の人は私からすると羨ましい。

 

 

だから私の仕事に対する捉え方は仕事とプライベート
とは完全に分けて考えて生活している。

 

 

貴方はどちらのタイプだろうか?
見分け方は簡単である。

 

 

今自分の仕事と同じ給与が何もしないで毎月貰えたと
したら貴方はそれでも今の仕事を続けるだろうか?

 

 

一度考えて見るのも良いかもしれない。

 

 


運が悪い時はこうすれば良い

2014年11月29日

最近ついてない運が悪く物事が上手く運ばない
前回も書き込んだが私生活にしても仕事にしても
大雑把に一まとめにして結果だけ良くないので
自分は運が悪いと決めつけているパターンが多い。
こう言う時は自分の行動を細かく区切って観察する
事を是非お勧めする。
例えば朝起きてインスタントコーヒーを飲むとする。

 

220px-A_small_cup_of_coffee

 

 

 

カップを持つ、お湯を沸かす、コーヒーの粉をカップ
に入れる、お湯を注ぐ、テーブルの上に置く、香り
を楽しみながらコーヒーを飲む。

 

 

これで成功が一つ達成した事になる。
あるいはスーパーに買い物に行って食料品を買うとしよう。

 

 

私の場合は地方に住んでいるので車の運転をする、スーパー
に向かう、目ぼしい食品を選ぶ、レジで精算、車で帰宅

これが無事に出来れば一つの成功

 

 

要はごく当たり前に行っている行為が問題なく達成出来て
いるかチェックしてみよう。

 

 

小さな成功に対して感謝や喜びを感じてみれば結局は
私生活や仕事は小さな行いの積み重ねの結果だと理解

出来るし自信も満ちてくる。
反対にコーヒーを入れて飲むくらいなら自分の力で
誰でも可能なはずである。

 

 

10回やってみて何回失敗するか観てみるのも面白い
恐らく殆どの確率で成功するだろう!

 

 

 

 


1 / 212
 
ドメインとは