金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

マックドナルドが売れない理由

2016年02月16日

 

マックドナルドが売れない理由

読書をしがてら良くマクドナルド。

個人的にはコーヒーが好きでよく行った。

 

DSC_2217-1

 

マスコミの影響では無いがなぜか一年位は

行かなかったが最近行くようになった。

理由は空いているから(笑)

 

 

スタッフが少ないせいか空いていてもある程度

待たされることが多いのが難点。

 

 

あと年配の従業員さんが増えた。

 

 

たまにお愛想でハンバーガーも頼むが業績不振になった

原因を自分勝手に考えてみる。

 

 

そもそも安くて気軽に入れるのが売りだったマクドナルド

新商品を発表する度に何だかコケる様な感じがしている。

鶏肉問題などが発覚する以前数年前だろうか1,000円高級

バーガーを発売した。

 

 

この時点で逆走している感じがした。

 

 

元々マクドナルドは高級で美味しいを顧客は求めていない。

 

 

美味しいに越したことは無いが味に評判の無いマクドが事前に

「美味しい購入ハンバーガーを販売しますよ」などと発表する

のが間違いの原因である。

 

 

「マクドナルドが美味しいハンバーガーを販売する」

と事前に顧客が知ると実際美味しいハンバーガーを作って

も当たり前としか受け取られず努力の割には反応が

イマイチの結果になるのは目に見えている。

 

 

この状態で顧客を満足させるなら期待の2倍や3倍くらい

の美味しいハンバーガーを造らなければいけないので

かなりの労力がいる。

 

 

だから採算に合わないだろう。

 

 

自分なら反対に「美味しくないと思ってるならそれで

結構」と批判はそのままにして何もアピールしないで

既存の商品をテコ入れしてお客様には知られずに味を

少しでも向上させる

 

 

「あれっ?何だか思ったより美味しくなっている」

と感じ少しの労力で良い反応が取れる様な気がする。

 

 

「期待していなかったが意外と美味しかった☆」

 

こんな感じで良いのではないか?

 

 

大きなアピールよりも実際に小さな具体的な商品改良

などの実行の方が大切な気がする。

 

 

事前にアピールして期待させればそれ以上の商品を

作らなければいけない。

 

 

それなら無駄な大々的アピールよりも実際に小さな

具体的な商品改良などの実行の方が大切な気がする。

 

 

こんな事を考えガラ空きの店内で100円

コーヒーをすする。
 
 

※メールアドレス・URL不要でコメント入力できます☆

 
 


バイトが危ない!ブラック企業の対処方法

2015年03月31日

バイトが危ない!ブラック企業の対処方法
 

最近学生さんでも残業代を払わず休日もロクに取れない
にも関わらず真面目に働かさせられる方をニュースなど
で見たり聞いたりする。

 

img56460221
 

タダ働きは勿論無理な勤務時間やシフトを組まれたが故に
肝心の大学の授業が疎かになり単位を取れなくなる。
 
 

そんな時私が彼らにアドバイスするなら
「さっさと今のバイトを辞めましょう」
こう言い切る。
 
 

状況によっては無断欠勤でも構わない。
なぜ無断欠勤してまでも私は休めと言うのか?

 

 

確かに無断欠勤は本来はやってはいけない事である。
 
 

それはキチット働いた分の給料をくれて休憩時間も取れる
勤務日の希望も授業の支障の無い様に応じてくれる会社での
話である。
 
 

働いた給与も払わず休憩も与えず人間を使い捨ての機械
同然の様に扱う会社ならそれ相応の対応の仕方でないと
泣き寝入りになるだろう。
 
 

学生の貴方は大学に合格し楽しい学生生活を送るために
余暇を楽しむためやクラブの活動費を捻出するため
あるいは親の金銭的負担を減らすためにバイトを始めた
筈である。
 
 

なのにブラックバイトが原因で進学単位が取れずそれに
振り回されるのは本末転倒なのだが真面目な貴方はそう
なるまで気付かない。
 
 

ここは面倒だが一旦辞めて次のアルバイトに就いた方が
良い。
 
 

そして飲食業に付いてブラックな会社に当たったら次は
違う業種を選んで見て欲しいと思う。

会社の中に入って働き始めると就労経験の無い学生さんは
一旦職場の中が世の中の全てと錯覚してしまう事が多い。
 
 

実際はロクに賃金も払わない会社もあれば職場環境が驚く程
良くキッチリ残業代も出て休憩時間も取れて働きがいもある
会社も存在するのも事実である。
 
 

色んな業種を経験して「この業種は地味だが賃金はやっただけ
貰えて休憩もしっかりとれる」とか「この業種は見た目綺麗だが
ハードで大した収入にならない」
 
 

色々と解ってくる筈である。
 
 

貴方は充実した学生生活を送る、あるいは一般の方で生活のために
バイトを始めた筈である。

 

しかし某飲食店の様にアルバイトの身分で休憩も出来ず連続で
16時間も働かせられたら「おかしい」と気付くべきである。
騙されていると気付くべきである。
 
 

中には生活のために辞められないと言う人もいた。
 
 

確かに一時的に辞めれば収入は途絶えるがコンビニなどの
アルバイトで必ずしも高くは無いがキッチリ給与が貰えて
休む時間などを確保できる職種は探せば幾らでもある。
 
 

月1回の休日で1日に16時間働かさせる職場にしがみつく必要は
全く無い。
 
 

現場の責任者に辞める事を切り出すと

例えば・・

・お前が辞めたら残っている社員に迷惑が掛かる

・辞める事によって出る損失を弁償しろ

・自分勝手な事をするな会社はどうなる

・辞めたて業務に支障がでた損害を請求するぞ

 

などと会社の責任者から脅されるかもしれない。
らちが明かないなら安心して無断欠勤して辞めて
貰いたい。
 
 

なぜなら現場の責任者の方も会社に騙されている
可能性があるからである。
 
 

タダ働きで労働させられる会社に偉そうな事を言われる
筋合いなど無い。
 
 

損害賠償・・・やれるものなら、どうぞご自由に。
 
 

そもそも現場の作業量に見合って無い人数を配置した会社側
の責任なので全く気にする必要無し。
 
 

バイトの特権と言うべきか?
おかしいな?と思ったらサッサと辞める事が出来る。
 
 

もちろん貴方の怠けで働く気が無く辞めたのなら貴方の身に
結果が降りかかって来るだけである。
そうで無ければ貴方の身は貴方自身で守らなければならない。

 
 

ある程度の職場や業種を経験しておく事は自分の財産になる
に違いない。
 
 


台湾へ気ままに休暇旅行

2015年03月15日

 

6日間休暇を取ることが出来たので台湾に行く事にした
3泊4日のツアーだが台湾自体は初めてなので取り合えず
一番簡単に楽しめると思い決定した。

 

 

会社員でも考え様である方法と一般的に良しとされる

昇進欲求を捨てれば休暇を取って海外に気ままに行ける
のだなと実感した。

 

 

11018637_447743748723754_7358626841368367651_n

 

実は元々エコノミークラスで行く予定だったが旅行会社の
都合で最初のツアーが中止となりを別会社で台湾ツアーを
申し込んでの台湾旅行となった。

 

 

 

金額は10万円程プラスになったが往復ビジネスクラスと
ホテルのグレードが格段にアップしたツアーなので内容
を見て「まっ良いか(笑)」で決めてしまった。

 

 

11041713_446960802135382_5708568551468612151_n

 

出発当日は日本は寒い時期なので暖かい台湾に行く価値も
倍増している感じがした。
今回は関西国際空港からキャセイパシフィックに搭乗する。

 

 

 
普段は会社員で余暇を不動産等の副業で生活しているが

ビジネスクラスのラウンジに入った途端ゆったりした
日頃感じる空間とは違った感覚を身体が包み込む。

 

 

 

ドリンク、軽食を摂り搭乗してシートで寛ぎながら
機内食で舌鼓を打つ。

 

 

10998857_446961085468687_1931774131481546812_n

 

 

台湾までは3時間のフライトなので丁度機内サービスが終了して
1時間位ゆっくりした所で桃園空港に到着。

その後は台湾新幹線で高雄まで南下する。
商務車は珈琲と茶菓子を用意してくれたのは有難い。
日本の新幹線も見習って欲しい所だ。

 

11046912_447146988783430_594896394524222840_n

 

 

到着後にハイヤーで高雄の街散策し夜市での薬膳鳥スープ
や砂糖キビジュース、愛河クルーズを楽しみホテルに着いたのは
22時頃で部屋から夜景を眺める。

 

11052373_447485145416281_900648032344533192_n

 

 

翌日2日目と3日目も台湾国鉄「自強号」や駅弁、タロコ渓谷、
アミ族の踊り、台湾料理バイキング、翡翠博物館、九份散策

101ビル500mからの夜景、一流ホテルでの充実したサービスを
堪能した。

 

19127_448790555285740_8052008773611760072_n

 

1655983_450646998433429_8721212690395910295_n  10981697_447480452083417_3247912749673526579_n

 

11002607_447465985418197_8791148688607496512_n

 

 

最終日は台北市内のホテル周辺をウォーキング

そして再びビジネスクラスで帰国の途へ付く
こんな生活が出来るのも十分な時間と収入があるお陰だと
実感すると共に感謝の念が沸いてきた。
そしてこの様な生活は誰でも手に入れられるのだ。

それを目指す方を私は応援したいと思う。

 

 



 

 


馬鹿な社長ほど現場に口出しする。

2015年02月16日

馬鹿な社長ほど現場に口出しする。

 

それは事実です。

 

私は普段職場で平社員で働いています。

 

 

転勤自体は殆どないので今の職場はもう就いて8年位経ちます

この先も希望しない限り転勤は無いと見ています。

 

反対に部長や支店長クラスの管理者は2年サイクルで入替と

なりますので私の場合これまで現在の職場で4回管理者が入れ替わり

4人の管理者の方と業務を行って来た事になります。

 

 

 

管理者の本当の役割は一言で言えば

 

「部下にやる気を出させて100%の力を

発揮させるか」です。

 

立場上は管理者は現場に対して様々な権限を持ちます。

 

 

しかし権限を持つのと能力があるのとは全く違います。

現場の業務に精通して状況を一番把握しているのは現場の

従業員です。

 

 

ある意味で現場に対してのプロなのです。

 

 

そこに事情の知らない支店長が口出しをするとどうなるか?

 

 

上手く回っていた仕事が途端に歯車が噛み合わなくなり

本来はお客様からお給料を頂いているのでお客様のために

働いいた従業員は支店長のために業務を行う様になります。

 

 

 

支店長の頭の中は支社や本社の数字の報告の事しか頭に

有りません。

 

 

確かに組織が大きいとそれも大事でしょう。

しかし、その都合で従業員に指示を出せば従業員の不満は大きくなり

業務に力が入る訳が有りません。

 

 

 

急に生産性が低くなり職場の雰囲気がおかしくなります。

社長や幹部はは現場に対して「自分は現場に対して素人だ」と

言う事を理解すべきです。

現場のプロに素人が口出しする。

 

 

2人に1人はこの様な馬鹿な管理者が存在します。

 

 

そして従業員に憎まれながら転勤して行くのです。

 

 

その反対に自分は「何者か」を理解している管理者と

巡り合うと職場の雰囲気が明るく皆活発に働き自発的に

行動するようになります。

2年に一回の転勤なので「どんな管理者が当たるか?」

まさにロシアンルーレットみたいな職場です。

 

 

 

私は平社員で自由な時間を確保しましょうと

呼び掛けています。

 

 

そして空いた時間を使って副業し収入源の分散を

する事を是非お勧めします。

そして何時でも仕事が辞める事が出来る状態の収入の

確保出来る様に頑張りましょう。

 

 



 

 

 


大人しいお客さんが一番怖い理由

2015年02月12日

大人しいお客さんが一番怖い理由
私は本業の他に商品やサービスを提供しています。

余程の事が無い限り個人的な取引でクレームは有りませんが

最近はクレーマーも度を超えて、しまいには逮捕者も

出る始末です。
本業でもお客様にサービスを提供する仕事に付いて

いますが組織も有る程度大きいのでこちら(会社)の不備で

お客様に迷惑を掛けるケースもあります。
その時のお客様の反応は主に3パターンに分かれます。

 

 

1上げ足を取って無理難題を押し付けるクレーマー

2不備に対して的確な指摘して対応に納得してもらえる人

3大人しく「ああ解りました仕方ないですね」で済む人

 
1は同じ事を何時間も時間を話すると反対にこちらの時間を

奪っている事になりますのである一線を超えるとお客では無く

ただの迷惑な人になります。

 

 

2のお客様はサービスの不備が切欠でお客様の意見を実際に頂く

機会がありサービスや業務改善に繋がる有りがたいお客様です。

 

 

3はこちらが不備で迷惑を掛けたにも関わらず意外と大人しく

何事も無かった様に静かにその場を去って行くお客様。

 

 

実は3が商売をする者にとって一番怖い存在なのです。

 
私自身の話ですが3月に台湾へ旅行するためにある旅行会社へ

ツアーを申し込みました。

 

 

出発1か月前に催行人数が少ないため中止の連絡が有りました。

 
事前に催行人数が少ない場合は中止となりますの旨が表示されて

いましたがインターネット申込時点では残人数は4人つまり

あと4人で満員になりますよとの表示がざれていましたので

 

 

「まあ中止になる事は無いだろう・・」と予測していましたが

キャンセル者が出たのでしょう結果的には中止のメールが来て

しまいまして・・

 

 

 

「あっちゃ~・・しまった・・」

 

 

 

1か月前になると殆どのツアーは万席状態でしかも今回のツアーは

台湾の鉄道で巡る企画でしたので例え代替え案のツアーが出たとしても

同じ様な内容の台湾ツアーに行く事はは絶望的に感じられました。

 

 
しかもサラリーマンの私は事前に6日間の休日を取れるように

業務を調整し休日は取れましたがいきなりの空白の6日間が

出来てしまい困惑状態・・

 
旅行会社にすれば催行人数が揃いませんでした。

 

事前に表示してあるでしょ⇒ハイ中止になりました。

 

⇒お金は返金致します。

 

こう言ったところでしょうね。
その後旅行会社からはお詫びの電話が掛かってきました。

その時の私の対応はパターン3の「ああ解りました

仕方ないですね、また今度に・・」

こう答えておきました。

 
電話してきた女性従業員さんは意外にも私が素直な答えなので

少々驚いた様子ですが丁寧にお詫びして頂き終了。

 
恐らくですが催行人数に満たないため海外旅行が中止

になった場合は申込覧に確かに「人数に満たない場合は

催行を中止する場合が御座います」と表示されて承諾の

上で申込む事になっています。

 

 

ですので建前上は旅行会社に責任は有りません。

 
しかしお客様の立場からすると

 

 

・6日間も苦労して休暇を取得しなければならない

 

・申込後は1カ月間楽しみにしていた旅行が中止になり

ショック・・

 

・代替え案のツアーも万席で休日になった6日間をどうすれば

良いのか?
これらの不利益を被るので旅行会社に文句を言う方が9割以上

でしょう。

 

 

実際の文句を言う方が普通かと思いますが・・
お詫びの電話をされた旅行従業員さんも私の素直に解りました

の回答に胸を撫で下ろしている事でしょう。

 

 

しかしこのパターンが会社にとって一番危険なのです。

 

 

 

何もクレームを付けないで去って行くお客様は自分が腹を立てて

文句を言っても身体に悪いだけだと、

 
その代わり次に海外旅行に行く際はこの旅行会社は二度と選択伎

に入らないのです。

 

 

そしてサービスを提供する側はその事に気付かずに売上が

減少して行くのです。

 
クレーマは論外ですがまだ「せめて値段は高くても催行人数を

減らせばどうか?」とか「中止決定をもう少し早く知れば助かる」

とか「催行中止のフォローを充実して欲しい」

 
とか意見を言ってくれるお客様の方が有りがたいのです。
これは反対に自分が接客する立場になった場合常に意識して

いる事でもあります。
ちなみに後日他の旅行会社でツアー検索したところ運良く

台湾鉄道ツアーを発見し出発が決定☆
但し前回ツアーより10万円高い価格でしたがよく見ると

飛行機が往復ビジネスクラス利用でした・・

 

人気ブログランキングへ


2 / 3123
 
ドメインとは