金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

飲酒運転事故の逮捕者はなぜ無くならないか?同乗者はどうなる?

2019年01月10日

飲酒運転での事故ニュースが増えつづける訳は?

 

毎回のように増え続ける飲酒運転事故ニュース
福岡の飲酒運転事故を皮切りに飲酒運転事故の
批判が高まった。

 

しかし現在に至るまで残念ながら飲酒運転事故の

軒数やニュースを見る機会は後を絶たない。

 

・飲酒運転の悲惨さは理解しているが自分とは無関係

・付き合いでストレス解消のためお酒を飲む機会が増える

・地方で交通機関が未発達のため移動は自家用車を利用する

・飲酒するのは良いがその後の行動を考えていない

確かにお酒自体は少量なら身体をリラックスさせてプラスに

なるのだが飲酒した後の行動を自己制御すること自体が

難しいのが原因とも言える。

 

飲酒運転事故のニュースを見ていると「あ~あ馬鹿だな」

と思ってしまうが結構他人事で済ましてしまうことが

殆どではないだろうか?

 

 

 

飲酒運転事故で逮捕逮捕されるとどうなる?

 

飲酒運転で逮捕されると最大で20日間拘留される。

普段の生活を送っている人間からすればいきなり自由が奪われた

環境に放り込まれる訳だから相当のストレスだろう。

確かに生活は朝6時半に起床し21時に就寝するので規則正しいが

携帯電話は取られて外部の接触は当然不可能・・

 

複数の拘留者を同じ場所に拘留される。

プライバシーは無いのでそれも精神的にキツイ

 

弁護士とは何度も接見が可能で食事は1日3回支給され空調設備は

あると言うことだが最大で20日間の拘留で予告もなく生活環境が

一変するのだから冷静に考えて見ると自分のした事とは言え過酷な

生活には違いない。

 

飲酒運転 事故を起こしたら罰則はどうなる?

 

飲酒運転で一番強い罰則で免許取り消し3年だ。

つまり簡単には再びハンドルを握ることはできないと言うこと

車が運転できなければ生活の足として普段から車を使用して

いる人間は生活に著しく不便になる事はひ必至だ・・

 

さらに自分の職業がドライバーで例えば配送ドライバーや

運転手などの職種であれば失業状態になって収入が途絶えて

しまう。

 

これはまだ自分に対してのペナルティだからさらに加えて

事故を起こして相手がたがケガをしたなら補償も必要に

なるが自動車の任意保険に加入していても飲酒運転は補償金が

減額されたり、あるいは全く支払われない場合があるから注意

が必要だ。

 

普段からお酒を嗜む方は是非一度自分の任意保険の加入内容を

確認することをお勧めする。

 

何故ならばお酒を飲んでいる時点で飲酒運転をする可能性が

高くなるからだ。

 

 

 

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。

と定められている。

 

 

 

 

飲酒運転で事故を起こした同乗者はどうなる?

 

飲酒運転事故でグレーなのがこの同乗していた人間は
罪にならないのか?と言う事。

 

これは同乗者が運転車が飲酒しているかどうか?
を知っているか?それとも知らないか?

が飲酒運転で犯罪になるかどうかの分かれ目になる。

当然知っていれば運転者と同様の罰が課される。

ただし自分の罪を逃れようと言い訳をしても
警察の取り調べで運転者の言い分と付き合わされ
言い逃れは出来ないので覚悟が必要だろう。

そして同乗者が飲酒運転の事実を知っていれば
運転者と同様の罰が課せられるので注意が必要だ。

 

飲酒運転を簡単に無くす方法はコレ!

 

飲酒運転で事故を起こせば上記の様に相当悲惨な
生活を加害者と被害者の双方とも送らなければ
ならない。

実際にその事は頭で理解出来ている訳で
「じゃあ、なぜ飲酒運転は減らないの?」
と言う疑問が浮かびあがって来る。

 

飲酒運転を起こす人間の職業で公務員や代議士
教員など普通なら社会人としての見本とならな
ければならない人間も飲酒運転事故を起こす事例
は後を絶たない。

 

まぁ・・私から飲酒運転の起こる背景を観察して
    いれば当然と言えるのだが・・

 

誰も言わないので言ってしまえば・・

「お酒を法律で禁止すれば良い」

 

ただのそれだけ・・

例えば調味料とかある製品に混ぜることは例外として
お酒単独で飲む事を禁止すれば良い。

 

しかし落着いて考えて見れば理解出来ると思うが
飲酒運転をするキッカケは正常な判断が出来ないから
飲酒運転をしてしまうのであろう。

 

アルコールを摂取する⇒正常な判断が出来なくなる。

お酒を飲んだ段階で飲酒運転をする確率は格段に上昇
すると言う事である。

 

どれだけ駄目だと理解しても頭脳がアルコールの影響を
受けて正常な判断が出来ないのである。

 

ただこれを私がなぜ言えるのかと言えば・・

「自分が普段お酒を飲まないから・・」

そうである、もし自分が酒好きで毎日晩酌するならば
黙って大人しくしているだろう。

 

しかし勘の良い人は薄々気付いていると思うが・・

 

 

 


高齢者運転事故は運転免許を取り上げれば解決するのか?高齢者 運転 事故 原因は?

2018年11月28日

高齢者 運転 事故 ニュースが毎日報道される。

 

毎日のニュースで取り上げられている高齢者の運転事故

歳を取れば身体能力と判断能力が落ちるのは当たり前

そんな高齢者が車を運転すれば事故も増えるのは当然
の成り行き・・

 

 

解決策として高齢者から運転免許を取り上げる方法を提案
する人がいるがそれで果たして問題は解決するのか?

 

と言う事で意見を述べてみた。

例えば車が好きで仕方ないので運転する。

 

 

お年寄りでそんな方は無いとは言い切れないが80歳
のおばあちゃんが「車が好きで仕方ない」と言うのは
考えにくい・・

 

車に乗らなければ生活ができない。

と言うのが実際の原因であろう。

 

 

高齢者 運転 事故 本当の原因は?

 

その根本の原因が少子高齢化

子供がいない又は少ない。

必然的に高齢者は自分自身で生活を何とかしなければ
ならない。

 

ひと昔前だったら息子夫婦が

「おじいちゃん、お出掛けなら私が車で送って行きますよ。」

 

こんな会話や光景がよく見られたが今は頼れる人間がいない。

買い物を行くにも郊外であればスーパーだと1km以上の距離
が離れているなんてザラにある。

 

 

それを重い食料品を持って徒歩で帰るなんてお年寄りでは
無理だし健常者でも面倒だと感じる。

 

 

たまの天気の良い日に運動がてら行くのとは訳が違う。

 

 

それならば行政がお年寄りが車に乗らなくても済む
仕組みを造る事が必要。

 

コミュニティバスなんかは安い料金で乗れて移動できるので
良い方法だと思うが若干運転本数が少ないのが難点・・

 

 

結局運転免許を取り上げても新たな問題が発生する事は
予想に難しくない。

 

 

 


吉野家店舗はコンビニによって淘汰される。

2018年11月16日

吉野家店舗はコンビニによって淘汰される。

 

ファーストフードで人気の吉野家最近はやや入店数が

落ち込んでいる様子だ。

吉野家販売

原因の一つとして考えられるのが・・

 

コンビニのイートインスペース。

私も昼間偶にから揚げを購入し空いていればイートイン

スペースで食する。

 

 

地方であれば車内で食べる事ができるが都市部だと

イートインスぺースがあれば気楽に利用できる。

 

イートインスペースは確実に広まりつつある。

 

先日大阪に帰ったがセブンイレブンに行ったらイートイン

スペースでおじいちゃんとおばーちゃんがコーヒーを飲み

ながら楽しく会話していた。

 

 

街中の喫茶店やスタバやドトール等も単に座って食べたり飲ん

だりするのが目的であればコンビニに客を奪われるに違いない。

 

 

吉野家「ちょいのみ」を始めた訳は?

数年前から吉野家が始めた新しいサービス

 

牛丼チェーンの吉野家が、煮卵や牛煮込み、

牛皿などをつまみにアルコール類を飲める

「吉呑み」サービスの対象店舗を、近く全店

(約1200店舗)に広げる計画だ。

 

都心の駅前店舗などが中心だったが、郊外のロード

サイド店舗に広げ、客数、売り上げアップにつなげ

たい考えだ。ただ、吉呑みの拡大については歓迎する

声がある一方、「飲酒運転の懸念が広がる」などの

否定的な見方も出ており、狙い通りに売り上げアップ

に結びつくか、注目を集めそうだ。

 

 

ここでもコンビニが最近になって酒を提供するサービス

を同じく行おうとニュースになっていったが飲酒運転へ

の目が厳しくなったため現在は見送られている。

 

 

ここで気づくのは吉野家やスタバもそうだが他社の

ビジネスモデルで成功した事例をコンビニが同じく

取り入れる事で客を獲得すると言う事。

 

 

これは最強のビジネス戦略とも言える。

 

 

自分で全く新しいビジネスを立ち上げるのはなく

成功事例を真似るだけなので失敗のリスクが非常に

少ないので見ていると参考になる。

 

 

 

大阪の実家に帰った際によく回転寿司に行くがこれも

個人的には少々飽きてきたと言うのが正直な所

回転寿司もこれ以降は転換期かもしれない。

 

 

ただコンビニが回転寿司をやるとは考えにくいが(苦笑)

 

 

 

 


 
ドメインとは