金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

さらばホンダ車ワゴンRに乗り換える

2016年02月08日

さらばホンダ車ワゴンRに乗り換える

 

 

10380971_393084257523037_919471410874287443_n

 

話が長くなるので今回から数回に分けて投稿する事になるがまとめると
登場する車種は以下になる。

 

・ワゴンR5型CVT(平成24年式)レンタカー

・ワゴンR5型5速MT(平成24年式)レンタカー

・ワゴンR3型前期4速AT(平成17年式)レンタカー

中古車で購入を検討されている方には参考になると思われるので実際に
乗車した感想を述べたいと思う。

 

 

結論から言えば10年前のモデルでも車種の選択と信頼のおける店から
程度の良い中古車を購入すれば現在の道路状況に照らしても全く問題
ない性能を有していると言える。

 

 

実際に私が乗車しているワゴンR3型前期5速MT(平成17年式)と合わせて
参考にして頂ければ幸いである。

 

 

以前はホンダライフ5速マニュアル11年式に乗車していた絶対的パワーは
無いし低速のトルク感は薄いがなぜか一旦クラッチをつなぐと粘り
強くスルスルと走る。

 

 

2速でも3速でもオートマの様な感覚でズボラな運転でも良く走り高回転ま
で回しても嫌な振動がないので5速マニュアルを駆使すればエンジンのパ
ワーを十分に発揮して走る事が出来て楽しい車だった。

 

 

燃費のリッター18~20km走る優れものだ。

10万キロ程走行して今後も乗り続けるつもりでタイミングベルトと周辺部品を

約5万円かけて交換した。

 

 

納車後に乗車すると運転席左前方から何だかカタカタと言う音がする。
それと同時にエンジンが2,500回転でクォーンと言うノイズ音が発生
ベルトが新品なのでと言うことで様子を見たが1ヵ月して1,000km走行しても
治まる気配は無し。

 

 

ホンダのディラーに持ち込み修理を依頼。
何とカタカタ音はタイミングベルトを交換時エンジンマウントをずらす時に
キッチリ元の位置に戻されずズレたままの事が判明。

 

 

 

大丈夫か・・と思いカタカタ音は解決したが2,500回転でクォーンと言うノイズ音
は「本来この車の音なので・・」と言う回答でベルトの張りを調整はして貰ったが
それ以上対応して貰えず。

 

 

では例えば欲しい車があったとして試乗してこの様なノイズ音が出た時同じセリフ
をディラーは言うのだろうか?

 

 

「本来この車の音なので・・」

 

 

私なら絶対に買わない。
それよりもタイミングベルト交換前は一切そんなノイズなど無かったのだ。
整備員の腕が落ちたとしか言いようが無い。

 

 

ライフの5速で2,500回転で60km/h

他のギヤでもタコメーター頻繁に行き来する回転数だ。
運転する度にノイズが耳に付く・・
20年以上ホンダの車に乗ってきた。
この時点から約5ヶ月後の12月にススキのワゴンRを購入するまで「次回の選択肢に
ホンダの車ない」と決まった時期だった。

 

 



 

 

 
 

※メールアドレス・URL不要でコメント入力できます☆

 
 


マニュアル車にはメリットが沢山ある

2015年12月06日

車はマニュアルに限る
これはあくまで自分の個人的意見だが・・

先日も中古のワゴンRを購入
12278856_551335188364609_7947921716285250

平成16年式で今から10年程前のモデルだが今のモデルと
比較しても細かい部分はあるとしてもあまり性能の差は
感じられない。
12278863_551335235031271_7022007783036834837_n

 

 

価格は34万円で車検が3カ月残なのと乗車して見て
クラッチを交換して7万円かかった。
総額で40万円チョイ。
最近の軽四は少し程度の良いのを探すとそこそこの
値段がするがその分性能は良い。

11221827_551335295031265_7157632123130888846_n

 

購入決定後に納車まで1週間程を要したのでその間は
代車を借りる事にした。
オートマの軽四を拝借したが普段買い物や通勤に使用
する分には運転はイージーで何ら不満はない。

特に最近のモデルはCVT無段変速のため変速ショック
は無く高速道路などは昔はエンジンが唸りを上げて走っ
ていた頃が懐かしく驚くほど静かだ。

確かに渋滞や坂道発進などは楽なのだが反面交差点を曲がる時の減速、
加速などメリハリのある走りが中々難しいマニュアルと違い身体を動
かす足の操作は格段に減って良いかもしれない。

 

しかし頭を使わなくてもソコソコ走ってしまうのは確実に運転中の良い
意味での刺激がマニュアル車と比べて少ないのは問題である。

 

 

ギヤを入れクラッチを繋ぎ発進し変速しながら自分の
思った通りに車が加速する。

 

当たり前だがこの心地良さがオートマ車には少ない。
マニュアル車にはこの心地良さがある反面少し運転を
誤るとノッキングやエンストなどを起こし上手く走れ
ない。
12289629_551335265031268_5885710448220998150_n

 

 

実はこの「上手く走れない」が操作ミスによる事故を
防いでくれる警告の様な物ではないだろうか?
エンストやノッキングを起こした位では運転者や同乗者
が少し乗り心地が悪い思いをするだけで済んでしまう。

 

オートマ車はそれをカバーしてくれる代わりに大きな
事故になるまで運転者の多少のミスをカバーし続ける。
そしてアクセルとブレーキを踏み間違いなどと言った
どうしようもないミスに発展するまで表面化しない。

 

私自身は旅行などでレンタカーを借りる時はオートマ車
に乗ることもあり確かに便利だなと感じる時もある。

 

ただ自家用車に長年マニュアル車を使用して両方乗車している立場から
見るとマニュアル車でも何ら不便なくオートマ車と遜色無く運転出来て
場合によってはオートマ車よりキビキビ走れメリットがあるように感じる。

 

更に最近感じる事は年配の方がマニュアル車を運転したら良いのでは?

と思う様になった。

 

坂道発進が上手く行かず後ろの車と接触や運転ミスによるエンストや

小さなトラブルは出てくるがオートマ車の様に何十人もの死傷者が

 

出る事故は避けれれる確率は高いのではないだろうか?

 
この機会にマニュアル車の比率をせめて半々位に増えて行けば
良いのになと感じる。

 
 

※メールアドレス・URL不要でコメント入力できます☆

 
 
 

 

ごまおのお勧め!誰でもできる便秘解消法⇒詳細はこちら


アクセルとブレーキを踏み間違えない方法

2015年08月21日

アクセルとブレーキを踏み間違えない方法

 

 

jiko141212

 
 

ここ数年自動車のアクセルとブレーキを踏み間違える
事故が頻繁に起こっている。
 
 

中には74歳住職がが運転する車が葬儀の参列者に突っ込み9人がけが!

葬式で死人が出ればシャレにもならない。

 
 

原因は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」で

コメント欄には「あり得ない」「判断力が鈍くなるのが原因か」

などの見解が多く寄せられた。

 
 

私は20年以上自動車を運転している。
 
 

私自身は平成3年頃に教習所でオートマ車のアクセルとブレーキの
踏み方を教わり運転をしていた。
 
 

当時はオートマ車の車体やシステムも向上して普及率が向上している
最中であり運転が苦手な人や渋滞時などの運転には人気だった。
 
 

初めてオートマ車を運転した感想は、
 
 

「簡単で便利だけど恐いな。」
その恐い部分はまさしく・・

 
 

アクセルとブレーキを踏み間違えだ。
 
 

それが今あちらこちらで現実のものとなっている。

 
 

当時はオートマ車の運転操作に非常に不安を覚えたが
私自身はオートマ車を運転してもアクセルとブレーキを
踏み間違えによる不安は無いと言い切れる。
 
 

それはなぜか?
 
 

皮肉にも当時教習所で教わったアクセルとブレーキを踏み方を
教習所卒業後に実践していないからである。
 
 

私が当時教習所から教わったアクセルとブレーキを踏み方は
右足でアクセルとブレーキを踏むのだが足を移動させる時は
そのまま平行に移動させる。
 
 

1382405718296ss

 
 

これだと通常は自分の右足にブレーキとアクセル出来るのだが

例えば・・

 
 

スーパーの駐車場などから貴方が発進したとしよう。

 
 

直ぐに歩行者が横から出て来るのを見てブレーキを踏む。

少し加速してアクセルペダルに足を置く。
 
 

前から今度は他の車が進入して来るのを発見し再びブレーキ。

再びアクセルに足をのせるのだが前の車がトロトロ運転。

 
 

自分も数秒アクセルを足に置いたまま進む。

その時に横から歩行者が出て来た場合だ。

 
 

教習所で教わった方法だと十数センチ足を並行移動した場合

とっさの時には自分の右足がアクセルなのかブレーキなのか

どちらに置いているのか解らなくなる不安が付きまとう。
 
 

下に潜って目視で一々確認するにもいかないだろう。
 
 

教習所を卒業してからは私はこうしている。

 
 

右足の踵を軸にしてアクセルとブレーキを踏む。

 
 

1382405718296

 
 

これだと自分の足の向きが斜めならばアクセル。

真っ直ぐに向いているならブレーキにそれぞれ

掛かっているのが瞬時に解る。

 
 

あくまで自分の場合だがアクセルとブレーキの踏み間違え

はこれで心配はない状態だ。

 
 

そのそも私マイカーは軽のマニュアル5速なのでレンタカーを

利用する時以外は関係の無いがたまにオートマ車に乗ると

その事を思い出す。
 
 

取りあえず自分の運転方法を紹介したがネットで検索すると

案外同じ事を考えていらっしゃる方がいる。

 
 

また参考にするならあくまで自己責任で、
 
 

物は便利になったは良いがそれが原因で悲惨な事故が増えるのは

悲しい事だ。
 
 

この種の事故が少しでも減る事を祈る。

 
 


4 / 41234
 
ドメインとは