金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

高齢者の運転免許を返納させても事故は減らない。

2019年06月16日

高齢者の運転免許を返納させても事故は減らない。

 

高齢者による悲惨な交通事故の報道が後を絶たない。

 

よく考えてみると4人に1人が65歳以上の高齢運転者で今後も

少子化によって高齢者は更に増えてる訳で現在の高齢者が例え

運転免許を返納したとしても次から次へと高齢運転者は増え
続けることになる。

 

 

従って高齢者が免許証を返納する事は自覚して自分の運転が
危ないと感じて返納するならば良いが強制的に運転免許証を
返納させたとしても解決にはならないだろう。

 

そして事故を起こす年齢も必ずしも高齢者ばかりが多いとは限らず
むしろ免許証を取り立てたばかりの16~19歳の年齢が突出している。

 

高齢者が運転する車が事故を起こすニュースが目に付くが実際の

件数は極端に高齢者が事故を起こす割合が多いかと言うとそうでもない。

 

 

報道する方が視聴率や見出しのインパクトなどから高齢者が事故を起こしたと

報道すれば最近は老害などと高齢者をやたら批判するコメントが多いしある意味

バッシングとさえ捉えられる様な風潮さえある。

 

 

高齢者だからと言って単純に運転能力が衰えると言う短絡的な発想では

なく運転免許証を所持する全年齢を対象に運転技術が足らない者を

いかに運転の技術を磨く機会を与えるかが重要である。

 

高齢者は危険だから運転免許を返納するのは単純過ぎる発想。

 

確かに歳をとれば誰でも判断能力や反射神経も鈍くなるのは当然で

交通事故を起こす確率も高くなる。

 

 

しかし事故を起こす確率は高くなるが同時に無理な運転をしない

つまり急な運転操作を避けることやスピードを出し過ぎ又は

 

交通の流れを乱す程の速度が遅い運転などをしないなど事前に

高齢者自身が自分の運転はどこに欠点があるのかを常に認識して

改善をする意識を持って運転すれば事故を起こす確率も減少する筈

である。

 

 

一番大切な事は年齢に関わらず自分の運転の「ここが未熟」だと言う

ことを自覚している。

 

 

それと共に「どうしたら車を運転する上で自分の課題を乗り越える

事ができるか?」を意識して運転する事であろう。
 

 

それとニュースではよく高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違えて

暴走するニュースを取り上げているが実際の高齢者の起こす事故件数は

ここ数年は横ばいの傾向が続いているのも事実。

 

次に多いのが10~20代の免許取立ての若い層が多くを占める

もちろんそれ以外の年齢層も事故を起こすし何も高齢者だけが

目立って多い訳でもない。

 

 

高齢者は確かに運動能力や反射神経が鈍くなる傾向が強いのは

確かだが中には正常に運転をこなす高齢者もいる訳である。

 

 

一概に高齢者だからと言って一括りにして批判する事はナンセンス

である。

 

 

交通事故を減らすには高齢者の運転を減らすのではなく運転不適格者を減らすこと。

 

高齢者が暴走事故を起こすことによって世間が悲惨な交通事故に

注目しどうすれば悲惨な事故が減るのか議論されることは良いことである。

 

 

たた今のマスコミの報道を見ているとどうやって世間の注目を浴びて

視聴率を上げるか?

 

その格好の材料が「高齢者」と言う事で単に利用されているに過ぎない。

 

勿論高齢者による通常では考えられない運転動作による交通事故で死亡

するケースは沢山あるが根本的な原因はどこにあるのだろうか?

 

 

一つはオートマ車の普及によって運転操作が非常に単純で簡単になった

事によって反対の意味で運転者に悪い癖が付いたことであろう。

 

 

 

昔のマニュアル車であれば両手・両足を使って動かしながら随時運転操作に

集中しなければならなかったがオートマ車であれば運転中はアクセルとブレーキ

だけの操作で事足りてしまう。

 

その運転中に余裕が出来てしまい「ながら運転」が起こしやすい車内環境に

どうしてもなってしまう。

 

 

スマホ・飲食・よそ見・電話・酷い者になると漫画や雑誌を読みながら運転

する者も時には実際いる。

 

 

勿論違法なのだが走行中や夜間などは中々外部から確認しずらい。

 

そんな悪い習慣を持ったドライバーは何人いるであろうか?

 

 

確かに器用な者もいるかも知れないがいずれは痛い目に合う事になろう。

 

悲惨な事故を防ぐにはそう言った「運転不適格者」をいかに減らすか?

を実践するのが一番効果的だと思う。

 

 

これは高齢者だけでなく運転免許を持っている全年齢対象に数年に1回

実地試験を導入して行うことが望ましい。

 

たた実地試験に落ちたからと言ってそこで運転者が自分の運転技術の

未熟な部分を認識して乗り越える教習を行って運転技術の向上を行う

事ができれば再度免許を交付すれば良いのではないか?

 

 

その自分の運転技術の足りなさを理解出来ないドライバーや努力の

機会を与えても上達が見込めない者は運転免許を取り上げても

問題はないと思う。

 

 

本人の車を運転できない不自由さよりも他人が事故に巻き込まれる

法が損害が大きいからだ。

 

 

但しこの問題も根本的には「自動車教習所の生徒=お客様」

 

これが意識として根付いているためここから変える必要も

あると思う。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 


飲酒運転事故の逮捕者はなぜ無くならないか?同乗者はどうなる?

2019年01月10日

飲酒運転での事故ニュースが増えつづける訳は?

 

毎回のように増え続ける飲酒運転事故ニュース
福岡の飲酒運転事故を皮切りに飲酒運転事故の
批判が高まった。

 

しかし現在に至るまで残念ながら飲酒運転事故の

軒数やニュースを見る機会は後を絶たない。

 

・飲酒運転の悲惨さは理解しているが自分とは無関係

・付き合いでストレス解消のためお酒を飲む機会が増える

・地方で交通機関が未発達のため移動は自家用車を利用する

・飲酒するのは良いがその後の行動を考えていない

確かにお酒自体は少量なら身体をリラックスさせてプラスに

なるのだが飲酒した後の行動を自己制御すること自体が

難しいのが原因とも言える。

 

飲酒運転事故のニュースを見ていると「あ~あ馬鹿だな」

と思ってしまうが結構他人事で済ましてしまうことが

殆どではないだろうか?

 

 

 

飲酒運転事故で逮捕逮捕されるとどうなる?

 

飲酒運転で逮捕されると最大で20日間拘留される。

普段の生活を送っている人間からすればいきなり自由が奪われた

環境に放り込まれる訳だから相当のストレスだろう。

確かに生活は朝6時半に起床し21時に就寝するので規則正しいが

携帯電話は取られて外部の接触は当然不可能・・

 

複数の拘留者を同じ場所に拘留される。

プライバシーは無いのでそれも精神的にキツイ

 

弁護士とは何度も接見が可能で食事は1日3回支給され空調設備は

あると言うことだが最大で20日間の拘留で予告もなく生活環境が

一変するのだから冷静に考えて見ると自分のした事とは言え過酷な

生活には違いない。

 

飲酒運転 事故を起こしたら罰則はどうなる?

 

飲酒運転で一番強い罰則で免許取り消し3年だ。

つまり簡単には再びハンドルを握ることはできないと言うこと

車が運転できなければ生活の足として普段から車を使用して

いる人間は生活に著しく不便になる事はひ必至だ・・

 

さらに自分の職業がドライバーで例えば配送ドライバーや

運転手などの職種であれば失業状態になって収入が途絶えて

しまう。

 

これはまだ自分に対してのペナルティだからさらに加えて

事故を起こして相手がたがケガをしたなら補償も必要に

なるが自動車の任意保険に加入していても飲酒運転は補償金が

減額されたり、あるいは全く支払われない場合があるから注意

が必要だ。

 

普段からお酒を嗜む方は是非一度自分の任意保険の加入内容を

確認することをお勧めする。

 

何故ならばお酒を飲んでいる時点で飲酒運転をする可能性が

高くなるからだ。

 

 

 

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。

と定められている。

 

 

 

 

飲酒運転で事故を起こした同乗者はどうなる?

 

飲酒運転事故でグレーなのがこの同乗していた人間は
罪にならないのか?と言う事。

 

これは同乗者が運転車が飲酒しているかどうか?
を知っているか?それとも知らないか?

が飲酒運転で犯罪になるかどうかの分かれ目になる。

当然知っていれば運転者と同様の罰が課される。

ただし自分の罪を逃れようと言い訳をしても
警察の取り調べで運転者の言い分と付き合わされ
言い逃れは出来ないので覚悟が必要だろう。

そして同乗者が飲酒運転の事実を知っていれば
運転者と同様の罰が課せられるので注意が必要だ。

 

飲酒運転を簡単に無くす方法はコレ!

 

飲酒運転で事故を起こせば上記の様に相当悲惨な
生活を加害者と被害者の双方とも送らなければ
ならない。

実際にその事は頭で理解出来ている訳で
「じゃあ、なぜ飲酒運転は減らないの?」
と言う疑問が浮かびあがって来る。

 

飲酒運転を起こす人間の職業で公務員や代議士
教員など普通なら社会人としての見本とならな
ければならない人間も飲酒運転事故を起こす事例
は後を絶たない。

 

まぁ・・私から飲酒運転の起こる背景を観察して
    いれば当然と言えるのだが・・

 

誰も言わないので言ってしまえば・・

「お酒を法律で禁止すれば良い」

 

ただのそれだけ・・

例えば調味料とかある製品に混ぜることは例外として
お酒単独で飲む事を禁止すれば良い。

 

しかし落着いて考えて見れば理解出来ると思うが
飲酒運転をするキッカケは正常な判断が出来ないから
飲酒運転をしてしまうのであろう。

 

アルコールを摂取する⇒正常な判断が出来なくなる。

お酒を飲んだ段階で飲酒運転をする確率は格段に上昇
すると言う事である。

 

どれだけ駄目だと理解しても頭脳がアルコールの影響を
受けて正常な判断が出来ないのである。

 

ただこれを私がなぜ言えるのかと言えば・・

「自分が普段お酒を飲まないから・・」

そうである、もし自分が酒好きで毎日晩酌するならば
黙って大人しくしているだろう。

 

しかし勘の良い人は薄々気付いていると思うが・・

 

 

 


本当に煽り運転から身を守る方法とは?

2018年09月25日

本当に煽り運転から身を守る方法とは?

最近問題にされているあおり運転

皆さんもご存じだと思うが殺人にまで発展してしまう

恐ろしい事例もある。

あおり運転で問題になるのは実際にあおる

後続車が問題になることが多い。

 

煽っているのは後続車なので・・

 

それは事実・・

 

ただ・・

 

毎日車を運転して月に何回も煽られる人は・・

煽られる側にも原因がある。

 

 

煽る人間が悪いのは確かだがそれは誤解のない様に。

 

煽られる人間の運転パターン

パターン1

 

交通の流れに乗らず法定速度以下で走る感違い車

法定速度は守る必要がある・・

 

 

しかし実際に交通の 流れに巡航して車を走らせた方が

安全に運転出来るし後続車にも迷惑が掛からない。

 

 

ここで言葉と頭だけで理解している人間は・・

 

 

法定速度を守る⇒標識が50㎞制限⇒車のメーター時速

50㎞弱で運転する。

 

これで実際に運転すれば必ず後続車が数珠繋ぎになってしまう

運転者も法定速度以下で走行しているので悪いと言う認識が無い。

 

道交法では問題無い・・

 

 

しかし実際には多くのドライバーが迷惑する事実に気付かない

鈍い人・・

 

 

なので後続車に気の短いドライバーに遭遇すれば車のスピード

メータは平均5~8㎞弱誤差がある。

 

 

法定速度プラス10㎞以内で走行すれば問題ないので

頑なに低い速度を維持している時に気の短いドライバーに

遭遇すると当然煽られる。

 

パターン2

2車線で追い越し車線を鈍い速度で延々と走るドライバー

 

よく遭遇するパターンで法定速度を守っているなら

追越し車線を走っても構わないと感違いしているドライバー

 

 

左車線が空いていればそこから追越ししてパスできるが

最悪なのは後ろが数珠繋ぎ・・

 

 

しかも前方がガラガラで左車線を走行している車と平行に

仲良く走行しているドライバー

 

「邪魔なのでゆっくり走るなら左車線に行けば良いのに!」

と言いたくなる。

 

 

一般道で右折する為に一時的に右車線に入るなら

理解できる。

 

そうでも無く高速道路でこれをやるドライバーは

個人的に・・

 

「煽られたいんだよね?」

 

と聞きたくなる。

 

 

自己 の考えに凝り固まって

「自分は法定速度で走行しているので何が悪いのか?」

そう言う感じで運転している車を先日見たが・・

 

数分後・・

 

トラックに煽られている@@

 

 

馬鹿ですね・・

 

素直に左車線に行けば良いのに・・

 

 

ニュースで煽り運転を報道された時は煽ったドライバー

が悪いと言うのは事実。

 

 

 

自分から言わせれば本当に煽り運転を無くすには反対に

 

煽られるドライバーはどんな運転をしているか?

 

 

これを観察して気の短いドライバーに煽りを誘発

させないのが得策と感じる。

 

傍から見てれば・・

 

「ああアンタ・・煽られるよ・・」

 

と言うか煽られて絡んで欲しいのか?

 

と思うくらい変な運転をする奴も結構多い

 

 

ユウチューブの撮影ネタにでもするのか!?

 

煽りたい奴と煽られたい奴・・

 

需要と供給が一致して良いじゃないか?

 

こう言う場合は他人事の様に横目で見ながら通り過ごす。

 

 

☆本当に煽られたくないのならどうするか?☆彡

 

 

例えば一般道で法定速度プラス10㎞以内で走行して

それほど周囲の車の交通状況を乱していない・・

 

 

他にも運転免許取り立てで運転操作が安全のため

ゆっくりなのは当然仕方ない。

 

 

そんな状況にも関わらず煽られた場合はどうすれば

良いか?

 

まずはスピードメーターを確認して法定速度が時速50㎞

なら実際の速度は メーター誤差で実速度が遅いので

メーター読みで60㎞と少しまで速度を上げてみる。

 

 

そこで後続車が車間距離を開ければ解決するが・・

 

 

それでもピタット後ろに付かれる場合は?

 

 

先ずは前方に注意して決して急ブレーキを踏まないこと、

前方周囲を見渡して路肩が広い部分を探して見つけたら

左ウインカーを出してゆっくり速度を落として路肩に

停車する。

 

 

 

とにかく煽り運転の車を先に行かし離れることだ。

 

コンビニや店舗があればそこの駐車場に一旦入ってしまい

やり過ごすのも良い。

 

 

手間はかかるが接触事故や更なる煽りを受ける位なら

こちらの方が非常に安全だから。

 

些細なことで殺人にまで発展する煽り運転車の性能は進化

 

しても人間の性能はどうやら進化してない様だ。

 

 


 
ドメインとは