金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

新型カローラハッチバック6MTのエンスト防止機能は余計なお節介なのか?

2018年06月12日

新型カローラハッチバック6MTのエンスト防止機能は余計なお節介なのか?

スタイリッシュなデザインと共に12年振りに発売となる

カローラハッチバック

 

今回自分が注目しているのは6速マニュアルの1,200㏄

ターボ車。

 

質感も中々で見ていても楽しい。

 

 

さてマニュアル車と言うと失敗しながら上手く操れる

様になった時に乗りこなす喜びも楽しみの一つ。

 

 

しかし今回のカローラハッチバックにはアシスト機能

の一つとして発進時のエンスト防止機能が付く。

 

 

確かにあれば便利な機能で坂道発進には重宝

するだろう。

 

 

ただ個人的に気になる事が一つ・・

 

 

このエンスト防止機能だが例えばエアコンを付けて

エンジンをかけたまま2名とか複数乗車で駐車場で

停止している場合

 

 

何らかの拍子で誤って助手席の人がシフトレバーに

触れギヤが入った場合はどうなるのだろう?

 

通常のマニュアル車であればエンストしておしまい。

 

 

だがここでもエンスト防止機能が働くのだろうか?

 

 

エンストせずにそのまま前進すれば恐い事になる。

 

 

夏場はエアコンを付けて運転者だけが数分離れる

ケースだとオートマだとパーキングに入れてサイ

ドブレーキを引けばまず問題は無い。

 

 

と思うが子供だと特に注意が必要かもしれない。

 

 

恐らくサイドブレーキを引くとエンジンが止まる

など何かしら対策はしているかと思うが

 

便利な機能が心配のタネになる場合もある。

 

 

 

その辺が明らかになって納得出来ればあとは

エンスト防止機能にしろブリッピング機能しろ

特に否定はしない。

 

 

まぁ、出来ればオン・オフの設定が出来れば機能

がある時と無い時の差が確認出来て良いと思う。

 

 

1,200㏄ターボと言うとスイフトRSの5MTで

1,200㏄自然吸気とスイフトスポーツの丁度中間

のパワーの大きさをイメージするが

 

 

 

既に発売されているC‐HRでも1,200㏄ターボ車が

あるがこちらはCVT車でしかも車重は1,400kg以上

で重くやはりパワー感に欠ける意見が多い。

 

 

現在カローラハッチバックの詳細スペックは不明だが

車重がどうやら1,300kg台になる模様で確かにC-HR

よりかは軽いが・・

 

スイフトは1,000kg弱だ@@

 

スイフトRSの5MTと比べるとエンジンだけならターボ

の分強力だが車重が300kgも差があれば相殺されてし

まうだろう。

 

 

 

 

カローラハッチバックのシャシ性能が格段に良くなっているため

1,200㏄ターボでエンジンをいっぱいに回してもシャシに余裕が

あるために「もう少しパワーが欲しい」となる部分もあるに違いない。

 

まっ、実際乗って見れば解る事なのだろうが(笑)

色々想像するだけで楽しくなって来るのには間違いない。

 


新型2代目の日産リーフが売れない本当の理由

2018年06月04日

新型2代目の日産リーフが売れない本当の理由

 

モデルチェンジして悪評高かったデザインが一新された

新型日産リーフ。

 

特にパッと見てフロントがシャープになって重厚感

がありながらドテッとした感じが無く取りあえずは

誰でも違和感なく受入れられるデザインだろう。

 

確かに自分はEV車に乗っているの他の誰から見ても解る

変わったデザインも良いが・・

 

 

旧型のデザインは確かに電気自動車だと誰でも気付く

デザインだがズングリして好き嫌いがハッキリ別れる

かと・・

 

と、言うより・・好きになる人がいるのか?

と言うくらいイマイチのデザインで

受けが良くなかった・・

 

 

個人的にリーフの一番のネックと思うデザインが改善されたので

販売台数が伸びるのかと楽観的に考えていたが新型リーフの

販売が思わしくない。

 

もちろんネックは航続距離の問題も事実。

 

しかし旧型でも欲しい人は購入して乗っていた

方は実際いらっしゃる。

 

それに今回新型は距離が伸び満足行かないながらも

改善されたのも事実。

 

私が新型リーフが売れ悩んでいる一番の原因は・・

 

 

それはノートeパワーの大ヒット

 

これが一番の原因だと思う。

 

一昔前はハイブリッド車は地球環境に貢献できるとか

そんな理由を本気で考えて乗る方が結構いらっしゃった

と思う。

 

しかし年が経つに連れて実際にハイブリッド車や電気自動車は

走行時にはCO2の排出は少ないもしくは無い。

 

 

しかし製造から廃車した車体を処分する過程でみれはCO2の発生は

対して変わらない。

 

 

ハイブリッド車でも発売当初はガソリン代が掛からないのが

大きなメリットで購入された方も多い。

 

実際車両価格がハイブリッドとノ―ハイブリッドの価格差は

40万円くらい。

 

 

例えばガソリン代は安いが元を取るには1年で10,000㎞

以上走行して3年以上走らなければならないとか大体そんな

のが実情。

 

 

中にはハイブリッドじゃなくても自然吸気エンジンで

リッター20㎞以上走るコンパクトカーや安い軽油のディーゼル

ターボ車などもあれば単に維持費が安いのが目当てならハイブリッド

や電気自動車にのる必要はない。

 

なので電気自動車の走行フィーリングを味わいたいとか

ハイブリッド車のメカその物を日常で体験したい。

 

 

そう言った価格は置いといて車自体に魅力を感じでこの車に

乗りたい。

 

 

 

そう言う方が購入すれば間違いの無い選択になるだろう。

 

 

以上の事を考えれば新型リーフが売れないのも肯ける。

 

わざわざ新型リーフを購入して航続距離や重電の心配をしなくても

ノートeパワーに乗れば電気自動車の加速・減速などの

メカフィーリングは一緒@@

 

 

航続距離の問題も今まで通りガソリンスタンドに行って給油

するだけ(笑)

 

 

だから新型リーフは売れ悩むのも仕方ないであろう。

 

 

 


高齢者の事故で被害者以外の次に大きな迷惑を受けるのは誰?

2018年06月01日

高齢者の事故で被害者以外の次に大きな迷惑を受けるのは誰?

 

高齢者が自動車を運転して事故るニュースが多く報道されている。

 

アクセルとブレーキを間違えて建物に突っ込んだと言う事例は

「またか・・」と言う感じで最近聞いても特に珍しいとは思わない。

 

 

 

高齢者の事故が実際増えたのかと言うと恐らく事故件数が増えたと言う

より報道される件数が増えたと言うのが正解だろう。

 

 

事故を起こした場合被害者が一番の迷惑なのは間違いがない。

 

ではこれだけ高齢者が運転して事故を起こしたと報道して

その次に迷惑を被る人・・それは誰か?

 

 

それは普通に迷惑を掛けず車を運転する能力のある高齢者である。

 

 

確かに年を取ると運動能力が落ちてくる。

 

確かに異常に速度の遅い運転や動作が鈍い危険な運転をする高齢車ドライバーは

検査して異常が認められれば運転免許は取り上げても良いと思う。

 

 

 

しかし普段から健康管理をしっかりして気を使って身体能力を維持して

加速や減速・カーブや侵入などスムーズに問題なく行えるなら例え高齢者で

あっても運転して頂いて自分は一向に構わない。

 

 

他人様に迷惑を掛けないのだから。

 

 

この場合突発的な事故は別に考える。

 

 

それと速度の遅い運転や動作が鈍く危険なドライバーは高齢者だけなのか?

年齢・男女問わす多かれ少なかれその様なドライバーは必ずいる。

 

 

高齢者だから危険・・〇〇だから運転に向いてない・・

 

 

ニュースで報道される件数が多ければ多いほどこの様な短絡的な

発想に繋がりやすいので注意が必要だと思う。

 

 

 

例えば70歳以上は運転免許を強制返納と決めても確かに70歳以上の

事故を起こす確率はゼロになる。

 

 

 

しかし実際は70歳以上で正常に運転出来る人が運転出来なくなり迷惑なだけである。

 

 

 

それより年齢に関係なく運転技術の低いドライバーをどうやって運転技術を

向上させる機会を設けるかが重要だと思う。

 

 

元レーシングドライバーの黒澤元治さんは1940年生まれでとっくに70歳を超えているが今でも

実際にあらゆる自動車を運転し綿密なインプレッションをして読者を唸らせている。

 

 

この人の活躍を見ていると生まれ付き持った物もあるかと思う。

 

そこまで行かなくても長年健康管理に気を使い順調な体調を維持されている高齢者と

自己管理が出来ず認知症や運動神経が鈍い高齢者と一緒くたにするのはオカシイな話である。

 

 


アルトワークスに再びハイオク各ガソリンメーカーレビュー

2018年05月14日

1月からアルトワークスに再びハイオクガソリンを入れる訳

 

以前アルトワークスに2回ほど試しにハイオクガソリンを入れて
走行した時期があった。

結局はレギュラーガソリンに戻したが実は再び今年の1月から5月現在
までずっ~とハイオクガソリンを入れて走行している。

その一番の理由は・・

 

一々規定の走行距離で洗浄剤を添加するのが面倒だから(笑)

エンジンの洗浄剤で有名な商品はフエールワンが一番知名度が

高い。

 

 

最初は8,000kmごとにフーエルワンで洗浄剤を添加することにして

早速オートバックスで1本1,800円で購入

 

ガソリンタンクが27リットルと小さめの為一回の給油でフエールワンを

半分投入して450km走行して再び残り半分を投入。

 

2回連続で約900km走行してエンジン洗浄を行う。

 

ただ月に1,200km~1,400km走行する自分にとってこれが結構エンジンオイルも

約4,000km弱で交換している事と合わさると計算が煩わしい・・

 

そこでハイオクガソリンにはエンジン洗浄剤は添加されているのを思い出し

再びハイオクガソリンを試しに使用するとレギュラーガソリンの燃費がリッター

18.5kmなのに対しハイオクガソリンにした所19.6kmに向上。

 

メーカーにもよるが平均して0.8kmはレギュラーより走る。

 

レギュラー8,000km÷18.5=432リットル

432リットル×141円(単価)=60,912円

 

ハイオク 8,000km÷19.3=414リットル

414リットル×152円(単価)=62,928円

 

 

レギュラーガソリンとハイオクで比較すると約8,000km走行すれば

ハイオクガソリンは高いが燃費が良い分差額が約2,000円高いことに

なる。

 

 

フーエルワンが1本1,800円なのでレギュラーガソリン+フーエルワンと

ハイオクガソリンで走り続けるのとほぼ同額になる。

 

ハイオクガソリンを入れるメリットは

 

個人的にだが・・

 

1、例にあげた様に一々洗浄剤の添加タイミングを給油時に計らなくても

 給油のたびに常にガソリンに洗浄剤が添加される。

 

 

2、メーカーにもよるがアクセルのツキは全体を通してフィーリングは良くなる

 メーカーにより若干バラつきあり。

 

 

 ただしこれは私の場合週に4、5回通勤で往復50kmし休日でもワインディング

 走行を楽しんでいるので毎日ある程度の距離や時間をドライブしないと

 微妙なエンジンの加速フィーリングの違いは解らない。

 

 

 休日など週に1,2回乗る程度だと解らないかも知れない。

 

 

 ただハッキリ体感できるのは5,200回転以降のフィーリングの改善

 レギュラーの時は5,200回転過ぎからはアクセルを踏んでもゆっくり

 ながらもタコメーターの針は上昇するもののエンジンノイズが増え

 

 いかにも軽四自動車が必死に走っている感が出て低中回転の図太い

 エンジンサウンドで余裕の加速をしたフィーリングから一転してしまい

 自分は購入してから5,500回転以上は回した事がなかった。

 

 

 

 ただハイオクに変更して3ヶ月程経った頃に再び高回転域のフィーリング
 
 をチェックした所グイッとアクセルを踏めばアクセルの踏みシロとタコメータの

 針の上昇が先ず先ずリンクする様になり6,500回転付近まで回しても違和感が

 かなり無くなって良くなっている。

 

 

吹けあがると言った感覚ではないがスムーズに回ると言った感じ

エンジンノイズもそれ程気にはならない。

 

 

なので普段は無理に高回転まで回すよりやはり5,000~5,500回転付近でシフトアップした

方が速い。

 

エンジンの耐久性もこちらの方がプラスになる。

 

 

ただこの高回転のフィーリング向上が普段は使用しないが低中回転域を使用して

走行する時に心理的に余裕が生まれるのは好感が持てる。

 

それ以降は月に2回ほどは高回転のフィーリングを味わっている。

 

この5か月間で給油したハイオクガソリンは以下の通り

 

エネオスヴィーゴ  4回

 

エッソ石油シナジー F-1 4回

 

コスモ石油スーパーマグナム 2回

 

昭和シェル石油 V-Power 2回

 

ガソリンタンクの残量が3リットル以下の状態で給油(満タンで27リットル)

各メーカーによってそれぞれ燃費とアクセルのレスポンスが微妙に向上

するが流石にECUを交換したり直接手を加えた場合とは異なる。

 

 

均一に薄~くレスポンスが向上した感じと高回転のフィーリングは先ほど

述べたが体感はしやすかった。

 

特に各ガソリンメーカーのHPを見れば色々な効果が表記されているので

その情報が頭に入って先入観で判断し易いのは十分承知なので走り方

も飛ばし気味やゆったり走行色々パターンで試す。

 

 

ハイオクガソリン超個人的レビュー

 

エネオスヴィーゴ

 

実際一番気に入ったのは「エネオスヴィーゴ」冬場の気温ゼロ度付近の走行が

多かったにも関わらず燃費がレギュラーの18.5㎞/Lに対しこちらは19.7㎞で

リッター1㎞以上も向上。

 

しかもアクセルレスポンスは下から上まで均一にフィーリングが向上して

いるので扱い易い。

 

 

しかもアクセルをガンガン踏んでこの高燃費なので低めの1速・2速でギューン

と加速しで3速で速度を乗せて強烈な加速を存分に味わえる。

 

 

ワークスの体感加速は強烈なのだが実際の速度はそれ程高くないので

その分安全に楽しめるのも良い。

 

高回転のフィーリングも○

 

利点として同じハイオクでも

高い料金を払うなら一番パフォーマンスを発揮出来る銘柄を選択出来ること。

 

反対に給油の時には近くにエネオスのスタンドが無い場合は面倒なこと。

 

通勤・買い物でドライブするパターンが多いのでエネオスはやや場所的に

計算が必要な場合があった。(個人的事情だが・・)

 

 

エッソ石油シナジー F-1

 

こちらのハイオクも使用頻度が多かったエネオスヴィーゴと似た

フィーリングで好感が持てたが燃費は若干エネオスヴィーゴより

落ちる。

それでもレギュラーより良いのでリッター約19.0㎞

ただガソリンスタンドが通勤・買い物で使用する場合ちょうど

良い場所にあるので給油する機会も多い。

 

 

コスモ石油スーパーマグナム 

 

同じくアクセルレスポンスは下から上まで均一にフィーリングが向上

ただエナオスとエッソと若干マイルド。

 

 

なのでこの辺になって来ると正直「ハイオク」を入れていると言った

ラべリング効果の方が効いていると感じる(苦笑)

 

 

しかし高回転域のフィーリングは良いのでやはりレギュラーとは異なる

と実感。

 

ただ燃費はレギュラーより良いがリッター18㎞後半に留まる。

 

 

昭和シェル石油 V-Power

 

コスモ石油スーパーマグナムと燃費は同じ感じ。

こちらは中回転域からアクセルのツキが若干良くなる傾向で扱い難さは

無かったがどちらかと言えば均一にレスポンスが向上した方が好み。

 

 

結構V-Powerはどうですか?と広告効果が大きいと感じる(笑)

 

ただハイオクを入れる一番の目的で「常に洗浄効果が期待できる」と言う

点では目的をクリア―しているので時々入れて見たいと思う銘柄。

 

 

結論として洗浄剤を入れる手間は省けてエンジンパフォーマンスも微細

ながら体感できるのでメリットは個人的にある。

 

 

それと基本セルフスタンドを利用するためお気に入りのエネオスのスタンドが

給油時に離れている場合があってタマに他のコスモ石油で給油することもあるが

乗り比べと言う観点から見れば反対に楽しめる。

 

高いけれど個人的にはメリットを考えると安いと言う事になった☆

 

手間を掛けずに新車を最も安く買う方法⇒【クリック】

 


ソフト99(SOFT99) ワイパービビリ止めは効くのか?(結論)

2018年05月11日
ソフト99(SOFT99) ワイパービビリ止めは効くのか?(結論)
 
 
1月に投稿した記事で
ソフト99(SOFT99) ワイパービビリ止めは効くのか?
あれから4か月程経って5月になった。
 




 
 
ゴールデンウィーク前後で結構雨の日が多かったので
ワイパーのビビリを気にしながら2月、3月は走行したのだが
4月になって殆どワイパーゴムは引っ掛かりが無く順調に
作動している。
 
 手間を掛けずに新車を最も安く買う方法⇒【クリック】
 
ただこの手の商品はレビューを見ていると☆が5つの人も
いれば☆1つの人もいてかなりバラつきがある。
 
 
実際は性能的にはどう評価すれば良いのだろうか?
4か月経ってみて「ソフト99(SOFT99) ワイパービビリ止め」
の感想と総評価は・・
 
 
 
・私の場合は冬場凍ったガラスを無理矢理ワイパーを掛けてしまい
 ゴムが痛んだのがビビリの原因
 
・それが無ければ撥水式のワイパーゴムで問題無く動作していたので
 昨年の11月交換したので残り6カ月経てばまた新品に交換するため
 それまでの繋ぎとしてビビリ止め溶液を使用。
 
・1回目の塗付で1回の雨天時は順調に作動したが2回目から再びビビリ
 が発生
 
・1回の雨天走行(30~50分)終了後、翌日天気が良い日に予め溶液を
 
 夜間などに塗付てワイパーを立てておけば次回の雨天走行まで安心
 
・2月、3月は雨天走行が1~2回と少なかったが天気の良い日に周1回
 雨天走行無 しでもビビリ止めを塗付
 
・4月中旬に入って一度ビビリ止めを塗付したその間に5月まで
 まとまった雨で4回程ワイパーを使用したがワイパーゴムの動きは
 スムーズで引っ掛かる気配は全く無し。
 
 
 
※結論として初めの1~3回までの雨天使用はその都度ビビリ溶液を塗付
 する必要がありだがその日の運転終了の夜に1~2分作業するだけ、
 しかも1~2週間に1回程度でビビリから解放されるのでそれ程手間には
 感じなかった。
 
 
 5回、6回と繰り返している内にワイパーゴムが溶液に馴染んできている
 ためか現在一か月程ノ―メンテナンスで4回程を雨天走行(結構強い雨)
 が異常無しなので使う回数が増えるほど効果が持続する。
 
 
 
 
   なので最初の段階で直ぐに効果が無いと言って結論付けるには勿体ない
 と言う感じがした。
 
 
 
 但しホンの僅かだがフロントガラスの雨水のふき取り効果が弱くなるが
 運転には支障が無かった(フロントガラス撥水処理済み)
 
 
 
 個人的には購入して正解!!良かった(笑)
 
 




 

 


1 / 41234
 
ドメインとは