金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは

トヨタCHR6MTのGR仕様で高速道路をフル加速してみた。

2021年07月12日

トヨタCHR6MTのGR仕様で高速道路をフル加速してみた。

 

スポーツモードでも走行

 

1.2ターボで車重が1,300㎏なので必ずしもパワーでは
強力ではないが下からねばり強いトルクが発生し意外と
非力さはない。

 

引き締まった足周りだが硬めのダンパーの効いたサス
は乗り心地が良い。

 

ハンドルを握るとガッシリとした剛性感が身体に伝わって
くる。

 

トヨタCHR6MT3速フル加速

 

さて高速の加速レーンから3速に入れてフル加速してみると
モーターの様な滑らかで扱いやすいトルクで車速の乗りが
よく本線に合流する際は余裕で合流できる。

 

 

スイフトスポーツの様な豪快なトルクではないがアクセル
の踏みに対してトルクの出方が絶妙で高回転まで回して
走行を楽しむのは魅力的なトルク特性。

 

但し3速6,000回転付近でも時速120㎞はオーバーして
しまうので要注意!

 

他にも気付いた点を動画で述べてみた☆


GRヤリス RZ ハイパフォーマンス 2速フル加速!暴力的な加速!とバックギヤ操作感とUターンを試してみる☆

2021年07月11日

GRヤリス RZ ハイパフォーマンス 2速フル加速!暴力的な加速!とバックギヤ操作感とUターンを試してみる☆

 

今回は新型GRヤリス RZ ハイパフォーマンスで一般道を走行

 

最高出力 272ps/6500回転

最高トルク37.7kgf・m/3000回転

車両重量 1,280㎏

 

と明らかに一般公道ではパワーとトルクが持て余し気味
だが実際に走らせて見ると下からの分厚いトルクによって
アクセルワークに気を付ければ案外扱いやすく楽しい。

 

 

荒削りの豪快さがエンジンの低回転域でも味わえるので
GRやリススの本領は発揮できないが片鱗を十分味わえる。

 

2,000回転付近のエンジン音はもう少し大きくても騒音に
ならないし雰囲気的に良いのかな?と正直思った。

 

但し調子に乗ってアクセル開度を広げていくと3,000回転
過ぎた辺りから一気にトルクが沸き起こり暴力的な加速が
始まるので要注意!

エンジン音も荒々しくグオーンと言う豪快なサウンドが
車内に響き渡る。

 

最小半径は5.3mとスポーツタイプなのでハンドル切れ角が
少ない分ユウターンでの切り替えしが必要な場合が多いが
今回バックギヤの入りと操作感も動画で語ってみた。

 


ハイオクガソリンの問題を見てアルトワークスの今後の給油方法を考える☆

2021年01月19日

 

ハイオクガソリン不正問題で洗浄剤は嘘だったのか?

 

 

今回はハイオクガソリンの表示不正問題と自分自身も
愛車のアルトワークスにハイオクガソリンを普段から
給油しているので今後どうするか?

を考えてみたいと思う。

アルトワークスを購入して4年経つが最初の半年は普通に
レギュラーガソリンを給油していた。

 

軽自動車は全てレギュラーガソリン使用なのでわざわざ高い
ハイオクガソリンを入れる必要性を感じることはなかったの
で当然の事であると思う。

新車で購入したアルトワークスだが今後の事を考えると
出来るだけ長くベストな状態で乗りたいと言う気持ち

から以前の愛車であったホンダのトウディ5MTの事が
頭に浮かんだ・・

以前の愛車ホンダのトウディ5MTの場合走行12万㎞位から
エンジンの吹けが悪くなる現象が起きる。

ディラーに出向き診てもらうろ燃料の噴射部分にカーボンが
溜まっているとの事。

 

何度も洗浄剤を流し込んで不調を回復させるが1年弱経つと
また同じ症状が出てきて頻繁ではないが1年に一度吹け上がり
の不良を対処して貰っていた。

 

走行中にこの現象が起きると結構焦るし不安な気分になった
ものだ。

 

その経験からワークスの場合は走行5,000㎞に一度フェールワンを
給油の時に投入していた。

使い方は給油の際に適量を入れるだけなのだが月に1,500㎞程走行
すると結構頻繁にフェールワンの投入時期がやって来る。

 

他にもエンジンオイルが3,800㎞毎に交換しているので交換の
タイミングを一々チェックするのが面倒だなと思った時・・

 

ネットで「ハイオクガソリンには洗浄剤が入っていると言う記事を
見たのがハイオクに興味を持ったきっかけだった。

 

ハイオクガソリン効果は本当にあるのだろうか?

 

要するにアルトワークスにフェールワン等の洗浄剤を入れて将来的にも
エンジンをベストコンディションに保つ事が目的なのだが投入タイミング
が頻繁なので面倒だった・・

なのでハイオクガソリンに洗浄剤が入って入ればリッター11円は高いが
一々添加剤を投入するタイミングを気にしなくて良いと思ったのである。

 

もちろんハイオクガソリンに洗浄剤が入っていればの話だが・・

 

実際に2年ほど入れて見ての実感した事は以下の通り

 

・燃費がレギュラーよりも平均リッター1㎞程良い

・5,500回転以上の回転フィーリングが向上

 

さすがにエンジン内のカーボン除去は確認すること自体出来ないが

ハイオクを入れて運転している際には結構気分的にもプラシーボ効果が

働いて気分良く運転していた(現在もそうだが・・)

 

レギュラー仕様のアルトワークスに特にハイオクガソリンを入れても

不具合は無い。

「燃費がレギュラーよりも平均リッター1㎞程良い」これは何度も試して

実感できたので実際に洗浄剤が入って入ればフェールワンを購入する手間が

省けてレギュラーガソリンとの価格もある程度相殺できるメリットがある。

 

「5,500回転以上の回転フィーリングが向上」

 

実際アルトワークスの場合低中回転域のトルク感が濃厚で5,500回転までが

パワーバンドでそれ以上は頭打ち感が強く高回転域はスパッと切り去った

感じのパワーフィーリング。

 

なので実際に使うエンジン回転域は5,500回転以下が9割位で後はたまに

高回転域を意図して使用するとき以外は使用しないので回転フィーリングが向上

するのは良いのだが実際はメリットはあまり感じない。

kkkkk

 

レギュラー車にハイオクガソリンを入れて洗浄効果は?

 

実際に問題になった洗浄剤の添加虚偽表示だが各社で表現が異なる。

 

唯一昭和シェル石油のVパワーだけがガソリンに洗浄剤を添加していた様だ。

ただHPの表記画像は8,000㎞走行した場合は殆どのカーボンが除去され

綺麗な状態のエンジン部品が映っている。

 

しかし実際に他のユーチューバーの方が昭和シェル石油のVパワーを使用して

試してみた所昭和シェルのHP程は綺麗にならず見比べると若干は綺麗かな?

と言う位に改善された程度だった。

 

その他のメーカはお詫びのメッセージや洗浄剤の表記がそのままで何の対応も

ないものも見られる。

 

コスモ石油の場合はスーパーマグナムの場合洗浄効果ではなく汚れが付着しにくい

との表現に修正された。

と言うことで昭和シェル以外は洗浄剤は添加されてなく仮に昭和シェルVパワーを

入れたとしても効果は微々たるものだろう。

レギュラーガソリンにフェールワンを投入した方

が遥かに効果的であろう。

次回は現在ハイオクガソリンを入れているアルトワークスをどうするか?

考えて見たいと思う。

 

 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


■プロフィール

■プロフィール文

■フリースペースタイトル

■フリースペース記事

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

 
ドメインとは