金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

馬鹿な社長ほど現場に口出しする。

2015年02月16日

 

 

馬鹿な社長ほど現場に口出しする。

 

img1
私は普段職場で平社員で働いています。

 

 

転勤自体は殆どないので今の職場はもう就いて8年位経ちます

この先も希望しない限り転勤は無いと見ています。
反対に部長や支店長クラスの管理者は2年サイクルで入替と

なりますので私の場合これまで現在の職場で4回管理者が入れ替わり

4人の管理者の方と業務を行って来た事になります。

 

 

 

管理者の本当の役割は一言で言えば「部下にやる気を出させて

100%の力を発揮させるか」です。
立場上は管理者は現場に対して様々な権限を持ちます。

しかし権限を持つのと能力があるのとは全く違います。
現場の業務に精通して状況を一番把握しているのは現場の

従業員です。

 

 

ある意味で現場に対してのプロなのです。

 

 

そこに事情の知らない支店長が口出しをするとどうなるか?

 

 

 

上手く回っていた仕事が途端に歯車が噛み合わなくなり

本来はお客様からお給料を頂いているのでお客様のために

働いいた従業員は支店長のために業務を行う様になります。

 

 

 

支店長の頭の中は支社や本社の数字の報告の事しか頭に

有りません。

 

 

確かに組織が大きいとそれも大事でしょう。
しかし、その都合で従業員に指示を出せば従業員の不満は大きくなり

業務に力が入る訳が有りません。

 

 

 

急に生産性が低くなり職場の雰囲気がおかしくなります。
社長や幹部はは現場に対して「自分は現場に対して素人だ」と

言う事を理解すべきです。
現場のプロに素人が口出しする。

 

 

2人に1人はこの様な馬鹿な管理者が存在します。

 

 

そして従業員に憎まれながら転勤して行くのです。

 

 

その反対に自分は「何者か」を理解している管理者と

巡り合うと職場の雰囲気が明るく皆活発に働き自発的に

行動するようになります。
2年に一回の転勤なので「どんな管理者が当たるか?」

まさにロシアンルーレットみたいな職場です。

 

 

 

私は平社員で自由な時間を確保しましょうと

呼び掛けています。

 

 

そして空いた時間を使って副業し収入源の分散を

する事を是非お勧めします。
そして何時でも仕事が辞める事が出来る状態の収入の

確保出来る様に頑張りましょう。

 

 



 

 

 

 


半日旅行に行くから思考が磨かれる訳

2015年01月17日

半日旅行に行くから思考が磨かれる訳

 

 

1013781_383275611837235_1093112388170749933_n

 

 

インターネットの販売ページのアクセスを増やすには

どうすれば良いか考える際に椅子に座って寛ぎながら

コーヒーを飲む事が今までの定番だった。

 

 

 

 

リラックス状態だとパッと良い案が思いつくから

これは結構実践されている方も多いの

 

ではないか?
最近は新しい発想や物事を考える時は近場の行楽地

それもなるべく人の少ない所に行きながら考える事が

多い。

 
要は半分仕事で半分行楽と言った新しいパターンだ。

 

 

 

私自身は何々しながらより一つの事に集中する方が

理想的で効果的だと思う。

 
しかし今までに無い考え方や発想を思い付く際に机に

向かってジッとする場合何も思い浮かばない時は

これが意外とストレスになる。

 

 
要は歩きながら、車窓を見ながらで身体を動かしながら

思考を巡らせる事はバランスが取れていると思う。

 

 

 

あくまで私個人の意見だが・・

 
どちらにしても実践して結果が出れば自分にとって

大きな経験になるので楽しみだ。

 


平社員なら気楽でいられるのか?

2014年11月10日

平社員なら気楽でいられるのか?

 

役職がつけば仕事量も多いし帰宅時間も遅い
残業代が貰えたとしても自由な時間がない
それなら毎日決まった業務をこなして無難な
平社員が良い・・と言うのが理由

 

私も同感だがそんなに上手く行くだろうか?

 

単に決まった業務をこなして定時に帰るなら
慣れれば可能である。

 

そこで安心するならば貴方は数年後リストラ
候補になる可能性が高くなる。

 

では他に何をすれば平社員のままで会社勤め
を行い続ける事が出来るのだろうか?
私の場合はまずは課長や部長の仕事の業務
内容を出来る範囲で良いから理解しておき

 

自分だったら同じ内容をこなせる位のスキル
を徐々に身 に着けておき部署の業務全体を

把握しておく様に日々勤める事である。
私の場合は副業で不動産やオークションで
仕事以外に他の人脈や業務に携わることが

 

でき色んな角度から今の職場の業務を見る
事ができる。
つまり平社員と言う立場だが時には部長と同じ
業務がこなせるスキルを身に付けておけば

 

会社にとってもリストラの対象になる可能性
は低くなる。
部長と同じと言っても全て同じと言う事では
ない例えば自分がインターネットで販売が得意

 

なら「こう言う方法がありますよ」とホームページ
作成のスキルを他の職員にフィードバックし情報
提供するとか一部分で良い。
平社員と言う肩書きで10年以上勤めるな らば
自分のスキルを少しずつアップしておく必要が
ある。
給与面では定期昇給しか上昇は見込めないだろう
しあるかどうかも会社によってマチマチであろう。
では平社員の見返りは何だろうか?
私の場合は「時間」である。
まずは社員と言う地位を獲得したらなば
後は会社に貢献し時間と言う果実を使って

 

健康管理や自分の将来に時間を使う事に
私は専念したのだった。

 

 


時間に圧倒的に有利な平社員

2014年10月22日

時間に圧倒的に有利な平社員

 

会社に就職すれば誰もが最初は平社員

そこから主任、係長、課長、部長、と昇進していくのがが普通で一般的には

管理職を目指して会社に貢献し給与も増えて生活が安定し贅沢な生活もしく

は質素ではあるが安定した生活が手に入ると思いながら日々の業務に邁進する。

 

これは年功序列の終身雇用制での話である。

 

20年以上前は確かに将来の安定が約束されるのが前提だった。

 

皆は会社に忠実に少しでも早く昇進、昇格し給与が上がる事を

目的に働く事は間違いがないと言えるが現在でも「正社員であれば安定している、

管理職は給与が高く贅沢ができる」と思って頑張るならこの先に地獄の生活が待

っているかもしれない。
確かに私自身も今在籍している会社で過去に3回程管理職の試験を受けたが3回と

も落ちてその時は自分の無能さに嘆く時もあった。

 

あれから10年程経った今、年功序列賃金が見直され成績主義の給与体系の現在は

同期に入った者は企画部長のポストに就いている。

 

給与は手取りで45万円くらいで私よりは15万円以上多い。

 

但し朝の7時に出勤して帰りは夜の20時過ぎ土日が休日と言う事になっているが

大概は土日も午前中など半日は出勤している。

 

月に360時間ほど働いて45万円だから時給1,250円位・・・

さらに商品販売のノルマもあって達成出来なければ自腹で対応夏、冬ごとに5万円

は消えて行く。

 

先日は職員のミスで客からのクレーム対応で盛岡に飛行機で急遽出張になって

しまった。

交通費の7万円はこれも自腹になる。

 

平社員の私の場合は交換制のため土日とは限らないが休日が週に2日あるさらに

年休を強制的に消化させられるため他に月2回ペースで有給消化し夏と冬に特別

休暇が3日ずつ合計6日休み。
月に160時間ほど働いて25万円とすると時給1,560円位・・・

 

これだけ見てもいかに平社員が時間的にメリットが多いが理解して貰える

と思う。

 

さらにこの十分な余暇の一部を副業に使えば・・☆

まだまだ伝え切れないメリットが沢山あるが次回また取り上げる

つもりである。

 

貴方にもぜひ平社員をお勧めする。

 


本当に収入が増えるとはどう言う事か

2014年08月15日

本当に収入が増えるとはどう言う事か

 

a0002_003051
私が今の会社に就職した頃は同じ会社アルバイトで下地を

積んである程度経験もあり正社員としてやっていく上でも

不安はなかった。
と言うよりアルバイトと正社員の仕事内容はほぼ同じで

違うのは給与や休み等の待遇面だけだった。

 

 

うちの会社だけではなく恐らくどの会社でも行っている

であろう一つの班で正社員が2人であとの8人はアルバイト

 

要は同じ仕事をするなら時給単価が安いアルバイトを増やし

た方が利益が多くなるからだ。

 

 

 

ただ自分の会社に限っていえば正社員でもアルバイトのミスなど

をフォローしていれば多少責任はついて回るが平の社員である限り

それほど理不尽な事は起こらない。

 

 

 

組織も全国規模だし提供するサービスも物流系でこれから将来

にわたって20年位は需要のあるものなので真面目に働いていけ

 

ば役職になれば年収800万位は頂ける職場であった。
当時の平社員の私は280万円位・・
現在の考えとは違い課長や部長を見て「よし!俺も・・」とガツガツ

して早く昇給して管理者になり経済的に困らない生活基盤を築くのが

 

一番の願いだった。

 

 

しかしデメリットもあるそれは拘束時間が長くなると言う事

 

これは入社当時でも解っていた。
中間管理職でも1日の勤務時間は12時間以上でも週休2日だから

他の企業と比べれば役職になっても悪くはない。

 

 

平社員と比べれば格段に収入が増えるのは確かに魅力的だが時間の

切り売りをしている事には間違いない。

 

 

ただ知っている様で会社組織の歯車に一度はまって生活に追われると

普段の時間消費が業務に費やされる。
身体は疲弊し頭は休日でも明日の仕事の段取りを考える生活を毎日繰り返し余暇を楽しむ事無く月日は過ぎていく・・
そして月一の給与明細を見て一瞬の喜びを感じるだけ・・
どの職場もこんな危険性が孕んでいるに違いない
「本当に収入が増えるとはどう言う事か」

 

つまり得た収入を使い恩恵を自分が享受する事が必要であろう。
それには収入と自分の時間の確保のバランスが取れた状態になって

初めて収入が増えたと言う事になると思う。

 

 


 
ドメインとは