金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

京阪特急プレミアムカー乗る価値は有るのか?

2017年10月06日

京阪特急プレミアムカー乗車記

 

大阪の実家から京都へ所要があり今回京橋から出町柳
まで京阪特急を利用。

50分程度の乗車時間で今回は初めてプレミアムカーに乗車!

 

 

 

スマホで11時7分発を予約したが早く着き過ぎたので1本前の
10時57分発へ変更(便利ですね☆)

 

始発が淀屋橋なので京橋から乗車だと以前は座れるか?
どうかを気にしていたがこのーサービスで余計な気遣いが
不要になるのは嬉しい。

 

早速乗車し室内を見てみるが期待通りの豪華さ。

 

 

京橋-出町柳が指定席料金は500円。

乗車時間は50分程度でたまに私用で出かける際には
多少料金を払っても着席して行きたいのが本音。

 

(複々線で豪快に普通を追抜き!      淀の車庫を横目に快走☆)

 

 

プレミアムカーは単に着席サービスだけでなく見た目の
色使いやシート自体の出来栄えや座り心地も非常に良い。

 

3列シートと言う事でアーバンライナーのデラックスシート
と比較してこちらの方が質感や座り心地、居住性は格段に
良い。
(まぁデビューした時期が違い過ぎますので・・)

 

内側がブラックで外側がホワイトのシートがコントラスト
が聞いて華やか。

 

 

画像で見た時はホワイトの部分が経年によって黒ずんで
来るのを危惧していたがよく見ると黄色身掛かったクリ
ーム色でこれなら心配ない。

 

ヘッドレスト、リクライニング機構、シートのフィット
感も心地よかった。

(足元は照明を装備)             (出町柳で折返し)

 

大型テーブル・コンセントも装備してるし一人の時は
一人掛けシートを利用すればプライベート感も充実。

 

2人掛け席の隙間部分も上手く塞いで処理されており
プライバシー制も十分配慮した造りだった。

 

フットレストは装備されていないが東海道新幹線の
グリーン車と比較しても遜色は無い感覚。

 

いや料金を考えれば十分価値があると思われた。

 

通勤に毎日利用すれば結構な出費になるかも知れない。

 

たまに何か自分に良いことが有ったりご褒美に京阪プレ
ミアムカーを使ってみるのは有りだと思う。

 

(帰りは喫茶店で休憩☆)

 

 

便秘から快便生活☆⇒こちらをクリック

 

 

 


関空特急「はるか」が西九条駅に停車すれば便利になる。

2016年03月08日

3月のダイヤ改正で関空特急「はるか」の日中30分間隔の運転が復活する。

 

Jrwest_281
 

これを機会に西九条駅停車も復活出来ないだろうか?

 
理由は大阪駅から環状線内回りで西九条駅に行けば同一ホームで乗換えが出来るし
現状の一旦新大阪駅へ行くよりも所要時間が約10分短縮されるからだ。

 
 

国際線を利用するなど荷物が多い程メリットがあるし大阪駅だけでなく環状線内で
あれば西九条-京橋駅間からの利用でもメリットは享受できると思う。

 
「大阪駅から特急はるかを利用する場合は西九条駅で同一ホームでお乗換えが出来ます。」
とアナウンスしても良いのではないだろうか?

 
 




 
 

※メールアドレス・URL不要でコメント入力できます☆

 
 


JR東日本クルーズトレイン四季島

2016年01月01日

 

JR東日本のクルーズトレイン四季島が北海道にも乗り
入れる事になったのは朗報である。

 

2014-10-07-190459

 

ごまおのお勧め!旅先でも快便の便秘解消法⇒詳細はこちら

 

 

青函トンネルやJR北海道2社に跨る運行などの障壁を
考慮しても北海道に乗り入れる価値は大きいと思う。
ななつ星やトワイライト瑞風も人気や興味を惹いて
いるが自社エリア内の運行あり当然と言えば当然な
のかもしれない。

 

 

しかしお客様の立場から見れば「トワイライト瑞風」で
下関まで行けば九州に行きたいと思うし、あるいは四国
に行って見たいと思うのは自然ではないだろうか?

 

 
そこでJR2社や第三セクターなどの運行に関わる事案を
取りまとめる組織や会社などを創り更に顧客のニーズや

満足度を高める列車を運行すれば良いのではないか?

 
特に「ななつ星」のターゲットは海外からの富裕層で
同じ日本なのにJR分社化などピンと来ないし関係ない。

 

 

興味が無ければ乗らないだけである。

ある海外の富裕層は「ななつ星」を褒めちぎっていた。
「すばらしい!九州とななつ星、十分堪能しました。」

この外国の方が「今度はななつ星で京都に行きたい」

 

と言ったらスタッフは何と説明するのだろうか?

 

 

 

ごまおのお勧め!旅先でも快便の便秘解消法⇒詳細はこちら

 

 

 
 

※メールアドレス・URL不要でコメント入力できます☆

 
 


JR東日本の職員の悲しい対応を実感した時。

2015年12月13日

 

JR東日本の職員の悲しい対応を実感した時。

 

普段は接客等は十分訓練されているがいざ至急時になると
対応出来ない無能ぶり・・

 

 

大体今の雇われ職員ってこんなのが殆んどなのだろうか?・・

いや組織なので対応の上手い職員も居るに違いない。

先日天気が大荒れでダイヤが乱れた。

これ自体は仕方のない事である。

 

12時に熱海駅ホームに着いた所に本来11時31分発の折り返し黒磯行き
の案内が流れる。

 

 

12時10分頃に駅のアナウンスで到着後に折り返しすぐに発車致しますとの案内。

 

 

なおグリーン車は車内清掃を行いますので車内清掃終了後に直ぐに発車
致しますとのこと。
車内清掃も終了し乗車して発車を待つが一向に発車しない。

 

その間25分間「折り返し運転の準備を行っております」のアナウンス
を7,8回繰り返し。

 

それを聴いて私は車掌は何と頭が悪いのだろうと感じた。
折り返し運転光景なら何回も見たことがあるが早ければ5分以内で終わってしまう。

 

 

他に具体的に「折り返し運転に関する○○に確認を行っています」とか

「これから担当する乗務員の確認を行っております」ので発車時間が
伸びております。

とかそれを具体的に説明すれば済む事であろう。

 

本当に折り返し運転の準備で時間がかかったらそれは単にトロイと

言うだけの事であって私たちはトロイですと宣伝している様なものである。

特に待ち合わせなどの用事が無い方は本でも読んで待って居ればいかも
しれないが予定が有る方なら最初の駅アナウンスで「折り返しですぐ発
車します」の言葉を充てにして腹立たしい思いをするに違いない。

 

天候不良でタイヤが乱れお客様の問合せが多いのに自らクレームを作って
自分で自分の首を絞めるような事はしない方が良いと思う。

 

yjimage3433E59Y

 

ごまおのお勧め!旅先でも快便の便秘解消法⇒詳細はこちら

 
 

※メールアドレス・URL不要でコメント入力できます☆

 
 


台湾へ気ままに休暇旅行

2015年03月15日

 

6日間休暇を取ることが出来たので台湾に行く事にした
3泊4日のツアーだが台湾自体は初めてなので取り合えず
一番簡単に楽しめると思い決定した。

 

 

会社員でも考え様である方法と一般的に良しとされる

昇進欲求を捨てれば休暇を取って海外に気ままに行ける
のだなと実感した。

 

 

11018637_447743748723754_7358626841368367651_n

 

実は元々エコノミークラスで行く予定だったが旅行会社の
都合で最初のツアーが中止となりを別会社で台湾ツアーを
申し込んでの台湾旅行となった。

 

 

 

金額は10万円程プラスになったが往復ビジネスクラスと
ホテルのグレードが格段にアップしたツアーなので内容
を見て「まっ良いか(笑)」で決めてしまった。

 

 

11041713_446960802135382_5708568551468612151_n

 

出発当日は日本は寒い時期なので暖かい台湾に行く価値も
倍増している感じがした。
今回は関西国際空港からキャセイパシフィックに搭乗する。

 

 

 
普段は会社員で余暇を不動産等の副業で生活しているが

ビジネスクラスのラウンジに入った途端ゆったりした
日頃感じる空間とは違った感覚を身体が包み込む。

 

 

 

ドリンク、軽食を摂り搭乗してシートで寛ぎながら
機内食で舌鼓を打つ。

 

 

10998857_446961085468687_1931774131481546812_n

 

 

台湾までは3時間のフライトなので丁度機内サービスが終了して
1時間位ゆっくりした所で桃園空港に到着。

その後は台湾新幹線で高雄まで南下する。
商務車は珈琲と茶菓子を用意してくれたのは有難い。
日本の新幹線も見習って欲しい所だ。

 

11046912_447146988783430_594896394524222840_n

 

 

到着後にハイヤーで高雄の街散策し夜市での薬膳鳥スープ
や砂糖キビジュース、愛河クルーズを楽しみホテルに着いたのは
22時頃で部屋から夜景を眺める。

 

11052373_447485145416281_900648032344533192_n

 

 

翌日2日目と3日目も台湾国鉄「自強号」や駅弁、タロコ渓谷、
アミ族の踊り、台湾料理バイキング、翡翠博物館、九份散策

101ビル500mからの夜景、一流ホテルでの充実したサービスを
堪能した。

 

19127_448790555285740_8052008773611760072_n

 

1655983_450646998433429_8721212690395910295_n  10981697_447480452083417_3247912749673526579_n

 

11002607_447465985418197_8791148688607496512_n

 

 

最終日は台北市内のホテル周辺をウォーキング

そして再びビジネスクラスで帰国の途へ付く
こんな生活が出来るのも十分な時間と収入があるお陰だと
実感すると共に感謝の念が沸いてきた。
そしてこの様な生活は誰でも手に入れられるのだ。

それを目指す方を私は応援したいと思う。

 

 



 

 


1 / 212
 
ドメインとは