金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

新型ワゴンRの販売台数が不振の理由はこれかも?

2019年04月28日

新型ワゴンRの販売台数が不振の理由を検証してみる?

 

スズキの代名詞と言えばワゴンRと言っても過言では
ない位に好調な販売が続いてからどれ位の年月が経った
だろうか?

 

現在軽自動車でハイトワゴンで絶好調なホンダの
NボックスをよそにワゴンRはひっそりとした感じで
販売台数を穏やかに増加させている。

 

ワゴンRの販売台数が減った原因は何もNボックスだけ
が原因ではない。

 

同じスズキでスペーシアやハスラー等のハイトワゴン
の要素を持ちつつ更に広い空間やSUVの領域を持つ
個性的なキャラクターの車種へ流れたことも要因の
一つだろう。

 

またワゴンRは5代目の時点でデザインや動力性能など
Sエネチャージを採用する事によってほぼ完成された
出来と言っても過言ではない位に質が高かった。

 

 

そう言う状態の中で6代目ワゴンRを製造する訳だから
基本的に5代目よりデザイン・走行性能を上回る車を
造らなければならない。

 

そう考えるとメーカーのプレッシャーは相当なものだろう。

 

新型ワゴンRデザインの評判は?

 

今回ワゴンRのデザインについての評判は
どうであろうか?

6代目のワゴンRになってからデザインが
3種類に分かれバラエティになった。

 

先ずはスタンダードタイプのFXだがフロント
グリル付近はオーソドックスで大人しめ。

 

四角いヘッドライトが最初に目に飛び込み
誰にでも受け入れられるので親近感が湧く。

 

 

あらゆる年齢層からも違和感なく親しめる
デザインで落ち着きのあるワゴンRと言った
感じ。

 

そしてハイブリッドFZはFXを進化させた
様な近未来的なヘッドライトが特徴で高級感

が増している。

 

ターボエンジンのスティングレーは厳つい
感じで好き嫌いがはっきりと分かれそうだが
インパクトは抜群でFZ同様に質感が高い。

 

 

そしてリヤのデザインは初代を思い浮かばせる
もので統一され懐かしさを感じるがている。

 

しかしフロントが近未来的なFZだと前後の
デザインが若干の落差がある所がきになる部分。

 

ワゴンの センターメーター 不評なのか?

 

デザイン的な部分は好き嫌いはあるが個人的には
それ程極端ではなく個性的な部分も主張して良い
印象がする今回のワゴンR。

 

 

そうすると6代目新型ワゴンRで販売不振で気に
なる部分があるとすれば今回採用されたセンター
メーターパネルに目が行く。

 

私個人もどちらかと言えばメーター類の位置は
運転席の直前がベストではないか?

そう思っている。

 

 

しかし時々レンタカーを利用した時にはセンター
メーター採用の車種が当たる事がある。

 

 

確かにセンターメーター方式の場合は運転席前方
の視界が広く視認性には優れている。

 

 

しかし速度計やタコメーターの確認時には視線
移動が大きくなってしまうためコンマ数秒必ず
前方の視界が途切れるデメリットが発生する。

 

 

そこで人によっては好き嫌いが分かれてしまう。

 

レンタカーであればそうは気にならないが実際に
自分が金銭をはたいて購入するとなると大きな
選択項目の一つとなるであろう。

 

先代のワゴンRより新型ワゴンRがどれだけ
エンジン性能や使い勝手を向上させたとしても

このセンターメーターパネルで拒否してしまう
人も結構多くいるのではないか?

 

 

それに5代目ワゴンRまではメーター類は運転席
前に位置していたのでワゴンRを乗り継いできた

ユーザーからすると違和感を覚える人もあるに
違いない。

 

 

単純にワゴンRを乗り継いで来たユーザーも他車
へ流れたと言うのも想像に難しくない。

 

他にも新型ワゴンRが不振な要因としてグレード
に合わせてエクステリアを3種類のデザインに
振り分けたことが裏目になった様な感がある。

 

コンセプトとしては非常に理解できるのだが
FX、FZ、スティングレーと全く違うフロント
デザインは個性的で良いと思う。

 

 

しかしこれがワゴンRと言う言葉を聞いた時に
イメージが分散してしまい購入する側の印象に

強く残る事がないと言う事もワゴンR販売不振の
原因ではないかと思う。

 

しかし何れにしてもほぼ完成されていたワゴンR
5代目だが時期的にモデルチェンジしなければ
いけないのはある意味宿命でもある。

 

 

完成された物を更に進化させるためには一旦
バラバラにして組み直す事も必要だと思う。

 

そう言う観点から考えれば新型ワゴンRは更に
進化の過程を進み始めた車とも言えるだろう。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


アルトワークス加速フィーリングを検証してみる。

2019年04月20日

アルトワークス加速フィーリングを検証してみる。

 

今回はアルトワークスの加速について検証してみる

ことにした。

強烈な加速フィーリングで定評のあるアルトワークス

だが単純にアクセルを踏めば容易に胸の透く加速感を

味わえるのは事実だ。

 

しかしこのアルトワークスのエンジン・トルク特性

だが低中回転域のトルク特性は抜群なのだが更に期待

 

してアクセルを踏んでエンジン回転を上げていくと

5,500回転付近から徐々にエンジンの伸びが悪くな

っていく。

 

 

64馬力規制の限られた中でいかに良好なパワー

フィーリングを実現させ走りに徹するエンジンを

製造するか?

 

そう考えるとエンジンの低回転域から高回転域ま

でのどの部分を重視して強化させるかが一つの重要

なポイントとなる。

 

 

そう言うエンジン特性で単純にアクセルを踏める

だけ踏んで加速すれば加速は強力だが高回転域の

差し掛かり時のフィーリングはあまり気持ちの

良いものではない。

 

 

サーキットを走行するならば単純に走行タイムだけ

に関心を寄せれば良いのだが公道を走行する場合は

安全にと言う事に主眼を置かなければならない。

 

そのために「加速タイム」よりも「加速感」つまり

実際にアルトワークスに乗って実際に自分がどう感

じたか?重要なのである。

 

アルトワークス 加速方法を3種類試してみる

 

アルトワークスを乗って2年以上経つ

実際に何度も何度も強烈な加速感を楽しんだ

 

しかし単純にアクセル全開で加速するよりも
先ほど述べた通り加速感が良い事に気付く。

 

例えばエンジンの排気音や加速する速度の上昇
の割合などで同じ車でも加速感が良くなったり

イマイチな感があったり様々なことが解ってくる。

 

そこで今回私が実際にアルトワークスを日常で運転して
きて主に3パターンの加速の仕方で運転している事に
気付いた次第

 

例に挙げて見ると・・

————————————————————-

 

加速1

1速で発進し3,000回転で各シフトアップしアクセルは
少々強めで小気味良く加速。

 

ちょうど3,000回転弱でシフトアップするためにノーマル
エンジンでは結構ブースト圧がかかる。

 

そしてエンジン回転の上がりっぱなでギヤチェンジする
ので「パシュッ!」と言うブローオフの音も楽しめる。

 

この加速を行う場面はやや混雑気味の道路で前方に車が
居る場合で一気に加速出来ない状況でやる事が多い。

 

例えば時速40㎞位までで加速するのだがあえてエンジン
を引っ張らずシフト感を楽しみながら小刻みに加速する。

 

これが個人的には結構楽しい(笑)要因としてはアルトワー
クスの抜群のシフト感の良さが大きく関わっている。

————————————————————

加速2

 

アルトワークスのエンジン特性は低中回転域5,200回転
付近までのトルクフィーリングは強力で楽しい。

 

しかし5,200回転以上からの高回転域の伸びはイマイチ

そこでエンジン回転のシフトアップポイントを4,800回転
付近で行い加速走行してみる。

 

すると1速ギヤで先ずはギュン!と加速し2速・3速とシフト
アップしていくと3,000回転過ぎの排気音が図太く中々の
好フィーリング!

 

そこから掛け上がる様にエンジン音は3気筒特有のビート音
を奏でながら非常に気持ちの良いフィーリングで加速して行く。

 

排気音と実際の加速感が一体になって体感的にもしっくりくる
加速方法だった。

 


 

加速3

最後の加速は単純にアクセルを全開で加速してみる。

 

1速からクラッチミートして猛然と加速していく
アルトワークスだが確かにタイム的にも実際速いことだろう。

 

しかし加速のフィーリングを注意深く観察してみると
5,500回転付近から6,000回転までの伸びが穏やか。

 

それだけだと良いが少々エンジンノイズも発生してくる。

 

加速2での官能的な排気音もやや唸り気味で軽自動車が
頑張って走ってる。と言う感が強く印象に残る。

 

アルトワークスで最も気持ち良い加速のフィーリングは?

 

 

加速で定評のあるアルトワークスだがエンジンの高回転域の
伸びが穏やかな関係で単純にアクセル全開で加速すれば良い
のだがフィーリングを重視すると・・

 

個人的には加速2が一番良い印象が残った。

 

64psの限られたパワーでいかに楽しませるか?

 

それを考えたなら運転していて楽しい領域を特定させる。
この場合だと低中回転域のトルク強化だろう。

 

そして高回転域の伸びはあっさりと捨ててハッキリとした
エンジンキャラクターを確率しているのは非常に評価できる。

 

そこに共感出来る人達がアルトワークスを購入し乗車して
ドライビングを楽しみ充実したカーライフを送る事になる
のだろう。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 


アルトワークス 峠道 右急カーブに急所あり!

2019年04月03日

アルトワークス 峠道 右急カーブに急所あり!

 

今回はアルトワークスで峠道を走行してレビューをしたいと思う。

走りに特化したアルトワークスなので期待は大きくワクワクしてくる。

ただ今回峠道をアルトワークスで攻めた訳だが結果として非常に

楽しいひと時を過ごせたのは言うまでも無い。

 

しかしアルトワークスで峠道を走行する際に注意しておいた方が

良い部分もあったので後半部分で紹介したいと思う。

 

 

まずはレカロシートに腰を降ろしてシートポジションを合わせる

通常のシートであれば右側レバーを操作してシートの倒れ角を調節

するのだがこのレカロシートの場合は左にあるダイヤルでシート角

を合わせる。

疲れた時に一気にシートを倒す事はできないが微妙な角度調整が可能

なので自分の丁度良いドライビングポジションを得ることが出来る。

レカロシートの背もたれが数ミリ前後するだけで座った感じがかなり

変化するのは驚いた。

 

レカロシートに身を包みながらギヤを1速に入れてスタートする

低速トルクが強力なエンジンは半クラッチは殆ど不要で気を抜くと

ホイルスピンする。

 

 

そして各ギヤゲージにスコンと気持ち良く入るシフトを操作しながら

次第に速度を上げていく。

 

走り出してすぐに車体の剛性感が非常に高いのに気づく。

乗り心地は硬めではあるが角の取れたショックが伝わって来る為に

不快とは感じないところが良い。

 

アルトワークスで峠を走行する。

 

さて慣らし走行をして早速近くの峠道へ繰り出す。

4つのタイヤをガシッとつかむ感覚を身体で感じながら一つ目のカーブに

差し掛かる。

 

 

緊張と安心感を伴ったままカーブ途中でアクセルを踏み増すと強い横gを

感じながらコーナーを抜けていく。

 

コーナーを抜けてからの加速感が非常に強く胸の透く様な加速感をレカロ

シートの背もたれに背中を押し付けられながら加速して行く様は圧巻!

これが非常に気持ち良く何度も何度も繰り返しこの感覚を味わう。

これをサポートしているのが強力な制動力を発揮するブレーキ

加速が強力な分コーナー手前で強い制動力があって初めてこの

アルトワークスの加速感が生きる。

 

ブレーキフィーリングはペダルを踏み始めがガツンと効くタイプではない

ので慌てる事がない。

ペダルを踏んだ分強弱に応じて自由にスピードを殺せるブレーキフィーリング

は非常に協力でかつ扱い易いもので好感が持てる。

まさに峠道を走るために造られた車と言えよう。

 

 

アルトワークスの加速フィーリングは?

 

発進時に低速トルクが強いのでホイルスピンの能性があると述べたが

クラッチミートの感覚をつかめば非常に扱いやすいトルク特性で

あることに気が付く。

乗り始めはアクセルレスポンスが良過ぎると感じるかも知れない。

しかし数日乗ればアクセルレスポンスにも慣れて今度は強力なトルク

がいつでも引き出せると言う感じになるので心配はいらない。

 

そして加速フィーリングの良さを後押ししているのが操作感の良い

シフトである。

スコン!スコン!と非常に気持ち良く決まり本来なら面倒なクラッチ

を切ってシフトをチェンジすると言う操作が面倒なものだが反対に

楽しくて仕方がない。

実に楽しいひと時であった。

 

アルトワークス 峠道での注意点とは?

今回のアルトワークスの峠道走行での走りっぷりは想像以上に楽しい

ものであった。

 

身体と車体が一体になって強烈な加速gを感じながらコーナーを駆け抜けて

いく感触は何度味わってもやみ付きになってしまう(笑)

公道で現実的な速度でこの走行フィーリングが味わえると言う事は

気軽にいつでも楽しめる点で非常に高い魅力の一つだ。

 

そんなアルトワークスでも一点だけ気になる部分がある.

それは右急カーブ走行時のAピラーの視界・・

 

ちょうどS字カーブでコーナーを駆け抜けていく途中に

きつめの右カーブで「えっ!」と言った感じで一瞬顔を左に

ずらして右側を覗き込みながらコーナーを抜けていく

 

このケースはかなりの急カーブで速度自体も時速40㎞以下で

低めなので予め頭に入れておけば十分対処できる事。

 

軽自動車と言えばワゴンR・スペーシア・ハスラー・Nボックスなど

最近はハイトワゴンが主流なのでこのタイプのAピラー部分は立ち気味

でカーブ通過時はそう視界に影響はない。

 

しかしアルトワークスの場合はホットハッチ型でAピラー部分は斜めに

通っている関係で右前方の視界を遮る部分が多いのが難点・・

しかしこれは私が普段走行する峠道にかなりきつめの急カーブが

1か所あり頻繁に通過するが故に強く感じるのかも知れない。

 

出来ればレカローシートにゆったりと腰かけた常態でコーナーを

次々抜けていくのがベストだが実際は体重移動などで身体も

 

僅かながら移動いるため顔を覗き込む時の移動自体はこれもホンの

僅かなもの。

 

またワインディング全体を通してこの様なケースになる割合は

1割以下と言ったところで大した問題にはならない。

確かに問題にはならないが一瞬違和感を覚えるのと視界が一部

遮られるのは事実なので一応書き込んで見た次第である。

 

ただ全体的に見てその部分がアルトワークスの魅力をスポイルする

ものでは無いと言う事実も走り込めば理解ができたのでホッと

しているのも事実だ。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 


 
ドメインとは