金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

本当に煽り運転から身を守る方法とは?

2018年09月25日

本当に煽り運転から身を守る方法とは?

最近問題にされているあおり運転

皆さんもご存じだと思うが殺人にまで発展してしまう

恐ろしい事例もある。

あおり運転で問題になるのは実際にあおる

後続車が問題になることが多い。

 

煽っているのは後続車なので・・

 

それは事実・・

 

ただ・・

 

毎日車を運転して月に何回も煽られる人は・・

煽られる側にも原因がある。

 

 

煽る人間が悪いのは確かだがそれは誤解のない様に。

 

煽られる人間の運転パターン

パターン1

 

交通の流れに乗らず法定速度以下で走る感違い車

法定速度は守る必要がある・・

 

 

しかし実際に交通の 流れに巡航して車を走らせた方が

安全に運転出来るし後続車にも迷惑が掛からない。

 

 

ここで言葉と頭だけで理解している人間は・・

 

 

法定速度を守る⇒標識が50㎞制限⇒車のメーター時速

50㎞弱で運転する。

 

これで実際に運転すれば必ず後続車が数珠繋ぎになってしまう

運転者も法定速度以下で走行しているので悪いと言う認識が無い。

 

道交法では問題無い・・

 

 

しかし実際には多くのドライバーが迷惑する事実に気付かない

鈍い人・・

 

 

なので後続車に気の短いドライバーに遭遇すれば車のスピード

メータは平均5~8㎞弱誤差がある。

 

 

法定速度プラス10㎞以内で走行すれば問題ないので

頑なに低い速度を維持している時に気の短いドライバーに

遭遇すると当然煽られる。

 

パターン2

2車線で追い越し車線を鈍い速度で延々と走るドライバー

 

よく遭遇するパターンで法定速度を守っているなら

追越し車線を走っても構わないと感違いしているドライバー

 

 

左車線が空いていればそこから追越ししてパスできるが

最悪なのは後ろが数珠繋ぎ・・

 

 

しかも前方がガラガラで左車線を走行している車と平行に

仲良く走行しているドライバー

 

「邪魔なのでゆっくり走るなら左車線に行けば良いのに!」

と言いたくなる。

 

 

一般道で右折する為に一時的に右車線に入るなら

理解できる。

 

そうでも無く高速道路でこれをやるドライバーは

個人的に・・

 

「煽られたいんだよね?」

 

と聞きたくなる。

 

 

自己 の考えに凝り固まって

「自分は法定速度で走行しているので何が悪いのか?」

そう言う感じで運転している車を先日見たが・・

 

数分後・・

 

トラックに煽られている@@

 

 

馬鹿ですね・・

 

素直に左車線に行けば良いのに・・

 

 

ニュースで煽り運転を報道された時は煽ったドライバー

が悪いと言うのは事実。

 

 

 

自分から言わせれば本当に煽り運転を無くすには反対に

 

煽られるドライバーはどんな運転をしているか?

 

 

これを観察して気の短いドライバーに煽りを誘発

させないのが得策と感じる。

 

傍から見てれば・・

 

「ああアンタ・・煽られるよ・・」

 

と言うか煽られて絡んで欲しいのか?

 

と思うくらい変な運転をする奴も結構多い

 

 

ユウチューブの撮影ネタにでもするのか!?

 

煽りたい奴と煽られたい奴・・

 

需要と供給が一致して良いじゃないか?

 

こう言う場合は他人事の様に横目で見ながら通り過ごす。

 

 

☆本当に煽られたくないのならどうするか?☆彡

 

 

例えば一般道で法定速度プラス10㎞以内で走行して

それほど周囲の車の交通状況を乱していない・・

 

 

他にも運転免許取り立てで運転操作が安全のため

ゆっくりなのは当然仕方ない。

 

 

そんな状況にも関わらず煽られた場合はどうすれば

良いか?

 

まずはスピードメーターを確認して法定速度が時速50㎞

なら実際の速度は メーター誤差で実速度が遅いので

メーター読みで60㎞と少しまで速度を上げてみる。

 

 

そこで後続車が車間距離を開ければ解決するが・・

 

 

それでもピタット後ろに付かれる場合は?

 

 

先ずは前方に注意して決して急ブレーキを踏まないこと、

前方周囲を見渡して路肩が広い部分を探して見つけたら

左ウインカーを出してゆっくり速度を落として路肩に

停車する。

 

 

 

とにかく煽り運転の車を先に行かし離れることだ。

 

コンビニや店舗があればそこの駐車場に一旦入ってしまい

やり過ごすのも良い。

 

 

手間はかかるが接触事故や更なる煽りを受ける位なら

こちらの方が非常に安全だから。

 

些細なことで殺人にまで発展する煽り運転車の性能は進化

 

しても人間の性能はどうやら進化してない様だ。

 

 


キハ25系はクロスシートにすべし!

2018年09月20日

キハ25系はクロスシートにすべし!

学生の頃はよく長距離普通列車で景色を楽しみながら

旅をした良い思い出がある。

 

しかし最近は18切符を使用して鈍行列車の長旅を楽しむ

機会はめっきり減った。

 

私はJR東海エリアに住むがその一つの理由の一つとして

新型車両の紀勢本線キハ25系と313系(静岡地区)の

ロングシート車両が原因だ。

 

 

特に紀勢本線の多気~新宮間は景色も良く一度は

普通列車で乗り通してみたいと思っていたが・・

 

流石にあのロングシートを4時間かけて乗車する

事を思うと気分が吹っ飛んでしまう。

 

 

ここで紀州地方や静岡地区にロングシートを

導入するメリットとは・・

 

 

一体何なのか?これがさっぱり理解できない。

 

 

仮に混雑でも乗り降りがスムーズと言う意見は聞く

 

 

では混雑の酷い大垣ー豊橋間で全車クロスシート

を導入しているのは単純に競合の名鉄がおり乗客

 

にクロスシートの方が受けが良いらである事は誰

でも理解できる。

 

 

 

対して気勢本線や静岡地区は競合がいない。

 

 

通勤や通学等で必要であれば選択肢がないので

使わざるを得ないのでメンテナンス性の良いロ

ングシートで良いと言うのは如何なものだろうか?

 

 

 

日本の人口が減って行く上で生活の足としての

利用者の他に趣味や旅行で鉄道に興味を持って

 

くれる人達を増やさなければ鉄道会社の収入は

将来的に減るのは目に見えている。

 

 

 

今は収入が少ない学生さんや20代の方が少ない

予算かも知れないが長距離の普通列車で綺麗な

 

景色を眺めながら弁当を食べたりしながら楽し

い思い出を作る。

 

 

将来的にも鉄道に興味を持ってもらい事ができ

収入が増やしたいなら今は収益としては小さい

 

それでも若い人が鉄道の面白さ

を経験できる機会を増やす事が重要だと思う。

 


山本KID徳郁さんの病状を聞いて納得した。

2018年09月19日

18日に死去した格闘家の山本KID徳郁さん。

 
普段から自分はプロレス・k-1など格闘技系の動画は
夕飯を食べながらyoutubeで楽しむことが多い。

 
山本KID徳郁さん41歳と言えば今の時代まだ活躍
できる余地は十分にあるし常に興味のあった格闘家
の一人だった。
 

山本KID徳郁さんの病状を聞いて納得

 
K-1参戦となったKIDさんは、最も軽い体重だった。
 
確か66.5キロだったと思うが・・
 
この状況で勝てるのか?
 
そう思っていたが「僕にはスピードがある」と応えて実際に
実績を残したのは凄いと思う。
 
あと思いだすのは宮田選手との試合・・
 
確か試合時間4秒@@
 
まさに秒殺・・文字の通 りですね☆
 
神の子と言っても決して誇大表現ではありません。
 
そんな山本KID徳郁さんがガンと知ったのは6月で亡く
なられたのは9月なので早すぎると思ってはいたが・・
 
 
実際の病状は消化器系のガンで2年前から治療していたと
言うことだった。
 
格闘家であれば特に肉体維持のために普段の食事も当然
ストイックな部分が多い。
 
にも関わらず身体を蝕む結果になってしまう事はガンの進行
がかなり早いと思われる。

 

 
確か以前20代の女性アナウンサーも胃がんで無念の死に
見舞われてしまった記憶がある。
 
 
樹木 希林さんの様に10年以上生きる人もいらっしゃれば
今回の山本KID徳郁さんの様に数年で逝かれる方もいらっ
しゃる。
 
 
いずれにしても死ぬと言うものは誰でも訪れる筈なのだが
自分に当てはめてみるとピンとこない事が多い・・
 
 
これではマズイので生きると死ぬをバランスよく考えて
生きれば違った人生観が発見できると思う。
 

 


 
ドメインとは