金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

私を担当するスズキの無口な営業マンさん

2018年08月30日

アルトワークスを購入して2年目

 

無口な営業マンさんとの付き合いも長くなってきた。

私を担当するスズキの無口な営業マンさん

前日は日曜日に汗だくで洗車をしたので車体が綺麗で

スッキリ!!

 

時間のない時はタイヤホイールだけでも綺麗に

 

 

不思議に車体が引き締まって見えるのでこの記事を読

んだ方は是非実施して見ては如何だろうか?

先日はアルトワークスのエンジンオイルを交換

走行距離も32,000㎞で大体3,800~4,000㎞の

間でオイル交換を実施することに。

 

 

オイルフィルターは2回に1回交換

定番ですね@@

 

 

と言う事でいつものスズキのディーラーへ向かう。

日中の猛暑の中だがエンジンはすこぶる快調☆☆☆

 

信号待ちで微妙に使いづらいドリンクホルダーから

ペットボトルのお茶を取り出し水分補給。

 

 

 

ディーラーに到着すると営業の方が迎えに来てくれた

が例の無口な営業マンではない。

 

 

車のキーを渡して商談ルームでアイスコーヒーを飲み

ながら景色を眺めると新型ジムニーが目に飛び込む。

 

今日は休みなのかな?

 

 

と思っていた時に例の営業マンさんが

「いらっしゃいませ」

 

と声を掛けてこちらに来てくれた。

 

 

私「ああ、こんにちは!久しぶりで」

 

営業マン「今日は早い時間に来られましたね?」

 

私「今日は仕事が休みなんです」

 

営業マン「あっ!そうですか。」

 

私「お盆以降は忙しいですか?」

 

営業マン「ええ、まあ、まあ、と言った

 

ところですね。」

 

こんな感じでいつも話が始まるのだが大体私

から話しかけるパターン。

 

なので営業マンが話しかけるか一旦間をおいてみる。

 

 

「・・・・・・・・・」

 

 

やっぱり会話が途切れるので

 

私「そう言えば今年車検ですけどディーラー

だと幾らかかりますかね?」

 

 

営業マン「大体7~10万円位ですかね」

 

私「そうですね7か8万円位なら助かりますね」

 

営業マン「・・・そうですね」

 

 

車検と言えば消耗部品・タイヤ・エアークリーナ・

バッテリー・オイルなんかで交換時期や目安とか

 

お勧めの商品とかいっぱい話題のネタがあると思う

のだが営業マンの口からは言葉が出てこない・・

 

 

「自分なら猛暑なのでエンジンオイルはディーラ

純正だけどここが優れている」とか

 

「ワークスですと水温計がインジケータだけな

のでやっぱ針のメーターが欲しいですよね」

 

 

 

自分が営業マンならこう話すのに・・

 

とつぶやく・・

 

数年前はホンダのトゥディxiに乗っていた時は

時間が有った時は顔見知り整備の人と1時間以上

も会話した事が何回もあったな・・

 

 

 

とあの頃を思い出す。

例えば好きな車があったとして購入するとしよう。

 

 

 

車を販売するだけであればこの程度のボキャ

ブラリ―で問題無い。

 

 

但し販売台数を伸ばすとなると販売する

営業マン自身のフアンを作らなければならない。

 

自動車自体は誰から購入しても新車であれば

細かい不具合を無視すれば基本どれも同じ物だ。

 

 

 

Aさんから購入すれば馬力が20PSアップする

なんて聞いたことは無いだろう。

 

 

この人から買えば値引き額が大きいと言うのもある。

 

これはその人に人間的な魅力があって買う訳でなく

お金が目当てなのだ。

 

 

 

購入後に数か月経ったとして整備や点検でディーラーに

訪れた時にワークスなら・・

 

 

「少々乗り心地は固いですけれどレカロのシートが

硬めの衝撃を吸収して長距離でも以外に

疲れないですよ」

 

 

ソリオなら「車体も広々してハイブリッドの滑ら

かだけど強力な加速感は良いですよね」

 

 

とか簡単で良いのでユーザーがおおよそ経験

するであろう良い部分を言葉にして一緒に頭の

中で追体験できる。

 

 

こう言う付加価値を持った営業マンが本当に居ない・・

 

 

自分なら新車の価格が数万円高くてもそう言う人から

購入したい。

 

 

また自分が買わなくても知り合いがいれば紹介する

ので自然に販売台数は伸びる。

 

 

そう思いながらいつも話す。

 

ただこの営業マンさん人柄が良いし私も基本無口な

 

方なのであまり悪い印象はない(笑)

 

最後に見送られながら店を後にした・・

 

 

 

 

その後はお気に入りの喫茶店で読書休憩☆

涼むのにはこれが一番ですね。

 

 

 


ノロノロ運転でも楽しいアルトワークス

2018年08月24日

ノロノロ運転でも楽しいアルトワークス

スポーツタイプの車に乗車した場合は基本的にしっかり加速して

カーブ手前でブレーキングしシフトダウン。

 

コーナーの出口を目掛けてGを感じながらアクセルを踏みながら

駆け抜ける時が一番楽しい時だ。

街中を走る時は安全な範囲で加速しブレーキングの繰り返し

でメリハリのある走行が出来れば良いに越した事は無いが

あくまで一般道。

ノロノロ運転でも楽しいアルトワークス

 

なので加速の緩やかな車や速くてキビキビ走る車それぞれの

運転技術や車種によって様々で多いの時速40km前後の

ややトロトロした速度で走る事も多いのが日本。

 

 

 

トラックに限っては正直「もうちょい速度を出してくれれば」

と思うこともあるのだが普段宅配便や生活に必要な物を運んで

 

くれるのはトラックのお陰と言うのが大きいので、そこを考え

れば何となく気分は穏やかになる。

 

 

 

ただし片側2斜線の道路でトロいトラックが右側を延々と走行する

奴がいるが非常に迷惑な存在だと思う。

 

 

どうやら理由が追越車線のほうがスピードの変化が少なく
維持しやす。

 

 

だからトラックの燃料が節約できるからだそうだ。

 

その後ろには何台もの連なった車が走行している。

 

 

非常に迷惑!!

 

 

中には堂々と車体に○○製作所とか社名を表示して走行している
トラックもいる。

 

 

自分の会社がいかに無能かを宣伝している様なものである。

 

 

話を元に戻して一般的にスポーツタイプの車と言えば性能を
十分堪能するには・・

 

空いた道路でスピードを出さないと中々難しいのが正直な所

反対にフラストレーションが溜まることもあるのも事実。

 

 

しかもサスはやや硬めでしかも静粛性などの快適性は犠牲に
されている@@

 

ワークスで通勤も買い物もする私の場合・・

 

時速40km前後の速度で発進→走行→停止

 

ある時何を思ったのかクラッチ・アクセル・ハンドル

操作を意識しながらゆっくり確認しながら走行して見た。

 

 

 

ゆっくりクラッチを繋ぎ発進しタイヤの転がりをハンドルで

感じながら・・

 

 

そしスコン・スコンと確実にシフトを入れていく・・

 

ハンドルを握った手から路面の感触を感じながら。

 

 

 

すると頭の中が急激にリラックスした状態で冴え渡る感じ

でゆっくりとフロントガラスの景色が流れる瞬間を一瞬

一瞬味わう・・

 

 

 

言葉では中々言い表せないがこの感覚は結構面白い!!

 

 

渋滞気味の道路に遭遇した時はいつもこの方法で運転を

楽しんでいる☆

 

 


時給30,000円の仕事をしに名古屋へ行く

2018年08月18日

時給30,000円の仕事をしに名古屋へ行く

うちの会社もアルバイトさんが多くの人数を占める。

時給30,000円の仕事をしに名古屋へ行く

 

出来れば時給1,200円位は最低支給してあげたい気持ちだが・・

実際は愛知県の最低賃金と同じの800円台@@

 

ブラックに近いかも知れない。

 

 

酷い時には1日で辞めて行くので私は挨拶すら出来ず後日

 

「えっ!そんな人いましたっけ!?」

 

と言う会話をこれまでに数十回している。

 

 

 

 

だから今私の職場に残っているアルバイトの方は余程生命力が

強いのか特殊な事情があって辞められないのか虐められるのが

好きなのかいずれかに該当する。

 

 

一生懸命働いてくれ社員の私としては日々感謝しているのは

当然の事なのだ!

 

 

 

で私は今回は名古屋駅から徒歩5分の某ビルディングのオフィスへ

時給30,000円の仕事へ名古屋へ行く事に・・

 

 

エレベーターを降りると高級な感じで一流の上場企業が入居している某オフィスへ

訪問した。

 

 

時給30,000円なのだが重労働では無い。

 

空調の効いた快適な部屋でゆったりとお茶を飲みながら不動産の

話をするだけ(笑)

 

 

勘の良い方ならもうお判りだがポイントサイトでワンルーム

マンションの購入案件の面談を申し込み面接を受けて承認さ

れれば30,000円が貰えると言うもの☆

 

 

 

以前からこう言ったサイトは知っていたが個人的には本当に

興味がないのに申し込めばセールスする企業や担当者さんに

 

 

時間を無駄にするので気が引けるが実際に不動産で収入を得て

いる私にとっては具体的な案件なので申し込んで話を聞くこと

にした。

 

担当者さんの話を聞くと物件は都内の高円寺付近のマンション1k

タイプで価格が4,000万円の35年ローン。

手数料を引いてこちらの収益が月々15,000円・・

 

 

4,000万円(プラス利子)の投資で確かに集客や他の煩わしい

作業を省いての事だがリターンがやっぱり少ないがその辺を

誇大に語る業者と比べれば好感が持てる。

 

 

 

因みに現在180万円で購入しリフォームが80万円の諸経費合

わせて300万円の物件があるが家賃収入が44,000円ある。

 

 

だからこれを10戸購入し同じことをすれば3,000万円で月々

440,000円の収入になる・・

 

 

やっぱこっちの方が良いかな☆

と心の中でつぶやく・・

 

 

一時間ほど和やかに会話をして最後に分厚いカタログと収支

計算書を頂き

 

「他にも興味が有りそうな知り合いがいれば伝えておきますね!」

 

と言いながらオフィスを去った。

 

面白く有意義な時間だった。

 

 


 
ドメインとは