金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

ドイツ語が脳に吸い込まれる講座

2018年06月15日

ドイツ語が脳に吸い込まれる講座

 

第二外国語なんてほとんどが大学の単位を取るために勉強しているだけ。

 

実際にドイツ語を話したい貴方のために最適な講座を紹介する。

 

しかも自宅で実践できるので通学する必要がないので時間も節約できる。

 

特典付きでご紹介する。

 

 

こちらからご覧下さい→【革新的ドイツ語攻略法】


新型カローラハッチバック6MTのエンスト防止機能は余計なお節介なのか?

2018年06月12日

新型カローラハッチバック6MTのエンスト防止機能は余計なお節介なのか?

スタイリッシュなデザインと共に12年振りに発売となる

カローラハッチバック


 

今回自分が注目しているのは6速マニュアルの1,200㏄

ターボ車。

 

質感も中々で見ていても楽しい。

 

 

さてマニュアル車と言うと失敗しながら上手く操れる

様になった時に乗りこなす喜びも楽しみの一つ。

 

 

しかし今回のカローラハッチバックにはアシスト機能

の一つとして発進時のエンスト防止機能が付く。

 

 

確かにあれば便利な機能で坂道発進には重宝

するだろう。

 

 

ただ個人的に気になる事が一つ・・

 

 

このエンスト防止機能だが例えばエアコンを付けて

エンジンをかけたまま2名とか複数乗車で駐車場で

停止している場合

 

 

何らかの拍子で誤って助手席の人がシフトレバーに

触れギヤが入った場合はどうなるのだろう?

 

通常のマニュアル車であればエンストしておしまい。

 

 

だがここでもエンスト防止機能が働くのだろうか?

 

 

エンストせずにそのまま前進すれば恐い事になる。

 

 

夏場はエアコンを付けて運転者だけが数分離れる

ケースだとオートマだとパーキングに入れてサイ

ドブレーキを引けばまず問題は無い。

 

 

と思うが子供だと特に注意が必要かもしれない。

 

 

恐らくサイドブレーキを引くとエンジンが止まる

など何かしら対策はしているかと思うが

 

便利な機能が心配のタネになる場合もある。

 

 

 

その辺が明らかになって納得出来ればあとは

エンスト防止機能にしろブリッピング機能しろ

特に否定はしない。

 

 

まぁ、出来ればオン・オフの設定が出来れば機能

がある時と無い時の差が確認出来て良いと思う。

 

 

1,200㏄ターボと言うとスイフトRSの5MTで

1,200㏄自然吸気とスイフトスポーツの丁度中間

のパワーの大きさをイメージするが

 

 

 

既に発売されているC‐HRでも1,200㏄ターボ車が

あるがこちらはCVT車でしかも車重は1,400kg以上

で重くやはりパワー感に欠ける意見が多い。

 

 

現在カローラハッチバックの詳細スペックは不明だが

車重がどうやら1,300kg台になる模様で確かにC-HR

よりかは軽いが・・

 

スイフトは1,000kg弱だ@@

 

スイフトRSの5MTと比べるとエンジンだけならターボ

の分強力だが車重が300kgも差があれば相殺されてし

まうだろう。

 

 

 

 

カローラハッチバックのシャシ性能が格段に良くなっているため

1,200㏄ターボでエンジンをいっぱいに回してもシャシに余裕が

あるために「もう少しパワーが欲しい」となる部分もあるに違いない。

 

まっ、実際乗って見れば解る事なのだろうが(笑)

色々想像するだけで楽しくなって来るのには間違いない。


 


新型2代目の日産リーフが売れない本当の理由

2018年06月04日

新型2代目の日産リーフが売れない本当の理由

 

モデルチェンジして悪評高かったデザインが一新された

新型日産リーフ。

 

特にパッと見てフロントがシャープになって重厚感

がありながらドテッとした感じが無く取りあえずは

誰でも違和感なく受入れられるデザインだろう。

 

確かに自分はEV車に乗っているの他の誰から見ても解る

変わったデザインも良いが・・

 

 

旧型のデザインは確かに電気自動車だと誰でも気付く

デザインだがズングリして好き嫌いがハッキリ別れる

かと・・

 

と、言うより・・好きになる人がいるのか?

と言うくらいイマイチのデザインで

受けが良くなかった・・

 

 

個人的にリーフの一番のネックと思うデザインが改善されたので

販売台数が伸びるのかと楽観的に考えていたが新型リーフの

販売が思わしくない。

 

もちろんネックは航続距離の問題も事実。

 

しかし旧型でも欲しい人は購入して乗っていた

方は実際いらっしゃる。

 

それに今回新型は距離が伸び満足行かないながらも

改善されたのも事実。

 

私が新型リーフが売れ悩んでいる一番の原因は・・

 

 

それはノートeパワーの大ヒット

 

これが一番の原因だと思う。

 

一昔前はハイブリッド車は地球環境に貢献できるとか

そんな理由を本気で考えて乗る方が結構いらっしゃった

と思う。

 

しかし年が経つに連れて実際にハイブリッド車や電気自動車は

走行時にはCO2の排出は少ないもしくは無い。

 

 

しかし製造から廃車した車体を処分する過程でみれはCO2の発生は

対して変わらない。

 

 

ハイブリッド車でも発売当初はガソリン代が掛からないのが

大きなメリットで購入された方も多い。

 

実際車両価格がハイブリッドとノ―ハイブリッドの価格差は

40万円くらい。

 

 

例えばガソリン代は安いが元を取るには1年で10,000㎞

以上走行して3年以上走らなければならないとか大体そんな

のが実情。

 

 

中にはハイブリッドじゃなくても自然吸気エンジンで

リッター20㎞以上走るコンパクトカーや安い軽油のディーゼル

ターボ車などもあれば単に維持費が安いのが目当てならハイブリッド

や電気自動車にのる必要はない。

 

なので電気自動車の走行フィーリングを味わいたいとか

ハイブリッド車のメカその物を日常で体験したい。

 

 

そう言った価格は置いといて車自体に魅力を感じでこの車に

乗りたい。

 

 

 

そう言う方が購入すれば間違いの無い選択になるだろう。

 

 

以上の事を考えれば新型リーフが売れないのも肯ける。

 

わざわざ新型リーフを購入して航続距離や重電の心配をしなくても

ノートeパワーに乗れば電気自動車の加速・減速などの

メカフィーリングは一緒@@

 

 

航続距離の問題も今まで通りガソリンスタンドに行って給油

するだけ(笑)

 

 

だから新型リーフは売れ悩むのも仕方ないであろう。

 

 

 


高齢者の事故で被害者以外の次に大きな迷惑を受けるのは誰?

2018年06月01日

高齢者の事故で被害者以外の次に大きな迷惑を受けるのは誰?

 

高齢者が自動車を運転して事故るニュースが多く報道されている。

 

アクセルとブレーキを間違えて建物に突っ込んだと言う事例は

「またか・・」と言う感じで最近聞いても特に珍しいとは思わない。

 

 

 

高齢者の事故が実際増えたのかと言うと恐らく事故件数が増えたと言う

より報道される件数が増えたと言うのが正解だろう。

 

 

事故を起こした場合被害者が一番の迷惑なのは間違いがない。

 

ではこれだけ高齢者が運転して事故を起こしたと報道して

その次に迷惑を被る人・・それは誰か?

 

 

それは普通に迷惑を掛けず車を運転する能力のある高齢者である。

 

 

確かに年を取ると運動能力が落ちてくる。

 

確かに異常に速度の遅い運転や動作が鈍い危険な運転をする高齢車ドライバーは

検査して異常が認められれば運転免許は取り上げても良いと思う。

 

 

 

しかし普段から健康管理をしっかりして気を使って身体能力を維持して

加速や減速・カーブや侵入などスムーズに問題なく行えるなら例え高齢者で

あっても運転して頂いて自分は一向に構わない。

 

 

他人様に迷惑を掛けないのだから。

 

 

この場合突発的な事故は別に考える。

 

 

それと速度の遅い運転や動作が鈍く危険なドライバーは高齢者だけなのか?

年齢・男女問わす多かれ少なかれその様なドライバーは必ずいる。

 

 

高齢者だから危険・・〇〇だから運転に向いてない・・

 

 

ニュースで報道される件数が多ければ多いほどこの様な短絡的な

発想に繋がりやすいので注意が必要だと思う。

 

 

 

例えば70歳以上は運転免許を強制返納と決めても確かに70歳以上の

事故を起こす確率はゼロになる。

 

 

 

しかし実際は70歳以上で正常に運転出来る人が運転出来なくなり迷惑なだけである。

 

 

 

それより年齢に関係なく運転技術の低いドライバーをどうやって運転技術を

向上させる機会を設けるかが重要だと思う。

 

 

元レーシングドライバーの黒澤元治さんは1940年生まれでとっくに70歳を超えているが今でも

実際にあらゆる自動車を運転し綿密なインプレッションをして読者を唸らせている。

 

 

この人の活躍を見ていると生まれ付き持った物もあるかと思う。

 

そこまで行かなくても長年健康管理に気を使い順調な体調を維持されている高齢者と

自己管理が出来ず認知症や運動神経が鈍い高齢者と一緒くたにするのはオカシイな話である。

 

 


 
ドメインとは