金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

平成29年式スズキスイフトスポーツ詳細インプレ(1)街乗り

2017年12月27日
平成29年式スズキスイフトスポーツ詳細インプレ(1)街乗り
 
新型スイフトスポーツの試乗に恵まれ少しインプレを
紹介したが今回は3時間程度街中と高速をメインに再び
乗車する機会を得た。
 

 
実際スポーツモデルとなると峠道やサーキット走行の性能が
気になりがちだが普段使いでは新型スイフトスポーツを運転
した場合果たしてどの様な印象になるのだろうか?
 
しかも素人目線で(笑)
 
実際に感じたフィーリングを書き込みたいと思う。
 
 
スイフトスポーツのデザインは?
 
今回乗車したのはチャンピオンイエローでスイフトスポーツを
代表するカラーだ。
 
 
実際に見てみるとフロントマスクはノーマル スイフトより幅広
だが引き締まった感じがする。
 
しかしサイドから眺めて見ると先代と比較してズングリした印象

 
 
そしてタイヤホイールのデザイン自体は美しいアルミなのだが
なぜかSUV風になっているのが少々違和感がある。

 
 そしてリヤはお馴染みの2本出しマフラーでスポーティーな
感じを演出し個人的にもお気に入りの部分。
 
 
シルバーメタリックが落ち着いた感じて個人的にお気に入り
なのだがそうなるとリヤビュー以外でフロントとサイドに
ワンポイント加えて見た目の差別化をして欲しいところ。
 
例えばブレーキパッド部分を赤又は黄色など目立つ色に塗装し
アクセント入れても良いと思う。
 

 

 スイフトスポーツの内装は?

 

インテリアは 見た目(画像)の通りで赤色のアクセントは

シフトノブのカバーとハンドルとシートのステッチ部分
で十分と思われる。
 
ダッシュボードとドアサイド赤い部分は単純にカーボン調
の方がシックリくる。
 
40歳以上の方だと気分的に抵抗があると思う。
 
その辺はアルトのターボRSの派手さが評判がいま一つで
ワークスのさり気なさのブラックを基調とした内装が受けた
パターンとよく似ている。

シフトノブのデザインはシンプルで好感が持てるもの
いかにも走りのマニュアル車と言う雰囲気が漂ってくる。
 
ただその前方のドリンクホルダーの四角形枠に塗られた
赤塗装が一瞬・・
 
重箱に見えたのは私だけであろうか?@@
 
タコメーターは昼間と夜間で見た目が異なる。
 
昼間はパネルの殆どが赤なのでレッドゾーンが把握し難い
慣れれば問題はないが・・
 
反対に夜間はメーターの縁部分のみが赤なので断然こちらの方が
視認性に優れる。

昼間のメータパネル 
タコメーターのレッドゾーンが把握し難い。
 
夜間のメーターパネル
シンプルだが視認性は良好☆
 
画像で見ても解る様に昼間でも夜間と同じ表示パターン
にした方が好ましい。
 
個人的にスポーティさを強調したメータパネルにしたい
のなら夜間表示のパターンで縁部分をイエローにした方が
差別化出来て視認性も良好になるだろう

例えばこんな感じ

      ↓↓
 
デザインに関しては好き勝手書いて早速乗り込みエンジンを
始動しギアを1速に入れてクラッチを繋ぎスタート
 
スポーツタイプの専用シートに腰掛けるとレカロシート
の様にスッポリと身を包まれる感覚は弱いがホールド性は
十分。
実際の乗降りのし易さはこちらの方が行いやすい。
但しリクライニングの倒し調整はレバーで段階式なので
レカロシートの様に微調整が出来ない。
 
この辺はレカロシートに慣れた自分にとってはドライビング
ポジションの拘りが脳裏を過ぎる。
 

但しレカロシートはホールド感は抜群で乗車時は疲れにくい

のは良いが乗り降りの際はヨッコイショと言った具合乗降り

の時に気を使う。

 

シート座面の左右の張り出しが大きいため街中を買い物など

で何回も乗降りする際には張り出しに体重が乗ると長期間

使用すれば張り出し部分が潰れ気味になる可能性が大きい。

その点ではスイフトスポーツのオリジナルシートの方が

乗降りし易い。

 

 1速1,200回転位で慎重に走り出し2速へシフトアップ

暫くは2,000回転前後で軽く流してみる。
 

クラッチを繋いだ瞬間も自分の意に反して加速し過ぎる

事もなくトルク数値の割には扱いやすく過激と言うより

扱い易さの方が印象に残るトルク特性

 

 

 そして慣れれば右足の操作次第で好きなだけ加速を得る

事ができる。

 

グイっとアクセルを踏めば過激に加速する事も可能だが

1,200回転から5,800回転までの加速フィールは一定に

なっている。

 

そのため刺激が欲しいと思い加速に気を取られていると

知らぬ間に速度が時速100㎞オーバーなんて事にあるので

注意が必要。

 

 
運転席側のウインドウを5 センチ程開けて走行したが
タイヤのロードノイズは聞こえるもののそれ程煩いとは
感じない。
 
アルトワークス(ポテンザ)の6割弱程度に感じる。
ワークスの場合は気候の良い時期で外の空気を入れながら
走行したい時にウインドウを開けても数秒後にはピシャっと
再び閉めてしまう。
 
スイフトスポーツのコンチネンタルタイヤの場合はそこまで
煩くは感じない。
 
そして大き目の路面のうねりだと流石に衝撃はやや大きめだが
小さめの路面凹凸はプルルンと言った感じでしなやかにいなし
乗り心地は良い。
 
この辺は同じスポーツタイプでもワークスとは違い快適性は
こちらの方が上で尚且つ路面追従性も高く高品 質な出来栄え
を感じる。
 
最大トルク23.4kgf.m/2500-3500回転の数値が頭をよぎり
初めは慎重にアクセルを踏みクラッチを繋ぐ。
 
しかし2,3回程発進を経験したら直ぐに慣れる扱い易さ
後は右足の操作具合で幾らでもパワーが引き出せる感じ
でリラックスして街中走行が楽しめた。
 

 
パワフルだが非常に扱いやすいので刺激敵な感じはあまり
しなかったがギュッと詰まったトルクがいつでも引出せる
そんな感覚。
 
普段は自然吸気の660ccや1,200ccクラスに乗車している
方が乗れば「オオッ!」となるだろう。
 
エンジン音は低回転では「ボゥオーン」と言った低くこもった
音色を響かせ非常に静かな印象
 
期待して5,800回 転までエンジンを引っ張っても同じ音色がやや
大きくなるのみで特に良くも悪くも無く。
 
官能的な感じも無しなのが少し残念。
 
 
ただ20分程街中を走行してから今度はギヤチェンジの

タイミングを少し変えてみる。
 
普段は1速で発進後に早めに2速に入れてやや引っ張る
パターンこれでも十分加速は速いが・・
 
そこで発進時の1速で丁寧にクラッチを繋ぎ完全に繋がった
段階でグイっとアクセルを踏み4,000回転過ぎまで引っ張る。
 
 
勢い良くギューンと背中がが前に押される感覚!
 
 
そして2速入れて再び4,500回転まで引っ張る。
この時点で既に時速60㎞オーバー
 
3速で少し引っ張り4速へ・・
これが中々刺激的!
 
 
3速でも引っ張りたいが5,200回転で時速100㎞なので一般道
だとあまり現実的ではないスピードになってしまう。
 
レ ブリミッターが5,800回転でアクセルを踏めばストレス無く
そこまでタコメーターの針は上昇する。
 
しかし2速では煩いし必死感が漂うので個人的に飛ばす時でも
マックスの7~8割位の段階でシフトチェンジするのが好み。

 
 
さり気なく速くそして刺激的な加速が味わえる。
 
今回は街中と高速道路がメインでワインディングを走り込む

事は残念ながら無かった。
 
しかし時折緩やかなカーブや交差点の右左折時などでも
車体とハンドリングのシットリとした感触をジックリと
味わいながらハンドルを切って走行する。
 
 
元々スイフトXGや更にはRSTでも車体剛性・ハンドリングそして
サスペンションのバランスは高次元で体感出来ていた。
 
それも普段の街乗り程度で誰でも体感できるのが非常に好印象
だった。
 
今回のスイフトスポーツもその例に漏れず日常域で無理に
速度を出さなくてもちょっとしたコーナーがあれば楽しめる
のが良い。
 
ただ今回スイフトスポーツに奢 られたモンロー製のサスペンション
サーキット等の高速コーナリングで最大トルク23.4kgf.mの駆動力を
的確に伝えるのに真価を発揮させるのに一役買っているのだな
と想像しながら緩い一般道のカーブを駆け抜ける。
 
 
スポーツタイプだからと言って特に気兼ねする事なく
極端に言えば通勤から買い物まで何でもこなせる。
モンロー製のサスペンションは乗り心地が良い。
 
 
ただしスポーツタイプの「乗り心地が良い」と
マツダデミオ等のツーリング系の「乗り心地が良い」
とはやはり別な意味になる。
 
 
デミオの1.3の5速マニュアルに乗った際に「乗り心地が良い」
と感じたがデミオの場合は車体剛性から来る安心感と
 
サス ペンションが路面の凹凸走行時に初期動作が柔らかめで
よく動いてショックを吸収し不快な振動が伝わってこない。
 
 
 
そしてコーナリングでタイヤに荷重が加わった時に
サスペンションがグッと踏ん張りカーブを駆け抜ける感じ。
 
この場合は乗り心地が良い反面どうしても路面の細かい
状況は身体で把握しずらいので走りに拘るのならマイナス。
 
と言ってもかなりのハイレベルな走りになるが・・
 
今回のスイフトスポーツのモンロー製のサスは初期動作にコシが
あってしなやかに路面に追従してドライバーに伝える。
 
明らかに大きいギャップは衝撃を感じるのだが普段有りふれた
中程度以下ののギャッブであれば振動は伝わるがサス のしなやかさ
が良く働き不快感を最小限に打ち消してくれる。
 
 
なので大きい小さいに関わらず路面のギャップの状況を伝えてくる
が細かいギャップは不快な感触は一切なく路面の状況だけが
的確に伝わって来る感じだ。
 

街中を30分ほど走行しスイフトスポーツが身体に馴染んだ

ところで高速道路へ移動する。

 

時間の関係でワインディングロードを走り込みたい気分だが

ICへ向かい3車線の高速を走行してみた。

 

次回は限られた時間ではあるが高速インプレとスイスポの

使い勝手などを書込みたいと思う。

 
 

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 

 

 

 


スズキ 新型スイフトRSt 峠道走行と装備の改善点

2017年12月04日

スズキ 新型スイフトRSt 峠道走行と装備の改善点

 

前回のスイフトRSTのレビューから日にちが相当経ってし

まった。

 

前回のレビューはこちら⇒以前のRSTの記事

 

街中走行を快適にこなしたスイフトRSTは徐々に片道

1.5車線と2車線の混じるカーブの多い峠道を走行する。

 

そこでのRSTの足回りはどうだろうか?

 

左右のカーブを40~60㎞位で駆け抜けると・・

4つのタイヤが路面に吸盤でも付けたかの様に

 

ピターっと吸い付く感じでコーナリングして行く

900kg台の車体でこの感触は味わったことの

ないもの!

 

スイフトXGもタイヤの接地感も十分で評価していたのだが

RSTの方は更に磨きがかけられている。

 

 

特に下りのコーナーでは威力を発揮するだろう。

 

お勧め⇒リノール酸低減式花粉症対策

 

コーナーの出口に目線を向けてハンドルを切り

ジワーッとアクセルを踏むだけで難なくコ―ナーを

ヒラリ、ヒラリと抜けて行く。

 

 

6速のパドルシフトだが今回走行した1.5~2車線の

峠道だど使いこなした感は得られるのか?

 

 

実際に急カーブで対向車が現れた状況で速度が30km

を下回った状態などは2速ギヤを使用。

 

それ以外は無理にシフトチェンジしなくても3速

ホールドで走行した方が余計な事をしない方が

結果的に速く走れる(笑)

 

 

3速60㎞で2,900回転くらいで引っ張れば110㎞くらい

までは出てしまう。

 

 

たまにコーナーの出口が開けて見通しが良く

70kmで引っ張り3速から4速にチェンジすれば

 

シフト操作した感が味わえるが無理はしない方が

良いだろう。

 

 

6速パドルの恩恵が感じられた場面はどこか?

 

それは直線の信号待ちからの発進と高速道路の

追越し走行の時だった。

 

 

パドルシフトだと峠道はハンドルが回転している

ので場面によっては少々危険である。

 

 

直線なら問題なくシフト出来る。

 

特に高速道路の走りではしなやかな足回りはと

ガッチリした剛性感のお陰で終始リラックスモードで

 

運転100㎞からの追越しも余裕でパドルシフトを使用

 

すれば俊敏な加速で余程狂った様に飛ばす車に遭遇

しない限り3車線の道でも安心してリードした走行が

出来る。

 

 

加速感が欲しい場合は5速に落とせば期待の加速が楽し

めるし4速に落とせばかなり力強い加速を発揮。

 

 

5,500回転までスムーズに回りその時のフィーリング

もノイズがなく3気筒と思えないほど質感が高い。

 

ただしエンジン自体は力強さよりも扱い易さの方が

強調されているので低回転から高回転まで一定の

力強さでトルクを発揮する。

 

 

そのため刺激と言う面では物足り無い感じがするが2日間

に渡りスイフトRSTを満喫した事は事実。

 

 

スイフトRstの燃費は・・

 

今回も好きなだけエンジンを回して17.5㎞/L

但し無駄なエンジン回転上昇は行わず

加速したい時は必要に応じて遠慮なくアクセルを踏む。

 

 

走行性能を考えれば十分満足な結果だと思う。

 

スイフトRstの不満改善点は?

 

最後に実際走行して改善して欲しい点を2つ

 

※1つはウインカーの点滅パターン

 

例えば右にウインカーを出しでレバーを戻すと

戻した後に1回余計に右ウインカーが点滅してしまう。

 

 

交差点を曲がる時は気にならないが車線変更する

場合はウインカーが戻っていないと勘違いし更に

レバーを入れて今度は反対の左にウインカーを出して

しまうので危険がともなう。

 

 

予め知っておけば有る程度なれで対応出来るが・・

 

今回乗車したRSTもだが後日代車で乗車したRSTも同じ

動作をしたので要改善。

 

ちなみにXGタイプはその様な事はなかった。

 

2つ目はペダル配置

 

一的にはスイフトXGと同じなのだがなぜかRSTの場合は

アクセルとブレーキを交互に踏む際に足がペダルに引っ

掛かる事が多かった。

 

 

特にスーパー駐車場や渋滞の場面では神経を使う。

これらの2つは改善しようと思えばすぐ出来ると

思われるので期待したい。

 

またスイフトRSTを気なっている方は是非試乗して

確認して欲しいところ。

 

☆☆管理人ごまおから⇒車の下取りを考えている皆様へ。

 

欲しい車のために今の車をディーラーの下取りに出す

のは自然の成り行きです。

 

しかし数十万円と言うお金は貴方にとって決して

無視できない金額のハズです☆

 

そこで必ず一括査定をして下さい。

 

ごまおも利用した一括査定サービス(無料)

 

一括査定と言うと申し込んだら何社からも電話が

ジャンジャン掛かって大変な目に会った。

 

この一括査定サービスならそんな心配もなく

一度に数千社以上の業者で一括見積もりが可能!

 

しかも対応するのは電話で1社のみ☆

 

同じ車なのに買取業者によって数十万円の差がつく

ことは日常普通にあることです。

 

確かに購入するのであればディーラからの方が

安心感があるのは当然です。

 

しかし下取りに少し一手間掛けるだけで数十万円の

利益が手に入れることができる。

 

そしてワンランク上の車種を購入することの可能性が

高まったりオプションを付け足す費用にすることが

できたりします。

 

 

 


 
ドメインとは