金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

騙される経験は悪い事ではない。

2015年06月18日

 

騙される経験は悪い事ではない。

 

 

騙される。
 

slump.Fotolia_47945690_Subscription_XXL
 

最近はブラックバイトや企業又は詐欺商品もそうだが一見まとも

な職場に見えたり楽で面白そうな商品に引き付けられて働いた分

の賃金を貰えなかったり払った対価に見合わない商品を買って後

悔するニュースが良く報道される。
 

ああ、また騙されたか(笑)

そんな感じで見ているが私個人の感想としては人生が取り返しの

付かない位で無ければ騙される事は後になって勉強になる部分が

多い。
 

私自身も若い頃は騙された経験があるが儲け話や健康法、運が良く

なるノウハウ色々あるが重要なのは騙されると言っても同じパター

ンの騙され方を2回経験するのは失格で深く反省しなければいけな

いと思う。
 

自分の場合はアトピーを治したいがために健康実践の団体に加入し

たが1年経った健康を勝ち取るのが目標だったのが会員を増やす事

に目的がいつの間にかすり替えられた経験がある。

 

 

1回目の失敗で学習して次に同じパターンの騙され話が舞い込んで

来た場合はこの時点で「ああそう言うことか!」と気付かなければ

いけない。

 

 

そして違うパターンの騙され方の種類を学習して経験すれば人生の

幅が広まって来る。
 

最近は明らかに怪しい商品でも金額が数千円で面白そうであれば騙

され半分で「ちょっと買ってみるか(笑)」と業と購入する事もある

そい言う時はこの商品はどう言うキャッチフレーズで殺し文句はどう

かとか販売ページと実際の商品の落差はどのくらいか?

 

 

など楽しみながらチェックしていくと今度は自分が何かを販売する時

に参考になる。

私が売る立場の場合当然価格に見合った商品価値を提供するのは言う

までも無いが・・・

 

 

騙される経験は悪い事ではない。

騙されなくなるからである。

しかし騙す事は結果的に大きな損失をもたらす事になるだろう。

 

 


幸せの種類は色々

2015年06月07日

 

幸せの種類は色々

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

私は現在普段は平社員で余暇を使って副業をしたり
鉄道旅行やグルメ漫画を読んだりして過ごしている。

 

 

副業では勿論成功した方のセミナー等に参加したりして学ぶ
のだが中には副業が成功して会社員を辞めて自分で起業され
て十分な余暇と収入を得てセミリタイヤされている方もいら
っしゃる。

 

 

確かに自分にしろセミリタイヤされた方にしろ金銭的と時間的に
余裕があると言う部分では幸せなのだが最近はそれが長く続くと
なかなかその喜びに気付く事が少ないのではないかと思い始めた。

 

 

もちろん今後も収入を増やして生活基盤を安定させて健康にも注意した
生活を送る事には変わりないが、あくまでお金やビジネス、娯楽で得ら
れる喜びは条件付きの喜びだで失敗と成功が常にセットだと言う風に感
じる。

 
また言い換えればお金の喜びを味わうならば究極の貧乏を経験してお金を
手に入れれば最高の気分を味わえる事になる。

ただ、あえて貧乏になると酷い目に合うが・・
娯楽にしても1か月間殆ど休暇も無く朝から晩まで働き詰めで3日間

いきなり休みが取れれば1日目は十分身体を休めて次の日には映画を

見るとか本当にささやかな娯楽でも最高の楽しみになるだろう。

 
これらの世間一般的な喜びは落差を味わう事によって経験出来るもの

である。

だからそれに慣れて当たり前になると喜びが段々少なくなってくる。

かつてアトピーが酷くどうしようも無く食べる物も食事制限で量も
少なく夜も熟睡できず外出も間々ならない時が数か月あった。

 

 

肉体的にも精神的にもクタクタで疲れた状態だったが運良く数週間程

食事パターンや運動療法をやり飛躍的にアトピーが快方に向かった時期

があった。

この時は普通に好きな物が食べられ普通に寝れて起きたら好きな所へ

遊びに行ける。

 

 

これだけで「何て自分は幸せなんだろう」と精神的リラックスとじわじわ
身体から溢れる喜びを感じながら生活していた。
 

ただこれは酷いアトピーを経験したから喜びを味わえたからであって

最初から特に大きな病気をされた方はこの様な喜びは味わえ無いだろう。

 

 

この世に中の殆どは相対的な関係で味わえる喜びだと思うが中には

条件に左右されない喜びも同時に追求して行けば更に有意義な人生

になるに違いない。

 

 


 
ドメインとは