金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

思考力ゼロのバイト経験

2014年08月26日

yjimage

 

 

20年以上バブル経済がくる前に私は学生の頃に何度か公官庁や郵便局で

アルバイトをした経験がある。
当時の私は臆病で人見知り更に物覚えが悪く要領も良い方ではない。
仕事で書類の整理の方法をタイミング良く職員や先輩に聞いて業務を

こなして行けば問題ないのだろうが細かい部分が気になっても気軽に

話しをするのは私にとっては至難のワザ?だった。
一度引越し業者のアルバイトをした事があるがこの時は最悪だった

現地に到着しトラックから荷物室の扉の開閉方法が解らず運転手から

罵倒が飛び交う。
頭の中がパニックになって後の荷物の運び作業やダンボール箱の整理作業

もオドオドしながら行う事になる。

 

 

思考力の無い脳細胞が全力で何とかしようとフル回転している。

 

だけども作業方法何て教えてもらった記憶はない。
「仕事 は盗んで覚えろ!」とよく言われるが別に引越し専門のプロになるなら

罵倒も構わないが一時的にバイトで雇われただけなので罵倒されて高い給与を

貰うより多少安くても長期的に安定してバイト料を貰える職場の方が良いのが本音。
公官庁や郵便局を選んだ理由は気さくな職員さんが多くドジな私でも

親切に業務を説明してくれ面倒見が良い方が多かったのが理由である。

 

 

だから一旦仕事を覚えれば真面目にずっとこなす忍耐強さは自負していた。

不器用な割には几帳面な所があるので簡単な書類の分類や決まった場所への

配達作業などは重宝がられることもあった。

 

最初こそ仕事を覚えるのに冷や冷やだったが慣れれ ばある程度安心して

毎日の業務を行える。
当時私の求めたものは多くの収入よりも普通に暮らしていけて少なくても

安定した収入が欲しいと言う事であった。
無意識であったがその時は安定と言う言葉に魅力を感じていたのだろう。

 

この時からだろうか?

 

公務員、安定と言う言葉に興味を魅かれるようになったのは・・

 

ただこれが現在の雇用情勢や経済がこの様な停滞状態になるとは

 

この時は夢にも思わなかったが・・

 

 

 

 

 


4歳からアトピーと格闘

2014年08月18日

私は4歳位から皮膚の痒みに悩まされ続けた

当時はアトピーと言う言葉自体ない時代だった。

 

 

母親が近くの皮膚科で処方した塗り薬を毎日塗って

貰った記憶がある。
ステロイド系だとは思うが母親も私も何の疑いもなく

身体に薬を塗り続ける毎日であった。

 

 

今なら必要な情報はインターネットで簡単に手に入る時代で

自分に処方されている薬は何かどんな副作用があって使い

続けるとどうなるのかは簡単に調べる事が出来る時代だ。

 

 

今思うと「知らない」という事がいかに大きなリスクになるか

どれだけの時間を無駄に失ってしまうか身に染みて理解できる。
かと言って私が小学生の頃は昭和50年代情報と言えばテレビか

新聞位だろう・・

 

 

小学生の私も学校が終われば鉄道や当時流行ったべッタンやビー玉

駄菓子屋の10円ゲームに夢中で一時的にアトピーを塗り薬で抑えれば

生活には困らないレベルだったので気にも止めなかった。

 

 

 

しかし肘と膝の裏側が特に痒く年中皮膚はかさ付き何度も掻いてしまい

掻けば掻くほど痒くなる。

 

そう言えばよく爺さんから「掻いあらアカン!」とよく言われたっけ

 

 

大人の自分だから言えるがアトピーの人に「掻いたらダメ!」これほど

無責任な言葉は無いと断言できる。

 

 

あの猛烈な痒みは大人であろうと我慢出来るものではない。

 

これは経験した人にしか理解出来ないことだ。
そもそもなぜ「痒みと言う感覚」が存在するのか理解するべきである。

 

 

食物などで体内に吸収された異物(未消化のたんぱく質など)

が血液によって皮膚表面にまできた場合白血球が異物を攻撃して

皮膚の外へ排出しようとする。
皮膚の外へ排出する、ではその方法は?

 

皮膚を爪で掻いて掻けば当然出血する。

その血に混じって異物のアレルゲンも身体の外へ

排出されると言う仕組みだ。

 

 

そのためにアレルギー反応が起これば同時にヒスタミンと言う

物質が生成され痒みを発生させる。

 

そのために痒いと言う感覚を起こさせ脳に痒い部分を掻け!と

信号を送る。

 

だから痒い部分を掻くこと自体は自然な行為なのだ

痒い部分を掻いている瞬間は「気持ち良い」と感じる

 

これで皮膚は一時的に傷付けてしまうが体内にアレルゲンを

留めておくより排出したほうが身体にとって有益だからその様な

仕組みになっているのである。
但しこの皮膚の痒みやアレルギー反応が半年や1年に1回起こる

位なら大した問題にはならないが湿疹ができて掻きむしり治り

 

かけた時期にまた新しく湿疹が出来てしまうのがアトピー

の厄介なところである。

 

 


本当に収入が増えるとはどう言う事か

2014年08月15日

本当に収入が増えるとはどう言う事か

 

a0002_003051
私が今の会社に就職した頃は同じ会社アルバイトで下地を

積んである程度経験もあり正社員としてやっていく上でも

不安はなかった。
と言うよりアルバイトと正社員の仕事内容はほぼ同じで

違うのは給与や休み等の待遇面だけだった。

 

 

うちの会社だけではなく恐らくどの会社でも行っている

であろう一つの班で正社員が2人であとの8人はアルバイト

 

要は同じ仕事をするなら時給単価が安いアルバイトを増やし

た方が利益が多くなるからだ。

 

 

 

ただ自分の会社に限っていえば正社員でもアルバイトのミスなど

をフォローしていれば多少責任はついて回るが平の社員である限り

それほど理不尽な事は起こらない。

 

 

 

組織も全国規模だし提供するサービスも物流系でこれから将来

にわたって20年位は需要のあるものなので真面目に働いていけ

 

ば役職になれば年収800万位は頂ける職場であった。
当時の平社員の私は280万円位・・
現在の考えとは違い課長や部長を見て「よし!俺も・・」とガツガツ

して早く昇給して管理者になり経済的に困らない生活基盤を築くのが

 

一番の願いだった。

 

 

しかしデメリットもあるそれは拘束時間が長くなると言う事

 

これは入社当時でも解っていた。
中間管理職でも1日の勤務時間は12時間以上でも週休2日だから

他の企業と比べれば役職になっても悪くはない。

 

 

平社員と比べれば格段に収入が増えるのは確かに魅力的だが時間の

切り売りをしている事には間違いない。

 

 

ただ知っている様で会社組織の歯車に一度はまって生活に追われると

普段の時間消費が業務に費やされる。
身体は疲弊し頭は休日でも明日の仕事の段取りを考える生活を毎日繰り返し余暇を楽しむ事無く月日は過ぎていく・・
そして月一の給与明細を見て一瞬の喜びを感じるだけ・・
どの職場もこんな危険性が孕んでいるに違いない
「本当に収入が増えるとはどう言う事か」

 

つまり得た収入を使い恩恵を自分が享受する事が必要であろう。
それには収入と自分の時間の確保のバランスが取れた状態になって

初めて収入が増えたと言う事になると思う。

 

 


鉄道好きの理由は

2014年08月11日

95848572_624

 

 

小さい時から鉄道好きで寝ても覚めても鉄道好きだった。

当時は大阪に住んでいたので良く大阪駅に長距離特急を見た時は興奮して

食い入る様に列車を見ていた。

 

 

 

 

父親は几帳面と言うか細かい性格でいつも「早く」「きっちり」などが

口癖でその影響かあの鉄道の四角い車体と秒単位で正確に動いている

電車に幼い自分は自然と目が言ったのかも知れない。

 

 

二本の細いレールに何両も連なった四角い車体がすごいスピードで走り動いている

窓から車窓を覗くと「あっ!!線路が動いている!!」と父親に夢中になって話しか

けている自分がいる。

 

 

線路が動いている・・んな訳がない(笑)

 

当時4歳の私は車窓から見た線路が動いている電車のスピードに目が追いつけず

線路が動いている様に錯覚しただけである。

 

 

今の自分からすると本当に笑ってしまう。

 

 

鉄道と言うイメージは時間に正確で安心それでいて何だかワクワクする

と言う両面性を持っている。

 

 

安心していたいがワクワクもしていたい・・・

 

この2つは普段は相いれない正反対なものだと思う。

けれど人生においてこの2つがバランス良く内在している行き方を

すれば充実した人生になるのだと思う。

 

 

鉄道が嫌いな人はあまりお目にかからないが自分が鉄道好きの理由の一つ

としてはその部分にある様な気がする。

 

 

 

 

 

 


自分スタイルの幸福生活

2014年08月03日

色々な形の幸福な生活があって良いと思う

幸福を感じる部分は人それぞれだから

幸せは今幸せになる方法と未来に幸せになるため

行動を起こす事の2通りある。

 

これが上手く回転して人生が好転する。


 
ドメインとは