金持ちになりアトピーから健康生活を勝取る至福平社員への道とは


プロフィール

海の原ごまお

【至福平社員計画】

主催者

年少の頃にアトピーで苦しむ

学生の頃から不器用で人付き

合いも苦手

そのため若い頃から安定した

生活に憧れ公務員を目差し願

いが叶うも3年で退職

その後バブルが崩壊し

職を転々として某企業に

再就職を果たす

公務員時代は役職と高給に

憧れたが歳代の失敗を経験

を反省し独自の安定した

時間・金銭・地位いの確保

現在はゆったり人生を楽しむ

至福平社員

海の原ごまお

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

自分スタイルの自由を勝取る

誰でも可能な至福生活

カテゴリ一覧

人気記事

楽に手抜きして旅行英会話を話す方法

2017年05月09日

楽に手抜きして旅行英会話を話す方法

数年前シンガポールに初めて行った時

喫茶店でカフェを注文する際に会話が
上手くいかず非常に歯がゆい思いをした

事がある。

 

 

 

貴方もそんな経験がないだろうか?
完璧ではなくとも片言で意味が通じ
現地の人とコミュニケーションが取
れれば十分そんな人も多いのではな
いだろうか?

 

実はネイティブの質問を完全に
聞き取ることができなくても、
英会話ができる。

 

どういうことか説明してみたいと思う。
海外で、ネイティブが話す英語は
とても早いが、

カフェ
レストラン
ファーストフード
ショッピング
ホテル

などのシチュエーションで
話す英語は決まっているので、

どんな質問をされるか知っていれば
ネイティブの英語を聞き取れなくても、
会話が成立する。

 

 

たとえば、カフェだったら、

Is this for here or to go?
こちらでお召しあがりですか?お持ち帰りですか?

と必ず聞かれる。
Is this for here or to go?
のセンテンスを完全に聞き取れなくても、

for here や to goなど
質問の一部を聞き取れれば、
どんな質問をされたかわかるので、
質問に答えることができる。
「店内で」と言うには、
“For here.”

「持ち帰り」でと言うには、
“To go.” と言う。

 

 

このように、トラベル英会話は、
言うことや、質問されることが
決まっているので、
習得しやすい。
初心者の方は、
是非、トラベル英会話から
学習をすることをオススメする。

 

初心者でもトラベル英会話を習得できる⇒こちら


コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
 
ドメインとは